にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2017年04月19日

移民反対=外国人への感情的な毛嫌いではない。外国と外国人を知っているからこそ、移民に反対する。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

ブログ主含め、一部の移民反対派は、海外に(一時的に)滞在した経験があったり、あるいは海外に知り合いや友人がいます。当然、国内の不法滞在者やら日本に寄生しようとする外国人などと交流するつもりなど毛頭ありませんが・・・あるいは、そうした体験がなくても、世界史や海外事情にとても詳しい方、勉強熱心な方が移民反対派であることも多くあります。また、以前当会で行ったアンケート調査では、外国人観光客に接していたり、外国人が多く住む地域に住んでいるなど、「不特定多数の外国人に接している層」で、実は移民と多文化共生反対に同感です、という方を多く見かけました。

「真正保守」「鎖国主義」を主張する一部の方には、移民反対なのに外国人の知り合いがいるなどけしからん、と思われる方も確かにいらっしゃるかもしれません。在日特権や外国人犯罪問題から入って移民反対というのも当然もっともな理由ですし、そうしたきっかけでもっともっと多くの方が移民反対に回ってほしいと切に願っています。一方、外国や外国人を一定のレベル以上知っており、情報や体験を持っているからこそ、移民という「システム」そのものに反対するきっかけが生まれることも事実です。

illegalstay.jpg

要は、世界中のマスゴミがレッテル張りするように、「移民反対=感情的な外国人敵視・毛嫌い」か、というと全く事実ではなく、
「外国人と交流を持っているが、移民や外国人労働者受け入れには反対」
「〇〇という国は好きだが、その国から移民を受け入れるとなると反対」
「外国や外国人と関わってきた豊富な経験があるからこそ、移民反対」
という主張も、「外国や外国人とは関わりたくないし、移民も反対」と同じくらい理論的であり成り立つ
、ということです。今後、外国人犯罪や在日特権、不法滞在の問題などから移民反対に回る層に加えて、外国人を知っているからこそ移民反対、という層を増やす必要があります。現段階では特に、インバウンド産業に関わり直接外国人観光客と接している層や、半ば外国人自治区化している日本の自治体の日本人居住者などに、その可能性があると考えています。

逆に言えば、最も危険な移民推進層は、外国人と外国に対する表面的な経験や知識のみがあることが多いのではないか?という印象です。少々海外経験があり(主に観光地や、外国人ビジネスパーソンが宿泊する安全な地域)、あるいは英会話教室や大学、職場などを通して若干の日本に住む外国人を知っており、そうした場面で悪い思いをしたことがない。つまり、「海外や外国人について、表面的に知っている」という状態こそが、「外国人と共生できるし、国境などなくてもうまく行く」という根拠なき幻想を作り出し、マスゴミの「移民や外国人労働者受け入れに反対するのは、外国人と向き合おうともせず毛嫌いする人々や鎖国主義者だ!」という論調に何の疑問も抱かない、ということになってしまうのではないでしょうか。実際に、移民受け入れに賛成する政治家や財界人なども、出張において出会う外国人は決まってハイクラスの人々。出張先も、首都や商業都市の整然とした街並みの安全な場所のみ、という環境が多いのでしょう。欧州の、現在は警察も立ち入れなくなってしまったような移民居住地区(no-go zone)で車の外に出て街を歩く経験を重ねている政府や企業トップの話など聞いたことありません。

1115.jpg

外国と外国人について、表面的な観光旅行や安全な短期出張のレベルを越えて体験、あるいは情報収集するとわかる「世界共通の事実」があります。それは、
- 外国人が少数、あるいは短期間移住・滞在したときと、欧州のように家族を連れて大量に住み着いたときでは、移民問題の深刻さは等比級数的に違う。外国人人口が1万人と100万人では、深刻さは100倍よりもはるかに多くなる。
- 発展途上国はもちろん、他の先進国でも、日本では想像できないほど、知識労働者と単純労働者の間、あるいは高学歴者と低学歴者の間には格差が存在する。(だからこそ、特に日本人がこれまで経験したことのない外国人単純労働者受け入れは、想像を絶する災禍を招く可能性がある。)
- ほとんどの国において、移民は集住し、また世代が後になるほど孤立化・低階層化する。

ということです。

我々移民反対派にとっては当たり前の常識かもしれませんが、上記の、「外国や外国人について中途半端に知っている」状態は、こうした事実を知らず、あるいは受け入れようとせず、移民受け入れを、その人の知り合いの外国人(多くの場合、先進国出身である程度の知的職業についている)が増えるようなものであると考えがちです。一方で、より広い視野で、特に現地の移民を含めた中〜低所得者層の社会についてきちんと知ろうとすると、上記の現実を避けて通れないことが分かってきます。(どこの誰ですか、広い視野で〜とか、マイノリティに目を向けろ〜とか日頃から言っているのは。) 要は、外国と外国人について正面から知ろうとすれば、その結果は移民推進ではなく、むしろ移民反対に繋がる、ということなのです。さらに、それは移民という「システム」への反対であり、外国人の友達が何人いるとか、知り合いの外国人の〇〇さんはいい人だ、といったレベルの議論とは関係ない、別問題として考えられるようになります。

現在、朝鮮半島の有事が取りだたされています。当会の最大の関心事は当然、朝鮮半島から(自称)不逞難民が海を越えてやってくる可能性です。日本にとっての最悪のシナリオは、日本人が皆平和ボケしたまま、やれ人道だ、やれ人手不足の解消に云々という政府やマスコミの言葉につられて大量の難民を何の疑いもなく受け入れてしまうこと。はっきり言って直接の外的攻撃よりも、日本全体という目で、かつ長い目で見ればもっと恐ろしいのが、国民の無知・無疑のまま起こる内部侵略と考えています。それよりはいっそ、「きっかけ」があって日本全体が目覚めたほうが中長期的に見た国益の損失や犠牲は少ないという意味でまだましなのでは。そのような考え方は、口にすること自体ひょっとすると不謹慎かもしれませんが、少なくとも外国人への盲目的な毛嫌いでも敵視でもないはずです。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 14:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近所のスーパー、鮮魚売り場で。
中国人家族が市場直送の魚の鮮度を確認するためか、指でつついていた。店員は無意識に見ぬふりか。買うのが躊躇される。

注意すればよいではないかという方もいるだろうが、日本に中国人が来るようになっていったい何十年たったというのか。いい加減、日本の商習慣を学んでしかるべきではないか。そして、いつまで教え続けろというのか。そもそもありもしない「旧日本軍の犯罪」を糾弾し続け、尖閣諸島海域に不法侵入を繰り返し、日系企業を打ちこわして回ったのに謝罪すらしない国の国民にフレンドリーに接しろと要求されても迷惑だ。

口に突っ込んだ手をよだれまみれにした幼児を祖母と思しき女性が無防備に肩にしょい上げ、お腹の大きな妊婦とその夫が太刀魚をつついている。うっかり近づいたらよだれをつけられそうで気持ち悪い。不慮の事故ならまだしも、彼らには、混雑するスーパーでは子供のよだれが問題になるという公共心がそもそもないようだ。

出産間近と思われる妊婦。社会保険か健康保険に加入しているのだろうか。中国人の彼女にも、日本の妊婦向けの出産育児一時金も、場合によっては出産手当金も子ども手当も与えられるのだ。原資は当然、日本人の税金である。子供を育てるお金がなくて産むのを控える日本人が大勢いるというのに、ゾッとする。

(参照)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/dl/07-2-01.pdf
http://www.clair.or.jp/tagengorev/ja/h/index.html
http://chihokomuinm.hatenablog.com/entry/2012/07/24/120720
http://blog.goo.ne.jp/tamakouranai281-2/e/86f935e1672e24acac26b3e6acc5793d

中国に存在しない福祉を、なぜ日本人が中国人に与えなければいけないのか、冗談じゃない!

彼女がどうかは知らないが、役所(福祉事務所)の窓口で申請さえすれば、健康保険未加入、出産費用ナシのオーバーステイ外国人でも助産制度が利用できるという。

ふざけんな!
後でよいから、本人か母国に請求しろ!
それができないなら、出産可能年齢の外国人の受け入れを制限しろ!

(参照)
http://www.jinken.ne.jp/flat_consultation/cat193/cat194/post_157.php
Posted by 神奈川県 at 2017年04月22日 18:09
小岩のスーパーで執拗に桃を突っつく中国人おばさん発見!桃に触らないで下さいよ!って言ってやったら、日本語わからないフリしてたわ。
do no touch the peach!
って言ってやったら驚いた顔して指引込めたよ。
日本に親族呼んだり、健康保険証の又貸ししたり、自国でロクな仕事につけなくて日本に住みたい連中って害虫が多い。

父親が違う子供どんどん産んで、生活保護受けようとするフィリピン人。働かないフィリピンへの親族へ送金目当てで日本人と結婚、ビザとカネの事しか頭にない。
一夫多妻制の国からきたアフリカ人や中東人は、男尊女卑が甚だしいくせに、人種差別を盾にする。日本人に子供産ませたあと、永住権獲得できたら始まるDV、浮気、借金、重婚。
絶対甘い顔して隙を与えたらダメですよ。笑顔で近寄ってきても、相手にしてはダメ!
きちんと労働ビザを持っているか、国費留学生ぐらいの頭脳でないと話する価値もないと思う。
嘘吐きの出稼ぎ野郎が多いのが事実。関わってもトラブルに巻き込まれます、絶対に。


Posted by 日本は日本人のためにある at 2017年08月27日 22:32
観光地以外で中国人を見かけると身構える。何されるか分かったもんじゃない。



日本の社会保障制度目当てで日本人との子供を作ろうとする外国人がいる以上、ハーフの子供に無条件で日本国籍を与えるのは問題ではないか。

少なくとも日本人が課される義務教育以上の教養を有しないものに与えるのは、一般の日本人差別だと知るべきだ。

知的障碍児の扱いが難しくなるが、気の毒だがどこかで線引きは必要だろう。
Posted by at 2017年10月14日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック