にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年05月10日

【拡散希望・6月2日締切】静岡県で「人口減少についての意見やアイデア」を募集!

「移民や外国人労働者受け入れは人口減少の解決策には決してならない!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(5月-7月)

陳情書を地元議員に提出しませんか?

外国人労働者雇用の危険性を企業に知らせましょう!

本日は、八重桜の会Facebookメンバーより提供いただきました情報を紹介します。
締め切りは6月2日です。ぜひ応募しませんか?

YbxByAsAMvWOvYQ-556x313-noPad.jpg

----------
静岡県で「人口減少についての意見やアイデア」を6/2まで募集しておりますので、是非ご協力ください。「外国人の定住を促す」と素案に明記されていますので、移民反対の声をぜひ送ってください。他県の方も是非よろしくお願いします。
県に電話したところ、「5年間の戦略素案や人口減少一般に関する意見など、なんでも募集しています」とのことです。
静岡県企画課
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-220/plan.html

意見フォーム
https://www.shinsei.elg-front.jp/shizuoka/uketsuke/dform.do?acs=chihousouseiidea
静岡県企画広報部政策企画局企画課へのFAX(054-271-5494)またはEメール(kikaku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp)でも受け付けています。


今回の意見募集は、静岡県の「今後5年間の総合戦略」というものを策定するために行うそうです。「今後五年間の素案」というところを読んでみましたが、移民反対という観点から問題点があります。
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-220/documents/shiryou32_270325_1.pdf

以下上記素案に対する問題点にたいして問題点をコピペします
・外国人観光客や留学生の呼び込み
外国人観光客や留学生を静岡県に呼び込み、魅力を知ってもらうことにより、定住につなげることが有効である。また、行政・大学・企業などの間で静岡県において活躍して欲しい人材のイメージを共有しながら、質の高い人材を呼び込んでいくことも重要である。
◆外国人も住みやすく活躍しやすい環境づくり【企画広報部】
・居住、医療、保健、福祉分野など、県内在住外国人に対するFMやインターネットラジオ等での情報提供による生活環境の充実
・外国語ボランティアバンク運営、ふじのくに留学生親善大使による県民との交流推進、外国人コミュニティとの連携による防災啓発の推進など、県内在住の多文化人材の活用とPRの推進 ・在住外国人のコミュニケーション支援や活躍の場づくりなど、在住外国人も活用した多文化共生先進地域の形成とPRを更に進めることによる、外国人の定住者数の拡大【企画広報部】

○地域の国際化
人口が減少していく日本や地域の将来にとって、外国人の定住や活躍についてはポジティブに捉えるべきである。外国人を同じ地域に住む住民として認め合い、共に地域づくりをしていくことができる社会を実現していくことが求められる。

◆地域の国際化の推進
<平成27年度の重点的な取組>
(外国人、日本人の双方が異文化に触れる機会の創出)
・国際交流員を招致して行う出前教室等の実施、多文化共生意識普及のためのプロジェクトチームによる啓発セミナーなど、多文化共生意識普及プロジェクトの推進による多文化共生意識の醸成【企画広報部】
・中国浙江省での卓球大会、韓国忠清南道等での青少年等交流、モンゴルへの県民訪問団の派遣、台湾でのサイクリング交流、東南アジア(インドネシア)でのトッププロモーション、米国ハワイ州でのエネルギー交流など、交流人口の拡大による地域社会の活性化【企画広報部】
・短期留学生交流などの県内大学と海外の大学との交流拡大、英語による教育プログラムの充実等、高等教育機関の国際化の推進【文化・観光部】

<中長期的な視点>
・海外との積極的な地域外交の展開による交流人口の拡大や互いの文化の違いの相互理解の促進等による、地域社会レベルでの国際化と日本人・外国人の協働した地域づくりの実現【企画広報部】
----------

【静岡県の実態がわかる参考資料】
静岡県の外国人優遇政策の例 - 外国人のための無料健康相談と検診会
https://www.youtube.com/watch?v=SqBvGrKyGNI&feature=youtu.be

「静岡県外国人労働実態調査」の調査結果(概要)
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-140/documents/roudougairyaku.pdf

日本における外国人移民の増加―静岡県浜松市の日系ブラジル人を中心に―
http://www.ritsumei.ac.jp/~yamai/9kisei/matsuo.pdf

【静岡県に多い日系ブラジル人の実態】
愛知県警 地域課 警察官が2名で臨場するもブラジル人に職務質問できずカラカワレテ退散 ブラジル人にナメラレタ
http://www.youtube.com/watch/V=wUsE2sIEo8I

ブラジル人では金持ちは強盗に襲われて当然という価値観の国
金持ち=日本人という認識は海外での常識
http://ameblo.jp/mamorinuku/entry-11773031602.html

ブラジルでは盗まれた方が悪い ブラジルと日本の治安の比較に関する考察
http://ameblo.jp/mamorinuku/entry-11817982590.html

反日日系ブラジル人団体も日本に存在 主義主張が朝鮮総連や民潭とほぼ同じ
生活保護寄生実態も凄まじい日系ブラジル人
http://www.youtube.com/watch?v=pryVs02hPpQ

brazil_crime_shizuoka.jpg

誰でしょうか、親日国なら、日系ならウェルカムなどと言っているどこかの「自称・保守」は?

他県同様、中国人も増えていますね。この事件については犯人の実名や国籍を報道しない悪質なテレビ局もあるようです。カナダのバンクーバーでは、「免許証は賄賂を渡して買うもの」という中国人移民の増加によって交通事故が増えたという報告もあります。

中国人が信号無視して交差点に突っ込み5人死傷!!! 中国人のユ・ジン容疑者(32)を逮捕…静岡浜松
http://hosyusokuhou.jp/archives/43870389.html

ということで・・・
ぜひ、「移民や外国人労働者を入れなくても、人口が減少しても経済成長や地域活性化できるアイディア」を送りましょう!

提言「移民・外国人労働者に頼らずに経済成長する日本」

「地域活性化や地域経済の成長は、移民や外国人労働者に頼らずとも十分可能! 中長期的には移民や外国人労働者受け入れは地域を外国人自治区化させ、国益に不可逆的な損害をもたらす!」と思われる方はこちらをクリック!お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【社会】日本語の能力が低く、日常生活に支障がある外国人の子供、過去最多の29,198人に 文科省調査
「日伯交流協会」川勝平太静岡県知事、鈴木康友浜松市長、スズキの鈴木修会長兼社長ら
「いま浜松にいるブラジル人の子孫が100年後、誇れるような歴史を作る」
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1429876283/

【社会】静岡県内の大学等で作る県留学生支援ネットワーク 社団法人化等で更に強化 留学生の就職支援等維持し留学生の要望を更に聞く
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427595148/

【静岡】浜松市と静岡労働局、外国人の雇用対策など9項目で協定  浜松市ジョブサポートセンターでの外国人支援にも新たに
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427687452/

【静岡】浜松流"文化の通訳"活躍 外国人コンシェルジュ育成3年目「外国人も暮らしやすく、多文化共生への意識高い外国人に働き掛け」
川勝知事は県の広報誌などでも静岡県を多民族県にして外国人の住む理想郷にしたい思いをつづっています。
多文化共生意識を子供に受け付けるため小中高に専任の講師を送り、洗脳しようとしています

静岡県民便りなどで紹介していますが、静岡県政はなんと外国人を静岡県の職員として雇い、
学校に派遣する「世界の文化と暮らし出前講座」を実施中
2013年度は小中学校25校2315人が受講、2014年度は高校まで対象を広げて46校で3000人以上が受講させました。
講座は、ブラジル、ニュージーランド、韓国、モンゴル人講師が各国の文化や暮らし等を紹介して、
挨拶等の言葉を教えてもらうと言った内容です。日本を外国人の巣窟にする事前提の日本語や日本文化を
ないがしろにして外国に被れて地球市民脳にすることしか頭にありません。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1430451990/

日系定住外国人施策推進会議幹事会 議事次第
http://www8.cao.go.jp/teiju/kaigi/h26/1023/index.html
「日系定住外国人施策の推進について」実施状況(平成26年4月現在)
http://www8.cao.go.jp/teiju/kaigi/h26/0530/pdf/s1.pdf

半年後の状況です。「日系定住外国人施策の推進について」実施状況(平成26年10月現在)
http://www8.cao.go.jp/teiju/kaigi/h26/1023/pdf/s1.pdf

【外国人労働者】厚労省、外国人の就労支援 日本語の会話能力や労働法等の知識を習得できる様に首都圏や静岡等全国15労働局で研修
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1430535232/
最初は外国人でも日系人向け限定、それが他の外国人にも拡充されていっているのであります。移民政策まっしぐらです。

高校等就学支援金制度の対象として指定した外国人学校等の一覧/文部科学省
民主党政権時に日本の公立高校を無償化しましたが、いつの間にか高校等就学支援金として
外国人学校まで無償化の対象になっています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1307345.htm
Posted by 情報提供 静岡県政関連情報凸の参考にどうぞ 多文化共生政策推進の背後には… at 2015年05月14日 16:02
>なぜ日本人にとっては全く不要な「ポルトガル語案内」を、日本人の血税で整備しなければならないのでしょうか。納税者を愚弄しています。もうたくさんです。

雷雲のワルツさんへ 売国官僚になるのが間違いない人物がいます。外務省等にもコネがあるので今の内に外務省などに抗議しておくのも必須かなと。
https://twitter.com/Jun_Cearamor

【日伯】浜松市内の看板、アナウンスの伯語化等積極的に提言 大阪・サンパウロ市の親善大使=久保山潤さん(19,神奈川)

この慶応大学の法学部の学生は静岡県浜松市をブラジル人自治区化しろと提言しているに等しい…狂気の沙汰だ
そもそも日本とブラジルは水と油の関係だろうに…犯罪が国技の様なブラジルに媚びているのも狂っている
昔からずっと日系ブラジル人やブラジル人達に日本人が殺され続けたり金銭や金品を盗まれ続けたり犯罪の被害と
日本への生活保護の寄生などで日本国民が生き地獄を味わってきたのを完全に無視か

将来は外務省に入省が夢だなんて冗談じゃないよ
こんな人物が外務省に入省したら国益を害するのは間違いないのが明白、日系ブラジル人らに更に媚びる政策打ち出して
日本人の生命財産奪わせるのに拍車をかけていくのは目に見えている

>デカセギ子弟を取り巻く環境に問題意識を持ち、昨年浜松市で「日伯高校生未来サミット」を主催し、
>話題を呼んだ人物。同サミットでは同市国際課職員らに「学校同士の交流」
>「市内の看板、アナウンスの伯語化」など積極的に提言を行った。

加害者側の日系ブラジル人達を徹底擁護…荒唐無稽で支離滅裂の多文化共生主義者の地球市民脳理論そのもの。
出稼ぎ日系ブラジル人は子孫も同様に烏合の衆、百害あって一利なし

>浜松市内の看板、アナウンスの伯語化等積極的に提言 大阪・サンパウロ市の親善大使=久保山潤さん(19,神奈川)
この人物を調べてみたら浜松市を日系ブラジル人自治区にして確信犯で乗っ取らせるたい野望があるのが分かった
浜松市内の看板をブラジルの言語化したり、告知や広報をブラジルの言語化だなんて正気の沙汰の発想ではないし
外患誘致そのものでやろうとしている事がまさしく国賊。浜松市民を愚弄するにも程があるからね

浜松市に本拠地がある反日日系ブラジル人団体の構成員だった
反日日系ブラジル人団体のマイノリティー・ユース・ジャパン 関東支部代表
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1412182170/

所属する大学にこの学生がこれ以上浜松市を私物化してブラジルに利益誘導しないように抗議をよろしくお願いします
http://www.keio.ac.jp/ja/contact/index.html

青山繁晴さん「これ、あの、何度も申しましたけれども、たとえば官邸のホームページに、
メールがありますよね。メール送れるところ。あれ、皆さん信じられないでしょうが、
本当に総理も含めてたくさん読んでるんですよ」
「内調、内閣情報調査室が集約してでも、総理にもお見せしてるんで。やっぱり、安倍さん本人に、
僕らは、これからもっと強く呼びかけるべきだってことを、今日改めて感じました」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1669.html

首相官邸や各省庁等への要望は、こちらからどうぞ
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

【浜松大家殺害】殺害してから窃盗したのに弁護側「殺すつもりなかった」 ブラジル国籍で日系ブラジル人の女に懲役20年求刑
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1426351079/
日系人は日本に住むいわれのない外国人であり、ブラジル国籍の人は日本に限らず、ブラジル以外に住んだり帰化するのは論外なのがよく分かります。
Posted by 情報提供 外務省入省希望の人が地球市民脳でブラジル政府のエージェントとも言える有様 凸案件 at 2015年05月14日 15:06
静岡県への意見、送りました。こんなところでどうでしょう。しつこくしつこく「日本人」「日本人」をつけました。これでもかと(笑)。

*******

まずは日本人のための雇用を創出し、日本人の定住者の生活の安定を保証することが前提です。日本人の高齢者や失業者、子育てを終えた主婦などを活用し、若い夫婦が子供を産みやすい環境を整えてください。そうすることで全国から若い日本人が「静岡県は働きやすく、結婚・出産・子育てしやすい。つまり住みやすい」と集まることになります。また、富士山や白砂青松など貴県には魅力的な観光資源が豊富です。日本人にとってより魅力ある観光インフラの整備さらに進め、日本人観光客を全国から誘致することで、それをきっかけに全国の日本人にとって「静岡県は住みたいあこがれの地」となります。私も子供の頃、よく貴県を観光旅行で訪れ、住みたいと思ったこともありましたが、外国人だらけとなった近年では、足も踏み入れたいと思いません。
外国人の定住を促すことだけは許せません。理想的な美辞麗句とはおよそかけ離れた「多文化共生」の実態を全国どこよりもよくご存じのはずの貴県がなぜそんな目標を掲げるのか、理解に苦しみます。全国の日本国民は、いつまでも詭弁に騙されません。「外国人の住みやすい国は日本人にとって住みにくい」となることは、周知の事実としていいかげんに認めたらどうでしょうか。私の住む自治体も多文化共生(外国人の定住)を奨励しておりますが、一般市民(ちなみに市民とは日本国籍の「国民」のことで、外国人は含まれません。)にとっては百害あって一利なく、迷惑以外の何物でもありません。外国人、特に日本への在留が多い中国・韓国・朝鮮・ブラジル・フィリピン人などは、全般に日本人より犯罪率と生活保護受給率が高い。これは決して偏見でなく、統計が示す通りです。また犯罪や生活保護と縁がないまでも、日本語もできず日本の習慣にもなじまない外国人のための各種環境整備(外国語案内など)を充実させることが、「日本人にとっても住みやすい」ことになるなど、全く成立しない論理です。夜中に騒がしい、ゴミをそこら中に捨てるなどマナーが悪い外国人は静岡県にこれ以上いりません。それどころか帰国を促し、減らしてほしいです。なぜ日本人にとっては全く不要な「ポルトガル語案内」を、日本人の血税で整備しなければならないのでしょうか。納税者を愚弄しています。もうたくさんです。

*******

一昔前は、浜松といえば「浜名湖→うなぎ」を連想しましたが、もう最近はもっぱら「ブラジル人」のイメージしかありませんなwwww。おえぇっっ!!orz 

ゴキブラどもは楽器メーカーや自動車メーカー(隣の愛知にも多い)などの工場で働いているのでしょうけれど、それ以外にもインドネシア辺りからの技術研修生もいい〜〜っぱいいますよ。湖西市あたりにも。すでに7年前の時点でも、電車に10人ぐらいの団体で乗って、溶接の研修で3年間の予定で来ているとか、富士山に登りに行くとか言ってましたよ。あの人数がもっと増えて、受け入れ分野もさらに増えて、一人当たりの受け入れ期間も延長されて・・・おえぇぇぇっ(*o<);;
Posted by 雷雲のワルツ at 2015年05月12日 20:20
海外において移民の多い地域から、本来の国民が離れていく理由は何か?
簡単です。移民が入ってくると住みにくくなるからです。
文化も生活習慣も違う集団と同じ生活空間を共有すれば、摩擦や軋轢が生じるのは、自然なことなのです。
更に学校に多くの移民が入れば、移民の子弟に重点が置かれ、円滑な授業が不可能になります。となると親は、子供の教育のために無理をしてでも、別の場所へ移動することになるわけです。
結論からいれば、外国人など実際に押し付けられる側にしてみたら、存在そのものが近所迷惑であり、単なる負担にしかなっていないです。

外国人増加に対しては現場が対応に追われることになります。
年を取ったら?病気になったら?事故で重度の障害者になったら?親兄弟を連れて来たら?その親が認知症になったら?兄弟に障害者がいたら?犯罪者や変質者がいたら?
一体誰がどうやって対応するのでしょうか?
恐らくこうした事案について何も想定していないでしょう。
多文化共生などと、とっくに破綻した政策を導入して得意顔になっている人達は、時限爆弾を抱え込んでいる自覚がありません。
「何十年かしたら、彼らも高齢者となり年金や介護が必要になります。
その時、どうしますか?」
と質問しても、何も答えられないでしょう。そこまで考えているとは思えないので。

以下は、是非とも読んでほしい記事です。ご存知の通り中国人が多い川口市の団地に関するものですが、最早団地だけではなく、地域の共同体そのものが破壊され、悪化している状況です。
その点を分析した早稲田大学文化構想学部 浦野正樹教授の2013年のゼミ学生論文「華人ニューカマーによるエスニックコミュニティの郊外化--埼玉県川口市 芝園地区における地域変容--」は、必読です。
http://blogos.com/article/111422/
Posted by ウミユリ at 2015年05月10日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック