にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年08月28日

移民否定派言論人墓田桂氏

本稿は07/12の記事で募集しました
読者投稿による本文記事への第一回目の応募文となります


当方は「韓国は 夜郎自大の 超大国」というハンドルネームで
過去嫌韓系を中心に保守系サイトで投稿を重ねてきましたが
平成時代の全期を通じ破綻リスクの極めて高い
労働移民導入に反対し続け 
第二次安倍政権においてついに推進におよんだ
民意に背き未来への責任感を有しない移民政策
護国的/文化防衛的な立場から強い憤りと危機感を持ち
一読者/一訪問者の分際でまことに僭越ながらこの機会に
ここへ集う皆様のご一考を煩わせたく拙文をUPさせて頂きます


まず添付画像の記事をお読みください
(画像をクリックすると拡大します) 
読売新聞の2017年(H.29年)08/21のものです 
安倍政権の移民政策が本格化しだす一年ほど前の特集記事で 
読売ゆえ意図的な予兆を含むともいえる内容でした
皆様は左側の慎重派の論客 墓田桂をご存じでしたか?
中公新書(中央公論新社は読売の子会社)の
難民問題」の著者にして移民に否定的な主張をしている方で 
その論旨をお読みいただきたいのです
sikisya.PNG

本稿は以前当方がこちらのコメ欄で
「現在の移民政策が真に誤りであることを理解しており 
声を上げてくれる少数のメディアや
保守議員・言論人らの影響力になお期待をかけ 
働きかけていきたい」
と記したことに
「保守議員・言論人らなどどこにいますか?
ほとんどがビジネス保守、移民に反対しても
安倍政権批判は全くやらないいんちき保守しかいません。」

というレスを頂いたことへの答えでもあります
確かに小川榮太郎 櫻井よしこ 有本香といった
疑義のある評論家やジャーナリストの場合はその通りですが 
墓田氏は専門の学究であり
安倍翼賛の保守誌などには登場していない方で 
その分知名度は低いけれどこのご意見はこ
ちらの皆様にとってほぼ全面的に肯定できる内容に思われ 
諸問題の本質を正しく理解した的確な主張として 
移民反対派にとり理論的支柱ともなり得るものです

それは平成初期の若槻泰雄・西尾幹二といった人々の
移民否定の系譜を継ぐ内容で こういう理論家の方もおられるのです

本論は政治的・経済的・社会的に合理主義的で冷静な思考に立って
日本の国益と文化伝統を守り 歴史的に正しい選択を続けて
長期に及んで国を成り立たせていくことは可能であるとの
方向性を示すものであり 
移民に反対しつつもキャリアが豊かとはいえない方や
皆様の周囲におられる 漠然とした不安を抱きつつ
考えの明確でない方々にも
理解していただける内容であると思っています

皆様におかれましてはご一読と 
読後のご意見をお願いできましたら・・・

07/16のオーナー様の記事でも取り上げられていた
推進派=毛受敏浩氏の唱える奇説に対しては 
いち読者の立場に戻ってコメント欄で批判を述べさせていただけたら
・・・と希望しています

------------
当会では引き続き、
読者さまによるご投稿やご意見を募集しております。
本文に記事を掲載してほしい、あるいは直接投稿したいなど
ご希望がありましたら、メッセージ欄
もしくはコメント欄にてご意見をお寄せください
よろしくお願いいたします。
nannminnmonna.PNG
ラベル:墓田桂
posted by yaezakura at 09:11| Comment(6) | 言論人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今ごろになりまたもや長文投稿ですみません 昨今の時流に乗る形で各メディアへの出番を増やしている人物であるゆえ 毛受敏浩氏の無責任な移民推進論への再度の批判稿となります もう少し広く深く論じてみます

毛受氏は「移民政策の不在が問題を深刻化させていることに気づくべきだ。」と批判する 移民導入を行っているのに移民と認めず支持率の低下を恐れてごまかしを重ねる現政権は我々も指弾しているし かつてそれで失敗した仏独と共通する方向に歩んでいるのは事実であるが 氏はそれらから都合のよい部分しか語ろうとしていない

バブル時代の好況期に不法滞在外国人は最大30万人に達したが 彼らの存在や必要性=労働力としての現実を前に政府は苦慮しつつも決して公認はしないまま (あたかも夏場の水不足が台風の襲来で救われるように)数年でやって来た不況期に雇用の減少と取り締まりの両面から事態を好転させ 連中をほぼ1/3に減らせたのも移民政策を敢えて不在としてきた結果ではなかったのか
経済のサイクル上必ず到来する不況期とは外来労働力の不要期であり そこまで耐えた時の政府の選択は正しかったはずである
経済学者の小野五郎氏は労働移民制度徹底批判の著書(「外国人労働者受け入れが日本をダメにする」 p.171)で「過去の日本の受け入れ消極策に対し、ドイツの当局者からは『日本はうまくやった』との羨望の声さえ上がっている。」という発言を紹介している

「受け入れ政策が乏しく、社会の底辺となってしまった。」「外国人を一時的な労働者と考え、劣悪な労働条件で働かせるなら、親日的な人々を日本嫌いにしてしまう。」待遇の悪い国に他国人が執着する必要はないし自尊心があるならすべきでもない 外国人労働者問題では過去 求人難を国内でもはや解消出来ないような労働集約型の産業は先進国では廃止し 途上国へ譲り渡すことこそ真の国際貢献であるはずだと主張されたように 人倫に反するような労働条件の職場では人間の労働を廃止し ロボットへの転換をこそ推進すべきではないのか

ここまでで移民否定の理由はいくつも成立するはずだが 毛受氏はそうは考えないらしく「逆に日本に定着すれば、そう簡単に帰国しないし、家を買うなど消費もする。日本人同様、税金や社会保障費も負担する。若い世代には技術革新の担い手としても期待できる。人口減少に悩む地方も、移民を呼び込む方策が出てくる。」などという結果を当て込むのは 外国人に出身国を離れチーム日本への “完全移籍” を求めることであり そのために我々はどれほどの自国の文化的主体性を犠牲にしなければならないのか それは彼らに言語や宗教などの日常的な習慣への配慮と便宜を 母国にいるのと同等あるいはそれ以上の水準で半永久的に提供し続けることに加え 個々の希望に応えて家族親族を(障害者や病人すらも)制限せずに移住させることを認め 縁故人脈においても彼らが満足できる環境=日本国内で数多の各国人社会の発生と拡大とを容認しなければならないことを意味し 一時の労働力の需要ゆえに呼んだ人々のために莫大な財政負担と 日本から日本らしさを半減させるほどの自損的迎合を無期限に強いられることになる
この論者は日本をはっきりと「移民国家」に変え 年間数十万人の移住者を受け入れ続けることさえ著書で主張しているのである

氏は「そうでないと日本人社会と断絶した社会ができて深刻な問題が起きるので」などと述べているが 出自たる文化や風土が大きく違う人々が異国であろうと常時/終生自分たちを異文化に同調させて生きていくはずもなく かつての差別・迫害の記憶から米国への涙ぐましい同化の努力を重ね “模範的マイノリティー” との評価を得ている日系人ですら他方で米国内に独自の日系社会を築いているではないか 元より自分の欲望第一で日本永住を狙う民度の低い国からの移住者に 大昔の日系人ほどの同化の努力をしてくれる人間など何人いると思っているのだろうか

そもそも中国人やベトナム人といっても皆が同じではなく 世代や移住の時期が違えば性分も変化してしまうし 先進諸国でなされた秩序重視の移民対策はどの国でも人的パワーの既成事実を超えられず 次々に崩壊していったことを知らないはずがあるまい
「きちんとした移民政策を策定し、真面目な人材に定着してもらう。」施策の経験者など初期段階での移民に過ぎず そんなものとはとっくに無縁の人間ばかりが続々と追加されていくはずではないのか 他国内に一定数が定住し地歩を築いたら移民社会は既成事実をてこに不法入国/不法滞在のニューカマーも加えるなどで自己中心的な拡大を重ねていき 10年足らずで人数が倍増し日本側には収拾不能な状況に必ず陥る 自分達の居心地の良さを他国で追求する者らは数を頼みに日本の常識に従わなくなり 逆に自分達の常識を日本側に受容させようとするし 在日韓国・朝鮮人社会に見られるように 自らに非がある場合でも毎度 “差別” を逆手に取って騒ぎ立て 犯罪さえも摘発しにくくする治外法権的アンタッチャブルな現実すら根付かせようとし始めるだろう
それに続くのが何ら根拠のない 日本からそれらを奪取しようとするに等しい各種の権利要求ではないのか 彼らの出身諸国政府もまた「移民同胞の地位向上のため」などときれいごとを並べ立てては移住国民を手駒とし 内政干渉への一手を獲得しようとしてくる

毎年数十万人の移民受け入れなどに踏み切れば 日本側の努力の殆どは巨大な入国圧力という現実を前に無効化し 確実にアメリカ等と同様の社会になってしまうはずである

(続きます)
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年12月25日 02:34
(続きです)

なぜ我々が移民導入などという下策のためにここまで疑問だらけの未来へ向かわねばならないのか 氏が掲げている消費や社会保障や技術革新の担い手には外国人でなければならないものなどないし 元はただの人手不足対策なのに大量の外国人で賄おうとするともれなく果てしなき諸問題がついてくる それは必然と重々承知だが氏の矛盾を問うなら そもそも成功の可能性は少ないにせよ本来の経済の範囲で収めるための方策は全く考えず ドイツにおけるトルコ人などの定住の違法性も不問のまま「彼らは実際には定着し」論でイレギュラーな後続の部分に力点をおき 一線を越えてからの “果てしなき諸問題” に今後の日本を付き合わせようとしており その論理は遡って検証してみれば大いにおかしい

欧米の労働移民受け入れはことごとく失敗したが それは一労働政策の範囲で収まる問題でないことを当初どの国政府も理解していなかった致命的な甘さにあるとしても 全ての国には自国の国体護持という譲れない一線があり それを超えての選択など最初から取れるはずもなかったからであり 氏の言うような受け入れ積極策を取ることは従来の国体の放棄が前提となり 後発の日本がそこから始めたところで社会に多数の永続的デメリットが生ずることは変わらず 労働移民の受容という政策は最初から積極策を取ろうと 欧米の例と同様消極的に行い最後には万策尽きて移民国家に成り果てようと結果に大差はなく 歴史的誤ちの選択に本質的な違いなどない

この論者はドイツの例を批判してはいるが 実際にはかの国が長らく「ドイツは移民受け入れ国ではない」と言い続けながら逆方向の選択を重ねた挙句に既成事実にもはや抗せなくなり 2004年の移民法制定という事実上の「移民国家」宣言=国民国家としての主体性喪失および 実質民族的亡国にまで追い込まれた歴史的失政を手本とし 経緯は異なれど結果を同じとする “日本のドイツ化” を目指しているのではないかとの疑念すら抱く


https://newsphere.jp/politics/20141206-imin2/

(続きます)
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年12月25日 02:34
(続きです)

彼の主張は「人口減社会」を最大限強調し それを背に他の選択肢と移民の弊害をともに語らないまま大規模移民は不可避との強引な展開を重ねるものである

日本は2017年から総人口が減少に転じ以降漸減を重ねていく見通しだが しかし国土狭小な我が国が世界でも相当に人口稠密な国であることに大きな変化はないはずで アジアで総人口でも人口密度でも日本を上回るのは現時点でインドとバングラデシュしかなく 孤立した島国で長期におよぶ独自の文化伝統=民族の生態系を築いてきたという内面的な事情を含め 現実の日本に物心両面でどれほどの移民受け入れの余地が有るというのか
世界的に見ても日本ほど移民導入に不向きな国があろうか

“このままのペースで行けば” 日本は21世紀後半には人口が3,000万人減少するという試算はある しかし敗戦の年 国土の荒廃とコメの供給地であった朝鮮半島を失うなどで食糧自給が出来なくなった日本は過剰な人口の負担に堪えられず 1,000万人の栄養失調死を出すとの絶望的な予測さえ立ったのだったが

「その冬には一千万人の餓死者が出ようと新聞に報道されたものだ。栄養学の知識も糞もなかった。そのくせ一千万人の餓死者はついに出なかった。計算によると、確か一千万死ぬはずだったのが、人間の生に対する執着、しぶとさは、計算を裏切ったのだった。この場合、計算が裏切られて本当によかったし、実際、計算なんてものは当てにならない。」

(北杜夫「どくとるマンボウ青春記」 中公文庫 p.30-31)

それから20年ほど後 千葉大の清水馨八郎なる学者(令和元年現在100歳で存命中)は当時激増していた交通戦争の被害と 深刻化の一途をたどる数多の公害を過大視し

「(このままで推移すれば)1975年には日本の交通事故の死傷者は2,000万人に達し、2000年には公害により日本民族は滅亡に至るだろう。」

などと述べていた

しかしこんな未来予測はたとえ半分でも的中したか そして遠未来に本邦から3,000万人が本当に減っているだろうか?
国家存亡の危機を前に 座して死を待とうとするのみの国民などいるはずもなかろう

毛受氏いわく「海外からは、日本は人口減少で衰退していく国だと見られている。」日本が移民受け入れにより民族的・文化的独自性が衰退していくことにだって海外からの懸念が高まっている

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2428.html

だがそれに関しこの人物からの言及はなく 推進上これらを守ろう 責任を持とうという考えは無いのだろう
移民の増大が受け入れ国側の自己同一性を侵食する現実を必ず作り出していく以上 直視せねばならないはずの「文化防衛」に関し この人は全く発言をしないのである

もう度々繰り返されていることだが 移民導入より国民の少子化対策とAI/ロボット推進による省力化のほうが間違いなく優先かつ喫緊の課題なのに なぜこの論者はそれも無視するのだろうか?

かつて一部のパヨクと似非リベラル派は 日本だけがアジアで繁栄を謳歌していた時代にこれを申し訳ながって 日本国がそのGDPの相当部分をアジア援助のためにつぎ込み 苦難を共有し一蓮托生の覚悟でアジアの貧乏国多数の面倒を見続けるべきという「汎アジア主義」 なる八方美人主義=全く実現性が無く自分たちのコンプレックス上の虚論に過ぎないものを訴えていた

外国人にも日本語学習や日本経済を支えてもらおうとの言及はあるが 架空の移民性善説に立って結局は日本と日本人側に多大な負担を恒久的に強いようとし しかもその必然性/正当性を「人口減」以外では説明も証明もできず 技術革新で対応可能との反証にも明答しないなど持論の実現性の限界は語らない毛受限界国家論とは かたちを変えた(日本へ負わせたい重荷を対外援助と移民の受け入れとで内外反転させた)汎アジア主義的幻想と そこからのむしろ腹黒い策動に過ぎないのではないかとさえ思う

50年間で1,000万人の移民受け入れを主張する「移民政策研究所」との連携や 険悪化続く対韓外交への牽制のような論稿(読売に五回目の登場で述べた09/14の無内容な日韓友好推進の意見) さらには「移民お断りな政治家や政党は、新聞などのメディアに『排外主義者』『国粋主義者』のレッテルを貼られて悲惨な末路になったらいいな」という過去の発言など この人物には反日的日本人としての傾向も見られ その実体は日本を失楽園的亡国へと導こうとする まこと有害なる異端者なのでしょう
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年12月25日 02:34
墓田氏の本のAmazonレビューでは
「移民の気持ちを考えろ」
「排他的だ」
などとゴミのような感情論で批判しているやつらがいることが残念でならない

こんなやつらがいる限り日本は崩壊し続けるだろう
Posted by 木村 at 2019年09月06日 15:24
さて投稿記事の右側に位置します毛受敏浩なる論者ですが 日本を「限界国家」などと位置づけ 大規模移民が必然であるかのようなドグマ論を常々説いている人物であります

ヨーロッパで「移民を一時的な労働者としか考えなかった」のはそう定めた国家間の協定が存在したからで 定着=永住型共生を考慮しなかったのは非西欧的で異質性の大きい相手だったからではないか
共生こそが政策の失敗の最終結果だし ドイツなどで「ガストアルバイター」=客員労働者が契約に違反し永住に到ったのは背信行為に他ならず 家族まで呼び寄せる図々しさでした

「震災などが起きれば彼らは一斉に本国に引き揚げ」東日本大震災時の中国人らの例でもはっきりしたが よそ者は日本と運命を共にするつもりなどさらさらないのに そんなことで他国人に期待し「逆に日本に定着すれば、そう簡単に帰国しない。」などと言うのは錯誤が過ぎよう 都合が悪いと結局逃げ出すのに通常は帰国しないから大問題なのではないか
さらに「家を買うなど消費もする。」と現状で法規制が必要なほどの外国人の土地取得の危険性も考えようとしない

「日本人同様、税金や社会保障費も負担する。若い世代には技術革新の担い手としても期待できる。人口減少に悩む地方も、移民を呼び込む方策が出てくる。」移民開国はまさにバラ色の未来!! 雑多な異民族の大量流入による日本社会の激変=世界に冠たる国民性の衰退や国民世論の分裂も 治安の悪化や地域での摩擦も 各地でのスラム化・ゲットー化の進行も 諸地域における固有の文化・伝統の消滅や宗教的文化財への攻撃も 多民族共生に費やされる巨額の国家的支出も 不況時の失業者増大の重荷も 景気の動向にかかわらず先行移民とそのコミュニティを頼って際限なくやって来る後続移民問題も 民族・人種間の対立も 政治的権利獲得を狙う厚顔な活動も イスラム国の例では欧米で移民以外にさえ多数の共鳴者を喚起させ(今日の日本ですら極少数ながら同調者が出たように)常識の裏をかいて容赦なく侵入しじわじわと結果を出すテロの温床化という行く末も 移民政策さえあれば生じないらしい・・・
この人の脳内では(笑)

この御仁は毎年数十万人の途上国からの移民受け入れまで主張していますが 日本人が自然減となり外国人で人口が増えても 国籍/帰属という壁が存在する限り国防や公安といった国家的な重要課題は日本人がこなさざるを得ず 現在の安保問題は大半が対外関連で済んでいるのに各々が出身国に忠誠を誓っているような大量の異民族が国内に常住する状況になれば 少ない正規国民で内憂外患の双方へ対処を強いられることになり 移民による人口拡張は全くのマイナス加算ではないか

「移民受け入れは、日本が社会を活性化させ、新しい段階に進んでいく好機。海外にも大きくアピールできる。」
ドイツが先般(日本以上の少子化で)生産/消費人口の減少を補うことが出来るだの ナチス時代の悪印象を払拭するチャンスだのとまさにこの人のような考えで100万人超もの難民・移民を軽率に受け入れて 今どうなっている?
「外国人との共生の成功例も多い。」国内最大の定住外国人は在日韓国・朝鮮人で 移住が始まり一世紀を経ても共生は成功などしていないではないか (在日は利己主義から日本社会を永住の場としているだけで “国家内別居” の状態だろう)

「社会の存続が危ぶまれる。」から「かつてのように移民を送り出す側の国になるかもしれない。」まで 現実離れした飛躍に始まり飛躍に終わるのが毛受限界国家論 この人からは現実の社会主義国の惨状を知りながらことの本質を無視 理論は正しいのだから推進も正しいと主張していた昔のマルクス主義者(=結局歴史的敗者 当たり前)みたいなイデオロギー的思考と 移民推進論者全員に共通する無責任性しか感じません

二年が経ち 読売はこの人物をその後三度も取り上げ “前のめり” な移民導入論を語らせているけれど(墓田氏は以後同紙に登場せず) この新聞でバブルの受け入れ反対期にその役は西尾幹二氏らだった その時その時で都合のいい人物に発言させ旗を振らせるのがメディアのやり方なわけです
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月31日 23:41
オーナー様

本来は今回の文章を第一回の掲載としていただけたら…と記していたものでしたが 当方の拙稿を改めてお取り上げくださり深く感謝申し上げます

ただ添付画像が少し不鮮明で読みにくく これはファイルサイズ等で当方の不用意もあって申し訳ないです
Internet Explorerで観ると悪くGoogle Chromeですと少し画質が良いのですが 一応他所で大きめに閲覧可能なURLも貼っておきますね

http://art1.photozou.jp/bin/photo/261980325/org.bin?

それから当方は今も独自のSeesaaブログを開設してはいないのですが User Codeご記載により「メッセ−ジを送る」をクリックしますと「共有ブログ一覧」というアイコンが出るようになり ここから投稿は可能なようです

いろいろとお手数をお掛けし 大変恐縮しています ただ今のところは上記の墓田桂氏のご主張や上野宏史厚生労働政務官の件などを 他の皆様と考えたい思いでおります
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月29日 03:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: