にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年02月04日

【3月7日締め切り】国土交通省モニター募集

「移民・多文化共生反対の声を上げるあらゆる場を活用しよう!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

外国人労働者・難民問題について、引き続き意見・抗議・口コミを幅広く行いましょう。

【ご協力お願い】Wikipediaを活用して、移民・多文化共生問題を幅広く周知しましょう。

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

Amazonランキング再浮上! そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

本題の前に、外国人関連不正情報。
在留資格認定で不正交付 外国人150人分、審査官免職
http://www.sankei.com/affairs/news/150722/afr1507220012-n1.html
東京入国管理局は28日、外国人150人分の在留資格認定証明書を、上司の決裁を受けず不正に交付したとして、入国審査官の石黒恵職員(41)を懲戒免職処分にした。

法務省に、「偽装難民」問題とセットで意見しましょう。

さて、本題です。
今日は短いですが、こちらの紹介。

国土交通省行政モニター募集
https://www.monitor.mlit.go.jp/


「平成28年度のモニターを2月1日から3月7日の間に募集しております。
このページの右側にある「モニター新規応募」ボタンをクリックしてご応募下さい。制度の説明は「制度概要」ボタンをクリックして参照して下さい。
皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています。」


国土交通省と言えば観光庁。定番の四か国語表記に加えて、民泊、白タク等、移民・多文化共生に関連する話題が尽きません。

haneda_koreadameda.jpg

11037310_654010504726083_34345456263490168_n.jpg

ぜひ移民反対の皆さま、応募されてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、現在モニターをされている方の声もいただいていますので、コメント欄より引用します。情報ありがとうございます!

----------
昨年4月に当選が決まったのに、先週までモニターとしては「何もしていませんでした」(笑)(笑)
なんと、第1回の課題(タクシーについてのアンケート)が来たのが先週なのです。

モニターとしてではなく一般国民としてなら、国交省に限らず他省庁も含め随時意見を申しておりますが、昨日と今日はモニター専用画面から自由意見を投稿しました。ともに民泊関連です。

・改めて、民泊は一般国民には迷惑でしかなく問題が多いので断固反対ということ(昨日)

・民泊の前にやることがある!都市部のホテルで外国人団体客が非常識な大量の直前・当日キャンセルで大穴を開けて問題になっているが、これについて相当の違約金を取るよう各宿泊施設に通達し、各国旅行業者にも周知徹底させよ(昨日)

といった意見です。次は4か国語表記いらない、やめろ!の意見を出す予定です。

モニターとして意見する場合、一般国民として同じことを言う場合よりも何らかの「重み」が増すのでしょうか。投稿した意見は公開されるようですが、それもほんの一部のようです。まあ、そんなことにはかまわず、これからもモニターとしても一般国民としても、気づいたことは黙っておらずどんどん意見していきます!(といっても私の関心は移民や外国人関係のみ・・・w)

----------

移民反対派が当選すればするほど、このような意見が増えることになります。数が大事ですので、ぜひ応募されてみてはいかがでしょうか?

国土交通省関連では、こちらもいかがでしょうか。もうすぐ締め切りです。
【2月7日締切】地図記号に関するパブリックコメントを提出しましょう


意見発信.png

「国民の意見は、数が大切。だから応募しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 22:35| Comment(2) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また今年も憂鬱な季節、いつの間にか「春節」とやらに突入したようですね。去年はもっと遅く、2月下旬だった気がしますが、年によってズレるんですね。(いまだに迷信を盲信してそうな土人どもの暦なんてよくわかりませんw)

先月から「(爆買いの金額やら人数が)今年は去年以上にすごいことになる」とかうるさく報道していたので、戦々恐々としておりましたが、ちょっと予想外のことが起こっているようです。

中国人客への嫌悪・敬遠広がる…爆買い、中国人失速でイスラム教徒が増加の兆候
http://news.livedoor.com/article/detail/11146009/

春節ジレンマ !?「中国人向け百貨店になったら?」客クレーム続出…爆買い取り込み優遇≠キれば、日本人客離れ 大阪・ミナミ 
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-wst1602050041.html

>>外国人客優遇だとして不快感を示す日本人客が増えているという。

>>マスコミで喧伝される“マナーが悪い”というイメージが定着してしまい、街の小さな商店ではとにかく中国人客を嫌悪する向きが強い。

とはいえ、これらは↑今年に始まったことではなく、何年も前からのことであり、単に「報道されなかっただけ」だと思います。ではなぜ、基本は移民・訪日客・爆買い大好きのマスゴミがここへきて報道し始めたかを考えてみました。

私なりの結論は、「単に、経済悪化の一途をたどる中国に見切りを付けたところに、次なるターゲットが無事に見つかったから!!」。ほら、こんなオマケがついているでしょう。

>>ところが、イスラム教は戒律で酒を飲むことが禁じられているので、酔っぱらって店内で暴れるといったトラブルは起きません。

冗談じゃありません! イスラム教徒など、別の意味で面倒くさくてうっとうしいです。またまた街の景観や私たち日本人の生活までぶち壊されかねません。中国人のかわりにこいつらを特別料金で優待するまでです。まだまだ気を抜けません。中国人が減ったからと油断せず、「迷惑なこと」「不愉快なこと」があれば、抗議しつづける必要があるでしょう。

私も過去2〜3年に、百貨店や鉄道会社などに対して外国人客優待制度とマナー問題に関して抗議してきましたが、主に中国人でした。これからはイスラム教徒ということなら、ハラールフード問題や礼拝所問題などが焦点となるでしょう。「特別料金を取っても然るべき彼らは逆に優遇し、彼らの面倒な注文のために私たちが料金その他の面で犠牲にされるなら、私たちはもう来ません」といったところでしょう。

そして大事なことは、東南アジアのイスラム教徒たるインドネシア人の偽装難民が、観光ビザの取得を容易にしたとたん大激増している現実。いすわります。「移民化」します!

それにしても

>>中国人観光客は確かに魅力的ですが、

などとこの期に及んでしゃあしゃあとぬかせる気違いは何者かと見れば、

>>地方自治体の観光担当者

ですって。やっぱりね。こいつらが一番、現場知らずの空気読めずですね。小さい店やホテルにしても、本音では大人しくたくさん金を落としてくれる客なら何でもいいのでしょうね。それとコストを慎重に天秤にかけて、得をする方を取ろうとするでしょう。あまり露骨にやるから、外国人客というより店側に腹が立つのです。
Posted by 帚木 at 2016年02月06日 15:45
地図記号のパブコメももちろん提出しました。

今年度のモニターなのですが、やっと先方の指定する「課題」の第1弾が来たのが先月の下旬。その〆切が過ぎ、第2.3弾の課題の予告が1通のメールでまとめて来ました。(以下引用)

今回はアンケートを2つ同時実施します。

【第2回】
主題:「インフラ及びインフラ整備に関する意識調査」

【第3回】
主題:「超小型モビリティ利用促進に向けたアンケート調査」

回答可能期間:第2回、第3回ともに平成28年2月8日(月)10時〜平成28年2月22日(月)17時まで
(引用終わり)

詳細は未見ですが、もちろん回答受付開始早々、回答します。こじつけでも何でも(笑)、なるべく「移民・他文化強制反対!外国人を呼ばないで!叩き出して!」「日本人に暮らしよい日本を!(=外国人に住みにくい日本を!)」という意見に結びつけるつもりです。国交省であれ、法務省であれ、厚労省であれ、私の言いたいことはもうそれに尽きますのでwww

ご参考までに、昨年の国交行政モニター応募時に「志望動機」欄には以下のように書きました。

「 他省庁にも共通することですが、私は日本国民として、現在の外国人偏重・過剰優遇の国土交通行政に不満を感じております。たとえば観光庁による外国人観光客誘致・優遇などです。こうした点を是正し、日本国民のための正常な行政を実現するべく、当選のあかつきには意見を述べる所存です。」

ほとんど何もしていないのに気付けば任期もあとわずか(!)ですが、移民反対派の代表を自負して、精一杯やります。同志の方のご当選体験談もぜひ伺いたいです。
Posted by 今年度の国交モニター当選者 at 2016年02月06日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: