にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年01月25日

【2月7日締切】地図記号に関するパブリックコメントを提出・抗議しましょう(国土交通省・警察庁) | 外国人犯罪情報

「たとえ観光目的でも、郷に入って郷に従わない外国人はお断り!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

Yahoo投票「日本の難民受け入れをどう考える?」- 投票し、「一人たりとも受入れるべきでない」という選択肢がないことについて抗議コメントをしましょう。

【ご協力お願い】Wikipediaを活用して、移民・多文化共生問題を幅広く周知しましょう。

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

本題の前に、1/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します!
今回もぜひ多くの方のご参加、お待ちしております。
1/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

さて、本題です。
また国土交通省が外国人観光客を名目にした売国政策を実施しようとしています。
国土地理院、外国人も分かる地図へ 寺院は三重の塔など
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H95_X00C16A1CR0000/

日本の地図記号が今のようになったのは、日本の文化的な背景があります。
社会科の授業でも習った記憶がある方も多いのではないでしょうか。
それを、単に「外国人観光客の目線で」安易に変えてしまおうとするなどまさに他文化強制。政府のサイトには一応「外国人向けの地図」と書いてありますが、日本人向けにもなし崩し的に変えられてしまうのではないでしょうか。それよりもまずは全国の四か国語表記を撤去するのが先ですね。

kusatsu.jpg

パブリックコメント募集中です。締め切りは2月7日。
【パブコメページ】測量法第34条で定める「作業規程の準則」の一部改正に関する意見募集について
(外国語版地図における地図記号案についてもこちらで意見募集しています)
http://www.gsi.go.jp/gijyutukanri/gijyutukanri40044.html


既に反対の意見も多く出ているようです。
日本政府、卍の地図記号の変更案が浮上するも反対論が殺到
http://www.businessnewsline.com/news/201601191251490000.html
ぜひ我々も意見を送りましょう。直球の意見だけではなく、「そもそも記号の違いを学ぶことも、本当に日本文化に興味があって訪れる観光客にとっては新鮮な旅の経験のはず。世界中どこも同じ記号では、観光客側にとっても面白みがなくなる」など、相手目線の意見も、話を聞いてもらうという観点からは有効かもしれません。

ちなみに四か国語表記問題は、移民・多文化共生問題についてノンポリ層の方に気付いていただく取っ掛かりとしては最適の話題です。ということで、日常会話でも積極的に看板表記の問題を口にしましょう。

さらにこちら。
「止まれ」の標識見直し検討 警察庁、五輪前に外国人対応
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H8Z_R20C16A1CR0000/

道路標識って・・・いくら国際免許証があっても、そもそも短期の訪日外国人客が車を運転するでしょうか?
観光客ではなく、定住外国人がひょっとして隠れたターゲットではないでしょうか?先日も痛ましいバス事故がありましたが、数年前の関越道のバス事故も、日本語が不自由な中国人帰化人運転手が日本語の看板を読めなかったことに原因があります。「止まれ」も読めないような外国人が日本で車を運転したら危険極まりありません。本来であれば、日本語が不自由な外国人は運転を禁じる方向に動くべきです。

いつもの抗議先はこちらです!

なお車の運転と言えば、スウェーデンではこのような事態になっています。
スウェーデン、移民に免許証なしに車を運転することが許可される
http://jp.sputniknews.com/europe/20160123/1476522.html

----
続いて、外国人犯罪情報です。
こちらのニュースをぜひ拡散しましょう。
欧州の婦女暴行事件、日本でも他人事ではありません!
コメント欄にて情報をお寄せいただきありがとうございました。

女子中学生を“幌トラック荷台に無理やり連れ込み”難民申請中のネパール人ラビ・タパ容疑者(29)逮捕
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000066748.html
東京・渋谷区で、難民申請中のネパール人の男が女子中学生にわいせつな行為をしてけがをさせたとして逮捕されました。

nepalrape.png

特定アジア以外でも、移民受け入れ、ダメ絶対!

「外国や外国人のための政策ばかりを推進する政府など要らない!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本史上最悪の国賊である安倍晋三は、嘘も百回言えば本当になると本気で思っているようですw

【参院代表質問】
首相「移民は全く考えていない」
http://www.sankei.com/politics/news/160128/plt1601280026-n1.html

嘘をつくことをなんとも思っていないのでしょうねこの男は
何回同じ嘘を重ねれば気が済むのでしょうか
そして安倍信者はこの病的な嘘つきをいつまで信じ続けるのでしょうか

安倍が口先でいくら移民反対と言ったところで、高度人材(笑)、IT人材、起業人材、家事支援外国人、国家戦略特区、留学生30万人計画、観光客3000万人目標などを見れば、実際には移民大好きな非国民だということは明らかです

これほど熱烈な移民推進派であることが明らかであっても、安倍が「私は移民反対です」と言い続ける限り、安倍信者はそれを盲目的に信じ続けるのでしょうね

ちなみに総理にしてはいけない人物ナンバーワンは何といっても稲田朋美であると思います
女性の多い八重桜の会様には申し訳ないのですが、私は典型的な保守派なので男尊女卑です
ですので女性が総理になることなどとんでもないと思っているのですが、稲田を嫌いな理由はそれだけではありません
こいつは安倍に次ぐ偽装保守の売国奴です
そのことは稲田の言動を見ていれば明らかですが、最近もこんなニュースがありましたね

自民がLGBTのプロジェクトチームを設置へ
http://www.sankei.com/politics/news/160114/plt1601140026-n1.html

>稲田朋美政調会長が同日の政調幹部会で「人権侵害や差別はなくさなければならない」とPTの設置を提案し、了承された。

ふーん、普段あんだけ保守気取ってたのにLGBT大好きなんですね、こいつはw
Posted by 移民ダメ絶対 at 2016年01月28日 16:52
機会があり、あるホテルに例の「外国人スタッフはいますか運動」を実行ようと思いましたが、電話するまでもありませんでしたw。結論は、「電話する前にホテルのホームページの口コミを見てみましょう。ヒントがあります」。

相手は九州南部の日米合資の大手チェーンホテル。電話番号を調べるためにHPを出したら、やはり口コミが掲載されていたのでざっと目を通しました。

・平均評価は悪くないものの、少数ながら「外国人団体客が多く、うるさい」「食堂の座席取りで不満だった」といった意見があった

・そもそも外国人による英語での投稿が多数(多くは中国人だが、米国・香港・台湾なども。また中国語やブラジル人によるポルトガル語投稿まで。きわめつけは、国籍はわからないが日本在住外国人と思われる、20回以上もこのホテルに泊まった、との英語の投稿まで)

・ふざけたことに、各口コミに対するホテル側の回答は、英語投稿に対してのみ、英語でのみ!中には高そうなポジションを思わせる外国人名の署名付き回答も

・ホテルがどうこう以前に、その町自体が外国人(特にアジア系)観光客が多いらしいことがうかがわれる

以上のことがわかったので、もう旅行自体、行かないことにしました(^^;)

情報交換の意味でも、どこだか場所やホテル名をはっきりさせた方がいいでしょうか。また逆に、日本人客を大事にする「外国人お断り」などの良心的なホテルや企業などについても、具体名を知らせ合えたらいい気がしますが、具体名を出すのは何か支障があるでしょうか・・・

あと、このホテルにも「不愉快なのは目に見えているので、おタクはやめました」ということを、理由も添えてなるべく知らせるべきだと思いますが、上の状況であまりに呆れてしまい今はその気になれず・・・気が向いたらやります6(-.-;)

Posted by 害人スタッフも客もいらない! at 2016年01月28日 13:10
難民支援協会と法務省と各党に重点的に抗議した方が良さそうです、人権派が日本に目を付けて難民の大量受け入れの圧力をやっています
難民支援協会代表石川えりが最近報道番組に頻繁に出演していて大量受け入れを煽っています、「可哀想」「戦争の被害者」と同情を煽るのが多文化共生主義者のやり口です
もちろん身近な人達にも話しておきましょう


難民支援協会
0353796001

法務省 入国管理局
0570013904
info-tokyo@immi-moj.go.jp
Posted by 外国人排斥主義者 at 2016年01月27日 18:17
難民のお話が出ました。こちらもご紹介、ならびに問題提起も、ぜひお願いします。

去年の難民申請者数、過去最高に〜法務省
http://www.news24.jp/articles/2016/01/23/07320561.html

 法務省は去年1年間に日本で難民として認めるよう申請した難民申請者の数が、過去最高の7586人にのぼったと発表した。

 法務省によると去年1年間に難民申請をした人の数は2014年より2586人増え、過去最高の7586人となった。ネパール、インドネシア、トルコなどアジア出身者の申請が多くなっていて、シリア国籍の申請者は4人だった。

 申請者のうち難民として認められたのは27人で、他にも79人については人道上の配慮から日本への在留が認められた。

 難民申請急増の原因について法務省は、申請後、半年間がたつと日本で働けることを悪用した就労目的の「偽装難民」による申請も増えていると分析している。法務省は「偽装難民」対策として、同じ理由で難民申請を繰り返す場合は日本での就労を認めないなどの対策を打ち出している。

==========
>>認められたのは27人で、他にも79人については

106人(=27+79)だけが日本に残り、他は帰ったと思ったら大間違いです。「一人も帰ってはいません」。

>>対策を打ち出している。

の具体的内容は? その運用方法や、まして成果の話が全く聞こえてこないではありませんか。その「成果」こそが、毎年恒例、年明けの「昨年の難民申請、過去最高更新」で「昨年ついに7500人越え」!!

私だけではないと思いますが、皆さまも、ちょっと駅や繁華街へ行くたびに「?????」と感じることがどんどん増えていませんか。身なりが汚らしく、どう見ても日本語などできそうにもない、つまりまともに日本で生活できると思えない、そのわりに複数の小さい子供連れの途上国系外国人夫婦がその辺にぶらぶら遊んでいる。しかも日を追うごと、年を追うごとに増殖している・・・。こんなことがすっかり「おなじみ」になっていませんか。
(途上国でも南米系の「自称日系人」については、簡単に定住者資格が取れて就労制限もないため、難民申請の必要すらないことにもやっと最近気づきました。)

私はこの7586という数字を見て、はっと(やっと?)目が覚めました。これが「日本の移民」の正体です。昨年1年だけでこれですから、難民申請制度が始まっていらい現在までの、「現在申請中、結果待ち」の者の総計は、天文学的な数値になることでしょう。恐らくヨーロッパのどこかの国と同じレベルになるのでは。欧州と違って、まとまって津波のように押し寄せるのではなく、観光や留学を装って「バラバラと」来るため、日本の「難民」どもはなおさらタチが悪いです。

しかも、そもそもが不法入国でも、1度申請が却下されても、何度でも再申請や異議申し立てが可能で、その繰り返しで一人当たり10年、20年居座るのが当たり前レベル(どうかすると一生!?)。したがって、一度はいられて難民申請を出された時点で、「ほぼ絶望的」。パスポートや在留カードがどれだけデタラメでも、「難民申請中」と言われてしまえば、もうおしまいです。認定などされなくとも、事実上何年でも居座れるではありませんか。

>>同じ理由で難民申請を繰り返す場合は日本での就労を認めないなどの対策を打ち出している。

ということは、「同じ理由」でなければ何度でもOK、ということですか。つまり理由を「変えれば(=ありもしない話を捏造し、嘘の上塗りをすれば)」いいってことですかwwww

申すまでもなく、「難民」といえば(偽装ということはとりあえずここでは不問)、途上国内でも底辺層。「高度人材」(そんな外国人が存在すると仮定して)の対極です。これこそ深刻で切実な問題です。

観光客の問題もいろいろと由々しいものがありますが、やはりこちらがより「ヤバイ」と私は個人的に感じます。なにしろ「定住をもくろむ途上国底辺人材」です。白アリのように、中の方から日本が蝕まれます。

これに効果的に抗議し、抵抗する術はあるのでしょうか。希望はあるのでしょうか。八重桜の会様、皆さま、お知恵をください!! とりあえずは優先課題の上位に上げていただけましたら幸いです。
Posted by 喫緊の課題:日本の「難民」 at 2016年01月26日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック