にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年06月13日

参議院選挙に関する当会の考え方

「今の日本の最大の不幸は、移民・外国人労働者受け入れに真っ向から反対する公式政党が存在しないことだ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【拡散】6/22-23、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

6月のキャンペーン: 民泊の危険性を広め、抗議しましょう。

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

ロボット・AI・人工知能の活用推進について、企業や政府、身近な人に積極的に意見しましょう。

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!

体調不良のため更新が遅くなり、申し訳ありません。

まずは本題の前に、

本日の本題は、来る選挙について。八重桜の会では、特定の政党を応援する会ではないという立場ですので、今回の選挙について大々的な特集を行うことはありません。そのうえでブログ主個人は、(100%一致するわけではないにしても)最も当会の理念に近く、「1議席でも取った場合、自民党なり他の政党がその議席を取るよりも遥かに移民反対側にとってプラスになるだろう」ということで、東京選挙区の「維新政党・新風」に投票する予定です。

tohyo7.gif

以下は、選挙に関する考察です。
1. 今嘆くべきは、日本にまともな公式政党がないことです。そのことを一人でも多くの人が主張しましょう。
これは、すでに外国人労働者含む移民とグローバリズムの問題について認識されている皆さまであればご存知の通りです。当会でも以前記事でまとめましたが、選挙であろうが平時であろうが自称保守ではない国益派が主張するべきは「まともな日本派政党の出現」であり、「民主党(民進党)よりましかもしれない(しかし結局は移民推進で、民進党よりもさらに酷い面もある)自民党のような政党の応援」ではないはずです。今回の選挙には間に合いませんが、例えばノンポリ含む周りの人と選挙なり舛添問題なりの話になったら、「日本にはまともな政党がなく、まともな政治家がほとんどいない。(以下、移民やグローバリズムの話)」と口火を切ってみるなど、折に触れて口に出すことが大切ではないでしょうか。

2. 「他よりましだから」という理由で、自分の信条に沿わないのに投票するのはいい加減にやめましょう - 特に、その「まし」な政党が第一党になりそうであればあるほど、自分の信条を捻じ曲げるような投票行為は控えるべきです。
例えば、3つの政党があったとしましょう。それぞれ、@「1,000万人の移民(広義の移民含む)を受け入れる」A「100万人移民を受け入れる」B「10万人移民を受け入れる」という方針を掲げていたとしましょう。この3つの政党以外、投票先がないとします。
もし@やAの政党が第一党になる確率が濃厚である場合、個人の選択として、Bに投票するのは、理念上はともかく戦略上はまだ有効に働きます。@が圧倒的多数で当選してしまうくらいなら、まだBが力を持ったほうが、移民10万人受け入れも反対であるとしても、1,000万人や100万人に比べればはるかに害は少ないからです。
しかし、Bが第一党にほぼ間違いなくなりそうなときに、Bに投票することは、移民10万人受け入れを含めて大多数の民意を得た、という誤解がより強化されることとなり、(今の安倍政権がまさにそれですが)「民意」の旗印のもと、争点になっていなかったような移民政策を勝手にどんどん決められてしまうことにも繋がります。まして、「自分の票が捨て票になるのが嫌だから、移民は絶対反対だけどBに投票」などというのは、捻じ曲がった世論を形成することに加担する行為でもあると思うのです。つまり、個々人の投票行為がどのような意味を持つかは、絶対的なもの(100%支持・不支持)と言うよりは、その時の政局や支持率、ねじれや政策停滞へつながるかどうかといった「文脈」で語られるものである、という考えです。

過去の政治においては、最悪の組み合わせと思える政党の組み合わせでも、その最悪の政党同士がいがみ合い、ねじれを起こし、無能な政治家が担ぎ上げられ、結局何も決まらずに終わった、という事例も数多くあります。(英国の「ハング・パーラメント」と呼ばれる時期などがそれです)その観点から見れば、「戦略的な白票という選択」も、候補者や政党の顔ぶれ次第ではありだとブログ主は考えますし(次章参照)、例えばもし移民政策に通じる他のグローバリズム的政策(TPP、インフラ民営化、カジノなど)に@やAが反対していた場合、それらの政党がまずもって与党にならないという確信があることを条件に、戦略的に@やAに投票してねじれができ、移民推進政策を含む政策決定が停滞することに賭けるというのも一つの戦略的選択です。

3. 白票は、必ずしも「誰がなってもいい」という意思表示ではありません。
自分の考える政策の組み合わせと100%何もかもが一致していないというだけで投票に足を運ばないのであれば、それはその個人の政治的怠慢ではないかと考えます。何もかも完璧に賛同できる相手でないと投票しないというのであれば、自分で政党を作ればよろしいではないですか、と申し上げるでしょう。しかし、「自分の中でこれだけは絶対に譲れない政策」(例えば移民政策)について、どの候補者も満足する答えを出さないという状況であれば、前門の虎後門の狼。それでも「ましな人物」に本当に投票すべきなのでしょうか?「投票に値する政策を掲げる人物が誰もいません」という意味での「白票」は、無きにしも非ずだと思います。(注:ただし、比例は、政党だけではなく「個人名」で全国どこでも投票できます。そのため、政党としては支持できなくても、個人として支持できる人は一人はいるのではないでしょうか。酷い選挙区の場合、選挙区では投票する意思がなくても、必ず比例票は入れましょう!)

同じ与野党構成であっても、得票率20%の選挙結果成立した議会と80%の選挙の結果成立した議会では、「我々は民意を得た」と言いながら売国法案を易々と通すことができるかどうか、しやすさには違いが生まれてくるのではないでしょうか。だからこそ、どうしても、どうしても投票先が見つからないときには、信念を以て投票しないという選択も、間違いではないと思うのです。

いかがでしょうか。ご賛同いただける部分・いただけない部分、移民反対派の中でもひょっとするとあったかもしれませんが、要は、
- 「木を見て森を見ず」な投票行動はやめよう。
- 自分の中で譲れない理念(例:移民・多文化共生反対など)があったときに、捨て票になりたくない、一番ましだからなどという理由で、心にもなく戦略的理由があるわけでもない投票行動はやめよう。
ということです。

「間違った世論に加担するような投票行動はやめ、全体の状況を見て行動を起こそう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

【統一地方選関連】【再掲】移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を応援しましょう。

「地方選であっても、外国人労働者含む移民と多文化共生政策に反対であるかどうかは非常に重要!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

参加者募集! 5/10 「政策提言ワークショップ: 移民についてみんなで語ろう」

イベント・行動情報・レポートまとめ(4月-6月)

おかげさまで多くの回答をいただいております!「介護に関するアンケート」(4/15まで)

大阪市ヘイトスピーチ条例意見募集【4月12日締め切り】

文科省・法務省に抗議しましょう! (日本語学校設置基準緩和・難民申請法悪用による不法滞在)

経済産業省と業界団体に抗議の声を送り付けましょう! (コンビニ・IT)

今月12日・26日はいよいよ統一地方選挙です。
これまでに取り上げた関連記事を再掲載します。特に市町村議会選挙の場合、わずか50票くらいの差で当落が分かれてしまうこともありますので、今からでも情報拡散は有用です。ぜひ皆様の投票・拡散にお役立てくださいませ。

5d35b8aef5.jpg

【関連記事】
【統一地方選関連】選挙応援と同時に、移民・外国人労働者・多文化共生の真実を地域住民に啓蒙しましょう!
あなたの街は大丈夫? 地方自治体の政策をもう一度点検しましょう。

【移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家紹介 バックナンバー】
第6回: 栗林寿行氏 (次世代の党 杉並区議会第三支部長)
第5回: 元三鷹市議 増田 仁氏(維新の党)
第4回: 埼玉県議会議員 鈴木正人氏(刷新の会)
第3回: 次世代の党 鹿野晃氏(救急医師、衆議院東京都第22支部長)
第2回: 次世代の党 犬伏秀一前大田区議会議員(衆議院東京都第四支部長)
第1回: 次世代の党 吉田康一郎前都議会議員(衆議院東京都第七支部長)

【過去の講演会動画】
シンポジウム「あなたの街は大丈夫? 多文化共生と地方自治体の真実」 (鈴木正人氏、犬伏秀一氏ほか)
小坂英二荒川区議会議員の講演要約・動画 (10/26ワークショップ)


このほか、ブログ主が直接やり取りしたところ、東京都中央区の白須 夏氏、千葉市の櫻井 崇氏が、外国人労働者含む移民と多文化共生政策に反対を明言されています。また、本ブログのコメント欄にて、神奈川県議会議員 相原高広氏が、八重桜の会が推す考え方と非常に近いという情報を得ております。(アギーレタ・ジャパン様より、情報提供ありがとうございました!) その他、情報がありましたらぜひコメント欄に書き込みくださいませ。「一見保守に見えて、実は移民推進のとてつもない売国奴」といった情報も歓迎です。

最後に、
日本国民の皆さん、ぜひ投票に行きましょう。
tohyo7.gif
普段は「外国人参政権・自治基本条例反対!外国人の日本乗っ取りを許すな!」と言いながら、(健康上の理由や突発的な事情等どうしてもやむを得ない場合を除いて)選挙権を自ら放棄するのは、はっきり言って自己矛盾としか言いようがないのではないでしょうか。たとえ上記に挙げたような国益派の候補者が皆さんの選挙区にいなかったとしても、少なくとも「ましな人」を選ぶことはできるのですから。

「最もやってはいけないことは、日本国民の権利たる選挙権を棄権すること!」と思われる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

栗林寿行氏 (次世代の党 杉並区議会第三支部長、警護専門会社専務取締役) - 移民・外国人労働者・多文化共生反対の政治家紹介

「移民・外国人労働者・多文化共生に異議を唱えることのできる政治家を国政でも地方でも応援しよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

おかげさまで多くの回答をいただいております!「介護に関するアンケート」(4/15まで)

大阪市ヘイトスピーチ条例意見募集【4月12日締め切り】

外国人看護師パブコメ月末締切! ぜひ意見を送りましょう。

国交省モニターも月末締切!移民・多文化共生反対の皆様ぜひ応募しましょう。

「移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を紹介するコーナー」に、「反対」「極めて慎重」を明言できる方より久しぶりに投稿いただきましたので、紹介いたします。

今回は、栗林 寿行氏(次世代の党 杉並区議会第三支部長、警護専門会社専務取締役)になります。

kuribayashi.jpg

----
移民受け入れに賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
受け入れが何故必要か明確な理由・根拠が無いままに、なし崩し的に受け入れ体制準備をすすめている様に見える。

現在政府が進めようとしている、外国人労働者の受け入れ緩和(建設業、介護、家事労働者など)政策に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
例えばの例として、認知症の介護対象者相手にした場合、親子の関係でもコミュニケーションを取るのが難しいのに、外国人の語学レベルでそれを克服出来るのか?極めて疑問です。

地方自治体で広く進められている「多文化共生政策」に賛成ですか反対ですか? 理由は?
極めて慎重。
国レベルで取り組む問題なのか極めて疑問。
大義名分は一部の方々には、素晴らしいと思われるかも知れないが、移民受け入れ・外国人参政権の下準備と勘ぐられても仕方ないと思われる。

外国人参政権に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
この問題が議論になること自体ナンセンス。
常識的に考えて外国人に投票権を与える国が独立国家と呼べるのでしょうか?

日本の留学政策(留学生30万人計画、留学生への返済不要奨学金支給など)についてどう思われますか?
反対です。
留学生を受け入れて、日本の素晴らしさを世界に発信していただくのは、大変良い事だと思うのだが、受け入れる留学生の資質も選定する必要があるし、返済不要奨学金の前にまずは日本人の進学したくても出来ない人々を進学させるのが先なのでは?
自国民に救いの手を差し伸べなくてどうするのか!

現在の日本の観光政策(外国人観光客2000万人計画、ビザ緩和など)についてどう思われますか?
極めて慎重
外国人観光客が増え日本の素晴らしさを世界にアピールするのは良いことだと思うし、積極的に取り組むべきである。
しかし、すべての外国人が善人ではなく、日本にとっては不利益になる企みを持った者、犯罪者、犯罪者予備軍などが紛れ込まない様に厳しく管理出来るのかどうなのか見守る必要性を感じる。

今後議員になることがあるとした場合、国政または地方レベルで、上記に関連して今後取り組みたいことがあれば教えてください。
介護者として、介護による悲惨な事件を減らす事に取り組みたい。

その他、自己PRがあればどうぞ!
私は、ガーディアン・エンジェルスのメンバーとして、海外でもパトロール活動をして来ました。
その経験を活かして、身辺警護や、特殊な警備に従事してます。
犯罪のもたらす悲惨な状況は理解しているつもりです。
警察・行政・市民の一体化で、犯罪が起きにくい地域作りを作り上げたいと思います。

栗林氏からのメッセージ
「ただ今、ポステングとポスター貼りにご協力頂けるボランティアスタッフさんを大募集しております。資金、看板、地盤のない私にありがたいことにご協力をして下さる方が徐々に増えては来ましたが、まだまだ、人手が足りません。何卒、ご協力頂けたら幸いです。」

杉並区近辺の皆様、ぜひいかがでしょうか?日本国籍を持つ方であれば、区民でなくても参加できます!
メッセージを送る
Facebookを使っている方はこちらよりメッセージをお願いします。

今後も政党や国政・地方問わず、外国人労働者受け入れ含む移民政策に反対・極めて慎重な政治家の声を随時紹介していきます。このコーナーには自薦・他薦大歓迎ですので、「移民」「外国人労働者」「多文化共生」に関するすべての質問に「反対」「極めて慎重」と答えられる方は、ぜひ info@sakuranokai.org までご連絡くださいませ。

【統一地方選関連】選挙応援と同時に、移民・外国人労働者・多文化共生の真実を地域住民に啓蒙しましょう!

八重桜の会は、「移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生」に反対する議員を応援します!

【移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家紹介 バックナンバー】
第5回: 元三鷹市議 増田 仁氏(維新の党)
第4回: 埼玉県議会議員 鈴木正人氏(刷新の会)
第3回: 次世代の党 鹿野晃氏(救急医師、衆議院東京都第22支部長)
第2回: 次世代の党 犬伏秀一前大田区議会議員(衆議院東京都第四支部長)
第1回: 次世代の党 吉田康一郎前都議会議員(衆議院東京都第七支部長)

※このコーナーでの紹介において、八重桜の会は特定の政治家や政党と一切の利益の授受を行っておりません。また、本コーナーの目的は、当会の理念に近い政治家の皆さまの一般的な政策紹介であり、特定の選挙などを意図したものではありません。また、回答内容につきまして、八重桜の会では一切の責任を負わないものとさせていただきます。

「外国人労働者受け入れや多文化共生含む移民政策に反対する政治家を応援しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする