にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年07月13日

【7月31日締切】内閣府が人工知能に関する意見を募集。「移民よりAI」の意見をたくさん送りましょう!

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」という方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

7/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!


天皇陛下の生前退位報道、真偽はまだわかりませんが、もし本当にそのご意向でしたら、まさに歴史が変わる瞬間かもしれません。英国のEU離脱といい、今年は本当に将来の教科書に書かれるような、歴史が動く年、「点と線が結ばれる」年なのかもしれません。

さて、そのような中、実務的な話で恐縮ですが、本日は一つ行動提案です。
内閣府が、人工知能(AI)活用社会に関する意見を募集しています。

robot1.jpg

ぜひ、「移民も外国人労働者も難民もいらない!それよりもロボットや人工知能!」という意見を送りましょう。数は力、一言ずつでもどんどん送りましょう。〆切は7月末です!

人工知能と人間社会に関する意見募集
https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0198.html 


「近年の人工知能の進歩と社会への普及のスピードは著しく、それが人間社会にもたらす利益やリスクについて、世界中で様々な議論が巻き起こっています。
内閣府では、第5期科学技術基本計画で掲げたSociety 5.0の実現の鍵である人工知能の研究開発を健全に進展させるべく、人工知能と人間社会の関わりについて検討を行うため、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の下に「人工知能と人間社会に関する懇談会」(以下「懇談会」という。)を設置し開催しています。

当懇談会では、人工知能と人間社会の関わりについて、倫理、法、経済、社会、教育、研究開発等の点から、「移動」や「製造」等の事例ごとに、具体的に検討を深めていきます。特に、既に実現されている技術、または近く実現される技術が利用される事例に焦点をあてて議論を進める予定です。

つきましては、懇談会の議論に様々な御意見を反映させるため、検討項目と事例ごとに、将来に備えて議論しておくべき論点など、御意見を広く募集します。論点の例として、人工知能が自動車やスマホアプリに広く浸透した社会では、そうした機械やソフトウェアがトラブルを起こした時の責任の所在はどこか、というものがあります。その他の論点の例については参考資料を御覧ください。

みなさま自身が関心があり切実な問題と思う論点をお寄せ下さい。御意見、必要事項を下記に御記入の上、送信してください。」

robotsoverimmigrants.jpg

「移民(外国人労働者・難民等含む)、多文化共生思想、グローバリズムに断固反対!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人工知能についての意見、応募しました! あいにく控えを取りそびれましたが、「製造」で、建築現場や工場などでの人手不足を理由に移民が実質的に推進されていることへの抗議をまず述べ、「このまま移民国化が進むなら日本の将来に絶望せざるを得ないが、ロボットやAIの活用ならはるかに国民の不安や負担も少なく、少子高齢化・人口減少でも希望が多い。移民の検討自体を即刻打ち切り、こちらに舵を切れ」としました。

それと、もう一つ。個人的なことですが、某クリーニング店チェーンにも、意見を出しました。いろんな組織のHPを見ると、「お問合せ/Contact Us」「企業情報/About Us」など、本文は全て日本語、見る人もほぼ全て日本人でほとんど意味がないのに、お飾りみたいに英語が併記されていることがよくありますよね。そこのは、この部分が英語だけだったのです。それが目に入った瞬間、そこはかとなくイラついてしまいましたのでw、問い合わせかたがた意見しました。こちらもあいにく送信原文の控えがありませんが、

・英語表記のみは見づらく、個人的に不快だ
・クリーニングの利用者は大半が日本人ではないのか
・こういうちょっとしたことにも気を使ってくれなければ、利用意欲が失せる
といった意見をしました。

前半部が同社サービス内容についての問い合わせだったこともあって、すぐ返事がきました。上の意見に対する部分を転載いたします。

*****

弊社のホームページに貴重なご意見ありがとうございます。
 ご指摘いただきました英語表示につきましては、「蚊にご用心」様と同じ意見が社内でもございます。
 今後よりお客様が使いやすいホームページにするために、またお気づきの点がございましたら
 お手数ですがお知らせいただけましたらと思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。

*****

>同じ意見が社内でもございます。

だから、一定の効果はあったのかな。ささやかですが今後も「こういう活動」続けますo(^-^)o


Posted by 蚊にご用心 at 2016年07月20日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック