にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年05月20日

ロボット・AI・人工知能の活用推進について、企業や政府、身近な人に積極的に意見しましょう。

「移民よりもロボット、人工知能、自動化技術の活用を!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

5月のキャンペーン:「ヘイトスピーチ法案」「自民党単純労働者受け入れ容認」「永住権取得要件年数短縮検討」のそれぞれについて、「抗議する」「知らせる」の2つを同時に行いましょう。

5/25-26、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

「移民・多文化共生反対」がヘイトスピーチではない、これだけの理論的な根拠。ぜひ拡散しましょう。

署名:移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!

最近は暗い話題ばかり書いているような気がしますので、本日は手短に明るい話題を一つ。

科技白書を閣議決定 AI・ロボットで変わる社会示す
https://archive.is/C5d4d

AI、人工知能、IoT、ロボットといった言葉が、ビジネス雑誌などでも、特に今年度になってから多く取り上げられるようになった気がします。

robot1.jpg

この「科学技術白書」にある2035年の生活像を見てみますと、
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa201601/detail/1371168.htm
どんな気まぐれかと思うくらい、家事、農業、介護といった分野でロボットが活用されている姿を政府自身が描いています。
外国人、必要ないじゃないですか!!それなのに受け入れ推進しているのは何という自己矛盾。と言いますか、人手不足を口実に裏があるとしか思えないですね。。。

八重桜の会では、ロボットや自動化技術などのテクノロジーを、高齢者の就業促進と並ぶ移民・外国人労働者の代替案として提案しています。もちろん、ロボットの活用によって仕事が失われて、日本人も含めて人余りになってしまう可能性、あるいは人工知能が人間の知能を上回る2045年問題、といった問題もあるかもしれません。

10〜20年後、日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能
https://archive.is/hNrWn

しかし、目下「人手不足だから外国人労働者をー」と売国奴たちが叫んでいる分野、すなわち建設、介護、農業といった分野は、「移民よりもロボットなどのテクノロジー活用」が最も有効な分野ではないでしょうか。異論はあるかもしれませんが、八重桜の会では反対だけではなく代替案を出すことを是としており、ロボットの活用は国益に最も適う選択肢ではないかと考えます。また、仮にロボット技術の発達により将来人余りが起きた場合、近年入国している外国人労働者が職を失っても帰国せず、やがては日本人の築いた富にたかり、義務を果たさず権利を主張する近未来の姿を想像すれば、「移民ダメ絶対」のさらなる理由づけにもなります。

robotsoverimmigrants.jpg

ということで、もし賛同いただけるようでしたら、
- 移民問題について政府に抗議する際に、「AI・ロボット活用はさらに推進するべき。外国人労働者よりもよっぽど有効だ!さらに言うなら、人工知能の開発を名目に外国人研究者を日本で増やそうとするならばけしからん、日本人の技術者を育成すべき。」と述べましょう。
- 人手不足に対応するAIやロボットを開発している企業や、外国人労働者ではなくAIやロボットを活用しようとしている企業をニュースなどで見かけたら、ぜひメールや電話で賛同の意見を送りましょう。メールや電話を受ける社員の側に立つとわかりますが、ほとんどが苦情や改善要望といった、ネガティブな意見をもらうことが多い中、「素晴らしい!」と意見してくれる人はあまりいませんので、ある意味反対意見よりも印象に残ります。勿論その際には、「外国人労働者を雇用するよりもずっと素晴らしい方針です」と、移民問題について欧州の事例などの情報提供をしながら、「移民よりもロボット」のメッセージを確実に伝えましょう。
- 普段の会話でも、今後ノンポリ層がロボットや人工知能の話をすることもあるでしょう。そうした話題を耳にした際にはすかさず、「外国人よりもロボット」を、直接的または間接的に口コミしましょう。

ということで、たまには「反対」の意見ばかりではなく、「賛成」「ぜひ推進してほしい」という意見を述べてみてはいかがでしょうか。そうすることで、我々が最も主張したい「移民反対」のメッセージを効果的に伝えられるかもしれないのですから。

「たまには反対だけではなく、推進すべき政策については賛同の意見を送ろう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人口爆発」という言葉は聞かれるのでしょうか。疎くてわからないのですが、もはや、前提になってしまったような気がします。
人間である私が言うのもなんですが、地球にとって、増えすぎた人類は地球のイナゴです。資源を食いつぶす存在です。
地球規模では人口増と無闇な移動を抑制しつつ、同時に、記事のように「ロボット、人工知能、自動化技術の活用」は喫緊の重大事ですね。

日本のため、世界のため、地球のためです。
本来なら、日本がその方面で世界のお手本になるべきだと思います。
Posted by 弓取り at 2016年05月21日 00:28
大賛成です! 明るい話題で、少し前向きな気分になれました。政府への意見では「移民ではなくロボットを!」、心がけたいと思います。

でも、早速水を差されて、上の心がけを思わず忘れてしまい、怒りが先に立ってロボットのことを言うの忘れてしまいました・・・(泣)。これですもの↓

通訳常駐の病院を全国40カ所に 対日投資会議、外国人の定住促す環境整備を
http://www.sankei.com/politics/news/160520/plt1605200032-n1.html

>政府は20日に開いた「対日直接投資推進会議」で、外国人を呼び込み、定住を促す環境整備の政策パッケージをまとめた。医療専門の通訳を置く病院を来年3月までに全国約20カ所から約40カ所に倍増させるなど、外国人が生活やビジネスをしやすい環境を整え、対日投資拡大につなげて安倍晋三政権が掲げる名目国内総生産(GDP)600兆円達成に役立てる。

 生活向上のための政策としては、外国人に日本語を教えられる教員を増やし、外国人の小中学生全員が32年までに日本語指導を受けられるようにする体制を整える。日本語指導が必要な外国人の小中学生は約2万7千人いる。

 ビジネスをしやすい環境づくりとしては、煩雑とされる行政手続きを早期に見直すことや、起業に必要な手続きを電子申請で行えるよう整備することなどを記した。

 議長の石原伸晃経済再生担当相は「世界で一番ビジネスしやすい国を目指し、会議で出た意見を現実化していく」と述べた。

 政策パッケージの内容は、月末に閣議決定される経済財政運営の指針「骨太方針」や成長戦略にも反映させる。

=======

ここ1週間でニュースになった主だった移民政策は、私の記憶の限りでは「2017年度までに5000人の外国人を高度人材に認定」「民泊を住宅地でも全面解禁」などで、いずれも抗議しましたが、それをせせら笑うように逆方向に急速度で進んでいるのは何なんでしょう(-.-;)。

舛添を「チャンス」にして調子に乗って利用しているということでしょうか。移民反対の私に言わせれば、安倍も舛添も同レベルの腐りきった「日本のゴミ」です。国外退去させたいものです。これ以上日本が腐らないうちに・・・。
でも、こっちこそは↓死刑相当ですが「最低でも」本当の「国外退去」にさせないといけませんね。目を光らせておきます。外国人だから甘い刑罰になりそうな、いや〜な予感がしていけませんが・・・

沖縄の事件は、「基地があるから」「海兵隊があるから」は、いたずらに問題をぼかす卑劣な矮小化です。それを言うなら「外国人が日本に住んでいるから」です。つまりこれこそ「移民問題」です。(実際にもこの犯人は既に海兵隊を除隊していて、今は軍との直接雇用関係にないとのことですので、「元〜」とことさら言うことには意図を感じます。)

「自称・保守」は、この問題を基地と結び付けて政治問題化する左翼を馬鹿にし、「それならシナチョンの犯罪など報道すらされないではないか」「犯罪率もそれよりましではないか」などとのたまいますが、犯人を擁護しかねないこうした発想の方がよほど馬鹿だと思い知らせてやりたいです。怒りを感じないの? 麻痺してるの? と単純に怖いです。

ところで、ネットで調べるとわかりますが、犯人は日本人と結婚している黒んぼですね。最近知りましたが、朝鮮人の本名・国籍・顔写真が報道されないように、米軍関係の犯罪でも「黒人兵」と報道するのは「差別」とする自主規制も、マスコミには存在するって本当でしょうか!? そういえば今回の犯人も名前こそ出ましたが、顔写真は出ない(?)ので、人種がわからないように報道されているように見受けますね。しかも「シンザト容疑者、シンザト容疑者」と、米国籍なのにまるで日本人のように・・・。なにかやりきれないもやもやを感じます。

ブログ主様もきっとそうかと存じますが、どんな事件が起こっても、私は「黒んぼだから」とも「シナ人・朝鮮人だから」とも、その他の「○○人だから」とも、一切言うつもりはありません。何度でも言います。「日本に外国人が住むことが問題なのです。だからこれ以上入れるなどもってのほか、叩き出さなければいけないのです。」
Posted by 夏の訪れ at 2016年05月21日 17:01
先ほどは長文失礼いたしました。今回も長くなってしまいました・・・(汗)

沖縄事件についてのモヤモヤですが、今までは不信感を募らせていた小林よしのり氏がこんな発言をされたようで、「これぞ、わが意を得たり!」と思いました。事件についてはそれぞれの立場でいろんな意見が飛び交っていますが、私はまさにこれが正論だと思います。

>「しかしよくこんな男と結婚した日本人女性がいたものだ。
妻には罪はないと似非ヒューマニズムの連中は言うだろうが、その言葉を被害者の遺族の前で言えるか?
子供に罪はないとは、わしも断言できるが、妻にはこんな野獣を日本に引き留めていた責任がある。
本国に帰さなかった責任がある。」

「反日勢力を斬る」ブログより
http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-3881.html

=====

さらにこの後にも小林氏の発言の引用が続き、米軍基地の存在が日本の主権を制限するものとの意見が述べられていますが、私自身もそれには同感です。その後にはブログ主の意見として、小林氏の本音は米軍から中国に沖縄を明け渡したいのだなどと述べられていますが、小林氏の本音については私にはわかりませんので、これは何とも言えません。

私自身、当初から犯人とともにこの「日本人妻」を心の中で白眼視し、どんな顔をしているやら見てみたくて探すものの、検索してもなかなか出てこないようです。出るそばから削除されているのでしょうか。

ちなみにこの「反日勢力〜」たらいうブログは私は普段は全く読んでおりません。紹介文句に「安倍首相を応援しよう!」とか書いてあることからして、その価値なしです(笑)。どこをどうすれば「犯人の妻まで被害者」になるんでしょう。あくまでも「加害者の妻」ではないでしょうか。こういう吐き気のする気持ち悪い発想ができる人間こそ小林氏の言う通り似非ヒューマニストであり、この事件の政治利用(=「中国から守ってもらうため」の在日米軍必要論)目的が見え見えで、いやらしいです。

もっとはっきり言えば、中国であれ米国であれ、軍人であれ留学生であれ、「移民はお断り!」です。移民と結婚する日本人もお断りです。どうしてもというなら、全く関係ない人様にこのような迷惑をかける前に日本から出ていけ!

Posted by 夏の訪れ at 2016年05月21日 22:59
在日米軍問題も立派な移民問題、自称保守はだんまりで「在日米軍撤退論はシナチョン!シナチョン!」と鳴くばかり
例え同盟国だろうが外国の軍隊が日本の主権を阻害して外国人が住み着いてるのだから米国系移民を受け入れてるのと同じだ
Posted by 外国人排斥主義者 at 2016年05月23日 17:26
「夏の訪れ」様。私は、そのブログのコメ欄に小林批判を書き込んだ者です。

>「しかしよくこんな男と結婚した日本人女性がいたものだ。
これは小林の言ですが、その女性が男の異常性に気づけるかどうか、事前にわかることかどうかですよ。異常かどうかですよ。外国人であることを問題視するのなら、米系だけでなく、他のすべての外国人を伴侶とした「日本人女性」すべてにも罪があるという理屈になりますが、そういう意味ですか。そこまで行くと非現実すぎて、移民反対運動までが奇異な目で見られかねません。冷静に。

それに、その女性が「日本人女性」というのも、なんでわざわざ「日本」をつけるのか不自然です。本当に日本人か?と言い出したらきりがないから。配偶者の「日本人女性」について、どうこう言う判断材料が足りません。「判断保留」の部分じゃないですか。そこに隠ぺいがないかどうか、著名な言論人こそ気にかけてほしいものです。それを小林は、断罪したのです。著名人で、外国人妻という人もいて、あるいは本当に「日本人妻か?」と疑問を抱かせる人もいますけど、どうなっちゃうの?
殺人事件につながると、とたんに過激になるのは、問題の本質をゆがめかねません。冷静に。

>「中国から守ってもらうため」の在日米軍必要論)目的が見え見えで、
米軍の責任者が政治家なり自治体の長なりに頭を下げるのは違和感はありますね。
日本は憲法改正をして中共はむろん米軍からも自立すべきです。トランプは米軍を引き上げるか、軍事費を出せとか騒いでいます。これを好機にできるかどうかは、我々「日本人」次第です。移民をまっとうに拒否できるものにできるといいですね。その際に実務上重要なのは、軍事的空白を作らないようにすることだと思います。
そうしないと、米系ではない別の「外国人」、移民ではないさらに野蛮な「侵入者」がますます来ることになります。あなたもぜったいに大反対しますよね。

すべての外国人犯罪を未然に絶対に防ぎたいの気持ちはわかります。米軍関係に限ったことではありませんね。
Posted by 弓取り at 2016年05月23日 23:13
ヘイト抑止法(案)は、衆議院本会議で可決しなければ、成立しません。

それゆえ、自民党議員たち全員(できる限り多数の自民党議員たち)へ、「ヘイト抑止法(案)を衆議院本会議で可決しないでね!」と強く強く徹底要求して下さい。
Posted by A敦子 at 2016年05月24日 12:41
「弓取り」様

>外国人であることを問題視するのなら、米系だけでなく、他のすべての外国人を伴侶とした「日本人女性」すべてにも罪があるという理屈になりますが、そういう意味ですか。そこまで行くと非現実すぎて、移民反対運動までが奇異な目で見られかねません。冷静に。

はい、そういう意味です。「米系だけでなくすべての外国人を配慮にした」日本人「女性」だけでなく「男性」にも罪があると思います。(ちなみにこの「罪」は刑法上の意味ではありませんから。日本の国益にとってよろしくないから私はこういう人たちを快い目で見られない、という意味です。)移民反対の立場から国際結婚にも反対です。それなら八重桜の会様も「奇異の目で見られかねない」ことになりますね。私は以下に全面賛同です。

国際結婚は極めて厳しく制限されるべきと考えます。
http://www.sakuranokai.org/archives/201410-1.html

非現実的なのは百も承知ですよ。なにしろ「現実」は、理想とは「正反対」(笑)。国際結婚はうなぎ上りに増えているのですから。このような事件がこれ以上起こらないようにするためには、国際結婚への危険性を世論に訴えないといけないと感じる。そのどこが過激なのでしょうか。あれ以上ない残虐非道な事件を起こした犯人の方がよほど過激だと思いますが。

>その女性が男の異常性に気づけるかどうか、事前にわかることかどうかですよ。異常かどうかですよ。

事前にわかるのは至難の業でしょう。というか、そんなの無理です。それでいえば江田島のカキの実習に来ていた連続殺人のシナ人も事件の前は周りの人の評判は「おとなしいいい子」だったらしいですから。事件を起こす直前までは、みんな「いい外国人」なのですよ、皮肉なことに。そんな事前予測などできるわけがないから、なるべく日本に入れないに限るという方向で、八重桜の会様では議論されているのですよ。

これからは自己防衛の時代‐良い外国人に悪い外国人にも警戒するのには理由がある
http://www.sakuranokai.org/article/437008909.html

ちなみにあなたの「移民」の定義は何ですか。まさか、「1年以上他国に居住する外国人」という国連の定義をすっとばして勝手に「入国当初から永住資格で来日する外国人」との「独自定義」を設けた自民党と同じですか?
「移民」には様々なカテゴリー(留学生、研修生、日配、はたまた駐留米兵・・・)があるということを世間に広く知らしめるのが移民反対派の役割ではないのですか?

私は今度の事件は「米軍基地問題」ではなく「移民問題」と考えます。前にも言ったように、このケダモノはすでに除隊しているので、シンザトとか言う日本人の女と結婚していなければ今頃は帰国していた可能性もあります。(したがって事件も起きなかった可能性?)

>それに、その女性が「日本人女性」というのも、なんでわざわざ「日本」をつけるのか不自然です。本当に日本人か?

はい、それは考えなくもありませんでした。ただ、この容疑者が暮らしていたシンザトの実家(妻の親が所有の一戸建てらしい)には、今月こいのぼりが飾られたいたなどと報道されていたので、日本人かなと勝手に思いましたが、定かでないのは確かですね。これが仮に外国人だとしたらまた別の深刻な問題があるとは私も思います。

(今回の事件とあくまでも切り離して)基地問題について述べれば、私は個人的には沖縄には尖閣もありますし、外国軍たる米軍に取って代わって自衛隊に駐屯してもらうのが理想と考えます。それも、非現実的な理想を言ってはいけないなら、何も意見など言えないことになります。
Posted by 夏の訪れ at 2016年05月25日 11:02
さきほどの投稿で、大事なことを申しそびれましたので補足させていただきます。

沖縄駐留の米軍を自衛隊に置き換えることが現実にできない間は、米軍の駐留も「必要悪・不可欠」と考えます。ただし、外国軍隊に主権をゆだねるために多額の「思いやり予算」をつぎ込む矛盾は、沖縄県民でなくとも精神的にやりきれないものがあり、早くこの状態の(自衛隊による)解消を望むものです。

さて、あえて憎まれ口を申しますが、「気持ちはわかるが非現実的なので・・・」と及び腰の発想や過激という言葉が出る時点で、その方はすでに「移民反対派」ではなく「ノンポリ」なのだと私は思います。妥協や例外を許していて、移民に反対などできますかって話です。私は日頃から政府にも行政にも、ときには民間団体や企業にも、移民・多文化関係の問題についてバンバン具体的な意見を述べているから、エラそうに申しますが。私だけでなく数えきれない方々が、毎日のように意見・抗議してさえ、移民政策はプラスベクトル一方に現在進行形でどんどん、どんどん進んでいるのですから!!!!!

もし私のように普段から抗議活動や意見をされている方であれば、どのような「具体的・現実的」な「移民反対意見」を政府に投げかけておいでなのか、参考にしたいのでお聞かせいただきたいものです。たとえば、私は国際結婚については
「偽装結婚や、定住・永住資格取得目的で日本人と結婚した上で犯罪を犯す外国人が横行していることに鑑み、安易に配偶者外国人を定住させるな。永住資格付与までの期間を現行の3年から20年などとする等、むしろ従来より厳格化せよ。配偶者外国人が犯罪を犯したり、日本人と離婚して当該在留資格に値しなくなったら、直ちに在留資格をはく奪し、犯罪者については厳罰の上、速やかに国外退去させよ」などの意見を述べています。また、未経験ですが、もし国際結婚して日本に住もうと考えている人がいたら、「自分はよくても周りやご近所を中心に日本社会全体や子孫世代にも迷惑をかける可能性がある」と反対するつもりです。もちろん八重桜様のブログを紹介するのも忘れずに・・・。その意見をどうとるかは本人次第で、結婚式に暴れこんでメチャメチャするとかのつもりは別にありません(笑)。日本のためにはそこまですべきなのでしょうが・・・

「移民には反対だけど、国際結婚には賛成」? もう、なんとお答えすればいいかわからないので、「ハァ?????」としか・・・(^^;)

また、たま〜〜にこういう人がいますけど、「シナチョンと結婚なんてとんでもないけど、アメリカ人とならOK!」に至っては、もう論外です。ノーコメントです(笑)。いや、はっきり言います。それこそ差別です。
Posted by 夏の訪れ at 2016年05月25日 13:41
夏の訪れ様。おかげで、あなたのお考えはわかった気がします。真っ白から灰色から真っ黒まで、いろいろあります。日本にいる外国人も、善人悪人いろいろいたとしても、それに関係なく、すべて排して真っ白にしたいということでしょうか。日々たいへんなストレスを感じていらっしゃることとお察しします。体当たり的なアプローチに重点を置かれているのでしょう。
(別に皮肉などではないですよ。念のため)

私は現実路線です。多数派はグレイなところにいます。被害が目に見えないと、あるいは自分で感じないとわからないことが多々あります。この問題だって、そういう壁があります。体当たりされてもわからない人も多いのです。(もちろん、私がわかった顔をするつもりもありませんが。)
残念ながら、いきなり真っ白にはならないと考えます。価値基準が多様なのも現実です。基準を変えれば、真っ白も、真っ黒に見えかねないのです。

ですから、アプローチはさまざまでしょう。私はアベ信者ではありませんが、移民について他の党だったら、もっと大変なことになっていたと確信しています。行政や企業の中の変な人を総とっかえもできません。多数派工作に参加します。
こういった消去法なスタンスが、現実路線に名を借りて妥協する惰弱なノンポリに見えるかも知れません。しかし、私はこのスタンスでいきます。政党、政治家を選ぶのは大事ですね。制度や法令を変えるには政党・政治家、それを選ぶのは国民、その多数派に現実を知らせて意識を変えてもらえるかどうかは遠回りのようで近道です。

国際結婚は、賛成か反対かより、現実的に難しすぎると考えています。言語や文化習慣や体質などいくつかの問題が重層します。そして、長年同居して幸福だったかどうかの結果が出るより、子供が生まれるのが早いわけですから、今度は家庭内の躾けと教育という壁にあたります。これも共有する文化的なベースが必要です。これを乗り越えるのも至難のワザです。誰彼にできるものでないのは確かです。
「そんな呑気なことを言っている間に、既成事実化してしまうでしょ!」という声が聞こえてきそうです。
「子供に罪はないとわしも断言できるが」と言った言論人がいましたね。サヨク系がよく使う無責任なレトリックです。私は、これが大嫌いなんです。罪のあるなしとは違う存在なのに。
しかし、これらを他人に説得する術を、私は豊富には持っていません。じれったい奴だと思うでしょうけど、これも現実です。

例のブログでは、私は小林を肯定できないので、ああいうコメントになりました。これに絞って言えば、失礼ながら、あなたがこちらのブログに引用までされたのがひっかかりました。
もちろん、あなたの移民に関する考えや行動を否定するつもりなど毛頭ありません。では。
Posted by 弓取り at 2016年05月30日 23:00
>私はアベ信者ではありませんが、

「私はアベ信者です!」とわざわざ自称されるアベ信者はまずいないでしょう。信者という表現は痛烈な揶揄ですから、普通はマァ否定しますわね。

>移民について他の党だったら、もっと大変なことになっていたと確信しています。

こういう主張を臆面もなくされるのがアベ信者だと私は思っていました。「じゃあアベさんの他に誰がいるんだ!?」「民主党時代は〜」の、言い換えでしょう?w

こういう方は、本当に巧妙ですので、移民反対陣営の皆さまはくれぐれもご注意いただきたいです。

一方で「私は保守です」「私は移民に反対です」と「自称」される方なら、まぁいますね。見たこともあります。ほら、ここにもw
Posted by なんぞご用で!? at 2016年06月04日 13:08
やけに噛みつく人がいるものですね。それも活動ですか。私はどこにも誘導していないし邪魔もしていないのですからご安心ください。たまたま私にとって保守は、移民反対だけではないというだけです。
国にとって軍事的空白を作るのが危険なように、政治的空白を作るのも危険です。首相のいない政府なんか無政府主義者が喜ぶだけでしょう。私は当たり前のことを考えているだけです。安倍は場つなぎでも構わないのですよ。とにもかくにも安倍だけは引きづり落としてあとは知らんじゃ日本に無責任です。これ以上は、こちらでは脱線ですね。
だけど、こちらでも移民反対の政治家を盛り立てようと紹介などされていましたよね。妥当なテーマだと思います。みなさま頑張りましょう。

街宣ウヨクが本物の保守や右翼とは限らないって知る人は多いでしょう。他人に似非保守とレッテル貼る人が似非保守だったりしてね。そう攻めていれば自分の証明をしなくていいから。
「私は「似非保守」を攻撃しているから、ほんとうの保守です。」言外に匂わせれば「私は保守です」と言っているのと同じです。これだって巧妙なレトリックですよね(笑)

私はお相手終了にしますよ。ありがとうございました。
ブログ主様、つまらない喧嘩みたいになっちゃって、すみませんでした。
このコメは非承認で不平などありません。
Posted by 弓取り at 2016年06月07日 00:37
皆さま、ご意見ありがとうございました。お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。まず、読者の皆さま同士の議論については、移民に関する議論の深化という観点から、ただの感情論や誹謗中傷を除いては八重桜の会として個々の意見に賛同する・しないにかかわらず、原則承認させていただいております。ただ、議論を都度モデレーションすることについては、当方複数の仕事・育児・家事をかけ持つ立場であり時間が非常に限られている関係で、申し訳ないのですが行っておりません。(モデレーションができないのであればコメント欄そのものを閉鎖することも一時期考えたのですが、パブコメやニュース記事など大変有意義な情報をお送りしてくださる方の存在を非常にありがたく思っておりますので、情報提供の場として引き続きオープンにしております)一方、議論がヒートアップして感情論と考えられる議論が増えてきた場合、どちらの方を持つということではなく、これ以上感情のぶつけ合いになることを避けるために議論を打ち切らせていただくことがございます。どうか、ご理解・ご了承いただけましたら幸いです。

なお、ご質問をいただきました、「国際結婚や米軍関係者による犯罪についての考え方」については、当会は既に示している通りであり、考えを変えるつもりはありません。(国際結婚は移民推進・人口侵略に通じるため反対であり極めて厳しく制限すべきである、米軍だろうが他の国だろうか、外国人犯罪は断固糾弾すべきであり、厳しく裁かれるべき)

従って、当会の考え方に必ずしも沿わない意見をコメント欄で承認したからと言って当会の考えを変えたわけではなく、むしろ当会の記事とそうしたコメントをされる方の論理を読者の皆様に比べていただき、どちらが理に適っているかをご自身で判断していただきたいという気持ちで公開することもございます。
Posted by 八重桜の会 at 2016年06月11日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック