にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年10月20日

移民推進派による意外な議論 - 世界中で外国人労働者争奪戦が始まる?

「外国人労働者は日本に不要!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

御社に外国人社員・店員・スタッフはいますか? - 一人でもすぐできる、外国人労働者雇用の危険性を伝える方法

シリア難民の受け入れをしないでください。

日本製を売りにするお店を見つけたら

観光地にて、多言語表記をはじめとする多文化共生や外国人観光客への過剰な優遇策に意見しましょう。

SNS経由で興味深い情報がありましたので、紹介させていただきます。

「最近、あるセミナーで面白い話を聞きました。これからは途上国のインフラ整備や経済発展に伴い、日本への労働力供給圧力が期待できなくなる、という学説でした。しかも外国人の労働力を欲しているのは、日本だけではなく、一人っ子政策で高齢化した中国が労働力を囲い込むというのです。その中で移民、外国人労働力の取り合いが始まるという面白い論議でした。つまり外国人労働者や移民の是非を論じている日本のいまは、ぜいたくな時代というのです。本当にそうなったなら、東京五輪なんて労働者の供給不足でピンチになるという話でした。」

この話は、外国人労働者導入の積極推進派の慶応大学の後藤純一教授によるものだそうです。

どうぞどうぞ、間違っても日本ではなく、どうか他所へ行ってくださいな!ヽ(*゚∀゚)ノ こちらは必要ございませんから。 イラナイッ (/・・)/ ⌒ ○┼<

移民受け入れ却下.jpg

実際、このようなニュースもありますので、いくら外国人労働者推進派の議論とは言え眉唾ではなさそうです。
アングル:「メイド・イン・チャイナ」支える違法外国人労働者
http://jp.reuters.com/article/2015/08/07/china-labour-illegal-special-report-pix-idJPKCN0QC09L20150807

日本でも、移民関連の少ない朗報として、こんなニュースがありました。これは、外国人労働者争奪の話とはややずれますが、外国人が帰国するケースは一応存在するということです。
ブラジル人労働者、現場から消えた 群馬県1割減、浜松市はピーク時の半数
http://www.sankei.com/economy/news/140304/ecn1403040061-n1.html
“消えた 日系ブラジル人”なぜ?  追跡 日系ブラジル人 帰国の理由は…
https://www.youtube.com/watch?v=5q6GD0RDvQM

さて、この話が実際に部分的にでも起こりうる現象であると仮定した場合、移民反対派としては以下の議論を提示したいと思います。

1. 世界中で外国人労働者争奪戦が起こる→外国人労働者の単価が上がる→外国人労働者を自国民を差し置いて低賃金で雇用することが難しくなり、(特に経団連的な考え方の観点から)外国人労働者を雇用するメリットが減る。これは、移民反対派にとって望ましいこと。

2. 一方で、移民反対派としては手放しで喜べるわけではない。上記のブラジル人の例や、NHKの記事に出てくるベトナム人実習生の例で考えると、よりよい待遇ややりがいのある仕事を求めて帰国したり、他国に出ていくのは、能力のある人物や、自国に貢献しようという志のある人物、あるいは本当に出稼ぎ目的で定住の意思がない人物。一方、能力のない外国人、自国に貢献する意思がなく、他国にひたすら寄生しようとする、外国人労働者の中でもたちの悪い部類が、日本に定住化してしまう可能性が最も高い。国別でも、これから発展する可能性のある「まともな国」からの外国人労働者は減る可能性はあっても、そうでない国からの外国人労働者(難民含む)は日本に居座り実質上の移民となる可能性がより高いと考えられる。 従って、「外国人労働者は移民ではない!他国にチャンスがあればそちらに移住するし、自国にチャンスがあれば帰国するのだから」といった推進派の詭弁に惑わされず、これまで通り、一人でも日本に流入する外国人労働者を減らすよう働きかけ、世論を啓蒙する活動をすることは重要である。

3. 本当に世界中で「外国人労働者争奪戦」なるものが将来発生した場合、これまで移民国家・多民族国家でなかった発展途上国も移民国家化してしまい、欧州と同じ末路をたどる可能性がある。また、世界中が移民問題を抱えることになり、ますます世界全体が不安定化し、各地で戦争・紛争リスクが高まることになる。その意味でも、日本がロボットや省力化技術など、移民に代わる労働者不足解決策を世界に先駆けてロールモデルとして提示することができれば、世界の多くの国が移民問題・紛争リスクから逃れることができ、それはやがて日本にとっても巡り巡ってプラスになるのではないでしょうか。

ということで、まだ署名されていない方はぜひご協力をお願いします!
拡散大歓迎!オンライン署名「移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!」

「いずれにしても外国人労働者反対の運動は今後も必要! 移民と外国人労働者は世界中を不幸にする!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
売国情報を掻き集めていたら、東京都大田区が募集中のパブリックコメントを見つけました。期日が迫っておりますが、情報拡散や抗議送付お願いします


(仮称)大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業条例案に対する区民意見等の募集について
募集期間 平成27年10月13日(火曜日)から10月26日(月曜日)まで。(郵送の場合は、最終日必着分まで)
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/eisei/riyoubiyou/ootakukokusaisennryakutokku.html

【地方自治】多文化共生を目指す東京・大田区、外国人職員を2人採用−都区初の「国際交流員」誕生 [10/17]
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445027146/
こちらに関連情報があります。参考にして下されば幸いです。

なかなかこちらに情報提供が出来ずに内心忸怩たる思いです。情報収集だけでも幾ら時間があっても足りません。といっても八重桜の会さんが提唱なさった(10/13)自分が「楽しい」「手ごたえ・達成感がある」と思う活動に参加しましょう。も大切だなと思いますので、そのさじ加減を巧い事やっていきたいものです。

新しく文部科学大臣になった人が筋金入りの多文化共生主義者ぶりが巻き起こしている由々しき事態やフィリピン国民に日本国籍をばら撒く事を目論んでいる、きた政治家など、追々お知らせしていきますので、その節にはご協力よろしくお願いします。

名ばかり難民や難民関連で八重桜の会さんの記事を活用させてもらって日本は受け入れ必要なしの情報発信をさせてもらっています。その記事が図星を突いていて気に食わない者が噛み付いてきているみたいですね。

古い記事を含めて様々な八重桜の会さんの記事を紹介して、少しでも自分事と考えて多文化共生政策や移民・難民受け入れ政策などが、おかしいと気づく方が増えて少しでもいい方向に行けばいいと願っています。売国案件を見つけたら情報を掘り出してみて紹介する人も増えてくれたらなと思います。相乗効果もあるし、個々の負担も減りますので。なにしろ売国案件は次々出てきています。

埼玉県熊谷市の事件など、どこ吹く風で多文化共生だの、移民・難民受け入れだの考えている人がいまだに日本全国にいますので。本当そういう人達は、自国民がどうなろうと知った事ではない、血も涙もない、博愛主義に酔いしれて外国人に媚びへつらって、それでおだてられて喜ぶ狂気のアナーキストだなと、つくづく思う昨今です。
Posted by 人種差別撤廃条約違反をして外国人を日本国民扱いしている東京都大田区がパブリックコメント at 2015年10月23日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック