にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年08月22日

観光客ダミーに騙される

韓国は 夜郎自大の 超大国 様投稿
-------------------
今朝のNHKのニュースで報じられていましたが 
各地で「百日ぜき」の感染者が急増しているとのこと
はしか・風疹・手足口病と日本ではあまり多くないはずの
感染症が次々に流行るのは 
どう考えても今年は3,000万人に達するとされる
外国からの観光客や労働者が一因として疑われるはずです

以前から述べていますが 外国人観光客1,500万人〜の計画は
大量の外国人を全国的に溢れさせ 
日本人にそれを日常としてまず順応させ 
何カ国にも及ぶビザ緩和など続く労働移民受け入れへの
抵抗感を低下させる
意図があったのでしょうが 
日本はこれほど世界の観光客に人気の国! 
1,500万人達成!! 4,000万人ももう目前!!! といった演出は
日本人の自尊心をくすぐる面があり 反発が出にくいという点で
巧妙に計算されたやり方であったように思います
反面各種の海外発の感染症等への対策はここでも杜撰で 
やはりはじめに外国人大量導入ありきであったことが窺えます
アフリカのエボラ出血熱やかつて東アジアで猛威を振るった
SARS(新型肺炎)のような致死率の高い伝染病が日本で蔓延し 
多数の犠牲者が出たら誰が責任を取るのか 
あまりに馬鹿な現在の為政者には
こうした点でも追及していかねばならないでしょう

-------------------------
政府が力を入れるインバウンド需要だがその一方で
日本人観光客の消費は横ばいもしくは減り続けているようだ。
観光庁の資料によると

日本人国内旅行消費額は、20兆5,160億円(前年比2.8%減)。
・うち宿泊旅行は15兆8,326億円(前年比1.5%減)、
日帰り旅行は4兆6,834億円(前年比6.9%減)

となっている。

日本人観光客の需要を増やすべき政府が
安倍政権になってから、不自然なくらいに、
インバウンド政策に力を入れるのは
移民隠しが狙いとしか思えません。

三橋氏人気ブログ記事インバウンド「様」成長戦略
の文言を借りるならば、
「日本国民が豊かになり、
日本国民の消費で観光業を発展させる」のが先だろう

と思うのが自然であり、
何もかもが移民・外人ファーストの安倍政権には
早々にご退陣いただかなくてはなりません。




ラベル:インバウンド
posted by yaezakura at 09:58| Comment(5) | インバウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題の事件では検挙されたベトナム人容疑者は犯行を否認しており 茨城県警も認否を明らかにしていないため詳細が把握しにくいのですが 昨夜まず法務省に論難メールを出しました 出来れば皆様にもご投稿をお願いしたいです これだけの重大事件ですし 国策で行われていることだろうが明確に深刻な弊害が生じたわけですから

http://www.moj.go.jp/mail.html

昨日午前中のNHKのデータ放送文字ニュースによると NHKがベトナムで取材したところでは容疑者の母親は「3日の午後になってから知らされた。息子は生まれた時からずっといい子だった。」と語り 容疑者は農業と漁業しかない経済発展から遅れた中部ハティン省の出身で「海外で働いてみたい」と日本行きを強く希望し 母には国際電話で「日本人は接しやすく親切で、とても清潔な国だ。」と話していたとのこと

母親は「日本での生活の方がベトナムよりも幸せそうだった。」とも語り 出身地では衝撃が拡がっているという

被害に遭った方へは怨恨も何も無かったらしいのに これほど非道な行為を躊躇しないのは相手が老夫婦のみの二人暮らしという 明らかにそれに目をつけ犯行の有利不利だけを考えた結果でしょう
容疑者は昨年11月に来日し滞在期間は今年11月までの一年間とのことで 帰国が近いのに稼げなかったor例によって渡日費用の借金が返せないなどの焦りがあったのだろうか

痛ましい事件ですが 被害者夫妻のうち妻は一命を取り留めていて(もし二人とも亡くなっていたら「死人に口なし」で労働移民推進勢力は真相は不明とし 悪印象を可能な限り薄めようとしたことでしょう)ご回復後は証言され真相を明らかにしていただければと願います

読売は社会面で「外国人材」キャンペーンを4日付朝刊で再開 茨城事件報道よりもずっと大きく 外国人がいかに日本社会に定着し溶け込んでいるかなどと見え透いた特集を載せたりしています

経済評論家で平成元年のNHK「外国人労働者―開国か鎖国か」の番組で鎖国派の一人として冷徹な主張をされていた長谷川慶太郎氏が3日にお亡くなりになりました 同氏はバブル前夜の1986年には「さよならアジア」という著書でアジアを夢の島(東京のかつてのゴミ捨て場) 日本をそれを見下ろす霞ヶ関ビルにたとえ アジア諸国からの経済進出の中止と全面撤退を主張したことがあり 現在なら間違いなくヘイト呼ばわりされたことでしょう(当時も…のち従軍慰安婦問題を深刻化させた国賊・松井やよりが「人の心を持たない人非人」などと左翼ヘイトを堂々と朝日紙上で記していた)

同書には「日本は今アジアからの人の移住をきびしく制限しているが、もしこれが撤廃されれば、アジアから何千万人もの人々が移り住もうとして押しよせてくることが予測される。」とも記されていて 今日の方向性を見通しておられたように思います
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年09月05日 06:07
08/24未明に茨城県八千代町平塚で起きた 共に70代の夫婦殺傷事件(夫は死亡 妻は重症)の容疑者としてベトナム国籍のグエン・ディン・ハイ(21)なる人物が2日に逮捕されました 同容疑者は農業実習生で昨年来日とのこと

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000065-asahi-soci

新制度開始間もなくして推進策の本質が疑われるような重大事件が再度生じました 本件に関しては毎日が小さい写真付きで報じた他はどこも地味な扱いで 単なる刑事事件のように報じています “外国人材” キャンペーンに熱心な読売は8cm×10cmほどの記事で 2005年にペルー人が広島で7歳の女児を乱暴し殺害という事件が起き 検挙の際は「在日ペルー人の男を逮捕」と一面トップで大きく報じたのとは大違いです

もう少し詳しく調べてから本日中に官邸・自民党・法務省に再発防止ならびに政策の再考を求める非難のメールを出すつもりですが 上野宏史元厚労政務官(早々に辞任)のあっせん利得処罰法問題も含め 推進勢力は労働開国政策にとって こうしたいかにもまずい事件が続いたところで一過性のこととしてやり過ごそうとするでしょうが 決して許すことなく事件については折にふれて何度でも引用し 治安悪化の実例として今後もこうした事件は続き得ることと こんな政策は継続する意味があるのかを国民各層に訴えていくべきだと思います
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年09月03日 09:14
先週の週刊文春の記事

「外国人の在留資格を『お金をもらう案件でやっている』厚生労働政務官【上野宏史衆院議員】口利き&暴言音声を公開する」

によると 上野宏史氏なる政治屋は自分の政治基盤が脆弱なことから党費捻出のため 省庁に口利きを行い新宿区内の年商500億の人材派遣業者にカネを求めた行為があっせん利得禁止法違反に問われるのではとのこと

論理はごまかし 実態はずさんとあれもこれも信用のおけない安倍政権の労働移民政策はいずれ大きな綻びを露呈するはずと思っていたが 開始後間もなくのこれは政策にとって大きな打撃となり 私たちも叩かない手はないと思うのですが

あとオーナー様 頂いたご連絡に対し ご無礼は承知ながら先刻返信を送らせていただきました 愚考なれど当方の考えをお伝えしたかったのと 掲載を希望する原稿へ事前にまずお目通しをいただければと思いました
m(_ _)m
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月28日 08:36
08/27 22:53のNHKのデータ放送ニュースで「週刊誌『口利き』報道 野党側 上野厚労政務官は説明責任を」と報じられています

「自民党の上野宏史厚生労働政務官が一部週刊誌で、外国人労働者の在留資格をめぐって口利きを行う見返りに、企業に金銭を求めていたなどと報じられたことについて、野党側が開いた会合で、速やかに説明責任を果たすよう求める声が相次ぎました。
厚生労働政務官を務める自民党の上野宏史衆院議員は、先週発売された『週刊文春』で外国人労働者の在留資格の認定をめぐって法務省に口利きを行う見返りに、東京都内の人材派遣会社に金銭を求めていたなどと報じられました。
立憲民主党など野党側は27日、国会内で法務省と厚生労働省の担当者からヒアリングを行い、事実関係についてただしました。
これに対し、法務省の担当者は『個別のことについて回答は差し控える』と繰り返しました。
そして出席した議員からは『事実であれば、議員辞職に値する』という指摘が出たほか、『事実でないのであれば、自ら潔白を示すべきだ』などと、上野氏に速やかに説明責任を果たすよう求める声が相次ぎました。」

とのことです

西尾幹二氏は平成元年の著書「労働鎖国のすすめ」P.238で早くもこの事態を予見し 労働開国が行われた場合「結果は企業圧力に破れた西ドイツのパターンと似た軌跡を辿るであろうことは、日本にのみ特有の次の二つの理由も加わって十分に想定し得ると私には考えられる。」
「その一つは、日本の政治のモラルの低さである。(中略)正式に就労を許可した場合、外国人労働者をどの企業に、何人割り当てるか、数が限られている以上、協議機関が設けられるであろうが、日本の場合予測されるのは『汚職』である。かつて統制経済の時代に、統制品目に応じそれぞれ汚職が発生した。バナナ汚職、砂糖汚職、等々。労働力も政治家の統制対象となるのであれば、先例どおり外国人労働者汚職事件が発生し、『人身売買汚職』の名で国際ニュースとなり、日本の威信を傷つけよう。」

と述べています

管官房長官は外国人観光客拡大のためのビザ緩和等について「法務省と警察庁が大反対だったが、政治主導でまとめた。」などと述べていましたが その法務省が新制度開始早々に “外国人労働者汚職事件” に従犯するとは本当に嘆かわしい話です

この問題は全体が狂気の産物で 開けてはならないパンドラの箱であったはずの労働移民開国政策にあっては氷山の一角でしょうが どうせなら私たちもこの馬鹿げた政策とその罪深さを指弾し 当面は野党の追及を支持し煽ってやりませんか? 悪いのは自民ですから…!!
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月28日 04:50
オーナー様

ご多忙な中メールを賜りまして深く感謝申し上げます 返信が遅れて大変申し訳ございません m(_ _)m
そしてまたも当方の駄稿を記事にお取り上げ下さいまして恐縮です

「百日ぜき」に関しては国内で年間1万人程度の罹患者がおりそう珍しい感染症ではないとのことで ゼノフォビストの自分でも外国人へ冤罪を負わせるようなことはしてはならず 誤りであったならお詫びして訂正させていただきます

しかしはしか(麻疹)に関してはアジアからの流入でまず疑いはなく 欧米でほぼ根絶しているのにアジア全体では毎年6万〜8万人の罹患者(八割はインド)を出しており WHO(世界保健機関)も感染拡大を警告しています

何の必然性も無い自民党の訪日外国人6,000万人達成計画は こうした衛生面からも多大なリスクを抱えており容認はし難く 凍結→撤回を求めていこうと思っています

ブログに関しまして どうせ開設するなら何か移民反対に資するようなものにすべきか? それともこちらへの記事投稿可能化を急いで有名無実な状態でもよしとすべきか? を考え中です 現在複数の下稿を記しておりますが もう少しお待ちいただけたら幸いです
(「ホームページアドレス」の欄にUser Codeを記入するとERRORと出てしまいます 迷走多くてすみませんです)
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月23日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: