にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年11月14日

【パリ同時多発テロ】多文化共生は完全な机上の空論! 日本も危ない! 改めてしつこく意見しましょう!

「移民・難民・外国人労働者受け入れは世界中の平和を脅かす!グローバルな人の移動という仕組みそのものを否定することが必要だ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 日本人が住みやすく、外国人が住みにくい街を目指しましょう。

河野太郎氏発言: いつもの宛先に抗議・意見しましょう!

日本製を売りにするお店を見つけたら

観光地にて、多言語表記をはじめとする多文化共生や外国人観光客への過剰な優遇策に意見しましょう。

このブログをご覧になっている方でしたら、既にご存じかと思いますが、パリで大規模テロ発生です。

パリで同時テロ、120人死亡…劇場など6か所
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151114-OYT1T50014.html


事件を受け、フランスは国境を封鎖しました。
前回のシャルリー・エプド襲撃事件から1年も経っていませんが、今回の事件は対象が無差別であった点において、極めて悪質です。
テロの容疑者がどのような経緯で入国したのか、移民なのか難民なのか密入国者なのかもまだ明らかになってはいませんので、その点については情報が入ってから必要に応じて取り扱いたいと思いますが、結局のところ、
「宗教や文化が異なる異民族を招き入れて、多文化共生の名のもと『共存』するなど絵空事」
ということが、改めて証明されたのではないでしょうか。

shariah4france.jpg

そして、先日のペルー人による殺人事件等を見ても、日本で今後こうした事件が起こらないという保証など全くありません。外国人労働者や留学生の受け入れを拡大した結果テロが起きて、一般人が犠牲になった場合、政府は果たしてどのように責任を取るのでしょうか!?

ぜひ、いつもの抗議先に、今回の事件に関連して、「テロ防止・安全保障の観点から、日本は安易に外国人に門戸を開いてはいけない」という意見を改めて送りましょう!

コメント欄でも、「河野太郎の移民受け入れ発言の後で起きたパリの大規模テロです!自民党を中心に沢山抗議しまくれば効果はあると思います、いくら国会議員とは言え彼らも移民テロに巻き込まれるリスクが無いとは言えないからです。」との意見をいただきました。

同時に、マスコミに対しても、以下の意見を送ってみてはいかがでしょうか。
- そもそも今回のテロについて、報道の扱いが小さすぎる。ISが日本も標的にしているのは、今年初めの人質事件で分かっていることであり、日本で将来外国人によるテロが起きる可能性も決して見過ごせない以上、CMや再放送をカットしてでも取り上げるべき。
- 今回の事件を鑑みても、移民や難民受け入れに慎重な意見は差別でもなんでもなく、国益の観点からあって当然のこと。したがって、フランスのFN(国民戦線)や英国独立党、ドイツのAfDなどの右派政党を「極右」と報道するのは印象操作であり、直ちにやめるべき。我々は既に気付いている。

マスコミ一覧
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-217.html


ご参考までに、フランスの現状です。
欧州移民動画まとめ - フランス編


引き続き、署名もご協力お願いします!
拡散大歓迎!オンライン署名「移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!」

「日本も他人事ではない、我々も一言でも多く声を上げよう!!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 14:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
経団連(日経)新聞が必死すぎて笑えない…


[FT]パリ同時テロ 後退するな、シリアへ関与を(社説)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94047870W5A111C1000000/
パリで少なくとも127人の命を奪った残忍なテロ攻撃は文明社会における最悪の悪夢だ。テロは首都の中心部でただ食事やバンドの演奏を楽しんでいたにすぎない平和な人々を無差別に襲った。ベイルートで連続自爆テロが発生してから数日たち、シリアとイラクのイスラム過激派の荒れ地が脅威にさらされているまさにこの時、イスラム教徒による、再度起きたテロの嵐を我々が生き抜いていることは明らかだ。
同時テロで襲撃されたカフェに集まった人々(15日、パリ)=ロイター
 テロに対して文明社会は直ちに、こうした暴力に際し一丸となって勇気を示し、警戒態勢と機密情報の共有を強化し、的を絞った軍事行動を行い、フランスの人々との国際社会の連帯を示すに違いない。
 パリの病院の外で献血のために列を作る人々はこの大都市の人々の決意と人間性を示している。フランスの街中への大規模部隊の配置や非常事態宣言の発令は治安を回復するために必要な措置だ。海外から寄せられる同情の声は心から出たものだ。多くの外国人にとってフランスは第二のふるさとである。「Nous sommes tous Francais(我々は皆フランス人だ)」
 2001年のニューヨークとワシントンや、04年のマドリード、05年のロンドン、08年のムンバイ、そして今年初めにパリで起こったようなこれまでのテロ攻撃と同様に、テロリストたちは個人だけでなく理念もを殺すことを狙っている。彼らが標的とするのは開かれた社会、個人の自由、集団的権利の価値観だ。
 ポピュリストの政治家は、極端に単純化され、その多くが非生産的な解決策を声高に叫ぶが、価値観は弱められるべきではなく、守られるべきだ。過激思想に対抗するには欧州全土の警察と国境警備組織、情報機関にさらなる権限を与える必要があるかもしれない。ただ、それは完全に民主的な議論と責任に基づいてのみ行うべきだ。
 今回の攻撃は、欧州が北アフリカや中東からの移民・難民危機への対処に苦慮し、非常に弱まっている時期に起こった。何百万人もの人々が必死で逃れてきた容赦ない蛮行が今、パリの街中で行われている。欧州はこの未曽有の危機に際し、人道的な寛容さと手堅い現実主義のどちらの道を選ぶかで苦しんでいる。
ポーランドのようにパリのテロ攻撃を欧州の移民政策と結びつけるといった見苦しい行為を出発点にしてはならないことは確かだ。ただ、移動の自由を定めるシェンゲン協定を正式に一時停止するほどではなくても、国境管理の厳格化については検討すべきだ。
■疎外された少数派に配慮を
 フランスと他の欧州諸国は中期的な対応として、自国で疎外された少数派の問題に取り組まなくてはならない。オランド大統領はフランス国内にテロの共犯者がいる確証を得ていることを既に認めている。少数派コミュニティーを悪者扱いするのではなく、さらに社会に溶け込ませることだけが、難しくても賢明な対応だ。
 長期的な対策には、同様の残虐行為が日常の惨事と化しているシリアを含まなければならない。テロ攻撃の犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)は、同国のいくつかの地域で完全な支配を確立している。この組織は、いかなる反対も許さず、妥協を受け入れず、場所や時間を超えて千年のイデオロギーを普及させる冷酷なスンニ派組織であるという点で神秘性を醸し出している。
 だがシリアのIS支配地域は、その本拠地であるラッカに向けて南下しようとしている米空軍とシリアのクルド人民兵の圧力にさらされつつある。外国勢力はこの全体主義の脅威を現地で打破するための連携について協議すべきだ。
 トルコで開催されている20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)では、ISとアサド政権にひどく傷つけられたシリアの市民を守る支援を行うためにもそうしたことを決議すべきだ。約300万人のシリア人が国外に避難した。さらなる安心と希望をこれらの人々に与えなければならない。
 つまり外国勢力は、シリアの国としての利益とアサド政権の利益とを区別する試みを行うような政治的な移行をより強く求めるべきだ。今こそ、恐れをなして後退するのではなく、世界で最も問題を抱えた地域により関わっていくべき時だ。
(2015年11月16日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)


>ポーランドのようにパリのテロ攻撃を欧州の移民政策と結びつけるといった見苦しい行為を出発点にしてはならないことは確かだ。ただ、移動の自由を定めるシェンゲン協定を正式に一時停止するほどではなくても、国境管理の厳格化については検討すべきだ。

>ポーランドのようにパリのテロ攻撃を欧州の移民政策と結びつけるといった見苦しい行為を出発点にしてはならないことは確かだ。ただ、移動の自由を定めるシェンゲン協定を正式に一時停止するほどではなくても、国境管理の厳格化については検討すべきだ。

>ポーランドのようにパリのテロ攻撃を欧州の移民政策と結びつけるといった見苦しい行為を出発点にしてはならないことは確かだ。ただ、移動の自由を定めるシェンゲン協定を正式に一時停止するほどではなくても、国境管理の厳格化については検討すべきだ。





世界中の国家国境を溶かして国民(民族)を奴隷化したくてたまらんのだなw
Posted by 民族主義 at 2015年11月16日 18:16
ヤバい!自民党がパリ同時多発テロ後に早速移民政策を開始する模様!

左派系ブログからですが

【アカン】移民に繋がる外国人労働者、介護分野の拡充を政府が提言へ!安倍総理大臣を議長に介護離職ゼロを目指す!
http://saigaijyouhou.com/?mode=m&no=8746&cr=6d90ff4712aedfb1fa52ba3a2bc89013


地元の自民系無所属や自民党の地方議員・国会議員そして都道府県連・党本部に抗議しましょう!在京マスコミ・地元の地方マスコミなどにも抗議です!
企業に直接意見するのも良いでしょうね、消費者の立場として!企業ホームページの問い合わせや意見を送るフォーム等から「外国人雇用で商品やサービスが劣化したら弊社の商品は二度と買わないからな!」と脅すのも良いと思います。
Posted by 民族主義 at 2015年11月15日 19:22
自民党、首相官邸に意見を送りました。こんなところでいかがでしょうか。

========

テロ防止のため、日本も早急に国境封鎖、移民排除を!

120人を超す犠牲者を出した今般の痛ましいパリ同時多発テロを受け、河野太郎氏をはじめ貴政権内外で移民・難民の積極受け入れを唱える各位は、日頃の発言を大いに恥じ、また猛省していただきたいものです。安倍首相はテロ防止に向け、各国との協力を表明されたのは大いに結構ですが、具体的にどのように協力するつもりか全く見えず、国民としては歯がゆく不安に思っております。こうした事件を完全に防ぐには、各国で一切の移民・難民を断固として受け入れず、すでに受け入れたものは徹底排除することで足並みをそろえるしかないことに、いい加減に気付いて下さい!!上記を移民受け入れを実行または検討中の各国に、至急申し入れなさい。そして、「在外邦人の安全に全力を尽くす」とは何事か!在外邦人の安全だけが大事なのか。国内の日本国民はどうでもいいのか!日本国内でテロが起きないと保証できるとでも言うのか!!的外れも甚だしい。全日本国民の安全と安心のため、至急、移民・難民を一切受け入れないことを国内外に明言し、テロ防止を理由に既に国内に定着する移民を排除しなさい。

========

>「在外邦人の安全に全力を尽くす」とは何事か!在外邦人の安全だけが大事なのか。国内の日本国民はどうでもいいのか!

ここがポイントです。大いに強調し、抗議して下さい。

そして日本国内で追悼集会を開いたり、在日仏国大使館向けに哀悼の意を表したりされている在日フランス人の皆さんに申し上げたいです。移民・難民どもに乗っ取られ、滅びかけている祖国は今こそあなた方を必要としているのではないでしょうか? もしあなた方が祖国を憂えるのであれば、いくらでも祖国でやることがあるのではないでしょうか? まして移民に反対なら、祖国を救うためにも速やかにお国にお帰りなさい。

犠牲になられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。
Posted by 紅葉が色づきました at 2015年11月15日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック