にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年08月30日

完全な「システム」としてのイスラム(日本語訳前編)

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

欧州から何も学ばない政府に抗議・意見しましょう。

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

ロボット・AI・人工知能の活用推進について、企業や政府、身近な人に積極的に意見しましょう。

まずは、先週のツイッターデモにご参加いただいた皆様、ありがとうございました!参加者だけではなく、当会のフォロアーもおかげさまで、開催のたびに増えていっております。来月も開催しますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

そして、先日民泊チラシの第1回申し込み分が、無事発送されました。改めまして、お申し込みくださった皆様ありがとうございました。繰り返しになりますが、こちらのチラシは毎月20日まで受け付け、月内に注文・翌月に発送というスケジュールで今後も配布企画を続けていきますので、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。今後、他の話題のチラシも、時間があるときに作成していきたいです。できるだけ、ニュースをあまり見ていないノンポリの方にもすっと入っていきやすい話題を選びたいと思っております。
民泊反対チラシのご案内(配布企画あり)

また、これとは別に、T.N.様より再度ご寄付をいただきました。誠に感謝しております。この場でお礼の言葉を延べさせていただきます。(m__m)

----------------
さて、本題です。
本日と次回では、ある有名な英語の記事の翻訳を2回に分けて紹介いたします。
Islam is not a religion nor is it a cult. It is a complete system.
https://avideditor.wordpress.com/2008/03/16/islam-is-not-a-religion-nor-is-it-a-cult-it-is-a-complete-system/


ブログ主は、欧米のイスラム化についてとても関心が高いため英語ニュースを頻繁に見ておりますが、上記ページの文章は、英語圏ではおそらく非常に有名で、よくニュースのコメント欄で見かけます。
誰ですか、「中国や韓国でなければ、親日ならイスラム含め移民や外国人労働者を受け入れてもいいのでは」と言う自称・保守は。そうした方は、ぜひ以下の記事をご覧になって、中国韓国北朝鮮と同レベルかそれ以上に脅威となりうるイスラム移民の危険性を知っていただければと思います。

----------------
イスラムとは宗教でもなければカルトでもない。一つの完全な「システム」である。「イスラム」の中には、宗教、法体系、政治、経済、軍事といった国家に相当する各部門が内包されている。我々がイスラム教と呼ぶ、宗教の部分は、他のすべての部門を覆い隠している。

80-percent-london-muslims-support-isis.jpg

「国家のイスラム化」は、その国にイスラム教徒が十分存在し、いわゆる「宗教的権利」を声高に主張して社会に影響を与えるくらいの数がいるときに起きる。

その国家がいわゆる「政治的に正しい(人権を尊重、など)」社会を擁し、かつその社会が文化の多様性に寛容であった場合、おそらくイスラム教徒たちの、一見いかにも「理に適った」ように見える「宗教的権利」の要求に応えてしまうだろう。そしてその時こそが、イスラムの宗教以外の要素をさらけ出すときである。ここに、そのからくりをお見せしよう。(以下の人口の数値は、CIAおよび2007年版のThe World Fact Bookより引用)

どの国であっても、イスラム教徒が1%程度であった場合、彼らは一見無害そうなマイノリティに見える。実際、彼らはユニークな住民の一例としてステレオタイプ化され、記事や映画などに登場している。(訳注:本データは2007年当時ですので、その後、特に欧州がどうなったかは皆さまご存知の通りです)

人口に占めるイスラム教徒の比率:
アメリカ – 1%
オーストラリア – 1.5%
カナダ – 1.9%
中国 – 1〜2%
イタリア – 1.5%
ノルウェー – 1.8%

2%から3%を超えると、イスラム教徒は他の民族的少数者や社会に不満を持つその国の国民をイスラム教徒に改宗させ始め、その勧誘の場は刑務所から町中の不良グループに至るまで多岐にわたる。

デンマーク – 2%
ドイツ – 3.7% (言うまでもなく、現在はずっと多くなっているはずです。他の欧州諸国も同様)
英国 – 2.7%
スペイン – 4%
タイ – 4.6%

1115.jpg

5%を超えると、彼らは人口比に応じて、法外な影響力を行使し始めるのである。例えば、ハラル対応の食事が欲しいとまず言い出す。そうすることで、その国においてイスラム教徒の間で食材加工に関する職を確保することができるのである。さらに、チェーンのスーパーに圧力をかけ、ハラル食材を店内の目立つところに展示しろと要求し、従わなければ危害を加えるなどと脅すこともある。

フランス – 8%
フィリピン – 5%
スウェーデン – 5%
スイス – 4.3%
オランダ – 5.5%
トリニダード・トバゴ – 5.8%

この時点で、彼らはイスラム法(シャリア)による自治を要求する。イスラムの最終目的は、世界全体を改宗することではなく、世界全体にシャリア法を施行することである。


「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ


posted by AOI at 23:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>イスラムとは宗教でもなければカルトでもない。一つの完全な「システム」である。「イスラム」の中には、宗教、法体系、政治、経済、軍事といった国家に相当する各部門が内包されている。

これは重要な分析だと思います。イスラムに限らず敷衍できます。カルトもとうぜんながらそんな体質を秘めています。

近代への移行期に祖国からドロップアウトして新大陸にバラバラ移住したそれぞれの欧州の民族も、宗教、法体系、政治、経済、軍事(自警団的な互助組織や職業的な暴力組織)を内包して、どれかを軸に発展させてきたのだと認識しています。
アメリカの東海岸大都市などでは、出身ごとに分かれて密生していました。イタリア系とかアイルランド系とかの話しを見るとそれがよくわかります。黒人のマフィアも交えて利権がぶつかるところで血をみる抗争をやってます。
エスニックな集団も力を蓄えると抗争が起きる。

イスラムは通商がベースになっていると聞きます。
長い隊商を組んででかける男と留守を守る女性の貞操の義務。男女性差の位置付けや権利を守る独特の倫理があるようです。古代から男尊女卑ですけど、宗教に組み込まれると通商ルートに沿ってグローバル化するか、狭いところで原理保守になります。イランの原理主義とかすごい男女差別があるそうです。我々日本人には、なかなか理解しがたい感性を持っていると思わねばなりませんし、原理に従ううちに脱エスニックの動きにつながるわけですね。

日本は日本の風土の中で、それらの要素が成長して現在があります。バランスが大事。
身近なイスラムはじめ異文化の風俗を面白がるだけでは陥穽にはまるのは確実ですね。エキゾチシズムは、フラダンス教室とか限られた趣味の空間だけで十分。(これもまだ甘いのかな。)

マンションの一室に間借りしてできてしまう宗教のたぐいは無気味でしかありません。カネが集まると、キンキラの拝殿なんか作っちゃうし。そういうメンタリティや感性からして恭順しない意志表明みたいで気持ち悪いですよね。
Posted by 弓取り at 2016年09月01日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。