にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2017年03月05日

移民推進政策こそが日本と世界の「分断」を招く

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

本題の前に、まずは御礼です。
今月ご寄付をいただきましたK.K.様、いつも本当に有難うございます。
いただいたご寄付は、全額会の運営実費に充てさせていただきます。

続いて、三橋氏のブログに、皆さんの移民反対の理論武装に非常に役に立つと思われる記事が掲載されておりますので、まだ読まれていない方はぜひお読みになってみてはいかがでしょうか。
移民政策のトリレンマ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12249515222.html

さて、本題です。
今年に入って、トランプ大統領就任後に、マスコミが口やかましく叫ぶ言葉として、
「分断」という言葉があります。
「移民や難民を受け入れないなど、分断を招く!」と、国内外のマスゴミが揃って口にしていますが、ほんの少しでも自分の頭で考えれば、
「移民政策の推進こそが、各国及び世界全体の分断を招く」
ということが分かります。
このブログをお読みの方であれば既にお気づきかもしれませんが、改めてまとめてみましょう。

日本と外国の分断。
「移民を受け入れないなんて、あなたは世界の分断を望むのか!」というような輩がいますが、何というアクロバティック論。移民を受け入れず、国境を隔てて「住み分ける」ほうが、よほど分断を招きません。言い換えれば、国境を隔てた健全な「住み分け」(=お互いに移民を受け入れない)はできても、「共生」は理想論に終わるだけであり、結果的には対立を伴う「分断」という結果に終わるのは、欧州の事例が証明済みです。

幸か不幸か、外国人は数が増えると同じ国の国民同士で集住します。
日本人との混在か集住かについての議論 - 結局最良の策は「どちらもお断り!」

そしてそれが、いわゆる「国の中に別の国ができる」現象になるのです。「地球市民」「人種のるつぼ」などという幻想は世界のどこにもなく、現実には自国民も移民も言語や文化がかけ離れた人々と暮らすよりも、近い人々同士が固まるのは、北米などの移民国家(人工国家)でさえも常識です。例えばアメリカのドラマや音楽PVを見ると、同じような人種やルーツの人々が固まっていて、多種多様な人種や国籍の人が混ざり合っているようなシーンはあまりないですよね。あのリベラルな米芸能界ですらそういう演出をする、なぜならそれが現実だからです。

80-percent-london-muslims-support-isis.jpg

以前論じたように、国境線を隔てて異なる言語や文化を持つ民族が「住み分け」をするようになったのは、人類の知恵です。「国ごとの住み分け」をしている状態であれば、お互いが移住を目的としない健全な範囲での交流、異文化への関心や憧れといった響きの良い言葉の中でことが済まされるかもしれませんが、同じ地域に暮らすことになった場合、それも大量の外国人と暮らすことになった場合は訳が違います。一国の中に異なる国の人が住むことで、結局は国内で日本人と外国人の「分断」が起こるだけです。

地域による分断。
先に述べたように、外国人は集住する傾向があります。さらに言えば、特定の業種や大企業が外国人労働者を大量に雇用した場合や、外国人に生活保護を与えるなど「寛容」な自治体に住み着く傾向にあります。
すると当然、外国人比率が高い地域と低い地域が国内で生まれます。外国人に住み着かれることの弊害を間近で見ている人々と、そうでない人々の間に、地域による格差が生まれます。

この格差は、時を経るほどに問題化する可能性があります。なぜなら、特に社会保障に寄生するような外国人比率が高い自治体は財政を圧迫され、日本人を含めた地域サービス、福祉、インフラなどあらゆる面で影響が出てきます。一旦外国人に住み着かれた自治体からは日本人が逃げ出し、ますます外国人比率が高くなり、当然治安も急速に悪化します。

angrychinese.jpg

oizumi-046b.jpg

日本人同士の分断。
移民・難民・外国人労働者の増加によって、そこから利益を得る人々(経済界、企業関係者など)と、外国人と職の奪い合いになる人々。近くに(特に単純労働者や難民の)外国人が住むことなく平穏に暮らす人々と、隣にならず者の外国人が住み着いて生活を滅茶苦茶にされる人々。移民・難民・外国人受け入れによって、こうした「格差」が生まれ、国民の間に「分断」が発生します。その欧州での帰結が英国のEU離脱投票でもあり、これから始まるであろう欧州の政治イベントであるわけですが、そもそも外国人を受け入れなければこのような国民間の分断は発生しません。

結局のところ、「移民・難民・外国人労働者受け入れ」こそが、あらゆるレベルでの「分断」を招くのは自明です。「外国人に門戸を閉ざす=分断」といった印象論に嵌っている方が周りにいましたら、あるいは「外国人受け入れ=融和・友好」などと自分の頭で考えずに思い込んでいる方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひ教えて差し上げましょう。外国人を最初から受け入れないこと、国境の壁を高くすることは、分断ではなくむしろ、その国の中での国民同士の融合を高め、外国とも健全な範囲での交流を促進することに繋がるのです。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

【3月8日締め切り】国土交通省モニター募集 | 【3月2日締め切り】難民関連パブコメ!

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

永住権に関するパブコメ提出にご協力くださった皆さま、ありがとうございました!
募集ものが続いて恐縮ですが、さらにパブコメ情報をいただいたので共有します。
コメント欄での情報提供ありがとうございました!3月2日締め切りです。

出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案について(意見募集)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130109&Mode=0


「添付ファイルを見ても、あいにく私の理解力とエネルギーでは、具体的にどこをどう変えようとしているのかご説明できませんが、なにしろ「難民認定制度についての意見募集」です。「改正案」では、「現行」にはない「難民の認定をしない処分を受けたことがある外国人にあっては・・・云々」との文言が加わっているのを見ると、これらにはそうでない申請者とは別の(より厳しいのかは不明ながら)要求をするらしいことは想像できます。・・・おいおい。一度却下された者は再申請を受け付けないとか言ってんじゃないのか(怒)。

私が提出した意見で一番、言いたいのは「申請書を一瞥するだけで(国籍・申請理由等から)明らかに該当しない者の申請は受理せず、その場で却下せよ」で、その次は「少なくとも一度却下されている者の申請は二度と許さず、速やかに国外退去させよ」です。氏名・住所などは一切記入せず、意見だけでも提出できるのですね。気軽にバンバン書こうではありませんか。」

okotowari.jpg

このようなとんでもない話もありますし、
シリア難民、300人規模で受け入れへ 政府、定住に道
http://www.asahi.com/articles/ASK225HLZK22UTFK00R.html

「マスゴミは反トランプ一色ですが、それに隠れてこそっと、わが国ではこんなことが起こっていました。「周回遅れ」どころか「逆行」ですよ。これは許せません。抗議・拡散をお願いします。」

ぜひパブコメ提出いかがでしょうか?
ついでに政府、省庁、自民党などいつもの電話又はメールも。
いつもの抗議先はこちらです!


続いて、毎年恒例の国土交通省モニター募集です。ぜひ「こちら側」の意見を多く発信すべく、応募いかがでしょうか。観光政策、多言語表記問題など、香ばしいテーマをたくさん管轄しています。前回のアンケートも「タクシーについて」だったそうで、外国人関連とか色々なことが書けそうです。
こちらは3月8日締め切りです!

平成29年度 国土交通行政インターネットモニターを募集します
https://www.monitor.mlit.go.jp/boshuu/boshuu.asp


意見発信.png

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

【2/16締切】追加パブコメ! / 【2/3締切】厚生労働省モニター募集

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

皆さま、パブリックコメントへのご協力ありがとうございます!
まだ提出されていない方はぜひ一人一通以上送りませんか?

【2/16締切】重要パブコメ・ぜひ1人1通以上提出の上、拡散しませんか? [売国・永住権要件短縮法案]

さらにこちらも、別個のパブリックコメントになります。
既に上記のパブリックコメントを出された方も、ぜひもう一つ提出しませんか?数は力です。
コメント欄にて情報ご提供くださりありがとうございました!

「永住許可に関するガイドライン」及び「「我が国への貢献」に関するガイドライン」の一部改正に関する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130107&Mode=3



stop_immigrants.jpg

続いて、パブリックコメントの陰ですっかり見落としてしまっていたのですが、こちらは金曜日に締切です。
平成29年度厚生労働行政モニターの募集について
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/sanka/gyousei_monitor/bosyu_h29.html


労働、健康保険をはじめ、移民問題と密接に関連する省庁のモニター募集です。
年に一度の応募のチャンスです。移民問題について正しい認識ある皆さまが一人でも多く応募し当選することで、我々移民反対派の声を大きくすることに繋がりますので、ぜひいかがでしょうか?

意見発信.png

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする