にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年10月31日

移民は侵略する

言うまでもなくイスラム教徒は一神教です。
イスラム教の目標は世界制覇です。
そのイスラム教徒になった日本人女性が述べていること
これこそが、我々が移民政策に反対する最も大きな理由だ。

それは日本人の日本人としてのアイデンティティを否定し
地球市民という、アナーキズム、共産主義、帝国主義、
そして、イスラム主義などと全く同じ、国境の概念を捨てた
アイデンティティを日本人が持つべきだという主張です。

考えてもみてください。
あなたの近所にモスクができて、
たくさんのイスラム教徒が町内を闊歩していたら?イスラムに限らず
たくさんの外国人が自分たちの宗教や生活習慣や歴史や文化を
主張し、日本人の持つアイデンティティを否定したとしたら。
それでも多文化共生は善意に基づく美しい概念だと思えるでしょうか。
外国人だらけの街、それは外国人によって侵略された
日本の姿以外の何物でもありません。

「今まで、日本は単一民族国家だと考えられてきた部分が
あると思います。だから外国人はアウトサイダーやエイリアンみたいに
(扱われることもあった)。でも今は、もう、そうじゃないですよね。

ここ2、3年で「何が日本人か」という意識が
顕著に揺れ動いていると思います。
大坂なおみさんや八村塁さん、陸上の選手も(注目されている)。
日本語が喋れるとか、日本国籍なのか、
それともアジア人の見た目じゃないといけないのか。
それらを突き詰めていくと

『日本人』(という概念)はあってないに等しいというか。

だから、何人ではなくて相手を『人』と見て受け入れ、尊重する。
その人は、その人の人格で生きているから、『外国人』じゃなくて
『ここに生きている一人の市民』という意識で見て欲しいです」


彼女はこう述べています。
つまり、私たち日本人が持つ、
日本人という概念・アイデンティティを
ないに等しいと断言し、否定し、
地球市民という概念を持つべきだと主張しているのです。

西洋でも増え続ける移民によって、自国の歴史や文化が否定され
移民が嫌なら出ていけと暴言を吐くトルコ大統領のような主張
大手を振ってまかり通る異常事態となっています。

移民やムスリムが、今はまだ少数派だからと言って
油断して、大変危険なことを言っていることにも気づかず、
可哀そう論調な記事を書いている場合ではありません!
日本が移民だらけになるということは
日本が移民に侵略されるということなのです。
多文化共生=多民族国家とは
日本が世界の植民地になり、世界の食い物にされ
伝統も文化も歴史もアイデンティティも否定され
マイノリティ民族に成り下がることを意味します。
この日本という領土において、そうなるということです。


ドイツ:カール神聖ローマ帝国初代皇帝ゆかりのアーヘンの広場が
「モスク広場」に改名された!


のどかな漁港の側に建てられたモスク。
「絶対思いは変わる」日本人イスラム教徒は、
地域の反対にも向き合う


posted by yaezakura at 11:55| Comment(2) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

多文化共生包囲網

国民の多くが気づかないうちに
多文化共生包囲網が構築されている。
そして彼らに共通しているのは
元号ではなく西暦を使用していること。
日本文化伝統を尊重しない姿勢がそこにある。
多民族の共生とは日本文化の破壊である。
そしてなによりも
日本人の人権と主権を侵害する重篤だ。


移住者と連帯する全国フォーラム2019
出会う、感じる 多民族・多文化社会
〜いっしょに考え、ともにつくろう〜
2019年6月1日(土)〜2日(日)
日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
東京を中心とした関東圏の
多民族・多文化共生社会に関わる個人や
団体のネットワーク作りを目指します。
「移民社会を支えるための提案(仮称)」を
日本社会に発信します。

01. 入門編
02. 移住女性
03. 医療・福祉、社会保障
04. 技能実習
05. 子ども・若者     
06. 自治体施策 
07. 多様なルーツ
08. 難民
09. 日本語教育
10. 出入国管理
11. ビジネスと人権
12. ヘイトスピーチ・人種差別 
13. 母語教育と外国人の生活 
14. 労働  
15. LGBT 

多文化社会専門職機構 TaSSK
多文化社会専門職機構の設立によって、
誰も置き去りにされることなく、
誰もが力を発揮することのできる
多文化共生社会を実現するため、本日、
ここにわたしたちは立ち上がります。
2017年2月26日

--ここに名を連ねているのは多くが日本人だ
グローバルというウィルスに脳が侵されているのです。--


NHKは
NEWS WEB EASY やさしい日本語で書いたニュース.
を開始。(もちろん受信料で)
「NEWS WEB EASY」は
外国人がいこくじんの皆みなさんや、
小学生しょうがくせい・中学生ちゅうがくせいの
皆みなさんのために、わかりやすいことばで
ニュースを伝つたえます。

--日本人の小中学生にこのような放送は必要ない。
明らかに外国人のための放送なのに、
日本人小中学生を隠れ蓑にしている文言は不快でしかない--

---以下もご参照ください。---

多文化共生 一般財団法人自治体国際化協会(クレア)
日本全国にある地域国際化協会一覧
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/association/rliea_list.html
多文化共生に取り組む団体等のリンク集
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/link/link_list.html
にほんごぷらっと
http://www.nihongoplat.org/


ラベル:NHK 多文化共生
posted by yaezakura at 10:29| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

外国ルーツの人々

EPA1期生が日本永住権取得 徳島、ワフユディンさん 
「勉強重ね、起業したい」


男性介護福祉士ワフユディンさん(37)=ランプン州出身=が
日本の永住権を取得した。ワフユディンさんは

「母国の発展のために、いろいろな勉強をしたい」
就労制限のない永住権を申請。教育などを勉強し、
故郷で起業するのが目標だ。

当初は3、4年で帰国する予定だったが、「仕事が楽しく、
人間関係もできていった」と生活になじんだ。
 居住歴10年などの条件が整い、永住権を18年に申請した。

-----------------------抜粋ココマデ

ワフユディさんを批判するつもりはありません。
先進国である日本で学び、あらやる環境を利用して
祖国のために頑張ろうとするワフユディさん。
そのために日本の永住許可を取ったそうです。
祖国から見れば立派な愛国者です。

だからこそ、永住者に参政権を与えることは絶対にダメです。
外国人地方参政権を要求する勢力があり、
それにおもねろうとする議員たちがいます。
閣僚である茂木としみつ大臣もその一人です。
祖国をいの一番に愛しているであろう永住者に参政権を与えることは
彼らの祖国への利益誘導につながるに決まっているのです。
日本にいるオールドカマーと言われるザイニチ外国人を見れば
明らかではないでしょうか。そのような人々に参政権を与えるなど
頭に虫が沸いているとしか思えない発想です。

では帰化人ならいいのでしょうか?
「日本人との架け橋に」インド出身よぎさん、区議に
よぎさんは22日、民族衣装をまとい
「日本人と外国人の架け橋になりたい」と抱負を語った。
江戸川区には国内のインド人の1割以上に当たる
約4300人が暮らす。中国人や韓国人らも多いが、
子どもたちを中心に日本語が分からない人たちは
コミュニティーから孤立しているようにみえた。
「日本での20年の経験を生かし、
国籍、年齢、障害の有無も飛び越えて、
みんなをつなげられる議員になりたい


---------------転載ココマデ

ヨギさんは日本に暮らしてすでに20年だそうですが
それでも当選の暁には民族衣装をまとい
江戸川区に住む、同朋のインド人たちや、その他の外国人のことを
真っ先に取り上げ、外国人が住みやすい地域作りを考えているようです。
つまりは、地球市民のために働くと言っているのです。

帰化していても、日本のため、日本人のため
日本の伝統文化や発展のため働くという言葉はありません。
自国ファースト、移民ファーストな宣言をしています。

多民族の共生とは、日本人が持つ主権を
多民族と分かち合うということです。
日本において、外国人が主権者として振舞う。
このようなことを許しておいていいのでしょうか。
移民・共生政策によってますます増え続ける外国ルーツの人々。
彼らが権力を持つこと。
これを阻止することが大事です。
日本の主権者は日本人なのです。
posted by yaezakura at 12:48| Comment(1) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

外国人を養えというのか?

多民族共生・多文化共生とは
一言でいえば、
我々日本人国民が納めた
血税を使って外国人を養う
ということです。

外国にルーツを持つ移民が増えれば増えるほど
日本人国民の居場所は狭くなり言論は弾圧される
彼らは「差別」を武器に「権利」を要求する。
天皇陛下と日本人国民が培ってきた国体が破壊される。

国民が知らない間に共生がデフォになっている異常さ。
在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、
多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)


NPO法人 移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)は、
この社会で暮らし、働く
さまざまな移住者の生活と権利を守り、自立への活動を支え、
よりよい多民族・多文化共生社会を目指す
個人、団体による全国ネットワークです。

【パブコメ】
「永住許可に関するガイドライン」の一部改正に関して
意見を提出しました


外国人材の受け入れ拡大へ新法人を設立
企業には建設キャリアアップシステム登録を義務付け


国土交通省は
2025年度の建設技能者を約326万人と推計しているが、
必要となる労働力(約347万人)に対する不足分(約21万人)に、
生産性向上と国内人材の確保を足してもなお不足する
4万人を上限に外国人材の受け入れを行う。

従事する業務は、型枠施工、左官、コンクリート圧送、
トンネル推進工、建設機械施工、土工、屋根ふき、
電気通信、鉄筋施工、鉄筋継手、内装仕上げの11種。

とよなか国際交流協会

25周年を記念して発行した書籍
『外国人と共生する地域づくり 
大阪・豊中の実践から見えてきたもの』

“外国人”、“地域”、“福祉”をキーワードに、
とよなか国際交流協会の実践というミクロな視点から始まり、
豊中市の施策、国の施策と対応から、
“人権そのもの”へとマクロな視点へ...という流れで構成
外国人と共生する地域づくり



posted by yaezakura at 10:52| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

教育の現場で進む多民族共生教育

移民政策はとらないと言い張りながら
多民族共生国家に向けて国も現場も動いている。
教育の現場でも日本政府の方針が実践されている。
恐ろしいことである。
気付いた時には身動きが取れないのだ。

教育新聞 発行数 23万1千部
(幼・保、小・中・高校の学校及び教師のほか、
文部科学省・教育委員会など教育行政関係者、
大学や各種研究所など教育研究機関、教科書・教材会社、
PTA・地域住民、国会・地方議員など、日本全国の教育関係者)
教育新聞社HP



多文化共生社会への第一歩(上)100年先のための学校教育
2019年4月1日

以下抜粋

飯田北いちょう小は、
児童の約半分が外国にルーツを持っているため、
外国の人たちの力を借りないと学校を運営できない状況でした。

日本社会全体も、このままいけば100年後には
人口が5千万人を切り、今の人口規模を維持するためには
半分以上が外国人になるとの推計
もなされているそうです。

飯田北いちょう小はまさに100年後の、
日本の学校の姿なのです。

そのことを想定した準備をいつから始めるか。
結論としては、「今、始めなければいけない」と思います。


30年後の日本社会を支えるのは今の子供たちです。
その子供たちに今のうちから、国籍や肌の色や言葉は関係なく、
お互いの良さを認め合っていくことの
大切さを分かってもらわねばならない。
大人になってからでは意識や考え方はなかなか変わりません。
(以上抜粋)

・・・・・・・・・・
少子高齢化対策は何もやらず放置して数十年
安倍晋三は少子高齢化はボーナスと言いました。
なぜなら最初から多民族共生国家を目指しているからだ。

日本人が5000万を切ると勝手に決めつけて
(恣意的に減らすつもりとしか思えないが)
国民の半分が外人になった社会を想定し
教師や知事会、企業にまで圧力をかけまくっている。
これが今の日本の姿です。

日本人という民族、日本という国家
そしてわが日本の国体護持こそが
私たち国民の使命です。
朝敵移民党を叩き潰せ!

いつから始めるか。
「今、始めなければいけない」と思います。
posted by yaezakura at 09:09| Comment(2) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

多文化共生社会?誰の許可を得たのか?

確か日本では移民政策はやっていないはずだが?
移民もいないのに多民族の共生社会を目指すって?
おかしいよね!?
多文化共生センターってなんで必要なの?
外国人の労働者は、数年で全部帰るんだろ?
おい安倍 説明しろ!
今の日本に必要なのは多文化共生センターではなく
外国人監視センターのはずだ!

愛知県ニュースより
平成31(2019)年度
「外国人児童生徒等による
多文化共生日本語スピーチコンテスト」
の出場者を募集します

2019年4月3日更新

外国人向け文言
愛知県では、「外国人も日本人もいっしょになって、
勉 強や仕事ができ、安心して暮らせる地域づくり」
=「多文化共 生社会づくり」をめざしています。
愛知県には、日本語がまだ上手に話せない
外国につながる子どもたちがたくさんいます。
そのような子どもたちも、もっと日本語が話せるようになれば、
友だちが増えたり、将 来の夢が広がるかもしれません。
あなたも、このコンテストに 出 場して、
自分の思いや 考えを日本語で伝えてみませんか?



日本人向け文言
愛知県では、国籍や民族などのちがいにかかわらず、
すべての県民が互いの文化的背景や考え方などを理解し、
ともに安心して暮らし活躍できる地域社会づくりを目指しています。

本県の「日本語指導を必要とする外国人児童生徒数」は7,277人と、
その全国に占める割合は20%を超え、全国最多となっています。


...........................

多文化共生センターは日本全国にあります。
多文化共生 一般財団法人自治体国際化協会(クレア)
日本全国にある地域国際化協会一覧


多文化共生が国政のテーブルに乗ったのは
2006年であり、
乗せたのは当時総務大臣だった竹中平蔵だ

多文化共生の親方は総務省だ。
もちろん血税が注がれている。
移民じゃないと嘘をついて
一方で共生社会を推進するって大嘘じゃないか

こんなものは必要ない。
地方行政が財源だから全体でいくら使われているかも
計算できないようになっている。

東京都の場合、平成30年度が3億4,669万円の予算だ。
全国では数兆円〜数十兆円になるのではないか?

日本に多民族共生を強要する多文化共生政策に反対します!
aititabunka.PNG
ラベル:クレア 竹中平蔵
posted by yaezakura at 15:39| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

出入国在留管理庁初代長官 佐々木聖子氏が目指す共生社会

佐々木聖子
佐々木 聖子(ささき しょうこ)は日本の法務官僚、入国審査官。
女性初の入国管理局長。
初代出入国在留管理庁長官。

著書
アジアから吹く風―いま外国人労働者のふるさとは 単行本 – 1991/4

出入国在留管理庁が発足
以下抜粋
開庁式で山下貴司法相が
共生施策は新しい役割で、
わが国の将来像にも影響を与える重要なものだ」とあいさつ
佐々木聖子初代長官が「日本社会にとっても、
外国人材の皆さんにとっても歓迎されるよう進めていこう」
と職員に訓示した。
「出入国在留管理庁」の文字は、
山下氏の依頼で安倍晋三首相が書いたという。

「厳格管理」「円滑審査」を両立=佐々木入管庁長官が抱負
2019年04月01日20時04分

以下抜粋
「外国人との共生社会という
新しい社会をつくっていく時代にあって、
入管庁の果たす役割は重要になっていく」
と語った。

佐々木聖子さん=出入国在留管理庁の初代長官
以下抜粋
従来業務に加え、新たに外国人支援施策も担う。
「入管で(支援を)やりたいと考えてきた。
非常に大きな使命だ」

-----
山下法相も佐々木初代長官も口をそろえて
共生社会を強調していますね!

自民党とは外国人との共生社会を目指す極左政党です。
自民党事務所には「この国の形を変える」という
スローガンが貼られています。
自民党は保守を名乗るのをやめなさい!

自民党は
「日本を多民族国家にして、
外国人との共生社会を実現させる」

という本音のスローガンを堂々と掲げるべきだ。

posted by yaezakura at 15:20| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする