にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年07月26日

明日明後日はツイッターデモ | 都知事選について(2) - マスコミや人づての情報に流されず、各候補の公約・政策を「一次情報」で確認し、見極めましょう。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!

まずは、明日・明後日はツイッターデモです。
5分10分でもお時間がありましたら、ぜひご参加いかがでしょうか。都知事選関連の話題も大歓迎です。

7/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

そして、こちらももうすぐ締め切りです。ぜひご応募いかがでしょうか?
【7月31日締切】内閣府が人工知能に関する意見を募集。「移民よりAI」の意見をたくさん送りましょう!

続いて、都知事選関連。
マスコミは勿論ですが、人づての情報や、いわゆる「自称・保守論壇」の雰囲気に流されてはなりません。
前回の記事で触れた「死に票になりたくないから」という投票理由は論外ですが、それ以外にも、「他の保守の人が推しているから」というようなことに流されるのではなく、「公約」「政策」を自分の目で確かめたうえで決めましょう。

当会はマスコミに追随するようなことはしませんので、主要候補云々ということについては興味がありません。代わりに、以下に21候補全員の氏名と公式サイトが記されたサイトを紹介します。ぜひ有権者の都民の皆様は、公約の内容をご自身で確かめたうえで、投票されてみてはいかがでしょうか。

5d35b8aef5.jpg

候補者一覧および公式サイトへのリンク(東京都選挙管理委員会)
http://www.h28tochijisen.metro.tokyo.jp/candidates/tochijisen/list.html

迷ったら、気になる候補について、
「候補者名 移民」「候補者名 売国」「候補者名 特区」「候補者名 改革」
などで検索してみましょう。
最後の2つのキーワードは、保守の皮をかぶった事実上の移民政策を進める候補をあぶりだすものです。

その上で、移民反対という観点から、客観的に見て最も優れていると思われる桜井誠氏の公約を掲載します。

makotosakurai.jpg

「日本を取り戻す」ための7つの約束
1.外国人生活保護の廃止
2.都内の不法滞在者を半減
3.反日ヘイトスピーチ禁止条例制定
4.総連、民団施設への課税強化
5.違法賭博パチンコ規制の実施
6.韓国学校建設中止
7.コンパクトな東京五輪の実施


ところで・・・国政にしても地方にしても、そもそも、なぜ質の低い政治家が多いのでしょうか?あるいは、志のある人が出馬しても当選しないのでしょうか?
有名人ばかりが選ばれる、ということ以上に深刻な理由。
それは、「候補者全員による政策議論の場がない」ということです。

前回に続いてアメリカの事例を上げることになりますが、米国ではどんなに有名でも見た目が良くても、討論の場で、自らの政策がいかに有権者にとってメリットがあるかを語れなければ落ちます。今回の大統領選では、一時期は本命と言われながら予備選の討論会で自らの政策を明確に説明できなかったことが理由で一気に支持率を下げた、共和党のルビオ氏がその一例です。

gopdebate2016.jpg

日本の場合、
- そもそもマスコミの息がかかった候補者しか取り上げない。(都合の悪い候補は除外)
- 政策よりも、印象や空気、知名度などで勝敗が決まってしまうことが多い。
ということに加えて一番の問題は、
- 上記の現象そのものに対して少しでも疑問を感じる人、異を唱える国民が、(自称・保守含めて)少なすぎる。
ということなのです。

一件、移民問題と関連があまりなさそうに見えますが、こうした場が設けられると、確実に世論は、外国人労働者や難民含めた移民反対派がさらに優勢になります。前から繰り返し申し上げている通り、「移民問題は真実を知る人が増えれば増えるほど、反対派が増える」からです。日本は海外から、移民・多文化共生政策のような失敗政策を輸入する必要は全くありませんが、こうした国民に正しい情報を伝え、有権者の質を高め、その結果をまっとうに票に反映させる仕組みについては、「日本の国の形を維持する」ために学ぶ必要があるのではないでしょうか。

都知事選が終わったら、しばらくは大きな選挙がありません。
公約・政策で政治家を判断することの重要性、そして日本には候補者全員が政策を議論する場、それが公開される場、そして有権者がそれに関心を持つ環境が必要であることを、平時から広めていくのはいかがでしょうか。

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック