にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年04月04日

【イベントのお知らせ】5/10 「政策提言ワークショップ: 移民についてみんなで語ろう」

「移民反対の声を広げよう!!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(4月-6月)

こちら、様々な層から多くのご回答をいただいております! 引き続きご協力よろしくお願い申し上げます。
おかげさまで多くの回答をいただいております!「介護に関するアンケート」(4/15まで)

こちらもあと1週間ほどで締切りです! 複数投稿もできるようですので、2回目以降もぜひいかがでしょうか。
大阪市ヘイトスピーチ条例意見募集【4月12日締め切り】

本題の前に、お礼です。
D.H.様とK.K.様から、それぞれご寄付をいただきました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。頂戴したご寄付は全額、イベント運営、陳情などの活動実費に充てさせていただきます。

さて、大変お待たせいたしました。久しぶりに八重桜の会にてイベントを行います。
昨年7月のワークショップ続編という位置づけで、提言書を作成します。
今回は、グローバリズム教育に関する話がメインになります。作成した提言書は、政府や省庁、議員はもとより、全国の学校関係者に送付します。

八重桜の会.jpg

5/10 「政策提言ワークショップ: 移民についてみんなで語ろう」

日時: 平成27年5月10日(日) 午前10:00-11:50 (9:30受付開始)
12:30-13:30 懇親ランチ会(任意参加)
場所: 東京都江東区内の公民館 (予約制のため、場所は参加者のみお知らせします。駅から歩いてすぐです)

内容: 八重桜の会にて用意したグローバル教育と移民政策関連の様々な資料をもとに、グループワークショップを行います。話し合いの結果、政策提言をまとめて発表。今回作成した政策提言は、後日、レポートとしてまとめ、関係者に送付します。

主催: 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会 (愛称: 八重桜の会)
http://www.sakuranokai.org/
https://www.facebook.com/groups/403012403133962/

費用: 無料(カンパ制。募金箱を置きますので、もし内容にご賛同・満足いただけましたら、少額でも運営費補助のため寄付いただければ幸いです)

対象者: 関心のある方でしたらどなたでもお申込みになれますが、本ワークショップの申し込み条件として、「外国人労働者を含めた移民政策及び多文化共生政策に反対であること」としております。「外国人労働者は移民ではない」「移民はダメだけれども外国人労働者はOK」「高度人材なら、親日国からなら移民を受け入れてもよい」とお考えの方は、本イベントの主旨に合わないため、すみませんがご参加をご遠慮くださいませ。宗教や、八重桜の会の主旨と相反する団体の勧誘などの目的での参加もお断りいたします。

お申込み:
https://creativesurvey.com/reply/c291e168d673ddf63562cfa551c70c
よりお申し込みください。お申込みいただいた方には、後日会場を連絡させていただきます。

今後も八重桜の会の活動を応援いただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:04| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
針デ・ジャパンさん。情報有難うございます。日本人は無能のレッテル貼りは、このIT関係が大きな理由かもしれません。ITの進んでいる所は国家をあげて予算をつけ国民を勉強させてきました。日本はそれをやってない。安易に外国人労働者を入れている。本当になさけないし、こういう政治をやっている人達を愛国者といえるのだろうか?
Posted by なお at 2015年04月04日 23:20
興味深いイベントのご企画、ありがとうございます。未定ながら参加を検討したいです!

さてさて、皆様ごめんなさい(Y.Y)。年度早々またしてもうんざりするお話で恐縮ですが、お昼の犬HKニュースでこんな情報が耳に入ってしまいました。

 IT技術者不足でアジアの学生支援へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150404/k10010038361000.html

>>IT業界で技術者の不足が深刻になっているとして、経済産業省は、アジア各国でITを専攻した学生に日本で働いてもらおうと、日本語学校への留学や卒業後の就職を支援する組織を設立する方針を固めました。

IT業界では、国民一人一人に番号を割りふる「マイナンバー制度」の運用が来年から始まるなど大型のシステム開発の案件が増えていることから、IT技術者のことし2月の有効求人倍率は2倍を超えています。
技術者の不足が深刻になっているとして、経済産業省は、ベトナムやインドなどアジア各国でITを専攻した学生に日本で働いてもらおうと、日本語学校への留学や卒業後の就職を支援する組織を、ことし夏にも設立する方針を固めました。
経済産業省によりますと、ベトナムのIT企業が、ことしから3年間で5000人の技術者を日本語学校へ留学させることを検討するなど、日本のIT需要を取り込もうという動きが活発化しているということです。
経済産業省は、こうした取り組みを通して、2020年には技術者としての在留資格などで日本のIT業界で働く外国人を今の2倍に当たる6万人にまで増やしたいとしています。

======

>>日本で働いてもらおうと、日本語学校への留学や卒業後の就職を支援する組織
とは、名を変えた「移民庁」そのものではないでしょうか。

余裕のある方から、凸お願い申し上げますm(_ _)m
経済産業省です。私も午前中、難民案件で一発凸しましたが、これから本件についてもやる予定です(笑)。(ちなみに同省HPには、まだそれらしき情報が載ってないようです。)

 経済産業省ご意見・お問合せフォーム
https://wwws.meti.go.jp/honsho/comment_form/comments_send.htm

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511


無理はせず、息切れしない程度に、ぼちぼち頑張りましょうね。仲間は必ずいますものね!
Posted by 針デ・ジャパン(マタ凸案件発生です) at 2015年04月04日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック