にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年09月27日

未来は愛国者のためにある

トランプ大統領、国連で自由世界の牽引を宣言
 「実効的な」多国間主義打ち出す
2019.9.25


各国に対し
「自由を欲するなら祖国に誇りを持て。
民主主義を欲するなら主権を手放すな。
平和を欲するなら祖国を愛せ」と述べ、
「未来はグローバリストでなく、
愛国者のためにある」
と訴えた。



【ニューヨーク=黒瀬悦成】
トランプ米大統領は24日、国連総会の一般討論演説で、「世界最強」の超大国である米国が、他国の征服や支配を画策する専制国家や、国益の概念を軽視するグローバリズムに対抗して、「自由や独立、自治」を奉じる民主主義諸国を牽引(けんいん)していくと宣言した。持論の「米国第一主義」は堅持しつつ、価値観を共有する国々との連携を図る「実効的な多国間主義」(国務省高官)を新たに打ち出したといえる。

 トランプ氏は演説で、世界で米国などの対極に位置する「支配に飢え、他を配下に置こうとする勢力」に対し、「米国は、自らがよって立つ伝統や慣習を精力的に守っていく」と強調。その上で、各国に対し「自由を欲するなら祖国に誇りを持て。民主主義を欲するなら主権を手放すな。平和を欲するなら祖国を愛せ」と述べ、「未来はグローバリストでなく、愛国者のためにある」と訴えた。
posted by yaezakura at 15:44| Comment(0) | グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: