にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年08月08日

トップレスとブルキニ

女性のトップレス遊泳もOK、市営プールにバルセロナ市が通達
2019.08.08

スペインのバルセロナ市が、市営プールで
女性のトップレス遊泳を容認する方針を確認したそうである。
市の差別禁止局が全市営プールに対して
平等な権利を保障するよう通達、
女性のトップレスを妨げてはならないと指示したとのことだ。
全市営プールに送られた通達では、
差別禁止の方針を施設全体で徹底させるよう促した。

差別禁止局なるものの存在にギョッとなってしまうのだが
さらにはフランスで、2016年の記事ではありますが
2016年08月18日 19時38分 JST
フランス南部でイスラム教徒用の水着「ブルキニ」禁止、
これって性差別じゃないの?
ウェットスーツと、どう違うの?
によると、
フランスの2つのリゾート地で、
身体をまるごと覆い隠すタイプの水着「ブルキニ」を
公共のビーチで着用することが禁止された。

とのことです。
所変われば品変わるとも言いますが、
公営プールでトップレスが公然と泳ぎ
一方ではブルキニを愛用する人たちがおり
それを禁止する公共ビーチがある

日本ではおそらく、市営プールでのトップレスなど
とんでもない話だろうし、ブルキニも違和感を感じると思われます。
それとも、多文化共生を目指す日本の公共プールで
トップレスとブルキニが仲良く泳ぐ姿を
見ることになるのでしょうか。???

ブルキニはドバイでも騒動になったことがあったり、
その一方では、スポーツ誌の水着特集に、
ムスリムモデルが初めて起用される
イスラム教徒のモデル、ハリマ・アデンが、
ヒジャブとブルキニで水着特集号の誌面に登場しました!

と歓喜の声が湧いたりしています。



posted by yaezakura at 14:43| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: