にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2017年04月05日

移民推進論者と安倍信者の驚くべき共通点 - 固定観念への執着と「考える力」の欠如

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

ブログ主は、自分の子供にどのような人になって欲しいかと聞かれた時、その一つに「自分の頭で考える人になってほしい」と答えています。

前回の記事で、移民推進組織が内部から崩壊する可能性について書きました。また、当会では、口コミにしても凸にしても、「ノンポリ層」を主要ターゲットに、移民反対の意見を広めていくことを主張しています。

いわゆる保守派の方の中には、「保守だけれども安倍政権の本質がまだわかっていなくて支持してる人たち(いわゆる安倍信者)に働きかけたほうが効果的では?」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、政権開始して間もなく(目安として、2013年10月の消費税増税決定前)であればともかく、これほど長い時間目が覚めない人たちを覚醒させるのは、強固な移民推進論者を覚醒させるのと同じくらい困難が伴うと考えています。

normalJapanese.png

これまで当会を通じて接触してみた実感として、安倍首相支持ありきの、いわゆる安倍信者と、移民推進ありきのグローバリストは、本質は酷似していると考えています。すなわち、

1. 固定観念への執着。
グローバリストや地球市民論者は、そもそも「まず移民(あるいは難民・外国人労働者)を受け入れることは良いこと」という概念を捨て去ろうとしないところに問題があります。つまり、「移民を受け入れない」という選択肢を頭から否定しており、それを提示すると強固に抵抗します。
安倍信者も同様、「安倍首相を支持することは日本のためになる」という考えそのものを捨て去ろうとしないため、少しでも首相を批判することを言うと、たちまち売国奴扱いを始めるのです。

2.自分の頭で突き詰めて考えず、都合の良い面だけを見ようとする。
グローバリストも安倍信者も、論理が矛盾する点に踏み込もうとせず、ただ自分たちの論拠を支える点だけを見ようとします。

例えば、移民推進論者や安倍信者に対して、ブログ主はたびたび以下のような質問をしてきました。
「移民が経済の活性化に繋がると言いますが、それでは移民受け入れによるコスト(治安、社会適応、教育など)と相殺される分はどれくらいだと思われますか?」
「介護に外国人が必要と言いますが、それではその外国人が高齢化した際、もしその多くが永住権や日本に長期滞在する権利を有していたら、老後の面倒は誰が見るのですか?老いたら簡単に自国に帰国するとでもお考えですか?」

「安倍政権は外国人労働者は移民ではないといいますが、それでは安倍政権の推進する、永住権取得促進によって日本に永住する外国人は、帰国すると思いますか? 家族を連れてきた場合、その家族はどのように定義づけますか?安倍政権が言うように、高度人材のみかつ一定の期間を経て彼らを帰国させるには、どのような政策が必要だと思われますか?」

abe_baikoku.jpg

こうした質問に対して、まともに答えた人は、移民推進論者も安倍信者も実に皆無です。そして、移民推進論者は、「移民反対派こそ鎖国を主張しているのか!」と逆切れし、安倍信者は「安倍さんの他に誰がいる!」「民進党や共産党に政権を取れというのか!」と、左翼の批判にすり替える。これが彼らの実態です。
少なくとも、「アメリカ方式とシンガポール方式、ドバイ方式などを合わせ、帰化や永住の要件を今よりも格段に厳しくし、軽犯罪でも罪を犯した外国人や、妊娠した外国人メイドなどは即刻帰国させる。単純労働者や、日本語を話せない外国人はどんなに長く働いても、永住・帰化できないようにする。」とでも言うのであれば、(ブログ主はその実現困難さという観点から当然支持はしませんが)「意見は違うが、少なくとも政策というレベルで考えてはいる」となるのでしょう。しかし、多面的・中長期的・大局的な視野で政策を考えていると思われる移民推進論者にも安倍信者にも、少なくともブログ主は出会ったことがありません。

なお、移民反対派こそ、移民反対ありきではないか!という意見があるかと思われますが、当会では従来の主張とは逆に、以前開催したワークショップでも「共生できる形で移民を受け入れるにはどうすればいいか」という出発点の議論から始めてみたこともあります。しかしその結論は、「移民を最初から受け入れないのに比べて、社会的・文化的コストがあまりにも見合わない」という理由で、移民反対に行き着いています。

結局のところ何が言いたいかと申しますと、安倍信者を同じ「保守の仲間」と見ていては徒労に終わるだけ。彼らを気づかせるよりも、むしろ、「マスゴミが言うから何となく外国人っていいと思っていた」ノンポリ層、あるいは移民推進組織の中の、組織の論理に従って何となく移民はいいものと思っていた、というような層を切り崩し、内部から組織に働きかけるほうが戦略的にも優れているのではないかと思う次第です。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 10:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 保守活動のあり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

組織は内側から崩壊する

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

以前、八重桜の会にて移民反対活動のあり方に関する勉強会を行いました。

その際に非常に印象的だった話に、「組織は内側から崩壊する」というのがあります。

強固な組織を外側から叩いてもなかなか壊れにくい。なぜなら、共通の外部の敵と戦うため、組織内部はより強固に結束するから。ところが一旦内輪もめが始まると、組織は非常に脆くなることがある。だから、内側に亀裂が起きるように仕掛けるのも戦略のうち、と言う話でした。

安倍政権の森友学園問題、続くであろう加計学園問題を、期待を以て注視しています。政権崩壊までこの問題が発展するは分かりませんが、少なくとも支持率低下によりレームダック化し、移民政策・グローバリズム推進に歯止めがかかることを期待するばかりです。むしろ、完全崩壊よりは、決めるに決められないレームダックと化し、その間に世界の反グローバリズムが進展し日本にもその波が押し寄せる時間稼ぎをした方が、さらなるグローバリスト首相が誕生するよりはよいのかもしれませんが。

さて、最初の話に戻りますと、「組織は内側から崩壊する」、これには我々移民反対派にとって、二重の意味があります。

一つは、移民政策、すなわち内部侵略の恐ろしさ。

minkan-bouei.jpg

二つ目は、移民推進組織(自民党、マスゴミ、産業界、学界など)に軋みが生じるとしたら、突然「内部」から起きる可能性もある、そのチャンスが仮にでも訪れたなら我々も決してそれを逃してはならない、ということです。反グローバリズム、自国第一主義の世界的な勃興により、今までのグローバリズム推進に疑問を持つ人が、例え組織の末端からでも一定の数現れる可能性が出てきています。そうなると、まずはその組織の内部に亀裂が生じ、価値観の衝突が発生します。そうした現象が日本中の大小様々な「組織」で起きることで、移民推進一色、あるいはそれに何の疑いも持たなかった組織がある日突然崩れるかもしれません。

最初に崩れるのは、自民党や財界のような大組織ではなく、街中の弱小な組織からかもしれません。しかし、アメリカでもイギリスでも、無数の人々がグローバリズムへの疑問を持ったこと。両国ともに二大政党がグローバリズム推進・移民推進ではもはや世論の支持を得られず、党の内部でもグローバリズム推進と自国第一主義に分かれたことで、まさしく「内部からの組織崩壊」、あるいは反グローバリズムへの転換が成功したわけです。

これまで当会でも、凸やポスティング、口コミなどを通して、「いきなり決定権がある層ばかり狙わなくても、組織の末端にいる人でもいい、とにかく一人でも多くの人が気付くように行動する」ことを行い、また呼びかけてきましたが、それもやはり「各人の所属する組織内部に移民反対派を増やす」効果を見越してのことです。「組織は内側から崩壊する」、だからこそ、移民による内部侵略の危険性を引き続き喚起するとともに、あらゆる層の方々に一人でも多く気づいていただけるよう呼びかけましょう。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保守活動のあり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

「信者」になるのではなく、政策を支持することの大切さ

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

今こそ移民反対を訴える好機!お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 日本人が住みやすく、外国人が住みにくい街に

引き続き民泊への反対意見を送りましょう。チラシもあります。

本題の前に、一つうれしいお知らせです。
おかげさまで、当会のFBグループ会員が1,500人を超えました!
https://www.facebook.com/groups/403012403133962/
FBアカウントをお持ちの方、ぜひご参加いかがでしょうか。
ブログは毎日の更新が難しい都合上、当面は日々の売国政策情報や移民情報よりも、一般論が中心になりますので、日々の移民関連ニュースを読まれたい方は、ぜひこちらにご参加いただければ幸いです。

さて、トランプ大統領誕生に際して、反グローバリズムの時代の始まりだと大いに期待を寄せる人もいれば、「彼は真の保守ではない」という意見もあるでしょう。ブログ主は、期待半分の一方、日本でさんざん政治家に裏切られたという思いから、今度こそ本当に反グローバリズムに向けた世界の流れを信じていいのだろうか、本当だとしても、その波は日本にいつやってくるのだろうか、もし世界全体が反グローバリズムで日本だけがグローバリズム推進になったら…という不安の気持ちもあります。

trump-america-first.jpg

その中で、最初に申し上げたいのは、
「どんなに完璧だと思う人物であっても、特定の政治家の『信者』になってはならない」
「誰が首相だろうが大統領だろうが、良い政策は支持し、他国の政策であれば、日本でも導入することを主張し、悪い政策は批判する、あるいは反面教師とすることを主張する」

という姿勢はぶれてはいけないということです。

「信者」になってはならないというのは、未だはびこる安倍信者がまさに反面教師でしょう。
安倍政権開始時、本ブログの内容にご賛同いただいている方の中にも、期待を寄せた方はいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、外国人労働者受け入れをはじめとするグローバリスト政策が進むにつれて、一人、また一人と、真の国益派の支持を失っていきました。

しかし「信者」は違いました。「高度人材は移民ではないからー」「米国の圧力だから仕方ない」「これは外務省の陰謀であって安倍首相の本意ではない!」「民主党だったらもっとひどかった」など、何でもかんでも安倍首相を称賛する方向に持っていく、そこに単なる「支持者」ではなく「信者」の特徴があります。

abe_baikoku.jpg

なぜそのような思考回路に陥ったのでしょうか?可能性としては、
- 政治家を「政策」で判断することと「人」で判断することの区別がついていない。
- 「他に適任者がいないから、安倍首相を支持するしかない」というある種の強迫観念。
- 特に民主党打倒の活動をしてきた人は、不支持に転換することで、これまでの努力や自らの主張が水泡に帰すため、支持することで自己正当化しようとしている。(国を保守するのではなく、、自分を保守する)
- 上記の組み合わせ。

といったあたりでしょうか。

さらにもう一つの安倍信者の過ちは、「安倍首相に任せておけば大丈夫だから、もう政策批判は必要ない」といった言動に陥ったことです。これによって多くの人が民主党時代に行っていたような活動をやめました。それで何もしなくなるのであればその方のご都合や思いもあるのでしょうし、ブログ主もそこまで批判するつもりはありません。しかし、今度は安倍政権に対して批判を行う人々を執拗に攻撃してきて、かつ自らを愛国だ保守だと称した「信者としての活動」を続けるのですから、実に厄介であり、彼らは事実上の移民推進勢力に成り下がりました。

なぜこのようなことを今申し上げるかと言いますと、ブログ主含め、多くの人がトランプ氏支持を表明している中、「信者」になってはいけないという自戒の意味を込めて、ということです。そして、今後たとえ反グローバリズムが主流になり、何年後かはわかりませんが日本でもそのような政党や人物がトップに立つ機会が訪れるという、今の我々から見たら夢物語のようなシナリオが本当に実現したとしても、浮かれて「信者」になってはならず、冷静な批評家の視点で政策を見極め、必要に応じて世論に働きかける活動を継続的に行う必要があります。同時に、特に日本は未だグローバリズムから抜け切れていないどころか推進の一途ですので、「トランプ氏当選で世界の流れが変わるからもう大丈夫だ」と慢心することなく、引き続き良い政策は良いと主張し、悪い政策は批判し、あるいは他国の政策であれば、手本または反面教師にすべきことを主張する必要があります。

トランプ氏はさすがに日本が推進するからTPPを復活させる、というほど軽い人物ではないとは思いますが、今後、当初の公約の中でも、覆るものが出てきたり、グローバリズムから完全に脱却していないのではないかと思うような政策が出てくる可能性は大いにあります。特に外交・通商政策は、日本にも影響が出る可能性があります。こうした現象は、今後も日本を含むどんな国のどんな政治家にも起こりえます。そのような時も、アクロバティック的思考でグローバリズムのダークサイドに落ちた安倍信者の二の舞になることなく、「移民反対」「グローバリズム反対」といったご自身の主張の軸をぶれさせることなく、各自の時間と労力の許す範囲で周囲に働きかけていくことが重要ではないでしょうか。

以上申し上げたうえで、次回は良い話として、今後トランプ政権による公約撤回や前言撤回がどんなにあったとしても、変わることなく今回の選挙がもたらした日本への好影響について考察します。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 保守活動のあり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする