にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年10月04日

10/4-18 電話・メール問い合わせキャンペーン「このマンションに中国人の入居者・予約者はいますか?」

「どんなに素晴らしい住居でも、中国人と近所になるならお断り!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

1,000件に向けて拡散大歓迎!オンライン署名「移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!」

シリア難民の受け入れをしないでください。

【北風と太陽作戦】国連演説について評価したうえで、「外国人労働者は要らない!移民政策ではないか!」と引き続き伝えましょう。 

本題の前に、素晴らしい画像の紹介です。
既にご存知の方も多いかもしれません。
letsnanmin.jpg

難民問題をまさに的確にとらえていますね。
ノンポリへの拡散の際には、「可哀そう!差別!」と言われないように、例えば以下のようなニュースと共に知識を提供して差し上げてはいかがでしょうか。
ドイツで難民申請する「シリア人」、3割が国籍偽装か
http://www.afpbb.com/articles/-/3061271

Four out of five migrants are NOT from Syria: EU figures expose the 'lie' that the majority of refugees are fleeing war zone (英語)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3240010/Number-refugees-arriving-Europe-soars-85-year-just-one-five-war-torn-Syria.html

---------------------------------------------------
さて、本題です。
家事サービス業者、難民受け入れ反対に続き、10月4日(日)から18日(土)まで、「問い合わせキャンペーン」を行います。テーマは、こちらです。

「このマンションに中国人の居住者はいますか?」不動産会社にどんどん電話しましょう!

上記のページに書かれているやり方に沿って(そのほか、独自のやり方でも構いません)「このマンションに中国人(あるいは外国人)の入居・入居予約はありますか?」と、全国様々な地域、分譲・賃貸の両方で、色々な不動産会社にどんどん問い合わせていきましょう。なお、不動産会社は土日も対応していることがほとんどです。

この問い合わせは実はとても効果的です。と言いますのも、どうやら購入希望者だけでなく、中国人の多いマンションに住む住民からも多数トラブルが報告され始めているようなのです。以前は「仮に購入して隣が中国人でトラブルになったとしても我々に責任はありません」というような殿様商売の態度の業者が多かったのですが、9月に電話したところ、共感してくれるケースが非常に増えました。

p1.jpg

そして、ここからがキャンペーンのポイントです。問い合わせたら、「問い合わせました!」と、このページまたはFacebookページのコメント欄に記入をお願いできましたら幸いです。ブログかFacebook、どちらか片方の記入で構いません。具体的な不動産会社や物件名を記載する必要はありませんので、「問い合わせました!」の一言で大丈夫です。書き込みが増えれば増えるほど、活動に参加している人が多いということがオープンにわかり、参加者がさらに増えるという好循環に繋げます。ブログ主も一参加者としても積極的に電話・メールしていきますので、ぜひご協力の程よろしくお願いいたします。

【欧州難民関連記事】
ドイツ大異変! 急落したメルケル人気〜「盤石」と思われていた経済大国で何が起こっているのか?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45630
「ドイツ人の奇妙なところは、ときどき、ある日突然、皆がこぞって理性をかなぐり捨ててしまうことだ。そして、倫理観だけを前面にかざし、自己礼賛とともに、非合理の極みに向かって猪突猛進していく。
これが始まると、それに反対する意見には、すべて非人道的というレッテルが貼られる。また、難民の多くがイスラム教徒であることによる社会生活上の摩擦など口にすれば、あたかも「自由、平等、博愛」精神が欠けているように叩かれるのである。」

難民流入のドイツ、不安に変わる国民感情−騒動や過激派流入懸念も
http://jp.wsj.com/news/articles/SB12246400191940043417704581270453881131150
こうなることは容易に予想できたはずなのに。

移民に紛れ、「イスラム国」テロリスト2万人が欧州へ
http://jp.sputniknews.com/europe/20150915/902445.html
こちらの記事見逃していましたが、いつの間にか4千人が2万人になっています。

平和賞有力候補にメルケル首相=5日からノーベル賞発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000054-jij-int
ギャグですか。9条の会も候補になぜか入っていますし。そういえば過去の受賞者はオバマ大統領やEU、金大中。もうノーベル賞は、平和賞と文学賞はやめて、自然科学分野だけにすればよいのではないでしょうか。

<ハンガリー外相>難民「世界割り当て」 国連会合で提案へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150930-00000120-mai-eurp
日本がハンガリーから今回の件で学べる点はたくさんありますが、この提案はだめでしたね。
誰が中東問題に責任があるのか?ということもありますし、難民を分担するのではなく、そもそも今の国際的な難民受け入れの仕組みに問題はないのか、難民を出さないためにどうすればいいかを話し合うべきです。

「中国人をはじめとする不逞外国人が住み着くマンションからは日本人が出ていき、外国人自治区と化す!阻止のために行動しよう!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
移民問題に関心を持ち始めて5年以上になりますが、以前から移民・多文化問題から「集合住宅」を連想しました。たとえば、用もないのに何気なく通りかかった沿道のマンションやアパートの集合ポストの名札をのぞいてみたり。もちろん、日本語でない変な漢字一文字やカタカナ・横文字が混じっていないかを見るためです。名札などつけない集合住宅(あるいは世帯)も多いので、ちゃんと隠さずに出すのはむしろ正直かもしれません。

特に、表から見てバルコニーの使い方が一風変わった部屋があると、何階の何号室なのか見当をつけてポストを確認したり。あるマンションの一室では、日本の祝日も含めて毎日バルコニーに常にイタリアの国旗を掲げていました。日章旗はなし。でもこれと思われる部屋は表札を見る限り日本人風の名前。また別のマンションの一室は、なぜか夜通し、小さい子供服やバスタオルを中心にバルコニーに洗濯物を山ほど干していました。全体が表札を掲げないマンションなので何者かわかりませんでしたが、夜に見るとその部屋だけやたら目立ちました。普通の「日本人の」世帯なら、洗濯物は晴れた日の日中に干し、日が傾く前くらいには取り込むと思うのですが・・・。

ということで、私自身は集合住宅を買ったり借りたりの予定が今のところないため、「怪しい部屋」を見かけたら、その建物の管理会社や不動産会社に問い合わせてみたいと思います。また、近々買ったり借りたりする計画のある人がもしいたら、外国人住人について注意を促すのはもちろんです!

最近、東京・蒲田の都営団地に何十年と住む親せきに久しぶりに会いました。TVでニュースを一緒に見ていて、たまたま常総市の報道で役所の人に(ブラジル人と思われる)大勢の外国人が詰め寄る場面が映されたので、それとなく移民問題を切り出しました。その親戚はノンポリですが、すぐに「外国人はいやだ」「こわい」「増えると困る」と言いました。蒲田にもうようよいるそうですが、我が物顔に広がって歩いたり、大声の外国語で携帯で話したり、ところ構わず唾を吐いたり。これが、普段から移民に身近で接する人の当たり前の本音なのだと確信しました。逆に、やれ外国人の人権だの差別だのときれいごとを言う分からず屋は、単純に移民と縁のない生活をしているのですよね。いくら移民を入れて自分や会社の利益になるといっても、自宅の近隣に住み着かれるとなると、少しは考えるのではないでしょうか。

ちなみにその親戚の団地には、中国人が数世帯(他の外国人はなし)住んでいるとのことで、「ゴミ出しルールを守らないのでは?」「日本語がわからないフリをするのでは?」と聞いてみましたが、長年住んでいて、注意すると素直に従い特にトラブルはないとのこと。う〜ん、そうなんだ・・・
Posted by 雷雲のワルツ at 2015年10月05日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック