にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2018年04月27日

地方交付税欲しさに大量の留学生を呼び込む市町村

先日このような報道があり、
SNSで盛んに拡散され批判を浴びていた
救世主は留学生?

中国からの留学生167人。
一方、日本人の生徒は全体でわずか16人。
全校生徒の9割を中国人留学生
校長先生のあいさつは中国語で、生徒たちは中国の国歌を歌う


という衝撃的な内容です。
早速電凸が殺到したようですが、電話で話した人の報告によると
校長先生からの回答は『授業は日本語で君が代も歌っている・・』
という内容だったらしいです。

しかし、問題はそこだけではありません。
一番問題なのは、
自治体には人口に応じて国から地方交付税が配分されます。
東川町ではおよそ200人の留学生が住んでいるため
4000万円を確保できると試算しています。
それを財源に高齢者福祉や子育て支援の充実につなげているのです。」


というところです。今後も地方交付税を目当てに
大量の留学生や外国人住人確保に向けて動き出す
市町村自治体が増えていく可能性は非常に高いという事です。

記事にある東川町では、
町みずからが日本語学校を開設しました。
町が授業料の半分を負担したり、寮の家賃も補助したりと
手厚い支援も行っています。さらに留学生全員に、
町の商店街で買い物ができるポイントカードを毎月8000円分配布。


などを行っています。これらの経費を差し引いても、
交付金をもらった方がプラスになると計算しているのです。

このような市町村が増え続ければ日本国内至る所が
外国人だらけになってしまいます。
文科省の予算案にもあった『内なる国際化』が進行します。
そしてその財源は全て、国からの交付金つまりは
私たち日本人の納めた税金によるものです。

私たち日本人が、一生懸命働いて納めた税金を使って、
外国人を呼び込み日本を多民族国家化してしまう。
増え続ける外国人が、参政権を求めてくるのは目に見えています。

こうやって私たち日本人がマイノリティになり、
国体が破壊され、伝統や文化が踏みにじられていく。
国は、多文化共生を強制し、外国人の文化や生活習慣を
対等に扱うようにと言っている。
上の記事にある写真を見てください。
意気軒昂に歌う中国人留学生の横で、少数派の日本人学生が
首をうなだれうつむいて座っています。

これは日本の将来の姿を暗示しているかのようです。

こんなことを許していいのでしょうか。
目先の交付金に惑わされている自治体は猛省して
護国ということを思い出していただきたいのです。

人口減による問題は、生産性の向上や
少子化対策、日本人への投資で解決しなければなりません。
かつて世界2位だった一人当たりGDPが
2017年には25位と、下がり続けています。

外国人住人を増やすことは解決策ではありません。
それは亡国でしかないのです。

この高校は中国でも
複数のメディアによって報道されたようです。

「中国の国歌を歌う日本の高校」が、中国の複数のメディアで紹介され、
ネット上でも注目を集めている。

日本の高校の入学式で中国国歌が鳴り響く!一体何事?
=中国ネット「ぜひ品行方正な中国人を」
「中国で日本の国歌を歌ったら…」


この学校では、15年前から生徒の減少に悩むようになったという。
そこで中国人留学生の受け入れに活路を見出し、

吉林省長春市にある系列校で2年間学んだ中国人生徒を集め
1年間日本に留学させて
日本の有名大学への進学を目指してもらうというシステムを採用した







posted by yaezakura at 10:28| Comment(1) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東川町の件もショックですが、追い打ちをかけるようにこんな記事を目にしてしまいました。

学生が消えた白馬村 “外国人村”での奇妙な「異文化体験」
http://bunshun.jp/articles/-/7194


廃業したペンションを買い取って経営する外国人が急増中

 現地の人に聞くとここ数年で外国人の定住者は増え続けており、村内の廃業したペンションや保養所を外国人が買い取って外国人客向けに改装して経営する人がどんどん増えているという。オーナーはオーストラリア人を始め中国系も多くなっているとのことだ。
 実はこの現象は白馬村だけの特異なものではない。先日総務省が発表した人口動態調査では、日本の人口は1億2670万人(2017年10月)。前年に比べ22万7千人減少する中、外国人居住者は200万人の大台に達し、前年比でも14万7千人も増加しているのだ。外国人定住者の増加はある意味で日本の人口減少を緩和する役割を果たしているとも言えるのだ。

池袋はチャイナタウン、高田馬場はミャンマー人街に

 東京都の人口は1372万4千人。前年比で約10万人の増加だが、この増加分の3割以上、3万4393人が外国人の増加である。すでに都内でも大久保のコリアンタウンには新たな勢力として多数のイスラム系住民が、池袋界隈は完全なチャイナタウンへ、東西線西葛西駅に降り立てば、日本中のインド人が集結したのではないかと思われるほどの数のインド人が、そして学生街だった高田馬場はミャンマー人街へと街の姿はどんどん変貌していることがわかる。
(以上記事一部抜粋)

都市部も地方も、結局どんどん移民に乗っ取られている現状を実感します。もう絶句してしまい、何から、どうやって手をつけていいか・・・呆然としてしまいます。どうしたらいいでしょうねぇorz
Posted by 目が点・・・ at 2018年05月01日 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: