にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年11月09日

祝・トランプ大統領誕生!本日・明日夜は移民反対ツイッターデモを開催します。

「トランプ大統領誕生に乾杯!祝・反グローバリズム勝利!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

この度、トランプ氏の大統領選勝利が確定しました。このグローバリズム終焉に向けた歴史的瞬間を祝い、今日と明日の19時から23時まで#移民反対 ツイッターデモを開催します!

詳細は以下をご覧くださいませ。日本と世界の移民反対関連の話題はもちろん、TPPなど移民含めたグローバリズム全般に関しても多くのツイートをお待ちしています!

次回のツイッターデモについて(変則開催となります)

今回のデモの目的は、最も話題になっているニューステーマのタグにリンクさせ、かつ関連トピックとして移民反対のメッセージを大量にツイートすることによって、反グローバリズム→日本の移民問題に一人でも多くの人に気づいてもらうことです。デモの開催の有無自体が選挙結果次第にはなりますが、トランプ氏が本当に大統領になれば、移民反対を含めた反グローバリズムに追い風となる可能性が高いですし、今年最大のサプライズとして多くの人が関連テーマでツイートするはずですので、我々も「#移民反対」をキーワードにそれに乗って主張しましょう。

キーワードとなるタグは、いつも通り「#移民反対」は必須、それに加え、「#トランプ」「#大統領選」など、その時にトレンド入りしている関連タグを一つ入れてください。
内容もいつも通り、米国大統領選関連以外であっても、移民反対関連でしたら日本の話題も海外の話題も何でもありです。
外国人労働者や国家戦略特区、留学生含めた移民政策や観光政策への批判、欧州の難民問題や日本の外国人犯罪周知、多言語表記反対、英語の公用語化反対、国際結婚反対、少子高齢化対策、ロボット等移民の代替案推進等々、皆様のご興味のあるテーマで自由にツイートくださいませ。

【米国大統領選x移民反対ツイッターデモ(トランプ氏勝利の場合のみ開催)(第29回・30回ツイッターデモ)】
日時(日本時間):
11月9日(水)19:00-23:00
11月10日(木)19:00-23:00
posted by AOI at 16:53| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トランプ氏が勝ってよかったというよりも左翼リベラルが負けてよかったという方が正直な感想です
なぜならばトランプ氏の娘はユダヤ人男性と結婚していて、トランプ氏は彼と必要以上に親しくしているからです
現代の欧米や日本では父親が娘の結婚相手を決めるということは難しいでしょう
しかし娘が異民族・異人種の男性と交際あるいは結婚した場合、娘と縁を完全に切るか、法的社会的な状況でそれが難しいなら可能な限り距離を置くのが保守としての最低条件でしょう
異民族・異人種の娘婿と必要以上に親しくしている時点で保守としての資格を疑ってしまいます

安倍も一見保守に見えましたが、実際には事実上の移民推進、女性優遇、専業主婦敵視、LGBTに対する媚び諂い、異民族・異人種男性と大和民族女性の混血推進といったことを行っています
プーチンも一見保守に見えましたが、以前ロシアの新聞に漢民族男性とロシア人女性との結婚を称賛する記事が出ていたことがニュースになりました
公的な新聞だったようです
プーチンが言った訳ではないでしょうが、プーチンがその記事を差し止めなかったというのも事実です
また国力の関係で難しいのかもしれませんがロシアも漢民族男性、コリア系男性、ベトナム系男性、中央アジア系男性の移民を追い出せないでいるという事実もあります

そもそも真正保守男性にとって最も屈辱的なのは、自分と同じ民族の女性が、異民族・異人種男性と関係を持つことです
だからナチスはユダヤ人男性とアーリア女性の関係を最も嫌がったのですし、アメリカでは黒人男性が白人女性と関係を持つのを嫌がったのであります
真正保守庶民は日本でも欧米でも数は多いですが、強いといえる状況ではありません
メディア、学会、教育界において左翼リベラルが圧倒的に力を握っていて、政財界においても似非保守、偽装保守が力を握っているからです
ですから我々が望むこと全てを行うのが難しいことは分かっています
本来なら例えば過激なムスリムのように、娘が異民族・異人種の男性と関係を持ったら娘も相手の男も両方殺すのが理想です、さらに言えば、男の親族も皆殺しにするのが理想です
私はもっと過激な保守なので、私個人の意見としては娘が生まれた時点で間引くのが理想です
正直な話、欲しいのは息子だけです
自分自身の男系男子の血統を守るのが真正保守だと思います
現実の力関係から言って、今の欧米や日本でそこまで要求するのは難しいことも分かっています
ですがいくら弱いと言っても真正保守にも最低限の意地というものがあります
それが、娘が異民族・異人種の男性と関係を持ったり結婚した場合、完全に縁を切るか、それが無理なら可能な限り距離を置くということです
トランプ氏を見る限り彼が真正保守とは思えません
過激な文章で失礼しました
しかしこれも保守派の率直な意見の一つなので載せて頂けると光栄です
Posted by 移民ダメ絶対 at 2016年11月11日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック