にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年08月23日

ニューヨーク・タイムズに当会のコメントが掲載されました | ツイッターデモは明日・明後日の開催です

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

まずは本題の前に、
1. 当会のHPが見られない(あるいは、文字化けする)時があったというご報告をいただきました皆さま、誠にありがとうございます。こちらで再現ができないので、即座に何か改善措置がとれるわけではないのですが、今後もこうした現象がありましたら、ご覧の日時と共にコメント欄にご報告いただければ幸いです。頻繁に起こる現象であれば、ブログの運営会社(Seesaa)に連絡し、状況の改善依頼を行います。
2. 民泊チラシを発注しました!(ご協力いただける方には個別連絡済みです)8月20日の締め切りは過ぎましたが、今後は毎月20日締切、その後1週間以内に発注し、翌月上旬着のスケジュールで回していきたいと思います。今後、チラシの種類も増やしていければと思っております。
民泊反対チラシのご案内(配布企画あり)

さて、このたび、当会のコメントがニューヨーク・タイムズ紙に掲載されました。(先方から取材依頼をいただきました)

Ethnic Kurds Find Haven, but No Home, in Insular Japan(英語)
http://www.nytimes.com/2016/08/17/world/asia/japan-kurds-refugees.html?ref=asia&_r=0


八重桜の会.jpg

媒体の特性上、やはり記事の内容としては、本ブログを普段から読んでくださっている方から見たら、思うところはたくさんあると思います。ブログ主自身も、掲載されたコメント以外にも何倍も多くの内容を話したのは事実ですが、やはり伝え方をもっとこうすればよかったああすればよかった、という反省点もあります。。。

一方で、当会の名前、こうした活動の存在自体が周知される機会となり、我々反対側の主張がもっと広まるようになれば、それそのものが移民反対運動にはプラスになると考えています。ほとんどのマスコミが、反対派の意見、ましてや団体としての意見を、報道すらしませんから・・・特に、当会のブログの「移民問題とは」のカテゴリで何回も主張しております、「移民問題は、個々の外国人の善悪や個人的感情の問題ではなく、移民・難民・外国人労働者受け入れというシステムが欠陥を免れないこと自体が問題であり、だからこそ最初から受け入れない以外に解決策はない」という考え方が、当会およびその他移民反対派の存在感向上によってインターネット経由で広まり、いわゆる感情論に勝る日が来ることを期待しています。こちらも以前からの繰り返しになりますが、移民問題はその本質的問題が周知されればされるほど、自然と反対派が増えていくという性質がありますから。

当会では、移民問題に関するオープンな議論を大歓迎しております。我々移民反対派は賛成派のように、都合の悪い質問に対して答えない、論点をずらす、報道しない・させない、というような姑息なことはしませんので、今後も左右問わず幅広い立場の媒体からの取材・寄稿依頼等を歓迎いたしております。そのうえで、当会の存在そのものやその主張を、どのような立場からも紹介してくださっている全ての方々に感謝いたします。

移民受け入れ却下.jpg
--------

そのうえで、インターネット社会では我々個人一人一人もそれぞれが小さなメディアを持っているようなものです。だからこそ、明日・明後日のツイッターデモ(ネットデモ)に参加して、一人でも多くの人に移民問題の現実と危機意識を広めませんか?5分1ツイートから、ご参加大歓迎。たとえ独自の言葉でなくても、引用でも、あるいはリツイートだけでも大歓迎です!!
8/24-25、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

twitter.jpg

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア出演・掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ主様、ブラボー! GJです! 先方から取材希望があったのですか。その積極性だけは、日本の大手メディアに比べればありがたいですね。お疲れさまでした、そして日本の移民反対派を代弁してくださってありがとうございました!!

確かに・・・ニューヨーク・タイムズという媒体の特性上、いろいろと言いたくなりますね(^^;)。しかし、一番知ってほしい日本人に「Yaezakura no Kai(→八重桜の会・・・!)」を知り、覚えてもらえる(そして検索してもらえる)きっかけになったことに、大いに意義があり、すばらしい機会だったと思います! ブログ主様側の「媒体問わず喜んで取材に応じたい」という姿勢にも、広く好感が持たれるはずですしね。われわれ移民反対派には、「知られたくない」やましいことどころか、広く沢山の人に、一刻も早く「知ってほしい」ことばかり。ここが、取材拒否をするようなある種の人たちとの決定的な違いですね。
Posted by ロウでかためた白い羽 at 2016年09月03日 08:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック