にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年12月04日

独身推進国日本【家庭コラム】

「少子高齢化対策として、婚姻率の上昇に政府は本腰を入れるべきだ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

石破氏移民推進発言: 抗議し、決して首相にしてはいけない人物であることを拡散しましょう。

愛知県外国人雇用特区提案:抗議しましょう!

外国人重犯罪に対する軽すぎる判決について広く拡散し、危機意識を広めましょう。

さて、抗議案件ばかりが続いたため、閑話休題ということで、本日は、以前八重桜の会のワークショップでもご講演いただいた金刺知徳氏(貯蓄コンサルタント)の少子高齢化に関連する提言を紹介します。
移民反対派の中でもさまざまな意見・異論があるかもしれませんが、議論の切り口として、紹介させていただきます。

pixta_1789482_S_small.jpg

-----
【独身推進国日本】
断言しよう。
人生において一番楽なのは独身者である。
経済面で全てにおいて勝る。
経済面で勝れば殆どのものは間に合う。
財産を残す必要がないので自宅は賃貸でも構わないし、貯蓄も使いきっていいし、リスクをあまり気にしなくて良いので最大限とれる。
自分さえ良ければ何でも良いのだ。

◆細かいところで気を遣えない日本
日本はそれでいて出生率を1.8まで上げるとか言っているのでおかしな話になる。
そもそも核家族、利己主義、フェミニズムが浸透した今の日本では独身が増えるのが道理。
日本という国は細かいところに気を回すのが下手だ。
結婚すると貧しくなるからだ。
私は大学を卒業してから6年独身で結婚してから6年経過しているが、独身時代の方が断然経済的に余裕があった。
年収は今の1/3〜1/2程度だったがそれでも今より遥かにお金は貯まったし使えた。
結婚後はどうかというと年収は上がったが貧しくなった。
これはどういうことか?

◆税金や社保に差がない
独身と既婚者で子供がいる人の大きな違いは“国に大きく貢献しているかどうか”だ。
仮に年収が同じだとした場合子供がいる人の方が遥かに国に貢献している。
未来のGDPを支える若者を生み出し身銭を切って育てているのだから。
それ対して独身は税金だけ払って後は自分の事だけしている。
この差は天と地程開いている。
しかしながら日本の税金+社保のシステムは独身にかなり有利になっている。
私はこういう仕事なので計算は容易なのだが、独身と既婚者(配偶者収入なし、子供あり)の支払い金額に大きな差は無いのである。
はっきり言おう。
誤差程度だ。
これが共働きだった場合はもっと差が小さくなる。
これでは国が「皆さん!!独身は最高だ!!楽だし既婚者と同じくらいの税負担だ!!結婚するな!!辛いだけだ」と言っているようなものだ。
しかしながら税収や社保の徴収は減らせないだろう。
それではどうするか?

◆子供のいる夫婦に手厚い財政出動を
少し前に教育資金用贈与なる金持ち一家のみが得する下らなすぎるルールができたが、利用している人は少ない。
当たり前だ。
利己主義が増えたのだから“孫の教育資金なんてものはどうでもいい”のだ。
あと大前提としてお金もをっていないと贈与なんてする余裕がない。
逆に払える人から税金を取るべきのだが、取れなくなった。
こんなの効果がないと言っていい。
そんなことより福祉だ。
勿論老人福祉なんてどうでもいい。
未来を作り出す子供のための福祉だ。
日本の税金は高いが福祉が弱い。
児童手当は大学のための積立ての一部に使うので未来に収入を移転する行為しか起こっていない。
仮に児童手当で何とかしようと国が本気で思っているのなら一人目で年間30万円、二人目で45万円、三人目で60万円を15年間支給というのを提案する。
これを上手く使いこなせば子供を育てるのに苦労しないはずだ。
これでダメなら金遣いが荒いだけなので自分の責任である。

◆晩婚化を避ける
もう一つの問題は晩婚化だ。
これが少子化の問題を助長している。
晩婚化を避ける良い方法がある。
それは“給与の上昇”である。
結婚が遅い理由は二つ。
1)金がない
2)まだ遊んでいたい
である。
そもそも相手が…は自分自身の努力の問題なので割愛するが、1)に関してはお金の問題なので解決すれば結婚する。
2)は利己主義な方なので何を言ってもむだなので放置するしかない
このように一つ一つ潰していけば“結婚して幸せになれる国日本”になれるだろう。

------
いかがでしょうか。
ブログ主個人としても、特に一定の収入がある独身者については、男女ともに事実上の独身税を導入することに(自分自身が独身であったころから)賛成の立場であり、上記提言は理に適っていると考えています。なお、このような記事を紹介すると決まって「結婚したくてもできない人がいるのに」「欲しくても授からない人もいるのに」というような意見が出ると思いますが・・・これらについてはまた別途、「家庭コラム」にて将来取り上げたいと思っています。

「個人の選択だからと放置するのではなく、国は日本国民の結婚・子育てを促すような税制に舵を切るべき!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ


posted by AOI at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 家庭コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
非上場様、情報のご提供ありがとうございます。FBのグループページにも情報共有させていただきました。
Posted by 八重桜の会 at 2015年12月11日 20:42
あまの様、リクエストいただきありがとうございます。ぜひ対応させていただきます(^^)
Posted by 八重桜の会 at 2015年12月11日 20:42
こんな記事がありました。

日本政府、バングラデシュ人22人を強制送還 難民不認定者も(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/bangladesh-idJPKBN0TT05020151210

見出しを見る限りでは、拍手すべき慶事です。でも、記事の最後にご注目ください。

>>様々な理由で日本での滞在の継続を望む非正規滞在者に対して、合法化によって日本社会の一員として参加する機会を与えることは、多大な税金をかけて送還するよりも日本にとって望ましいはず

いやいや、「様々な理由で日本での滞在の継続を望む」不法滞在者(=犯罪者)を、全て日本に受け入れるのかと。しかも叩き出す方がずっと飼い続けるよりも多大なコストがかかるって?
はぁ・・・。何度読んでも、意味不明、理解不能(笑)。

強制送還に抗議したのは「4団体」とのことですが、代表として記事で名前の挙がっている

 日本カトリック難民移住移動者委員会
http://www.jcarm.com/jpn/topic/1311info.html

こちらに、丁重に抗議させていただきました。まともな論理も通じない、馬鹿馬鹿しい、と諦めては元も子もないですから。それこそあちらの思うつぼなので、意味がないどころか、もうこの地道な積み重ねしかないのでしょう!
Posted by 非上場 at 2015年12月10日 16:35
----------------
「結婚したくてもできない人がいるのに」「欲しくても授からない人もいるのに」というような意見が出ると思いますが・・・これらについてはまた別途、「家庭コラム」にて将来取り上げたいと思っています。
----------------
↑が気になりますっ

「家庭コラム」を書きましたら
記事にリンクを貼って頂けますと嬉しく思いますm(_ _)m
Posted by あまの at 2015年12月06日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。