にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年08月18日

移民国家における移民問題まとめ

「移民国家ですら移民問題は起こっている。日本で問題にならないわけがない!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(8月-10月)

「ヘイトスピーチ法案」阻止! 抗議・情報拡散しましょう。

「このマンションに中国人の居住者はいますか?」不動産会社にどんどん電話しましょう!

家事代行サービス業者に、外国人不要!を伝えよう

今回は、移民国家における移民問題のまとめです。
「日本はアメリカを見習って多様性を取り入れるべき」「東京を日本のシンガポールに!」などとのたまう学者や経済界の皆さん、これらの記事についての感想・ご意見があればぜひお寄せくださいませ。コメント削除せずにそのまま掲載させていただきますので。

シンガポール編:
シンガポール「幸福度」世界最下位 アジアで最も豊かなはずが 建国50年、「能力主義」行き詰まる
http://www.sankei.com/world/news/150808/wor1508080038-n1.html
「リー首相は今月、「多くの外国人労働者を受け入れれば、経済はうまくいくが社会問題を抱える」とし、生産性向上により外国人に頼らない発展の継続を訴えたが、前途は多難だ。」

外国人排斥に走るシンガポール国民の本音
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/06/post-3288_1.php
「既にシンガポールの人口の40%近くは外国人が占めている。こうした外国人労働者の増加が、一向に上がらない賃金水準から公共交通の混雑まで、さまざまな社会環境悪化の元凶になっていると、多くの国民が考えている。
 そうしたなかで昨年初め、政府は外国人労働者の数をさらに増やす方針を表明。以来、業を煮やした市民が大規模な抗議集会を開くようになった。」

singaporeforsinkies.jpeg

カナダ編:
カナダの悲劇 中国移民に占拠されたバンクーバー
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-800.html
「バンクーバー島の南端、ビクトリア市の市長は中国系、リッチモンド市の地元有力議員も中国系で、国政にもかかわっている。

日本人は順法精神があり、その国のルールを守る反面、『政治はお上に任せればいい』という考えで参加しない。
中国系はそうではない。
やりたい放題やっておいて、自分たちがマジョリティになると、こんどは自分たちに都合のいいルールを決めて、押し付ける。
いまや人数も増えており、同じ利益に向かって団結するため、カナダ社会の影響力も増している」

カナダ「投資家移民」廃止 中国富裕層に衝撃
http://www.sankei.com/world/news/140225/wor1402250029-n1.html
「カナダ政府がこうした制度を導入したのは、裕福な移民が国内で事業活動を行うことで税収が増えることを期待したためだったのだが、実際には移民の多くは、中国国内で稼いだ資産をカナダに移転し、高齢者や職のない一族を呼び寄せた後は再び中国に舞い戻っているケースが多いとされる。
 カナダ政府や自治体にすれば、税収増にはつながらないばかりか、英語ができない中国移民のために中国語の道路標識や案内板を設置しなければならず、「割に合わない」との声が強まっていた。」

アメリカの現実編:
国境に押し寄せる、不法移民の子供たちの波
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2014/07/post-663_1.php
「ここ数カ月、アメリカの南部国境は異常な状況に陥っています。不法移民の流入が止まらないのはもう何十年も前からですが、現状は前代未聞と言って良いでしょう。身分を証明する書類を持たない子供が、子供だけで毎日何百人も国境を越えてくるのです。年に換算すると5万人以上という異常なペースです。」

飢えるアメリカ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11913428312.html
「日々の食事を補うために配給所などを利用する人が増加しており、しかも、あらゆる層にまたがっているという。アメリカ国民のおよそ7人に1人、4600万人以上が生きていくために食事の援助を受けていると報告書は述べている。」

「数百年という長期で見れば、移民国家も含めて決して移民で成功していないではないか。つまり、移民で成功した国家はない!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍・資料の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だんだんと秋の気配が近づきましたね。みなさまは、お盆はいかがお過ごしでしたか。私は「外国人が嫌い」というただ一つの理由から、近年は旅行や行楽からすっかり足が遠のきがちです(^^;)。わざわざ不愉快を買いに行くようなものですから。皮肉にも、そのおかげで自宅の快適さとそのありがたみ、幸せを噛み締められておりますw。

さて。「金沢よ、お前もか」だそうですw。このような記事を見つけました。

北陸新幹線開通の金沢市に日本中から迷惑客が集結!?
http://yukan-news.ameba.jp/20150816-72/

兼六園。11年前に初めて行きましたが、その時は思えば平和で幸せな時代でした。もう二度と、「私の行くべき場所」ではなくなってしまったようです(T.T)。

ところで、この記事について発信元に抗議しました。(言い掛かり? 言葉狩り?)見出しをご覧ください。記事中にも「特に外国人観光客に多い」との証言があるにも拘わらず、「日本中から」とは何事か。日本人が兼六園の苔の上で寝そべるのか、と。

多くの人が抗議するような、政治・行政上の大問題も、もちろん看過してはいけないとおもいます。でも、こうした些細な、腹は立てても誰も抗議まではしないと思われることも、見逃さないようにしよう・・・というか、そっちに力を入れようかと、最近は思い始めています。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2015年08月18日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック