にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年04月12日

スーパーグローバル大学高校:留学生を増やせば増やすほど大学が儲かる仕組み

留学生30万人計画で血税が外国人と悪徳大学に

留学生大量失踪の東京福祉大、元教授が緊急会見。
元総長が「120億のカネが入るわけだよ」と会議で発言。
金儲けのために留学生受け入れか


留学生受け入れは「金もうけ」=東京福祉大元教授が会見

東京福祉大の一件で、留学生受け入れにより
各大学に多額の補助金が払われていることが明るみに出た。

どこの大学もこぞって大量の留学生を受け入れているが
その裏には政府と文科省による、
「金で釣る」作戦
があったわけだ。

何が何でも日本を外国人だらけの移民大国にしたい
日本政府という権力を握った売国奴たちが
長年にわたって日本人国民の血税を外国人に垂れ流し続けている

証左のごく一部にすぎないだろう。

日本政府では安倍政権になってから(2014年頃〜
スーパーグローバル大学
スーパーグローバルハイスクールという
政策もやっていることはあまり話題に上っていない。

あまり報道されないのでうっかりしがちであるが、
まだ10代のうちから、「グローバリスト」という
日本という国をないがしろにする意識を
植え付ける
というとんでもない政策だ。

始末に悪いのは、大学も学生も政府の意向に従わなければ
いろいろな面で損をする仕組みになっていることだ。
「共生」に賛成でなければ単位がもらえない
補助金がもらえない。誰にでもわかることである。

こうやって権力を握った売国奴たちが
日本人学生を洗脳し、大学をお金で釣って
日本を多民族国家化し、日本という国の国体を
破壊しようと目論見実行しているのだ。

テレビを見る暇があったら、省庁のHPを見てみてください。
どの省庁にもグローバル化という文字が
当然のように踊っている
ことに愕然とするだろう。
これは安倍政権になってからずっと続いていることだ。

世界に目を向けることは当然に必要だ。
しかし、国際的に協調していくことと
共生とは全く別の問題である。
日本という国に多くの民族を住まわせ
無理矢理に共生を強制するのは
日本の国体と日本人国民に対する冒涜である。

このような政治の現実を詳しく知り
国体護持のため、日本人民族のために戦うのが
我々日本人の務めである。

スーパーグローバルハイスクールbot
神戸から綾なせ世界。
共生への扉を開くグローバル・リーダー育成(神戸市立葺合高等学校)

多文化共生社会を創造する
グローバルリーダー育成プログラム(早稲田大学高等学院)

信頼される地球市民を育む
リベラルアーツのグローバルな展開(国際基督教大学)

グローバルの文字が踊りまくっていますが
グローバル化とは共産主義・無政府主義・新帝国主義
とさえ言われているのに、
一方的にグローバル化政策をとる日本政府を許していいのか。
日本を移民大国にすると宣言している自民党与党の政治を
信用することはできない。

posted by yaezakura at 11:51| Comment(0) | グローバリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: