にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2020年08月19日

特定技能の内訳

特定技能1号在留外国人数は5,950人、愛知県が最多
2020年8月17日


によると、日本の法務省は、2020年6月末時点における
特定技能1号在留外国人数は、合計で5,950人(速報値)

特定技能1号在留外国人数の国籍別人数は、
ベトナムが3,500人、中国が597人、インドネシアが558人、
フィリピンが369人、ミャンマーが291人、カンボジアが243人、
タイが177人、ネパールが4人
ベトナム人が約58%を占めている。

分野の内訳は、
介護分野が170人、ビルクリーニング分野が84人、
素形材産業分野が537人、産業機械製造業分野が561人、
電気・電子情報関連産業分野が268人、建設分野が374人、
造船・舶用工業分野が175人、自動車整備分野が54人、
航空分野が2人、宿泊分野が39人、農業分野が930人、
漁業分野が55人、飲食料品製造業分野が2094人、
外食業分野が607人

都道府県別の人数は、
愛知県が521人、千葉県が497人、東京都が448人、
福岡県が352人、大阪府が316人、埼玉県が314人、
茨城県が299人、北海道が287人、神奈川県が228人、
広島県が211人、群馬県が208人、静岡県が204人
ラベル:特定活動
posted by yaezakura at 08:08| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: