にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年05月19日

パソナと淡路島

地方創生(淡路)
2008年に農業の活性化を目指して、独立就農を支援する
「パソナチャレンジファーム」を皮切りに、
兵庫県淡路島での“人材誘致"による地方創生事業がスタート。
カフェやレストランの運営を通して新たな食文化の提案や、
遊休資産を活用した観光施設の運営、
さらに世界各国から様々な人材が集まる
仕組みづくり等
にも挑戦しています。

淡路島が人材派遣パソナに乗っ取られた?
パソナ島となった哀れな淡路島

人材派遣会社のパソナグループが
淡路島の土地や建物の買取りをすすめているそうです。
県や市がパソナに土地の一部を無償譲渡したり、
巨額の補助金をつけたりして、
島中、パソナの関連施設だらけなのである。
淡路市の門康彦市長は西麻布の迎賓館「仁風林」で
〈淡路市の未来について語った〉と2010年11月8日の
ブログに書いていた。井戸敏三県知事は
「仁風林」でおもてなしを受けている。

竹中平蔵氏が会長を務めるパソナの「植民地」と化した
淡路島をIWJが訪問! 広大な農地に、
廃校した小学校を改装した複合施設、
謎の迎賓館「春風林」!?
ラベル:淡路島 パソナ
posted by yaezakura at 19:41| Comment(0) | 竹中平蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: