にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年07月17日

007役に黒人女性の衝撃

「007」は黒人女性=来年公開の最新作、英に衝撃

衝撃的なタイトルに衝撃を受けた。
007役を黒人女性が演じるという。
007を演じるのはラシャーナ・リンチ
イングランドのロンドンのハマースミスで生まれた
ジャマイカ系イギリス人だ。

「007が黒人女性」報道に
「時代に忖度しすぎ」「ポリコレ」の声

制作陣の意図はわからないが、巷では
批判的な声も多いようだ。

英国ではロンドン在住者のうち、
白人の英国人の割合は2001年の58%から、
11年には45%となり、過半数を割り込んだ。
ロンドンにおける移民の割合は39%に達し(13年)、
飛び交う言語は150カ国語に及ぶ。
ロンドン市長は「パキスタン移民2世」「イスラム教徒」
文字通りの多民族シティとなっている。

英国やドイツではすでに、男児名のトップが
ムハンマドである都市がいくつも出現し、
イスラム教徒との「共生」が様々な社会問題と議論を呼んでいる。

移民問題が選挙の争点にさえなっていない日本では
スポーツ関係で「ハーフ」選手の活躍が
大きく報道されている。
サニブラウン・アブデル・ハキーム選手や
八村塁選手など多数だが
見た目や名前から、一見日本人の血が入っていることさえ
感じさせない選手も増えているように思う。

両親ともに移民であっても、日本国籍を取ってしまえば
日本人として報道されるのだから
「日本人初の快挙」などと報道されても
嬉しくもなんともない時代がやってきている。

ひどいのになると、日本人の血が入っていないのに
記者の不勉強か故意なのか知らないが
「アフリカ系日本人」「父親が日本人」という
悪質な記事まで出回る始末だ。
星野ルネ(漫画家、タレント)氏は両親ともカメルーン人であり
本人も漫画にそのように描いているのだが
取材した記者は、知らなかったのだろうか?
話題のアフリカ系日本人漫画家、
両親の馴れ初めはオフィスラブならぬ“ジャングルラブ”


こちらが正しい記事
星野ルネ

日本政府が現在のような大量移民政策を
取っていなければ、外国系日本人の活躍に
拍手を送る気になったかもしれないが、
心中は複雑だ。
日本人の血が一滴も入っていない
外国系日本国籍はこれからも増え続けるだろう。
水戸黄門役を両親ともに外国ルーツの「日本国籍人」が演じる日も
そう遠くはないかもしれない。
しかし、国籍は日本であっても彼らを日本人と呼ぶ気にはなれない。
私たちは日本民族(和人)であるが、外国ルーツは違う民族なのだ。











posted by yaezakura at 10:53| Comment(1) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

多文化保育?ふざけるなよ!

勝手に増やして急増社会?
多文化保育?
ふざけんな!!

愛知 外国につながる子どもの母語支援プロジェクト
シリーズ外国人急増社会
“多文化保育” で子どもを支援 
日本への定住に備え、母国と日本の文化をともに尊重する
“多文化保育” に取り組む、茨城県の保育園を取材

多文化とは多民族のこと
日本において、勝手に多民族化を進めているのが
安倍政権

勝手に増やした移民に対し、我々の血税を勝手に使って
日本語を教えるというとんでも法が可決されそうです。

【速報】 日本語教育推進法案が22日の衆院委員会で可決、
今国会で成立へ


多くの人は気づいているはずなのに
仕方ない とか 仲良くするのはいいこと
などと大きな勘違いをしています。

多民族の共生とは、日本における主権者が
日本人ではなく、多民族になるということです。

私たちの国、日本の主権者は
私たち日本人であるべきです。

財界政界マスゴミが一丸となって進める
日本の多民族化、これを阻止する方法が一つあります。

それは日本第一党を支持することです。
日本第一党は前身が在特会という
【入管特例法の廃止】を訴え主張してきた団体です。
(今は会長も変わり会員も大きく変わっているようです)
そして、その旧会長が立ち上げたのが日本第一党です。
権力者や左翼マスゴミによってヘイト団体というレッテルを貼られ
敬遠している人も多いのが現実ですが
その主張・政策は日本人なら誰もが納得できる内容です。
一部の人が嫌悪している言葉遣いなどというものにとらわれず
その訴えの内容に、心の耳を傾けてみて欲しいと思います。
日本第一党は消費税廃止も政策に掲げています。

他に頼れる団体は一つもないのです。

たった一人でマイクを持ち、
在日朝鮮人問題に立ち向かっていった猛者、
桜井誠党首が率いる日本第一党こそが
日本の救世主であり、歴史、日本史の要請であることを
信じてやみません。

日本第一党綱領
posted by yaezakura at 12:36| Comment(6) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

安倍政権打倒すべし

安倍政権の5年で労働者60万、合計120万が増えているのに、
さらに規制を緩和して34万人で済むはずがない。
ミエ見えの嘘を平気でつく移民党を許さない。
家族含め数百万がやってくるのは間違いない。
繁殖して1000万を超える。
参政権や福祉を求め暴動が起きる。

日本人は職を奪われ、どんどん低賃金化する。
今でさえ踏みにじられている日本人の人権が
さらに蹂躙されるのは必至である。

拉致事件の実行犯は土台人と言われる移民だ。
逮捕もせず放置してきた移民党日本政府は
日本人の敵と知るべき。

移民党を倒せ!!
日本人を守れ!!

安倍晋三を許さない!!
安倍晋三を支持する者は国賊であり
朝敵だ!

立ち上がる時が来た!
革命だ!
ラベル:移民党
posted by yaezakura at 09:22| Comment(24) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

立ち上がって戦うしかない今

骨太2018の施行に向けて準備を急ぐ日本政府(仮)です。
我々、移民政策に反対する日本人国民に
残された時間は少なくなりました。

安倍政権発足当初から、当会は
安倍政権は移民政策をやっている!
自民党は移民党!と声を上げてまいりましたが
世論の喚起は今ひとつ伸びないまま
いよいよ本格的移民政策が開始されようとしています。

もちろん来年4月に悪法が施行されても
諦めず声を上げてまいります。

しかし、今、移民・多文化共生に反対する日本人国民は
四の五の言っている時は過ぎ去りました。

立ち上がって戦おう!

できることをやろう!

ネットでもいい
ポスティングでもいい
街宣やデモに参加したり応援する!

とにかく声を上げていきましょう!!

日本政府という権力の座にあり、日本の政治家という皮をかぶった
売国奴たちから 日本の政治を取り戻すためには
戦わなくてはなりません!!

私たち日本人国民の権利!私たち日本人国民の国家!
日本人民族の存続を脅かす政府は倒されるべきなのです!
その政府(仮)を倒せない民族は滅びゆくのです!

人権は国権を超える!!

国家の権威は自己目的にあらず

国家の権威は、それが民族の利害に応じ、
少なくとも民族に害を与えるものでないときにのみ、
尊敬と支持を要求する権利を持っている。


自己目的としての国家の権威というものはありえない。

もし政治権力のたすけによって、
ある民族が滅亡に導かれるならば

そうした民族に属するものがみんな反逆することは、
その時には権利であるばかりでなく義務である。

次のことは決して忘れてはならない。

人間存在の最高の目的は、国家を維持することや
あまつさえ政府を保持することではなく、
種の保存であるということである。

人間としての権利は国家の権利を破る。
ある民族が人権闘争で負けるならば、
それを運命のはかりにかけてみると、
この世界で存続する幸福を享受するには
軽すぎることがわかるであろう。

というのは、自己の存在のために戦う覚悟も能力もないものには、
永遠に公正な摂理がすべてに終末を定めているのだからである。

世界は臆病な民族のためにあるのではない。

わが闘争より抜粋


ラベル:移民党
posted by yaezakura at 18:48| Comment(8) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

日本第一党を支持します

当会は移民政策に対し、反対を表明し行動する
日本第一党を支持します。

与野党議員や識者の中にも移民政策反対を言うものはいますが
口だけです。口だけ反対なら誰でもできる。

日本第一党は移民政策反対を掲げるだけでなく、
行動しています。

当会は、2012年民主党政権の終わり頃から
多文化共生と移民政策反対を訴えて来ましたが、
2016年に発足し、本気で移民政策に反対し
行動している唯一の政党である
日本第一党を支持することを表明します。
ラベル:日本第一党
posted by yaezakura at 11:04| Comment(4) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

【超党派】10月14日反移民デーに参加しよう!

桜井誠党首が率いる日本第一党主催で
10月14日 日曜日 全国28箇所において
反移民デーの反移民デモ&街宣!が開催されます。

日本第一党では、党員だけではなく、
広く国民各層の参加も呼び掛けています。党員でなくとも、
移民問題に反対の方など、移民反対の意思があれば
どなたでも参加頂けます。
お近くの開催場所へ是非お運びください。
そして共に反移民政策!反多文化共生!を訴えましょう

【主催】日本第一党 各地方本部
【総指揮】全国総指揮 桜井誠
【日時(全国共通)】平成30年10月14日(日) 14:00から
【場所】北海道、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、
東京、神奈川、富山、長野、岐阜、静岡、愛知、京都、
大阪、奈良、三重、広島、徳島、愛媛、福岡、佐賀、
長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
全国28か所 (日本第一党 地方本部所在地)
【行動】「移民反対」を訴えるデモ行進
北海道(札幌)、東京、愛知(名古屋)、大阪、
広島(広島・山口・島根 三県本部合同)、福岡(天神)を予定

「移民反対」をテーマにした街頭周知活動
宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、富山、
長野、岐阜、静岡、京都、奈良、三重、徳島、愛媛、
佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄を予定

日本第一党
桜井誠党首ブログ
hanniminndei2.PNG

経団連の要望を受けて日本政府が進める移民政策は
各省庁、知事会も同調し、今後ますます、
中小企業や地方自治体に圧力がかかることは
間違いありません。
知事会はその提言において、多文化共生や外国人への
さらなる予算の計上を明言しております。

日本人の未来を閉ざす移民政策を叩き潰すためには
国民のコンセンサスが不可欠です。
届けよう!移民反対の声!
多文化共生は亡国へ繋がる愚かな政策だ!


posted by yaezakura at 13:17| Comment(35) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

10月14日 反移民デー 全国一斉行動

移民政策に反対する日本第一党主催で
移民政策反対の全国一斉行動が開催されます。

桜井誠 @
平成30年10月14日(日)は『反移民デー』
日本第一党は、全国各地で
移民政策反対の一斉行動を実施します。
詳細は9月に発表予定ですが、是非ご覧の皆様には、
反移民デーについて拡散周知をお願いします。


日本第一党の発表によると
移民政策に反対であれば、どなたでも、
日本第一党員でなくても参加して欲しいとのことです。

この機会に、国民のコンセンサスを見せつけ、
反移民の機運を盛り上げて行きましょう。







posted by yaezakura at 20:02| Comment(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

世界160カ国以上に同じ規律を適用

WTO加盟161カ国に同一の規律を適用するため、
企業のシームレスでグローバルな活動に寄与。

多角的自由貿易投資体制の再構築を求める
−TPPの先を見据えて−
(概要)


世界がグローバリゼーション化し、
161ヶ国に同じ規律を適用しようとしたとき、
そこには強大な権力を持つ機構が必ず必要になる。

巷では、世界政府やNWOといった言葉で説明し、
警鐘を鳴らしている人たちがいるのに
多くの人は、単なる陰謀論と断じて
見向こうともしていない。
ダニロドリック氏はその著書で
グローバリズムと国民国家と民主主義の3つは
同時に成立できないという、トリレンマの法則を
説明している。

現今の世界情勢は、
グローバリゼーション(economic globalization)と
国家主権(national determination)、
そして民主主義(democracy)を同時に追求することを許さず、
どれか一つを犠牲にするトリレンマを強いているという。
教授はこうした基本認識に立ちながら、
国家主権と民主主義を擁護するとともに、
無規制な金融グローバリズムに網を掛けることを提言する。

グローバリゼーション・パラドクス:
世界経済の未来を決める三つの道
解説より抜粋

このことは何を意味するのだろうか?

日本に先立ち多くの移民を受け入れてきた欧米では
ポリティカルコレクトネスの問題が起こっている。

米大統領はポリコレ棒を掲げ、
過剰な言論弾圧を批判して支持を集めた。

西洋では、移民による犯罪を報道しただけで
訴えられ敗訴するということが実際に起きている。
ドイツでは、移民が一夫多妻で13歳の妻を持ち、
それを批判することさえ許されない一国二国状態が続いている。
イギリスも同様だ。
ロンドン市長がムスリム教徒になり、警察が縮小され
犯罪が増加しているという報道もあった。

コスモポリタンの前提は帝国主義 なのである。


posted by yaezakura at 12:16| Comment(1) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

多文化共生と骨太と竹中平蔵


外国人就労、政府が拡大に方針転換 
新たな在留資格の創設着手 「骨太方針」に明記へ


・・・6月に決定する「骨太方針」に
外国人との「共生」を初めて盛り込み、
日本語学習教育の支援などにも取り組む方針だ。・・・

共生が骨太に盛り込まれると
これまで以上に堂々と 多額の予算が
外国人に使われることになります。


「骨太方針」に外国人との共生を盛り込むと
国から地方自治体すべての予算に影響するって知ってる?

ナスタチウムさんのブログに、大変わかりやすく
書かれていますので、是非読んでみてください。

現在、日本では多文化共生協会や国際交流協会などが
日本語教室や外国人との交流、イベントを盛んに
開催していますが財源はほぼ税金です。

この多文化共生が骨太に書き込まれたのは
実は今回が初めてではないのです。


経済財政運営と構造改革に関する基本方針 2006 について
平成 18 年 7 月 7 日 閣 議 決 定
平成 18 年内の生活者としての外国人総合対策策定等、
多文化共生社会構築を進める。(8P)

経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006
(内閣府)


ここに初めて多文化共生という文言が登場します。

参照骨太の方針2006
これは、2006年、4月7日の経済財政諮問会議で
竹中平蔵総務大臣(当時)が、次のような発言をして、
一気に歯車が回りだしました。ということです。

多文化共生と「骨太の方針」 より

この文中にある、総務省の
「多文化共生の推進に関する研究会」の報告書
「地域における多文化共生の推進に向けて」については
以下の通りです。

地域の国際化の推進
http://www.soumu.go.jp/kokusai/index.html
多文化共生の推進
地域における多文化共生推進プラン
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/chiho/02gyosei05_03000060.html
総務省においては2005年6月に
「多文化共生の推進に関する研究会」を設置した。
多文化共生の推進に関する研究会
報告書2006年3月総 務 省 より
http://www.soumu.go.jp/kokusai/pdf/sonota_b5.pdf
〜地域における多文化共生の推進に向けて〜
〜地方自治体の外国人住民に関する取組は
1970年代に始まったといえる。すなわち、1970年代に
在日韓国・朝鮮人を対象とする施策に取り組む地方自治体が現れた。
1990年代になるとニューカマーの増加と定住化に対応した
「内なる国際化」施策に取り組み始める地方自治体が現れた。
(続き、リンク先参照)
この研究報告が、経済財政諮問会議で取り上げられたことを契機に、
国を挙げての多文化共生への取り組みが本格化した。
(多文化共生社会の構築に向けて 経団連タイムス
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2015/1126_10.html


竹中平蔵氏は今も、民間議員として諮問会議に参加し
日本の政策に大きく関わっています。
指名したのはもちろん安倍晋三です。

小泉ー安倍と続く新自由主義政府にはいつも
竹中平蔵氏が当然のように参加し、
私たち日本の国体を破壊し続けているのです。









posted by yaezakura at 20:05| Comment(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

署名:日本に多民族共生を強要する多文化共生政策に反対します! | 移民反対署名・引き続きご協力お願いいたします。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

このたび、移民反対署名に加えて、多文化共生政策反対についても国民の声を届けるとともに、問題を一人でも多くの方に知っていただくべく、署名サイトを立ち上げました。

署名:日本に多民族共生を強要する多文化共生政策に反対します!
nomulticulturalism.jpg

ぜひ多くの方のご署名および拡散をお願いいたします!

なお、移民・難民・外国人労働者受け入れに反対する署名も引き続き実施中です。
まだ署名されていない方は、ぜひご協力をお願いいたします!
関係先への提出はもちろん、署名する方が多ければ多いほど、移民問題の周知拡散に役立ちます!

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!
移民より日本人が子どもを産める政策を.jpg

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 05:33| Comment(1) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする