にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年07月12日

「雇ってはいけない!外国人労働者」(2) - 家事代行サービス業者に、外国人スタッフ不要!を改めて伝えましょう。

「外国人による家事労働サービスなど、たとえお金をもらっても断固願い下げだ!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(7月-9月)

「雇ってはいけない!外国人労働者」- 7/22・7/26 ツイッターデモ開催

外国人留学生の実態についての情報を募集しています!

不法滞在と疑わしき外国人を見つけたら

以前から繰り返し行っていることではありますが・・・家事代行サービス業者に再度声を届けましょう。

abe_baikoku.jpg

1. 「家事代行」などのキーワードで、業者を検索します。
2. 業者に電話しましょう。ここでのポイントは、移民反対運動をしている立場ではなく、あくまで利用を検討しているという立場から、最初は一見ノンポリの利用者のような切り口で話を始めることです。その方が、「お客様の声」として、相手にも聞いてもらいやすくなります。別に利用する気がなくても、サービスを比較検討している、と伝えてみてはいかがでしょうか。
3. 「外国人のスタッフはいますか?」と尋ねましょう。そのうえで、家事・育児サービスに関するアンケートや、外国人メイドを雇った日本人の体験談などを参考に情報・意見を伝えながら、外国人のスタッフであれば絶対利用しない旨を述べましょう。

一例ですが、サンプル原稿です。
ブログ主(えみ): 「御社の家事代行サービスについて関心があるのですが、実際に利用するかどうか決める前に、いくつか質問させていただけますか?」
サービス業者: 「はい、どうぞ」
えみ:「まず、現在御社のスタッフは、全員日本人ですか?」
業者:「はい、今のところ」
えみ: 「(大げさに)よかったです!!外国人スタッフがいると聞いたら、絶対に利用しないところでした。今後の予定についてはどうですか?政府が、外国人メイドを日本に入れたがっているのをご存知ですよね。それにしたがって、御社でもフィリピン人やら中国人やらを採用するなんて言うことはまさかありませんか?」
業者:「先のことはまだ確約はできませんが、もしお客さまから強い需要があれば、ないとは言えないですね・・・」
えみ:「もし一人でも外国人スタッフを雇ったとして、何も知らない日本人の利用者が、普通に御社の家事代行サービスを頼んだら、外国人をリクエストしたわけでもないのにその外国人が来た、なんていうことにはなりませんか?それって、利用する側からしたらすごく怖いことだと思いませんか?
外国人メイドについて、こんな話があります。例えば、海外に駐在していて外国人メイドを雇った日本人女性によると、メイドビザで入国するような外国人は、欧米でもシンガポールでも香港でも学歴としては失礼ながら決して高い人たちではないことがほとんど、それも、フィリピンなど外国人メイドの派遣先になるような国は日本と違って教育格差がすごいですから、例えばフライパンの洗い方も知らないで傷だらけにされてしまったり、普通の家事のやり方を教えても習得できないとのこと。私は昔、一度ハウスクリーニングを別の業者で利用させていただいたことがあって、当然スタッフは日本人だったのですが、使う機材も手際もすべてプロという感じで、自分でやるよりもずっと早くきれいになりました。まともな日本人の利用者としては、そういうクオリティを求めていると思いますし、物珍しさや、政府がたとえ補助金を出すなど言っても、能力の低い外国人スタッフを安易に入れることのリスクは大きすぎると思いますね。」

業者:「そもそもスタッフには、日本語ができて、きちんと研修を受けたような人しか採用しない方針ですが・・・」

えみ「たとえ能力が一定以上あったとしてもさらに別の問題もあります。こうした外国人家事労働者がグループで窃盗などの組織犯罪に加担したり、児童虐待事件を起こすケースもシンガポールなどで多く起きているのをご存知ですか? 日本のマスコミはこうした事件はなぜか報じずに、シンガポールは外国人メイドでうまくいっているとか、フィリピン人はまじめに働くとか、そういう話ばかりするんですよね。外国人スタッフ、特に犯罪率の高い国からの人を受け入れるということは、受け入れた会社が利用者だけではなく、地域社会全体に迷惑をかける可能性があるということになってしまうのです。差別するつもりでこういうことを言っているのではありませんが、犯罪率や価値観・倫理観が日本人とは違う国が多い以上は、自分たちのビジネスのためにそういう国の外国人を安易に入国させ、日本に住まわせてしまうような、つまり地域社会に迷惑をかけるような業者はとても利用したいと思えないので、御社がそうでないことを願っているのですが・・・ 今何件か比較検討しているのですが、価格やサービス内容以上に、こうした外国人スタッフ採用の可能性についても大切な基準として考えています。もし御社に決めるようでしたら、またお電話させていただきますが、とにかく外国人スタッフ採用は日本の地域社会への影響という観点からも非常に危険だと思います。わざわざ外国人に自宅に来てほしい、まして自分や家族が不在の時に家の鍵を渡せるような日本人などほとんどいないと思いますし、9割以上の日本人女性が、外国人家事サービスは利用したくないという調査結果も出ています。ぜひ今後も、スタッフは日本人だけにされたほうが、御社の評判が落ちることもないと思いますし、利用者や地域住民とトラブルになるようなことにもならないと思いますよ。」

このあたりまで話をすると、良心的な業者は
「実は外国人がこれまでにも面接に来たことがあるのですが、日本語能力を理由に不採用としました。」
などという情報も教えてもらったことがあります。やはり、アンダーグラウンドでないまともな日本人向けの業者の場合、移民政策についてどのあたりまで考えているかは別ですが、ブログ主が10件ほど問い合わせてみた感触ですと「日本語が片言の外国人は使い物にならない」という認識があるところが多いようです。そこで、それに加えて「日本語がたとえ堪能でも外国人家政婦お断り!」を伝えるべく、利用しようと申し込んだら頼んでもいないのに外国人が来たという事態になったらいかに恐怖であるか、あくまでも「利用を検討している立場として」訴えてみてはいかがでしょうか。

参考:
「利用してはいけない!外国人家事労働者」を口コミで巷に広めましょう。

「外国人による家事サービスは、提供する業者も、利用する日本人も国柄の破壊に加担していることになる!手を出してはいけないという事実を多くの人に広めよう!」と思われる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次に外国人メイドの方ですが、私はやはり電話が苦手なので(えみさんのようにはうまくは、とてもしゃべれません!改めて尊敬します)、メールで業者を当たって意見を出していくことにします。

返事が来ることはめったにないので、相手の反応や空気が探れない難はありますが、その代わりメールなりの利点も生かしてやってみます。

たとえば、私は女ですが、匿名・仮名が使えたらこの件では男として意見を述べたいです。なぜなら、「日本人女性メイドなら利用しますが、フィリピン女・中国女はお断りです!」というなら、印象として女性が言うより男性が言う方が、だんせんインパクトがある気がしませんか? いや、国籍にかかわらず、メイドですから来るのは女性なのです。男性からの意見は、業者としても聞きたいところではないでしょうか。

ですから、この家事代行サービスの件は、利用するしないに関わらず、男性の皆様にこそどしどし「No!」をぶつけていただきたいと思います。もちろん「潜在ユーザーを装う」のをお忘れなく・・・

そして、外国人がNoの理由はえみさんのご意見でほぼ網羅されていると思いますが、ちょっと補足するとすれば「外国人なら絶対に利用しない」の裏返しとして「日本人女性であれば積極的に利用したい」というのはどうでしょう。

というのは、女性が輝くだの、そのために外国人をだのとうるさい一方で、いったんブランクができ、かつ一定の年齢を重ねた女性の再就職が依然として厳しい現実があります(怒)。結婚・出産を機に家事・育児のために女性が離職するのは当然すぎるくらいに当然ですよね。

意外にもあの舛添氏もかつて力説したところですが、外国人よりも日本人女性にこそ、家事代行で活躍することで職場と家事・育児の両方の経験を存分に生かして再び「輝いて」いただくのは素晴らしいことではないか、と・・・。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2015年07月13日 09:30
移民ダメ絶対さん、ありがとうございます。日本医師会に意見しました。本当に日本が滅びる(!)最後の瞬間までは、「まだやれることは必ずある」と信じてがんばりましょうね。

このような意見を出しました(一部誇張ありw)

**********

「移民反対、外国人医師受け入れに反対」

日本医師会 御中

ご存知かと存じますが、先週、7月8日に、 国家戦略特区改正法案が
可決・成立し、大学病院などだけでなく小さな診療所でも一定の条件のもと、
外国人医師の雇用が可能になりました。

これは、医療利用者つまり患者としても、また外国人が雇用される地域住民としても、
日本国民としても、とても看過できません。

お年寄りをはじめとした肉体的な弱者を中心とした患者の命と健康を守るためにも
政府に対し、貴会として外国人医師の受け入れに断固反対してください!

私も地域診療所への定期的な通院が欠かせない体です。今後、このような
制度が普及するとしたら、数年後や十数年後にどうなるか、とても不安で、
危機感を覚えます。もし地元で私たちよりも外国人患者の診療が優先され、
または日本語の通じ、気心の知れたかかりつけ日本人医師の診療が受けられない
事態となったら・・・。そんなことは絶対に許しません!

そもそも、医師に限らず安易に外国人を日本に受け入れ、定着させることは、
その地域を中心にわれわれの社会にさまざまな問題を引き起こすことは既に周知の事実です。
貴会の皆様の良識・道徳観に期待いたします。
政府に対し、貴会として外国人医師の受け入れに断固反対してください!

○○県 がんばるぞ!日本
Posted by がんばるぞ!日本 at 2015年07月13日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック