にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年10月23日

移民推進主義者こそ究極の差別主義者であり、人権侵害の推進者

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

移民・外国人労働者よりもAIやロボットの活用を!

欧州から何も学ばない政府に抗議・意見しましょう。

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

民泊反対チラシのご案内(配布企画あり・引き続き募集中!おかげさまで継続的にお申込みがあります!)

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!

次回のツイッターデモについて(変則開催となります)

本題の前に、9月末にご寄付をいただきましたK.K.様、誠にありがとうございました。
また、たくさんの民泊反対チラシをお申し込みくださいましたT.O.様、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

さて、マスコミや財界、左翼などの移民推進派は、移民・難民・外国人労働者を受け入れない=差別だ!とレッテルをはろうとするのは皆様ご承知の通りです。しかし実は、理論的に考えれば、彼ら(特にグローバリズム推進主義者)こそ、究極の差別主義者であり、日本人に対しても外国人に対しても基本的人権を侵害する考え方をしていることに気づかされます。彼らの代表的な主張を挙げながら、具体的に示してみましょう。

1. 「優秀な外国人を日本に」
もう日本人に優秀な人はいない、あるいは教育のし甲斐がないと決め付けている時点で、日本人差別主義者であると同時に、日本国民の教育権という、憲法で保障された日本における日本人の基本的人権を無視しています。さらに、本当に優秀な外国人が海外に流出した場合の頭脳流出問題は、既に一部の中南米や東南アジアの国々では現実のものとなっていますが、この点に触れる移民推進主義者を少なくともブログ主は見たことがありません。医療や農業技術など、分野によっては生存権に関わる頭脳流出の可能性もあります。つまり、「グローバルな人材獲得主義」は、受け入れ側の社会問題を招くだけでなく、自国で真面目に暮らす一般の外国人の基本的人権をも無視する、いずれの国民の人権も尊重されない「lose-lose」の行為であることは、少し考えれば自明なことと思われますが、それについての移民推進派の見解をぜひお聞きしたいところです。

foreign-kaigoshi.jpg

2. 「日本人がやりたがらない仕事を外国人に」
経済的に、あるいは生活水準面で日本よりもレベルが下回る国の外国人なら、日本で日本人の多くが就きたがらない仕事もやるだろう、という発想がそもそも外国人差別であり、奴隷制時代、あるいは植民地時代の発想です。こうした時代遅れの差別的感覚を持つ彼らが、「グローバル時代に乗り遅れるな」「国家や国境にこだわる時代は過ぎ去りました」などと言っているのは実に失笑ものです。同時に、それらの仕事につく日本人に対しても実に失礼な発想であり、彼らが労働に見合った対価が支払われるべきという議論がなされない時点で、彼らの人権を無視していると言えるでしょう。

abe_foreigner.jpeg

そして、いずれの論点にも共通して重要なのは、移民政策により外国人と無理やり形だけの「共生」を強いられ、外国人犯罪の被害に遭う現在と将来の日本人。故郷が外国人タウンとなり引っ越しを余儀なくされる日本人の家族。外国人生徒の増加による彼らへの「配慮」によって教育のレベルダウンを強いられる日本人の子供達。こうした、現在および将来世代の、移民政策によって何の利益も受けない一般の日本人の基本的人権(平和・安寧に暮らす権利、住居を侵害されない権利、教育権など)の侵害問題については悉く無視しており、彼らの人権軽視、移民政策で利益を受けない99%の国民はどうなってもいい、という発想が垣間見えるのではないでしょうか。

つまり、「移民や難民、外国人労働者を受け入れないなんて差別」という人々こそ、実は日本人に対しても外国人に対しても究極の差別主義者であり、人権侵害の元凶です。同時に、自らの頭で考えることもせず、テレビや新聞で移民推進の報道を鵜呑みにしている人々も、同じく日本人と外国人の人権を侵害し差別する行為に間接的に手を貸しているも同然ではないでしょうか。

移民反対の抗議の電話やメールをするとき、人権がー、差別がーと言って、移民反対派の主張をまともに聞いてくれないような方に出会ってしまった場合はぜひ、「実は移民推進こそ人権侵害であり差別だ」という論点で、気づかせて差し上げましょう。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ主様、お体はいかがですか。常に移民反対派(ということは日本の国全体)のために、なかなか気づきにくい貴重な観点を提供しつつ警鐘をならしてくださって、非常にありがたいことです。でも、いよいよ寒くなってまいりました。お大事になさってください。

私も、移民政策の観点から大いに共感を覚えるトランプ氏にはぜひ、大統領になっていただきたいと思っております。しかし、もしトランプ氏が敗れても、それはあくまでも日本とはお国事情(なによりも国民の構成員)が異なるという意味での「外国」のこととして、割り切れそうな気がします(^^;)。なにしろ米国です。そう、米国というと、まさに「移民で滅んだ国」の代表なのですよね。「移民」の流入によって「もともとの国民」が滅ぼされてしまいました。国民がその歴史に学び、麻痺することなく「移民の脅威」を肌身に感じてくれていることを・・・祈りましょう。個人も国も、「学ぶのに遅すぎる」ということはないと思います。「すでに移民の国」でも、手遅れではないと・・・信じます。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2016年10月23日 13:17
移民は「臓器移植」に似ている。

異なる遺伝子からできている他者の臓器を移植すると、通常、肉体は拒絶反応を示します。そこで移植手術を受けた患者は「免疫抑制剤」などを利用し、拒絶反応が起きないようにするのですが……本来体を守る免疫機能をマヒさせた状態が健康なわけがない。そもそも生命の危機に瀕したわけでもないのに移植手術をする人などいるわけがない。

異なる生理的反応、文化的背景、好みの主義主張の移民を受け入れ続け移民国家となり果てた暁に、日本に国(集団)としての強さが残るとは思えません。表面的な平等やその場しのぎのやさしさが跋扈し、耐えられなくなった人たちが暴力に解消手段を見出すようになるでしょう。
Posted by at 2016年10月24日 18:25
本当に優秀な外国人は日本にはきませんよ。
アメリカ(もしくは英語圏)に行きます。

そんな事は移民を推進している連中が一番分かっています。

金ころがし(株)で儲けやすくする為に、企業が短期でも首にできる奴隷が欲しいというのが本音です。

外国人も人間です。
首になったら潔く餓死すると思いますか?
しませんね。
強盗・殺人を行ってでも生きようとするでしょう。


とにかく、安倍首相を筆頭とする現政権は、価値基準が“金”しかないです。
金に換金できない地域・家族の絆、稲作に伴う祭り(祭祀)、は価値0と見なします。
当然、金を稼ぐ能力のみが、人物評価の基準となります。
専業主婦の家庭における役割も家事を労働サービスに換金した金額でしか評価しません。
(子供への影響など無視)

このような思想・姿勢は断じて保守ではありません。
万人の万人に対する闘争を肯定する無政府主義、過激な革新と言えます。
Posted by 平凡太郎 at 2016年10月24日 21:06
【農業分野の外国人研修生受け入れ】
気候、土壌、国民食が異なる(つまり、市場に出回る野菜が異なる)日本で研修を受け役立つのは、肥料や農薬、農業機械の使い方やサイズ分け、パッキングくらいだろうか?本当の目的は、昔のムラ社会的会社のような、一時腰掛席提供による農家の嫁募集のような気がしている。舅姑小姑縁者のしがらみと慣習でがんじがらめにされた上、外国人妻が溢れ気遣いが強要される多文化共生の地と化した地域に嫁に行きたがる日本人女性がいるのか。恒常的に差異にさらされてストレスを感じずにいられるのは、いわゆるDQNや感受性、向上心がマヒしていないと難しい気がする。あるいは敗戦後、農地解放でにわか農地持ちになった元小作が、大地主を目指して小作をかき集める図が頭に浮かぶ。

「自然栽培」の野菜を取り寄せている。総じて小ぶりだが有機栽培と比べても段違いで味がよい。あれは数十年かけて土壌を改良し土壌や農作物の状態を熟知したまさに農業マイスターと呼べるものの作だ。このレベルに至れるなら移民も意味がある。帰国後、母国の農業改善や、日本向け作物の栽培や輸出もできるだろう。しかし、これは作家として独り立ちできる伝統工芸職人の実力レベルである。通り一遍のまねっこ農業で「日本の農業に貢献」したから帰化を、などと言って欲しくない。

【介護分野への受け入れ】
単純に自分が介護を受ける立場になった時、他人、しかも文化や価値観が違い、意思の疎通も十分に取れず、国籍により法による保護範囲も異なる外国人に生殺与奪権を握られることに恐怖を感じる。介護介護とミイラかゾンビになっても生き続けることを想定するより、臓器移植の意思表示制度があるのだから、安楽死の意思表示制度も採り入れ、例えば植物人間状態になったら、あるいは他人の付き添いがなければ生命が維持できない状態になったら、ボケがここまで進行したら、覚悟と共に無痛で安心して「死ぬ」選択肢も用意すべきではないか。カッコつけて侍ジャパンとか言いながら、死についての考えをタブー視する不思議。「武士道とは死ぬことと見つけたり」(「葉隠」)

【医療分野への受け入れ】
看護師については上記とほぼ同じ。単純に怖い。国連で敗戦国として悪役設定されたままワケの分からない因縁をつけられカネだけ出させられている現実があり、具体的に「日本人になら何をやってもいいんだ」という国民もいる中、命が係わる分野で外国人が跋扈するのは避けたい。
医師の場合、心臓手術など特化したものは海外で日本人医師が外国人の手術をする例もあり、理解できるが、生活習慣や社会構造や人間関係(精神科)が原因となる分野はどうかろうか。確かに「外」から見るからこそ分かることはある。しかしナイーブな問題を取り扱うための信頼関係を築けるか。選択権がある外来だと患者が来ないからと言って緊急外来に集まるようになり、メスを握った外国人医師に問答無用で手術されたりしたら怖い。もっとも、稼ぎ目的ならアメリカに行くと思われる。

【難民】
理解不能その@イスラム系
異なる法体系と生活規範を掲げるイスラム教徒との共存強要は、日本の社会システムと価値観を破壊する。絶えまない「配慮」の強要は、日本人の「権利」への侵害だ。
つか、イスラム教が国教の国や、国教扱いで平和な国がいくらでもあるのだから、日本でワンクッション置いたら、速やかにそちらに移動せよと。適応能力を考えたら、早ければ早いほど、若ければ若いほど、よい。彼らには母国以外にイスラム教的に生きられる土地がいくらでもあるが、日本人には日本しかない。文化的ベースとして神道が息づく国は、38万平方キロメートル弱のこの狭い日本国土しかない。(その内7割が山や川など人の居住向けではない)。対してイスラム教が国教であるパキスタン一国で78万平方キロメートル弱、実に2倍である。

沖ノ島という女人禁制、上陸時の海中での禊、一木一草一石たりとも持ち出すことは禁ずるなどの掟が、いまでも厳重に守られている島がある(宗像神社)。土器などの貴重な歴史的資料の保存庫としての役割を果たしている。日本文化も維持のため、入場規制があってしかるべき。イスラム教徒は「異教徒」や「外国人」を理解する必要がある。異教徒の文化を守るために、イスラム教徒が入り込めない国や地域もあると認めよ(ただし、観光、留学、ビジネスによる一時滞在まで否定するものではない)。

理解不能そのA中国人(漢民族)
漢民族から侵略を受けているウイグル・チベット族がその地に留まることを望み、戦っているのになぜか外国に難民申請する中国人(漢民族)……。環境悪化に従い、今後、日本への難民が増えると予想されているが、970万平方キロメートルの国土を誇り、汚染されていない”未開の”国土が十分あるのだから、そこを”自分たちで開発して”住めばよいではないか。

【その他】
移民の教育費、保険について、受け入れ先は真剣に考えているのか。ビジネスライクに考えて、安い給与で働かせるため日本社会への適応教育を施すのと、その分の費用を日本人の給与に反映させるのと、そんなに差が生じるのだろうか。また、ナカダ・ルデナが犯したような犯罪に巻き込まれた場合、招致企業は責任を取る覚悟があるのか。え?契約終了後は知らない?それなら契約終了をもって責任をもって帰国させましょう。

ひとりふたり、外国人への配慮が必要なら、通常の感受性のある日本人なら親切にすると思われる。

が、一歩外に出るや否や、日常生活レベルで今日も明日も明後日も無限に続く配慮の人生を設定されたらしんどい。そして「人種差別」「外国人差別」を避けるため、日本人に対して気遣いをもつことも嫌になり、他人への関心自体を持たずに済むよう努力する気がする。他の方は知らないが、私のような人間が多数を占めていたら、ささくれた国になりそうだ。
Posted by 疑問 at 2016年10月25日 11:19
安倍晋三は世界一の偽装保守です
メルケルにも劣る移民大好きの倒錯した国賊です
世界中のどんな売国奴、非国民でも安倍には敵いません
これは移民推進派の記事なのですが、結果的に安倍晋三の本性をよく暴いていると思います

>あの手この手で「外国人材」活用、「移民」と明確に区別−日本政府
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-25/OFJNRU6S972L01
東京・池袋駅北口近くに中国語の会話が飛び交う一角がある。立ち並ぶレストランの看板にも簡体字の中国語が踊る。中国河南州出身のスー・ファンさん(27)は日本に来て8年、今は自動車関係業界で働いている。日本は住みやすくしばらく働きたいと考えている。

人口減に直面する日本経済の成長には労働力の確保が不可欠だ。8月の日本の失業率は3.1%で経済協力開発機構(OECD)加盟国でも最低レベル。有効求人倍率も1.37倍と高水準が続く。労働力不足が顕著なのが、東京五輪を控える建設やサービス産業など。担い手の不足する農業も衰退に直面している。

安倍晋三首相は9月27日の働き方改革実現会議の初会合で、9つの検討項目の最後に「外国人の受け入れの問題」を挙げた。政府は外国人技能実習生制度に加え、国家戦略特区を活用して家事支援や農業などでも人材を受け入れる方針をすでに打ち出している。厚生労働省では経済連携協定(EPA)に基づき看護・介護人材も受け入れている。実現会議では年度末までに提言をまとめる予定だ。

マンパワーグループの15年の「人材不足に関する年次調査」によると、人材不足を感じている日本の企業は83%に上っている。政府人口推計によると、15年で約1億2700万人近い日本の人口は2040年には約1900万人減る見通しだ。

住民基本台帳によると、今年1月1日の外国人住民は217万4469人でこの3年間で約1割増えた。日本人住民がこの間にわずかながら減少しているとの対照的だ。厚労省の外国人雇用状況によると、15年10月末現在の外国人雇用者数は約90.8万人で、2008年の48.6万人からほぼ倍増した。

万能薬には

米ブルッキングズ研究所のシニアフェローのバリー・ボズワース氏は移民は成長に寄与するとはみているが、同時に政治的な側面からは非常に議論になるところで、経済停滞の万能薬になるとは言えないだろうと指摘する。実際、安倍首相は「移民政策」は取らないと明言している。

自民党政務調査会の「労働力確保に関する特命委員会」は5月、「『共生の時代』に向けた外国人労働者受け入れの基本的考え方」をまとめた。それによれば、「わが国の活力を維持するためには外国人に今以上に活躍してもらうことが必要」で、現在の外国人労働者数が倍増しても対応できる制度を構築すべきだと提言している。

同特命委で事務局長を務めた柴山昌彦首相補佐官は、外国人技能実習制度は「労働者受け入れの抜け穴ではないかとか、保護が十分ではないという批判がある」として、「新しい枠を作って適切な管理の下、外国人労働者を正面から受け入れるべきだと思っている」と話す。

さらに「農業や介護など人材が不足している分野への就労希望者を対象に、5年程度の在留資格を認め、送り出し国との間で枠を定めて受け入れるべきだと思う」と提言する。ただし「永住権を認める移民政策とは異なる」とも指摘した。柴山氏は外国人が「このまま増えていっていいのか」という考えが国民の間にあってもおかしくないが、「外国人労働者を受け入れる文化を創っていくことが大事だ」と話している。

ともに25歳のリン・ジペングさんとジャン・シュアンファンさんは中国南京市から東京に来たばかり。食べ物がおいしく環境もいいと口をそろえ、2人とも携帯電話の店で働く予定だという。日本にどれくらい滞在するつもりかと聞くと、ジャンさんは「ずっと」と即答。リンさんもうなずいて、「多分ずっと」と答えた。


安倍は全て分かってやっていますから「外国人材(笑)」がそのまま住み着いて最終的には日本国籍を取り大和民族の血を穢すことを理解しています
、というより大和民族の血を穢すことを目的として「外国人材(笑)」の受け入れに血眼になっているのです
しかし安倍信者は安倍を愛するあまり頭がおかしくなり、安倍ちゃんの主張するように「外国人材(笑)」はそのうち帰ってくれると本気で思っています
この外国人の発言を見てもそう思い続けるのでしょうか?

>日本にどれくらい滞在するつもりかと聞くと、ジャンさんは「ずっと」と即答。リンさんもうなずいて、「多分ずっと」と答えた。

外国人材(笑)のほとんどは帰るつもりなどありません
ヨーロッパでも偽装保守政治家が真正保守庶民、真正極右庶民からの反対を押し切って「いつか帰ってくれるから」と外国人労働者(笑)を受け入れましたが、結局奴らは帰ってくれませんでした
ヨーロッパという最高の反面教師がいるのに安倍信者はいつまで騙され続けるのでしょうか

ただ最近、真正保守派ブロガーの皆様の地道な活動のおかげで安倍の正体に気付いた保守派が増えているように思います
産経、フジ、正論、Willなどは保守メディアではなく安倍擁護メディアに成り下がっています
安倍が明らかに反保守、非保守的な政策を行っているのにウルトラCの屁理屈で安倍が保守だと強弁するためだけに存在しているメディアです
Posted by 移民ダメ絶対 at 2016年10月26日 09:35
東京福祉保育専門学校(東京都豊島区)は今春の介護福祉士学科の入学生60人のうち8割の48人が留学生。1年のベトナム人女性、グウン・フィン・エンさん(26)は「介護福祉士になり将来は家族を呼び寄せたい」。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1029e040238/

技術を学びたいのではなく、移民パスポートとしての「介護福祉士」資格取得目的。

決して日本文化が好きなわけではない。日本の歴史を共有したり国としての責任を負うわけではない。日本が抱えている社会問題が目に映らない。この種の外国人が日本国籍を取得したとしても、同胞意識など湧かない。
Posted by at 2016年10月29日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック