にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2018年11月05日

立ち上がって戦うしかない今

骨太2018の施行に向けて準備を急ぐ日本政府(仮)です。
我々、移民政策に反対する日本人国民に
残された時間は少なくなりました。

安倍政権発足当初から、当会は
安倍政権は移民政策をやっている!
自民党は移民党!と声を上げてまいりましたが
世論の喚起は今ひとつ伸びないまま
いよいよ本格的移民政策が開始されようとしています。

もちろん来年4月に悪法が施行されても
諦めず声を上げてまいります。

しかし、今、移民・多文化共生に反対する日本人国民は
四の五の言っている時は過ぎ去りました。

立ち上がって戦おう!

できることをやろう!

ネットでもいい
ポスティングでもいい
街宣やデモに参加したり応援する!

とにかく声を上げていきましょう!!

日本政府という権力の座にあり、日本の政治家という皮をかぶった
売国奴たちから 日本の政治を取り戻すためには
戦わなくてはなりません!!

私たち日本人国民の権利!私たち日本人国民の国家!
日本人民族の存続を脅かす政府は倒されるべきなのです!
その政府(仮)を倒せない民族は滅びゆくのです!

人権は国権を超える!!

国家の権威は自己目的にあらず

国家の権威は、それが民族の利害に応じ、
少なくとも民族に害を与えるものでないときにのみ、
尊敬と支持を要求する権利を持っている。


自己目的としての国家の権威というものはありえない。

もし政治権力のたすけによって、
ある民族が滅亡に導かれるならば

そうした民族に属するものがみんな反逆することは、
その時には権利であるばかりでなく義務である。

次のことは決して忘れてはならない。

人間存在の最高の目的は、国家を維持することや
あまつさえ政府を保持することではなく、
種の保存であるということである。

人間としての権利は国家の権利を破る。
ある民族が人権闘争で負けるならば、
それを運命のはかりにかけてみると、
この世界で存続する幸福を享受するには
軽すぎることがわかるであろう。

というのは、自己の存在のために戦う覚悟も能力もないものには、
永遠に公正な摂理がすべてに終末を定めているのだからである。

世界は臆病な民族のためにあるのではない。

わが闘争より抜粋


ラベル:移民党
posted by yaezakura at 18:48| Comment(8) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入管難民法“改正”法案が審議入りしたが 立民の辻元清美幹事長は「日本社会にとって様々な問題のある法案であることが分かってきた」「このままでは日本が滅茶苦茶になってしまう」などと述べている

しかしこの者は平成元年大晦日の例の朝生スペシャルでは 偽善パネリストどもが西尾幹二氏を集中攻撃している最中「何で(外国人労働者受け入れを)やっちゃいけないの。」だのと発言していた労働移民積極受け入れ派だった

元々が1970年代後半 左翼勢力の退潮がはっきりし社会的影響力が失われていく中 新左翼が若者層への食い込みを狙って始めた偽善的な「ピースボート」運動の代表に祭り上げられた女だったが 頭の悪さが際立っていて朝生とかに出演しても自分の幼稚な言い分を言おうとするだけで各分野のスペシャリストとは歴然たる差があり 全く泡沫的な人物と思っていたら土井たか子時代の社会党の候補となってチルドレンの一人と呼ばれ「将来の首相候補」などと持ち上げられていて本当に悪夢だと思った
その間も一貫して自分を “国壊議員” などと自称し国を開けのエセ国際派で居続けたし 親北朝鮮=朝鮮総連など国内の他民族集団とも近かった

その後秘書給与の流用で有罪判決 ようやく追い払えたかと思ったら馬鹿な支持層に支えられて国会に戻ってきた上 自身を必死に守ろうとしてくれた社民党を捨てて旧民主党へ

結局党利党略で安倍政権を追い込めるならと上記のような言動をしているに過ぎないし 最終的には自分の出身母体である新左翼の利害に合わせて手の平返しをしてくるだろう 「敵の敵は味方」なので今はやってくれりゃいいけど 自分は全く信用していない人物で反対勢力にはこういうのも居ることには注意してほしい

今回の法案に当初共産党ともども曖昧な姿勢だった日本維新の会は 与党に法案の修正協議を持ちかけたとのこと これで維新は要望その他の対象外になった

「敵の味方は敵」なのである
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2018年11月22日 23:59
別ニュースとして見る方が多いかと思いますが、移民法案の動向から目が離せない今、突如として割り込んできたゴーン事件。これこそまさに「日本における移民問題の生きた実例」ではありませんか! 

あの生理的に気色悪い風貌はさておき、何でしょうね、「レバノン生まれ」の「ブラジル育ち」「フランス国籍」「日本在留移民」って・・・w ややこしいのを呼んだもんです、日産も。

金に汚い、日本を金としか見ないのは、ゴーンのような上層部から不法就労のトンヅラ実習生に至るまで、国籍や身分も問わず、共通といって間違いありません。そりゃあ、日本語の一言も話せないくせに、日本に来れば本国の(ところでゴーンの「本国」ってどこ?)何百倍もの濡れ手で粟なら、奴らは「日本大好き」と言うでしょうよw 日本が好きな外国人なら大歓迎とか言う馬鹿の顔が、改めて見てみたいです。
Posted by 馬楽・小浜 at 2018年11月21日 09:23
本日の読売新聞朝刊2面に

「外国人労働者の受け入れ拡大を巡り、政府が新設を検討している在留資格「特定技能2号」について、当面は導入が見送られる方向となった。
創設を希望していた建設業、造船・舶用工業の業界団体が、見送る意向を法務省に伝えたためである。(中略)
事実上の永住が可能になる2号資格に関しては、与野党から『永住者が増え、移民政策につながる』との声が上がっていた。」

との記事が載っています
これは一安心・・・と思ってはダメで 明らかな政権側の窮余の一策でしょう
「業界団体が見送る意向を法務省に伝えた」とあるが 逆に政府の側からの働きかけではないか?
「家族の帯同も事実上の永住も可」の2号資格に関しては国会内外の抵抗感が強く ここをどうにかしないと改正法案が通らないと踏んで業界を説得したのではないかと思う ここから野党の切り崩し=条件闘争化へと誘導しそうで要警戒だろう

そもそも家族の帯同・永住可を早々に決めているこの馬鹿な条件は 旧西独が高度成長期にトルコ人労働者を期限付きで招いたはずが結局永住移民になってしまった等 途上国民を先進国に入れるとこうなり 家族も本国から呼び寄せてしまうという “避け得ない結果” への対応策のつもりで先回り的に決めたものだが これまで日本では「だからこそ外国人労働者を導入してはいけない」だったのが どうせそうなるのならと狂気の選択へ走ろうとしていた これが一般国民を驚かせ 政権への不信感を募らせたわけで そのリアクションから今は通せないと判断したのだろう

5年が限度の「1号資格」労働移民が定住してから既成事実を延長し その時になって「2号資格」の分をあらためて継ぎ足せばいい・・・となるのではないか
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2018年11月21日 08:44
働かなくなったら、強制送還。
小さな犯罪だとしても、犯罪おかしたら強制送還。
子供できたら帰国。帰化禁止。生活保護禁止。
外人は嫌ですが、私の中では、これが最低条件です。
人手不足なんて嘘ですし、働きたい人は沢山いる。
人が集まらない所は、賃金を上げれば解消されると思います。
機械を使えば、解消出来ることも沢山あります。
自分達で考えて、人手不足を解消してる企業もあります。
外人入れないと国が成り立たないとか、ホラ吹いてる売国奴老害や、外人勢力。
そんなに外人雇いたいなら、外国に会社作れば良い。
そんなに外人に介護されたいなら、外国に行って介護受ければ良い。
外人と結婚して子供を日本で育て日本国籍にする人は、売国奴だと思ってます。
そんなに外人が好きなら、外国に住んで外国籍取得すればいい。
これ以上、日本が外来種に汚されるのは許せない。
野党は、信用していませんが頑張ってもらうしかない。
与党保守は、微妙な動きしかしてないけど反対するように
動けと言い続けるしない。
Posted by 暁 at 2018年11月14日 06:01
実際に移民を雇っているのは企業ですから、大量に移民を雇っている企業に今後も移民を雇い続けるのかを質問し、回答次第では不買運動を展開してはどうでしょうか。
Posted by 自民党は移民党 at 2018年11月13日 22:25
本日の読売新聞朝刊四面の連載「政党を問う」(野党編)@で
「『あれでは我々はのめないな。私は移民に対しては一貫して否定的だから』 (11月)1日、野党有志の議員連盟が提出した入管難民法改正案への対案が明らかになると、立憲民主党代表の枝野幸男は周囲にこう語り、一蹴した。」とあり「枝野ら執行部は対案路線にはのらない構えだ。党内からは『多文化共生を目指すはずなのではなかったか』と戸惑いの声も漏れた。」と記されています

枝野は旧民主党政権時代 事業仕分けなる素人監査パフォーマンスで無知のくせに “埋蔵金” なるものの捻出のため 科学技術立国の為の予算を勝手に削り「二位じゃ駄目なんでしょうか」と無知蒙昧ぶりを晒した蓮舫ともども 愚か者に権力は禁物だとつくづく実感させてくれた馬鹿だったが この件では良くやってくれている

“野党有志の対案” なるものには政府案にはない「外国人労働者の総量規制」(があれば与党に歩み寄り)を含む内容という 上限を現時点で示していない政府案はもとより論外で いずれはさらに増加を狙う意図があるはずの政府の手足を当面は縛る効果はあろうが 無いよりましの規制でもこれでは条件闘争だし 西尾幹二氏はその著書で「スイスは西洋四カ国に限って、政府間協定を結んで、秩序正しく外国人労働者を入れているわけだが、この四カ国は相対的に生活水準が高く、スイスとの落差も小さいので、強制帰国者をも必ずしも絶望させない。」と指摘した上で

「日本の場合、かりに十万人の正式導入を決定したとしても、生活水準の落差の小さいNIES四カ国からに限る、などとあらかじめ選定することはできない。落差の著しい国々からも次々と要請されるに違いない。世界百四十カ国の友好国のどの国の人間は入れ、どの国の人間は入れない、などということは言えない。これが恐らく最初の、最大の困難である。圧力に押され、十万の枠はたちまち破られるだろう。」

と述べており ザルの壁と化すおそれが高い 現在のアメリカの不法移民対策の象徴「壁」をみても 無責任な棄民国家及びそこからの移民はどこまでも厚かましく他人の国へ侵入を図ってくるもので 先進国の温情人道主義は全くの禁物 食い物にされるだけなのである

立民の執行部が “保革逆転” の非妥協的な立場を貫いてくれるならこの際大いに結構 自分は二回信頼度ゼロのこの党へ要望を出しているが これからもやります
Posted by 韓国は 夜郎自大の 超大国 at 2018年11月13日 09:33
今朝のNHK「おはよう日本」情報ですが、捏造または情報操作疑惑があります。それを聞いて私はわからなくなりました。外国人の「現状」の在留制度についてお詳しい方、ご教示ください。

今国会での野党による「移民法すなわち入管法の改悪(野党はそのような表現は決して使いませんが)が成立すれば、永住目的の外国人が激増するのではないか」との批判に対し、同番組では「現状では永住が認められるには引き続き10年の在留と、そのうち5年は就労することが条件となっており、国会では、永住へのハードルを上げるため、新設予定の特定技能1号による5年の就労経験はその5年の就労には含めないことを検討している」との説明がありました。

「現状では、この永住許可には10年の在留が必要」云々の主語がなかったような気がしますが、「在日外国人の全て」でないことは確かではないでしょうか。つまり、それよりは短い5年または3年で認められる者の方がはるかに多数派ではないかと思います。例えば例の「いわゆる高度人材」は3年で永住許可されることが4年ほど前に決まったはずですし、何よりも日本在留移民の最多数派と言ってもいい「日本人の配偶者」もたしか3年で認められているはずですが、実際このあたりどうなっているのでしょう。

「就労ビザにより在留する」いわゆる日系ブラジル人などのことを言っているのかもしれませんが、そうは決して言わなかったので、いかにも「就労資格者に限らず、全ての在日外国人が永住するためのハードルは、現状でも十分に高い」との印象操作ではないかと疑った次第です。

国会で野党は、「法案が通ったあかつき」のことだけでなく「現状」についてももっと厳しく追及してほしいですね。たとえば私の地元や近隣では(皆様も同じかと思いますが)「今でもすでに」得体の知れない、明らかに無職にしか見えない、だらしない身なりの途上国系外国人が配偶者と子供連れで、昼間から遊びまわったり買い物したりしてるのを見かけます。4年も5年も在留している家族も複数組見られます。(私、人の顔を覚えるの得意なんです。)あまりにも不審で納得いかないので、警察に「あの人たちは、一体日本に何しに来たのか。無職で妻子同伴できる在留資格は何なのか」と相談しても、「個人情報なので絶対に言えない」の一点張りです(笑)。どのような外国人が何しにどれだけ日本にやってきているのか、は個人情報ではなく公共情報です。まして、自分の街のことなら、関心があって当然です。

実習生の失踪問題など、徐々に言及されてきましたが。野党には頑張ってほしいですね。どちらが保守かわからないほどの熱弁も見られるようですし、今国会は野党が押し切ってくれるかも・・・??

長文失礼いたしました。
Posted by 馬楽・小浜 at 2018年11月09日 10:20
安倍と産経に死を!
また狂ったような主張をしています

入管法改正案で安倍首相、新在留資格の永住は「ハードルはかなり高い」 参院予算委で説明
https://www.sankei.com/politics/news/181105/plt1811050005-n1.html

>首相は、外国人材が永住を許可されるためには「素行善良で独立した生計を営める資産または技能があるなど、厳しい条件が課される」と説明し、「在留資格を得れば、わが国での永住が認められるというものではない」と述べた。


「素行善良で独立した生計を営める資産または技能がある」ことのどこが厳しい条件だと言うのでしょうw
「素行善良」とはどのレベルを言うのでしょう
孔子のような聖人レベルでしょうか?
どんな聖人でも断固お断りですが、実際には犯罪歴がない程度のレベルでしょう
「独立した生計を営める」とはどのレベルを言うのでしょうか
ロスチャイルドのような大富豪でも断固お断りどころかユダヤ人どもには殺意しか覚えませんが、実際には生活保護を受けないで暮らせる程度のレベルでしょう

つまり今アメリカに侵入しようとしているホンジュラス人どもの多くは、安倍基準だと日本に永住できてしまうのです
奴らは人の国に侵入しようとする時点で、普通の保守的な西ヨーロッパ系アメリカ人からしたら(彼らの先祖も元々は侵略者であるということはおいといて)殺されて当然の犯罪者でしょう
しかし安倍政府は外国人労働者大歓迎ですから、彼らはアメリカに対してとは違い日本政府に対しては不法入国の罪を犯さないですむわけであります
そして「日本で暮らす」という最大の罪を別とすれば彼らの多くは犯罪をしないかもしれません
つまり安倍基準では「素行善良」なのです
「独立した生計」についても、それほど社会保障の充実していないと言われるアメリカに入国するのですから、生活保護を受けないでも空き缶拾いでもなんでもやって働く覚悟なのでしょう
つまり安倍基準では「独立した生計を営める」のであります

ホンジュラス人どもがこのことを知ったら日本に殺到するかもしれません

移民を入れてはならないのは犯罪をするからでも社会保障を食いつぶすからでもありません
我々大和民族の血統と文化を穢し、保守派大和民族の誇りを踏みにじるからダメなのです
日本は我々が大和民族の保守的な男系の先祖から受け継いだ国です
我々の男系男子の子孫で保守的な大和民族のみが我々から受け継ぐことが許されるのです
他所から男の血を入れるなど気が狂っているとしか思えません
他所から女を入れても、自分と同じ民族の男を連れてくるでしょうし、連れてこないでも同じ民族の男が自主的にやってきます
そして男系とは比較にならないまでも、女系の血も大和民族の文化や保守的な共同体意識を守る上ではそれなりに重要ではありますから異民族の女性を入れるのも危険です

本当に素行が善良であっても国を豊かにしても(そんなことはあり得ないと確信していますが)移民は絶対に入れてはならないのです
ならぬものはならぬのです
Posted by 移民ダメ絶対 at 2018年11月08日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: