にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年08月10日

最近の無償資金協力一覧

供与限度額3億円  令和元年8月9日
エチオピアの保健医療サービスの質改善のための支援
(無償資金協力「経済社会開発計画」)


(供与額2億6,200万円)令和元年8月8日
ウガンダに対する建設設備操業者育成の
訓練施設整備のための支援
(無償資金協力に関する書簡の交換)


供与限度額2億5,000万円 令和元年8月7日
エスワティニに対する農業生産物収穫量向上のための
無償資金協力に関する書簡の交換


供与額5億6,000万円 令和元年8月5日
パキスタンに対する無償資金協力
「パキスタンにおける農業食品及び農業関連産業開発支援計画」
(UNIDO連携)に関する書簡の交換


供与額17.03億円 令和元年7月31日
ヨルダンの税関治安対策強化に係る無償資金協力に関する書簡の交換
の無償資金協力「アカバ税関治安対策強化計画」


供与限度額3億2,200万円  令和元年7月25日
パキスタンに対する無償資金協力
「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換


供与限度額20億5,200万円 令和元年7月23日
フィリピンに対する環境汚染対策に関する
(無償資金協力)に関する書簡の交換


ネパールに対する無償資金協力に関する書簡の交換
令和元年7月22日
(1)人材育成奨学計画
(供与限度額:2億5,000万円(3年型),3億7,800万円(5年型))
(2)学校セクター開発計画(供与限度額:3億円)


供与額2億円の無償資金協力 令和元年7月19日
「経済社会開発計画」
ソロモンの水産業の振興のための支援
(無償資金協力に関する書簡の交換)


(供与限度額:5億円) 令和元年7月17日
カンボジアに対する無償資金協力に関する書簡の交換


供与額1億4,900万円 令和元年7月18日
ガーナ若手行政官育成のための無償資金協力に関する
書簡の交換 無償資金協力「人材育成奨学計画(三年型)」
将来ガーナの指導者となることが期待される
若手行政官等が本邦大学院において
学位(修士)を取得することを支援するもの


総額2億6,300万円を供与限度額 令和元年7月17日
無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換
この計画は,スリランカの若手行政官等が,
我が国で学位(修士または博士)を取得するために
必要な学費等を供与するものです。


キルギスに対する人材育成及び橋梁の整備に資する
無償資金協力に関する書簡の交換 令和元年7月17日
(1)「人材育成奨学計画」(供与限度額3億200万円)
(2)「タラスータラズ道路ウルマラル川橋梁架け替え計画」
 (供与限度額17億8,500万円)


ODA予算
ラベル:無償資金協力 ODA
posted by yaezakura at 20:30| Comment(5) | 外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>外国人労働者は、止めるために何の対策もできないのでしょうか?

そんなことはないと思います! こちらのブログの以前の執筆者様が4年ほど前に、実践されているとしてご紹介されていた、「貴店(御社)に外国人スタッフはいますか?運動」というのがあって、私もまさに、日ごろから同じことを実践していたので、膝を打って喜んだものです。飲食店とかホテルを予約する際、「外国人従業員はいますか?」とあらかじめ確認し、いるなら抗議かたがた「御社は利用しません!」とはっきり伝えるというものです。(あの記事は有益なので、再掲していただけるとありがたいですが・・・)

マスゴミや外国人を雇う企業と違い、一般人は外国人を歓迎などしていないとはっきり伝えることは、エネルギーが要りますがそれだけに大きな力になりうると信じて私もやっています。

しかし最近、実は無力感にさいなまれることもあります・・・(>.<)
2カ月ほど前、こちらのコメント欄に投稿させていただいたのですが、自動車ディーラーに点検のために車を預けたときのこと。担当整備士がなんとベトナム人と思われる外国人!(書類へのサインから発覚、当人には会っていない) 帰宅後に本社のお客様係へ電話で「大事な車をキーごと預けるのに、外国人では不安だ。場合によっては命にもかかわるではないか。可能なら今後は外国人は御免こうむりたい」と抗議したら、「国籍で差別するというのか。人権問題だ」と息巻かれました(笑)。こんなこと初めてで、正直びっくりしました。ここ4〜5年で、すっかり外国人がわれわれの日常生活の隅々に出没・浸透するのが当たり前になってしまって、それだけ圧力が強まっていることを実感します。

ところで、コンビニその他の小売店などと違って、自動車ディーラーとなると、簡単に選べませんよね。すでに車を買ってしまっているわけだし、いやだからといって簡単に廃車にしたり別メーカーに乗り換えるわけにもいかないし、だからこそ上記の電話に出た、客の立場を無視する悪質社員が許せません。このように、「いやだからと簡単に縁を切れない、他を選べない状況で移民をあてがわれたらどうするか」という問題は深刻ですが、日ごろから考えておきたいところです。今回の場合は、私はその車種を扱う別系列のディーラーに変えようと思っております。

>外国人だらけの日本の将来に、明るい展望が持てません
イナゴに食い尽くされていく日本を、なすすべもなく見ている心境です

同感です。本当にそうですね。今でも旅先と言わず、もっと身近にうようよ増殖していて、気味が悪いです。今日はお彼岸で地元にある先祖の墓にお参りに行ったら、自宅から車でほんの10分の間に南アジア系の真っ黒な「土人」としかいいようがない親子連れを見かけたり(他の人種も見かけましたが、省略。笑)。閑静な住宅街で、観光地でも繁華街でも何でもないんですよ。ほんの1年前まで考えられなかった光景で、最近は「何でこんなところにこんなものが?」と目を疑うことが増えすぎて、今日はそれだけで何だか疲れてしまいました。
Posted by 馬楽・小浜 at 2019年09月23日 20:41
ソロモン諸島は09/16 続いてその西に在るキリバスも09/20に台湾と断交し中国と修交ですが かつて中国首脳はアメリカに対し「広大な太平洋は中米両国の勢力を受け入れる十分な余裕がある」などと発言し西太平洋を中国 東太平洋(ハワイ以東)をアメリカの縄張りとする相互不干渉の両域とすべきだと100年も昔のような提案をしました さきの両国とも西太平洋側の島嶼国で 中国にしてみれば台湾孤立化のみならず遠大な野望もあってのことなのでしょう

中国はいずれ南シナ海のように西太平洋域を自国の海だといい 自由主義諸国が「航行の自由作戦」を実施しそれに抵抗する日が来るのでしょうか

中国は「開発独裁」など 先進国が嫌う途上国の非民主的・人権軽視の内政は不問として投資や援助を進めます それが歓迎されて第三世界各地でプレゼンスを高めていますが その代償として中国の資源収奪や債務超過に耐え切れずに港などを軍事拠点として “献上” する租借権を巻き上げられたりしているわけですから 結局は各途上国も暗愚に北京の軍門に下っているわけです

ただ台湾問題では 香港の現状を見ても一国二制度などもはや世界中の誰も信じないし これ以上追いつめたなら(かつて人種隔離政策を取って世界から孤立していた南アフリカがそうしたように)生存のための最後の手段として台湾が核武装化に向かう可能性があること それが中台統一を逆に極めて困難にすることを中国は理解していないようです

労働移民解禁というパンドラの箱は開けられてしまい 収拾のめどは立ちません

先の茨城県の老夫婦殺傷事件のように外人由来の凶悪事件が頻発し 誰の目にも明らかなほど治安が悪化したなら政策は修正されるでしょう しかしパヨクのように口ではきれいごとを唱えつつ実は裏腹なことを望み 目的のため状況の悪化をひそかに期待し歓迎したりするのは国の荒廃と国民の不幸を望むことであり 私たちは決してしてはならない 悲劇を回避し日本を守ることが大和の民の務めなのです

小林鷹之衆院議員は昨年10/26の自民党法務会で審議中だった「特定技能・2号」資格が事実上の永住への扉となるとの懸念を示し 入管法改正=労働開国は「五年の時限立法とすべきだ」とも発言していました 当時はそれでは条件闘争だしそれでも確実に国情が乱れるんだよと否定的でしたが 今にして思うと「次善は最善にまさる」という言葉を考えるならいくらかでもましな主張でした

与野党を問わずこうした慎重派のかつての言動を掘り起こし 労働移民政策は歴史的に決してプラスにならず亡国への道であることを理解する議員へ働きかけ 移民の制限と収束のため 過去提案された政策の再生・再起を促していきたいと思っています

魔の箱より撒き散らされてしまった諸悪の最後に いずこかに「希望」が残っていてくれるだろうか 私たちもそれを見つけ出す努力はしなければなりません
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年09月22日 07:24
詳しく、説明してくださって、ありがとうございます

中国対策なら、仕方がないですかね?
お金で済むなら、それが最善策でしょうか?
詳しくないので、分からないですが

ソロモンは寝返ってしまいましたか?
パラオで何があったのか、ソロモンは見てなかったんでしょうか?
中国に警戒しないんですね

外国人労働者は、止めるために何の対策もできないのでしょうか?
やるとしたら、国会議員がその立場だと思うのですが、やってるように見えません
以前、「地方こそ、外国人を求めてる」と言ってた議員がいましたが、本当ですか?
日本人の人口比率が低いと、簡単に乗っ取られてしまいかねないのに
地方の温泉ホテルに行くと、フロント以外、中国人スタッフしか見掛けないホテルもありまして、このスタッフのどれくらいが、日本に住み着いてしまうのか?と思ったら、嫌悪感で吐き気がします
二度と行こうと思わないですが
外国人だらけの日本の将来に、明るい展望が持てません
イナゴに食い尽くされていく日本を、なすすべもなく見ている心境です
Posted by at 2019年09月21日 07:54
どれも基本 対中国をにらんでの戦略的援助でしょう

アフリカ諸国は “最後の経済的フロンティア” などといわれて中国の進出が先行 欧米が後に続き日本は出遅れているとされることからで “債務のワナ” を仕掛け自国の権益を増大させる中国流戦略援助外交との競争のため

パキスタンやスリランカといった国々(北のネパールを含め)へは インド亜大陸周辺に軍事拠点を点々と築きインドを包囲する中国の “真珠の首飾り戦略” への牽制のため(過去スリランカの大統領が来日し首相に同国訪問を正式に要請しても戦略的重要性の低さから「出来るだけ早く訪問したい」などと曖昧に答えるだけだったのが 安倍晋三は日本首相としては何十年ぶりに公式訪問した)

フィリピンへは中国の覇権主義を「ナチスと同じ」と非難し常設仲裁裁判所で勝訴したアキノ前政権に対し 中国に比較的融和政策を取るドゥテルテ現政権の引止めのため
カンボジアは歴史的に中国の影響力が強く 1970年代後半「赤色クメール(ポル・ポト政権)」が自民族を百数十万人虐殺した “キリング・フィールド” 事件も中国の意向が疑われていたほどで 日本も関係は悪くないためここへの食い込みを狙って

ソロモンへは日本が “準同盟国” と位置づけ中国の太平洋島嶼諸国への影響力拡大に神経質なオーストラリアと 中国ではなく台湾と国交があるこれらの国々を外交的に奪い取ろうとする中国の進出に対し 他二国と日本の国益とを混ぜ合わせての選択と思われます

キルギス援助の方針はやや異なりますが こちら↓

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/files/000072285.pdf#search=%27%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8F%B4%E5%8A%A9%27

ただ…国費でも労働移民導入でも 日本国民をじわじわ犠牲にしつつ外交的利害得失を優先させるのが安倍政治 オーナー様の最新の記事にあるように これが遠方からの移民の呼び水となっていくような政策なら願い下げです
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年08月31日 01:38
何で無償でばら撒いてるんですか?
どういう意図があるのか、分からないです
Posted by at 2019年08月30日 04:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: