にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年04月18日

一般人との会話〜主権の侵害〜

先日、一般人の方(50代女性)と話しましたが
「外人が増えるのは仕方ない」
「そういう流れだから」
「人手不足だから」
「どうせ強いものには勝てない」
「もう年を取ってきたのでどうでもいい」
「周りの50代や60代も、どうでもいいと言っている」
などと、平然とした顔で言っていました。

例えば市民が5万人いる市で
外国ルーツの市議が1人や2人の時点では
寛大な心でいられるかもしれません。
生暖かい優しい心を保てるかもしれません。

しかし、外国人市議が5人10人となったらどうです?

5万人市民のうち外国ルーツ市民が1万人となったら
どうですか?

平静な心を保てるでしょうか?
あるいはそれ以前に平穏な生活が守られているのでしょうか?

外国人は増えれば増えるほど
その勢力を強め、日本人と同等以上の権利と権力を求め始めます。
これは先に移民を受け入れた国で起こっていることですよね。

これは日本という国を
日本人という民族が運営するのではなく
日本にルーツを持たない外国人つまり移民が
日本で主権を持つことに繋がっていくことなのです。

侵略目的で帰化することだって容易だということだ。

移民問題は、我々日本人国民の主権が守れるか
奪われるかどうかという
極めて重大な危険な問題なのです。

どうか一般人の皆さん
共生とはいいことでもなんでもなく
日本という国で日本人という民族が
主権を守れるかどうか
という甚大な問題であることを
認識してください。

我々日本人民族の主権が脅かされているのが
今の移民政策なのです。

移民が増えれば増えるほど立候補者も増え
帰化人などが投票するので、外国ルーツ議員は増えていくだろう
インド系日本人議員
イスラム系日本人議員
ベトナム系日本人議員・・・・・・・・etc.
半島系日本人議員というのは
噂も含め、すでに大勢いる。
日本はまさに人種の坩堝と化す。
手引きしているのは安倍移民党と経団連だ。
そこに左翼のアホが加わって目も当てられない。

井上ノエミ 墨田区議
外国生まれですが、今は日本に帰化して日本国籍です。
墨田区の国際化のためにがんばります。
性別:女性 出身地:南米ボリビア

ツイッター
【インド系日本人】よぎ氏(41)、立憲民主党から江戸川区議へ立候補
team よぎ i0421@TYogi0421
李小牧さん、帰化して2カ月で新宿区議選に出馬へ
「中国に大きなインパクトを」


元中国人・李小牧さんは日本の民主主義に夢を見る。
「歌舞伎町案内人」が2度目の選挙に挑む理由


帰化して二ヶ月で立候補できるなんて
日本は甘すぎる!
法を変えるべきです。

帰化して三世代までは被選挙権は与えてはならない。
日本第一党の政策にはこうあります。
被選挙権に3世代以上に渡る
日本国籍があること等の条件
を追加し、
国益にそぐわない議員の輩出を防ぐことを目指します


このくらい厳しくしなければ
日本人民族の主権は守れないと肝に銘じましょう。
posted by yaezakura at 22:45| Comment(3) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログオーナー様

五月蝿き問題へのご対処に感謝いたします 荒らしといえど既投稿の削除までは望みませんでしたが それにより動いてくださったことが判明したのも確かでした

さて現在地方選が東京など各地で終盤戦 当方在住の地域でも選挙カーが喧(かまびす)しいが 今回は絶対に政権与党候補へは投票しない

先頃の大阪での知事市長ダブル選で与党候補は敗北 議会では維新(※評価の対象ではない)が過半数ならずの中途半端な結果で 移民問題とは直接結びついてはいなさそうな有権者からの反応であったが 地方政治から政権への打撃となったのは少しは好もしい結果

「令和効果」で保守政権への “なんとなくの支持” が高まっており 労働移民問題もまだ弊害が広く認識されていない状況ではあるが 最低限足元が揺らいだ上自公政権に逆風が吹き 7月の国政選挙=参院選まで続いてほしい

政策が開始されたこの四月=ここが先ず勝負どころで 一度暗愚政権が解禁した以上移民問題は半永久的に続くのであるが 民意に反する政策であることを何度も選挙で示せたら国の行末は違ってくる

今後帰化候補が増えるなら その連中の母国に有利なように日本の政治や行政(国政/地方を問わず)を歪めようとしてくるし旧民主議員などに怪しいのも少なくなかったが 現在はまだほぼ日本人が参政権を掌握しており 今なら国家の行く末は我々が決められるのである

そのことを忘れず 愛する祖国と民族のため希望を捨てずに前途を見よう
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年04月19日 02:44
昨夜の衆院補選では沖縄と大阪で自民惨敗 元々与党が強くない選挙区ゆえ驚くにあたらず しかし政権への打撃はそれなりに評価できる

統一地方選の後半戦では大きくは変化なし どちらも労働移民解禁による日本国家・社会の危機は争点にはならなかったため 結果関連からこの問題への有利不利を見るしかない

記事でも取り上げておられた新宿区区議選の 中国先兵の如き李 小牧は1,036票で落選 しかし最下位当選(1,472票・社民)からあと6人という位置だった(その上が日本第一党候補で1,129票落選 右派の「NHKから国民を守る党」の女性候補が1,848票で当選)

ここは主要政党で落選は共産三人 自民・国民・立民・維新が一人ずつと特筆すべきはなし

やはり夏の参院選が天王山で まずは移民問題を国政選において争点化させねばと思う
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年04月22日 04:39
未明の投稿では間に合わなかったけど 東京の墨田区議選で元ボリビア人井上ノエミは3位で当選(三回目 得票数4,225)
翌日(04/22)開票の江戸川区議選の元インド人ヨギ(よぎ)は5位で当選(初 得票数6,477)

李小牧落選は幸いだったが他は憂鬱になる 記事で述べられている通り平静でいられるのは今だけ
「この問題は数量が質を決定づけている」(西尾幹二氏)のであり 一人二人なら珍獣扱いで当選も現実にはどこの選挙区でもあろうが 今後を考えるとやはり大問題である

“帰化2ヶ月で立候補” の李小牧のごとく参政権目当てで計画的に帰化する者や 日本人となっていながら「日本文化・伝統の尊重と維持」ではなく「○○の国際化」と称し自国/自民族等の外国の出自集団へ有利なように日本の政治や行政を歪めようとする者らへの監視や批判的視点を怠ってはならない

大阪では “コリア系日本人” と称する李敬宰(い きょんじゅ)なる者が帰化し選挙に出たが(過去全敗) 陰では極めて悪辣な本音を吐いていたことで知られており 全くの偽装帰化 獅子身中の虫の如き者だった

https://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/8fa8e16556de0148d5867bdba137a280

このような者の帰化を認めたこと自体が大いなる誤りであったが 現馬鹿政権はこんな敵性外国人を否定するどころか規制を緩める方向に向かっている

制度的には拒否できないのが現実だが改めていく努力は必要だし こうした者らの素性を調べ 詐欺的な似非帰化人と判明すれば周知拡散させて行くのがまさしくネットの役割だろう
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2019年04月22日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: