にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2017年03月22日

組織は内側から崩壊する

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

以前、八重桜の会にて移民反対活動のあり方に関する勉強会を行いました。

その際に非常に印象的だった話に、「組織は内側から崩壊する」というのがあります。

強固な組織を外側から叩いてもなかなか壊れにくい。なぜなら、共通の外部の敵と戦うため、組織内部はより強固に結束するから。ところが一旦内輪もめが始まると、組織は非常に脆くなることがある。だから、内側に亀裂が起きるように仕掛けるのも戦略のうち、と言う話でした。

安倍政権の森友学園問題、続くであろう加計学園問題を、期待を以て注視しています。政権崩壊までこの問題が発展するは分かりませんが、少なくとも支持率低下によりレームダック化し、移民政策・グローバリズム推進に歯止めがかかることを期待するばかりです。むしろ、完全崩壊よりは、決めるに決められないレームダックと化し、その間に世界の反グローバリズムが進展し日本にもその波が押し寄せる時間稼ぎをした方が、さらなるグローバリスト首相が誕生するよりはよいのかもしれませんが。

さて、最初の話に戻りますと、「組織は内側から崩壊する」、これには我々移民反対派にとって、二重の意味があります。

一つは、移民政策、すなわち内部侵略の恐ろしさ。

minkan-bouei.jpg

二つ目は、移民推進組織(自民党、マスゴミ、産業界、学界など)に軋みが生じるとしたら、突然「内部」から起きる可能性もある、そのチャンスが仮にでも訪れたなら我々も決してそれを逃してはならない、ということです。反グローバリズム、自国第一主義の世界的な勃興により、今までのグローバリズム推進に疑問を持つ人が、例え組織の末端からでも一定の数現れる可能性が出てきています。そうなると、まずはその組織の内部に亀裂が生じ、価値観の衝突が発生します。そうした現象が日本中の大小様々な「組織」で起きることで、移民推進一色、あるいはそれに何の疑いも持たなかった組織がある日突然崩れるかもしれません。

最初に崩れるのは、自民党や財界のような大組織ではなく、街中の弱小な組織からかもしれません。しかし、アメリカでもイギリスでも、無数の人々がグローバリズムへの疑問を持ったこと。両国ともに二大政党がグローバリズム推進・移民推進ではもはや世論の支持を得られず、党の内部でもグローバリズム推進と自国第一主義に分かれたことで、まさしく「内部からの組織崩壊」、あるいは反グローバリズムへの転換が成功したわけです。

これまで当会でも、凸やポスティング、口コミなどを通して、「いきなり決定権がある層ばかり狙わなくても、組織の末端にいる人でもいい、とにかく一人でも多くの人が気付くように行動する」ことを行い、また呼びかけてきましたが、それもやはり「各人の所属する組織内部に移民反対派を増やす」効果を見越してのことです。「組織は内側から崩壊する」、だからこそ、移民による内部侵略の危険性を引き続き喚起するとともに、あらゆる層の方々に一人でも多く気づいていただけるよう呼びかけましょう。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 保守活動のあり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック