にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年09月13日

福岡県の移民受入

福岡県北九州市は実質的移民政策のモデル地域である
国家戦略特区の指定地域です。
移民受入に熱心なのはむべなるかなです。
以下は最近の報道です。
------------
福岡県は外国人材受入企業の相談窓口を開設
福岡県は、「福岡県外国人材受入企業相談窓口」を
福岡県行政書士会館内に9月17日から開設することを発表した。
福岡県では、今年の4月の改正入管法の施行などの
外国人材受入れに係る制度の整備
に伴い、
外国人材の受入れを希望する企業の増加が見込まれている。

福岡で外国人介護人材受入支援協議会が開催
2019年8月30日

福岡県は、第1回外国人介護人材受入支援協議会を
8月30日に福岡県中小企業振興センターで開催することを発表。
「外国人介護人材受入支援協議会」を設置して
介護福祉士資格の取得を目指す
外国人留学生の円滑な受入支援体制の構築を目指し、
留学生と介護福祉士養成施設や介護施設等との
適切なマッチング支援に向けて検討している。
出席者
老人福祉施設協議会、福岡県介護老人保健施設協会、
全国有料老人ホーム協会、慢性期医療協会、医師会、
介護福祉士会、介護福祉士養成施設協議会、
アジアン・エイジング・ビジネスセンター、
出入国在留管理局、労働局、国際交流センター、
柳商学園柳川高等学校、P.W.J.協同組合


在福岡ベトナム総領事館創立10周年記念行事が開催、
アオザイショー等 2019年8月29日

「ベトナム人材活用による事業拡大促進セミナー」
このセミナーのプログラムは『ASEAN全体から見るベトナム』
『ASEANからの実習生受け入れの仕組みと課題、
制度改正のポイント』
『ベトナム企業ならびに送出機関による高度人材育成について』
『ベトナム人材活用体験談ならびにベトナム人材に求めるもの』

福岡県の学生がタイ・バンコクの学生とデジタルコンテンツ分野で交流
2019年8月26日

福岡県でアジア・アセアン等の少年男子を招待しラグビー交流
福岡県は県内の在留外国人のための相談センターを開設
2019年7月31日

福岡県は、県内の在留外国人が言語の心配をすることなく
相談できる体制を構築するため、福岡県外国人相談センターを
7月31日から開設することを発表した。日本では
今年の4月1日から在留資格「特定技能」が創設されことにより
外国人の受入れが拡大されるため、今後は在留外国人から
県や市町村に対して様々な相談が寄せられることが想定されていた。
対応する言語は、日本語にくわえて、
ASEANに関係する言語のベトナム語・タイ語・マレー語
・ミャンマー語・クメール語・インドネシア語・英語となり、
その他の地域などの言語の中国語・韓国語・ネパール語・タガログ語
・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語
・ロシア語・モンゴル語の18言語

福岡県の高校生がタイの高校生などと交流
タイ・エアアジアXの福岡とタイを結ぶ便が就航、記念セレモニー
2019年6月27日

福岡県は外国人材受入の協議会設立、在住外国人は7.6万人
2019年6月4日

福岡県は、
「福岡県外国人材受入対策協議会」を設立することにともない、
6月5日に会合を開催することを発表した。
日本では、
今年の4月1日から新たな在留資格「特定技能」が創設され、
今後さらに多くの外国人の人々が
日本国内で就労・在住することが見込まれている。
そのため福岡県は、福岡県内においても
外国人の人々が増加すると見込んでいるため、
県内における外国人の方々の円滑・適切な受入れに向けて、
受入に関係する機関・団体が協力して対応していくため
「福岡県外国人材受入対策協議会」を設立することを決定した。


この協議会が設立されたことにともない、
会合が福岡県庁で開催されることとなった。出席する団体は、
行政からは、福岡県、福岡県市長会、福岡県町村会、福岡市、
北九州市、福岡出入国在留管理局、福岡労働局などとなる予定である。
民間などからは、特定技能13業種である自動車整備、
飲食料品製造業、電子・電気機器関連産業、素形材産業、
産業機械製造業、造船・船用工業、農業、漁業、介護、建設業、
ビルクリーニング、宿泊業、外食業に関係する団体と、
九州経済連合会、商工会議所連合会など
が参加する予定である

なお、福岡県の在住外国人数は、平成30年は76,789人となる。
過去の推移は、平成25年は56,437人、平成26年は57,696人、
平成27年は60,417人、平成28年は64,998人、
平成29年は72,039人となっていた。

タイの工科大学の学生が福岡県副知事を表敬訪問
2019年6月4日

タイのバンコクの高校生が福岡県に訪問、青少年交流事業
福岡県は高校生の青少年交流団をタイ・バンコクに派遣
タイとインドネシアに福岡県の日本語パートナーズを派遣
2019年4月19日

派遣される人々は、現地で日本語教育の支援を行うとともに
福岡県の魅力を発信する役割も担っており、
帰国後は派遣で得た経験や知識を広めて貰うことにより
福岡県のさらなるグローバル化に貢献することも期待されている。

福岡県で外国人留学生を対象とする企業説明会開催
2019年4月16日

日本の厚生労働省は、外国人留学生を対象とする企業説明会
「外国人留学生 就職フェア in FUKUOKA」を福岡県の
「アクロス福岡 イベントホール」で
4月25日に開催することを発表した。

厚生労働省では、増加する一方である外国人労働者を支援する
活動の一環として、外国人労働者への職業紹介、
外国人労働者の雇用管理の改善へ向けた事業主への指導、
留学生の就職支援等を実施
している。この取り組みの一環として、
福岡県で日本企業への就職を希望する外国人留学生を対象とした
企業説明会が開催されることとなった。

今回開催される「外国人留学生 就職フェア in FUKUOKA」は、
主催が福岡労働局と福岡新卒応援ハローワーク、後援が福岡市と
福岡県留学生サポートセンター運営協議会
として実施される。
参加対象者は、来年3月に大学、短大等卒業予定者及び
卒業後概ね3年以内の既卒者となる。いずれも参加は無料であり、
参加者は在留カードと学生証を持参する必要がある。
なお、問い合わせ先は福岡新卒応援ハローワークとなる。



posted by yaezakura at 13:13| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: