にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2017年05月02日

「国境を越えた人の移動が完全に自由」な社会において、人々が「合理的な行動」を取ったならば、世界文明そのものが滅びる。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

ブログ主は一応、大学で経済学を勉強していました。
そして、古典的な経済学においては、「人々は合理的に行動する」という前提があります。

仮に世界から国境がなくなり、世界政府的な社会が実現した場合、世界は豊かで平和になるのでしょうか?いいえ、戦争(内戦)が多発し、混沌とした世界となることは以前に述べたとおりですが、それだけでなく、人々がそうした世界の中で「合理的な行動」をとった結果、経済発展に寄与する行動は不利になってしまい、結果として世界文明そのものが危機にさらされるのです。

anti-globalisation-495x400.jpg

移民受け入れが完全に自由になった世界、つまり以下のような世界を仮定しましょう。
・国境を越えた人の移動は、国籍・能力・年齢など関わらず全て自由である。家族の帯同も自由である。
・移動に伴うコスト(飛行機、船代)やリスクは考慮しないものとする。
・国境を越えても、仕事はあるか、なかった場合は社会保障(以下詳細)が受けられる。但し、仕事の総量は有限である。
・自国民・外国人を問わずすべての居住者は、(外国人であっても「人道」「人権」などを理由に)その国の社会保障そのほか社会インフラを「その国で最低限の生活ができる程度に」享受できる。
・各人は、それぞれ自らの経済的利益を最大化すべく行動する。

このような状況下、世界はどのようになるのでしょうか。
まず、国境を越えた移動を行うのは、主に発展途上国の人々です。仕事があるか、あぶれても社会保障にありつけるのであれば、一人当たりGDP数百ドルといった国に住み続けるよりも、先進国で底辺の生活を営んだほうがまだ経済的には豊かだからです。

そうして、発展途上国の人々が先進国に移動し続けた場合、次に「合理的な行動」を取るのは、先進国の労働者です。発展途上国から外国人が流入した結果、当然先進国の労働者との間で仕事の取り合いになり、結果として仕事を得ることができなかった労働者は、「その国で社会保障を受ける」「他国に移動して職を得るか社会保障を受ける」のいずれかになります。この場合、もし他国に移住したほうが、経済的便益が大きい場合、先進国の間同士で人の移動が起こります。そして、自国であれ他国であれ、「職を得る」ことよりも、「社会保障を受ける」ことのほうが経済的便益が大きい場合、最も社会保障の手厚い国に、自国民に加えて大量の外国人がなだれ込み、その結果その国は財政を維持できなくなります。すると、社会保障で食いつないでいる人々が次に取る合理的な行動は「次に魅力的な国で職を得るか、社会保障を受ける」という行動に出ます。

italy_illegal.jpg

結果として、
- 社会保障が手厚い先進国ほど発展途上国からの人々、特に身体的・知的理由により労働能力のない者を多く引き寄せ、順に経済破綻していく。当然、それに伴って国のインフラや治安は著しく悪化する。
- 労働に対する賃金・生活水準が高い国に世界各国から多くの労働者が集まり、そうではない国、特に賃金水準の低い発展途上国からは、高度な能力を持つ者含めて労働者が消える。結果として、発展途上国は、頭脳や労働力が完全に流出し、その存続自体が危ぶまれる。また、世界中から多くの労働者を集めた先進国においては、あらゆる仕事において労働力供給過剰となり、賃金水準の低下→発展途上国化する。

ということになります。つまり、先進国も発展途上国も、どちらも経済的な存続が危ぶまれることになり、長い目で見れば「国境を越えた人の自由な移動」が文化・文明そのものを滅ぼすこととなります。

10749444_10203072511473730_1378611583_n.jpg

グローバリズムが蔓延する現在の世界でそこまでの事態にまだなっていないのは、近年ようやく世界的に人々がグローバリズムの弊害に目覚めて、それに見合った政治的選択をするようになったのも大きいですが、「言語の壁」「移動に伴うコストやリスクと、現在の生活水準への満足度とのバランス」「経済的利害に左右されない愛国心(これは国・地域によって大きく差があります)」「その他、自国に定住し続ける経済外の動機」など、最も経済的に困難な発展途上国の人々をしても自由に先進国に移動できない・あるいはそのモチベーションを下げる要因があるからです。もし彼らが、言語の壁がなく、ビザなどの制約もなく、かつどこでもドアのように自由に国境線をノーコスト・ノーリスクで移動できる世界が実現したならば、上記のシナリオに近いことがもっと早く現実になっていると考えます。

「移民受け入れで日本は経済成長する」などとのたまい移民受け入れ・国境線のない世界に賛成する経済学者と称す人々は、今一度、人々が「合理的行動」を取ったならばどのようなことが起こるのか、世界的視野、中長期的な視野をもって、「自分の頭で考える」べきではないでしょうか?

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 17:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偽ユダヤの世界統一のツールがグローバリズムですね。組織として共産主義を発送、コミュンテルンを創設して日本共産党を派生組織としています。朝鮮民族は偽ユダヤ直系の共犯組織ですし、日本共産党と在日組織は、同じ日本破壊に暴力革命に共闘中と思われますね。https://youtu.be/gJCClNamU_E?list=PLckn8YTGnZl_q47LoyW0xQXo4imhP12rS
Posted by 草莽愛知 at 2017年05月03日 21:51
私もこの投稿後、早速。せっかくの連休中、嫌な話題で申し訳ありませんが・・・皆様もお願いします(>.<)

外国人の就労支援強化へ…インドでIT人材確保
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170502-OYT1T50087.html?from=ytop_ylist

政府は外国人の日本企業への就労支援強化に乗り出す方針を固めた。

 米国のIT(情報技術)大手企業などが人材獲得競争を繰り広げていることから、世界的なIT人材の供給源になっているインドで、人材確保に官民一体で取り組むことなどを検討している。
 経済産業省によると、国内では、情報セキュリティー人材が約13万人、先端IT人材が約1万5000人不足しており、政府が後押しする必要があると判断した。インドには、世界トップクラスのIT人材を輩出するインド工科大学(IIT)があり、IT人材の供給源として注目され、マイクロソフトやアマゾンなどの米IT大手が人材確保に動いている。
(ここまで282文字 / 残り232文字)
2017年05月04日 12時56分 Copyright &copy; The Yomiuri Shimbun
Posted by 移民ニュース!凸します!! at 2017年05月04日 15:02
障壁のない自由すぎる「国境を越えた人の移動」が、経済的合理性を欠くことがよくわかりました。

お花畑のリベラルやカネ儲けグローバリストは、これを考えないか、もしくは気づかないふりをしています。

あたかも「移民推進」が、危機に瀕している日本国を救うかのようなお為ごかしのロジックを展開するのは、そうとうなバカか無責任な人間ですね。
あるいは、悪意ある国家破壊者です。
Posted by 弓取り at 2017年05月30日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック