にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年03月31日

少子高齢化だからこそ移民を入れてはならない理由(2)

「少子高齢化を移民で解決など、まったくのまやかしに過ぎない!!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

おかげさまで多くの回答をいただいております!「介護に関するアンケート」(4/15まで)

大阪市ヘイトスピーチ条例意見募集【4月12日締め切り】

こちら、本日締切りです! ぜひ参加しましょう。
外国人看護師パブコメ月末締切! ぜひ意見を送りましょう。

国交省モニターも月末締切!移民・多文化共生反対の皆様ぜひ応募しましょう。


昨日に引き続き、ウミユリ様からの投稿です。
改めまして、この場をお借りして御礼申し上げます。

------------------------------------------
いつだったか、新聞の投書欄で介護士が、外国人介護士の導入に対して疑問を呈している投書をしておられました。
祖の介護士によると、日本人の介護士でも世代間の価値観の違いから、介護が円滑に行かないなど色々と問題があり、日本語ができても外国人介護士だと、文化や習慣の違いから限界が生じるとのことでした。現場の人間からの意見として貴重でしょう。
介護は、言葉ができればいいというものでもなく、工場で製品を作る単純作業ではなく、高度な技術職なのです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/07/21/

>例えばの例として、認知症の介護対象者相手にした場合、親子の関係でもコミュニケーションを取るのが難しいのに、外国人の語学レベルでそれを克服出来るのか?極めて疑問です。

これは、逆に考えれば、日本人に外国人の介護ができるか?ということにもなります。
外国語の堪能な日本人が認知症になったら、日本語しかできなくなったという話を聞いたことがあります。
移民が認知症になれば、日本語が堪能であっても、恐らく出身国の言葉しかできなくなると思われます。
そうした際に日本語のできない外国人の認知症患者を日本人が介護できるでしょうか?
文化も習慣も価値観も違う外国人に日本人の介護が困難なように、外国人の介護を日本人が担えるとは到底思えません。
既に外国人の多い自治体は、外国人の高齢化や介護の問題が深刻になっておりますし、外国人の認知症患者も増えているのです。
こうした事例を鑑みれば、既に移民が高齢化問題の解決策になるという移民推進派の論拠は、既に破綻しているといえます。

kaigo_wage.jpg

フィリピンなど速度こそ遅いまでも、着実に高齢化が進んでいます。

老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき (中公新書 1914)
『老いてゆくベトナム〜高齢化社会へのスピードは世界最速?』
http://www.geocities.jp/tniizuma/vn047.html
【ASEAN、40年の絆】先進国以上の速度で進む途上国の高齢化問題に立ち向かう
http://www.jica.go.jp/topics/notice/20130930_01.html
マレーシアは2030年までに高齢化社会にhttp://response.jp/article/2015/03/20/247054.html
インドネシアも高齢化へ 60歳以上が人口の8%に 1200万人が収入ゼロ
http://blogs.yahoo.co.jp/hori50tokyonerima/10810821.html
インド  社会が貧しいまま、高齢化が進む
http://blog.goo.ne.jp/azianokaze/e/fa8fde53f3f729a87b51eb643db4971f

他にも香港、台湾、シンガポールも高齢化は深刻です。フランスの人口学者エマニュエルトッド氏によると、中国の少子高齢化は日本など比較にならないほど深刻な状況で、中国こそ若い移民を入れても殆ど意味がないとのこと。
シンガポールなどは別にして、こうした国々の共通点は、社会保障制度が未整備なことであり、中国やインドでも親捨てが頻繁に起きているのです。
そうした国から移民が来たら、どうなりますか?日本へ行けば、老後の面倒を見てもらえるとばかりに高齢者移民が押しかけてくることが予想されます。
年間20万人の移民を入れて、そのうちの半分が親を連れて来たら、どのくらいの高齢者が入国するかは、小学生程度の計算能力があれがわかることです。
少子高齢化だからと移民を入れたら、高齢者人口が増えてしまっただの笑い話にもなりません。
日本は、少子高齢化が深刻だから移民を入れてはいけないのですよ。
移民は、高齢化問題を深刻化、複雑化させますから。

couple_senior.jpg

「少子高齢化だから移民を入れるのではなく、少子高齢化だからこそ移民を入れてはならない!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
以前にも紹介しましたが、優良動画です。

シリーズ・外国人労働者受入問題〜介護業界からの声
[Part1]




「政府は御用学者の声ではなく、現場と利用者の声にまずは耳を傾けるべき!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保守や愛国のブログでは「差別」と「区別」は峻別すべきとされます。同じように「批判」と「悪口」も峻別されなければなりません。それらは、公的な基準で、公益の有無を見据えて合理的に判断されなければなりません。
移民を含む在日外国人に対しては、差別も区別も批判も悪口も、いずれも慎むべきことにされていると思うのです。大雑把な判断停止を強要されています。せいぜい、目の前の外国人Aさんの様子を何年も見たうえでしかできません。「個人の人間性の問題」にすり替えられます。これでは、政策としての移民推進など、考えようがありません。実際のところ、そんな甘い人権・人道主義でことが運ばれていると思うのです。

そうして、周囲に対象者が多く存在してくると、ますます正当な批判も区別もしにくくなり、日本人側に判断の保留者や発言権の放棄者が多くなると、けっきょく変な多数決やら声のデカさで批判されるべきが批判されず、区別すべきが区別されなくなりかねません。在日コリアンが悪い前例です。
移民推進の弊害について、こちらではすでにさまざまな事実が紹介され、ご意見が出されています。日本社会の崩壊につながる危険はもちろん、民主主義の根幹をも揺るがすことになります。

これは、社会公益を守る意識を喪失させ、判断基準を放棄させて、思考停止にする教育や言論の影響が大きいと思います。知らず知らず緩やかな日本否定や伝統価値の否定を刷り込まれています。

自治体組織にしても、政治家にしても、個人個人にしても、判断を迫られたときに、どうしても刷り込みされたことに頼ってしまう。日本がダメとか日本人だけでは先細りとか思い込まされ、消去法で外国人を頼りましょうとなる。自分で自分をミスリードしてしまう。誰かが公益無視の提案しても、批判精神が発揮されず、反対意見があっても言いにくいまま、「反対がないので」で決定されてしまう。

紹介されているような行政施策を監視するのは有益ですね。
選挙では、候補者がどんな教育を受けて、どんな思想体系の持ち主なのか、選挙公約やスローガンの背景も探る必要があると思います。
Posted by 弓取り at 2015年04月03日 00:12
情報提供さんのニュース、恐ろしいですね。
このような政策を考えた町長だか町役場の職員だかは狂人ではないでしょうか?

そして、このようなことを国レベルで実行しているのが安倍晋三なんですよねw
「高度人材」などと称して、外国系の人間を日本に移民させようとしているのですから。

新聞などで、よく「優秀な留学生、外国人争奪戦で日本は諸外国に負けているから、もっと優遇しよう!」などと狂った文章が載っています。

どうぞ負けてくださいって感じです。
むしろ負ければ負けるほどいいんです、そんな「優秀な外国人争奪戦」なんてw
「人口に対する優秀な外国人の比率」なんて「人口に対するギャンブル依存症患者の比率」と同じで低ければ低いほどいいんです。
むしろ高い方が恥です。

どれほど有能であっても、どれほど無能であっても外国系の人間は一人も入れるべきではありません。

「移民反対」と言ってる政治家の中にも、「優秀な外国人は必要」などとほざく連中もいますが、そうした連中は社会的に抹殺する必要があると思います。
そもそも「優秀な外国人争奪戦」で勝ってほしいなどと国民が要請したことがあるんでしょうか?w
非国民の偽装保守政治家が言い出したことでしょう。
それをさも国民の要請のように偽装していることが許せません。

保守を名乗る政治家や評論家が「優秀な外国人争奪戦」に対し少しでも肯定的な意見を述べたら、即座に突撃して炎上させるべきだと思います。
そうすることで注目を集めて「優秀な外国人争奪戦」が「移民政策」に他ならないことを一人でも多くの保守派国民に気付いてほしいものです。

第一、実の息子がいるのに、頭が悪いからという理由で優秀な養子を取り、そいつに遺産を相続させる人間がいるとしたら狂人でしょう。
安倍はそれを国レベルでやろうとしているのです。
そして日本人は決して頭は悪くありません。
百歩譲って頭が悪いとしても、優秀な外国人など入れるべきではありません。
日本人の子孫に国を相続させるべきです。
Posted by 移民ダメ絶対 at 2015年04月01日 21:10
警察官の募集要項を見てみますと、中国語に加え、ベトナム語に堪能な人を求めています。つまり、それだけベトナム人の犯罪が多いといことでしょう。
集団万引き、車両泥棒、生活保護不正受給などベトナム人の犯罪や不正は多発しています。
昨年、韓国人と組んで生活保護を2500万円不正受給した事件もありました。
ベトナム人の不正受給は多発しています。
ベトナム人全員が犯罪者ではないのは勿論ですが、こうした外国人を一人入れると、親類縁者、知人を呼び込みんできて、当然おかしかなのも入り込んでくるわけです。
だいたい、ベトナムは、医師不足に悲鳴を上げていますよ。ベトナム人なら、ベトナムで医療活動を行うべきです。
ベトナムとベトナム人のためにね。
Posted by ウミユリ at 2015年04月01日 15:20
情報提供さんの件、一戸町に凸しました(笑)。何これ、とんでもない。許せない! 町HPの片隅にも載ってますね。

岩手県一戸町HP
http://www.town.ichinohe.iwate.jp/

>>テレビ情報】 一戸町医学生奨学金貸付を利用して4月から医学部に進学するルー・ホンゴックさんのインタビューが行われました。 本日(3/30)夕方の岩手県内各局ニュースで取り上げられる予定です。ぜひご覧ください。 問い合わせ先:健康福祉課 電話:0195-33-3700

私の中で、ベトナム人は目下、中国人に迫る(追い抜く)勢いで「うさんくさい外国人No1」です。ベトナム航空が組織的に日本での万引きを奨励しているようなお国柄ですよ。主な被害者の一つはユニクロ(笑)ですが、それにしても、過疎化・少子化の東北の町がリトルベトナム化する図を想像すると吐き気がします。

恐らく町長は、日本人の優秀で志のある若者を全国くまなく探すことも、奨学金の税金による支給を町民に諮ることも、町長の自費で支給することも、考えもしなかったはずです。「お前のポケットマネーでやれ!」と町民に言われたらこんな愚策はありえませんでしたし、そもそも受け入れ自体、大多数の町民は反対したはずです。いや、それは「移民化の進捗状況」によりけりかな、たまたま外国人犯罪の発生がなければ、お花畑〜ノンポリが多いのかな(^^;)

ところで、「外国人が日本人と対等の権利・立場を有しない根拠」について、つくづく思うのですが、それは「外国人はいつ、どこへいなくなるかわからない。何かしでかしてもいつでも高跳びできる」これだけで十分なのではないでしょうか。日本への帰属意識や親日・反日感情、日本人に比べた犯罪傾向の高さなどももちろんですが、心情的な要素は、実証の難しいものもありますからね。

たとえば公立図書館の本など、外国人にも貸し出すなどおかしいんです。返さないうちに出国されたら、どうやって回収するのでしょう。このてのリスクは、帰化人でも永住者でも常にありますよね。「本国の住宅や財産は全て処分した。係累も一切いない」と言ったところで、ならそれを実証できますか、ということです。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2015年04月01日 11:06
秋田大:ベトナム人留学生・ルーさん、医学部に合格 「勉強して一戸で内科医に」 /岩手

医師不足解消のため、一戸町が2年前に招いたベトナム人留学生、ルー・ホン・ゴックさん(21)が秋田大医学部に合格。4月5日に入学式に臨む。町は「医学生奨学金」で約2000万円を貸し付けるが、卒業後8年間、町内の医療機関で勤務すれば返済が免除される。これまで通っていた盛岡市の日本語学校などに30日、合格報告したルーさんは「しっかり勉強して一戸で内科医として働きたい」と意気込んだ。

 ルーさんはかつて16歳の友人を悪性骨腫瘍で失い「限りある人生、人の役に立ちたい」と医師を志すようになった。祖母が一戸の縫製工場でベトナム人実習生の通訳をしていた縁で、稲葉暉(あきら)町長の依頼を受けて奨学生として来日。2013年4月から町内でホームステイしたり盛岡市で一人暮らししながら「盛岡情報ビジネス専門学校日本語学科」や予備校「盛岡中央ゼミナール」で勉強した。

 そしてこの冬、秋田大の私費外国人留学生入試に挑戦。数学、英語、日本語での面接を受け合格を果たした。「数学が苦手だったけど、みなさんの支えがあって克服できた」と感謝。一戸は「通学の電車を待っていたらおばあさんがキャンディーをくれた。優しい人が多い」と振り返り、「将来暮らすのが楽しみ」と笑顔を輝かせた。

本日付けの毎日新聞の地方版に載っていた記事です。常軌を逸脱した売国政策をやっております。ベトナム人1人に莫大な税金を注ぎ込んで日本で医師にさせて上げ膳据え膳で、奴隷の如く仕える異常事態。地元の人も意識して調べないと分からないでしょう、この件は。

地方自治体の主張や議員には外国人を半ば純真無垢の天使扱いするお花畑な人が数多いますが、ベトナムで自費で医師になればいいものを…もう滅茶苦茶です。こんな馬鹿げた事がまかり通るのは許せません。

外国人を医師にしようして税金を掛けて地元に招聘するという発想が根本的に狂っています。町長の場合は何十年もやる場合も多いです。気が気ではないです。

外国人労働者を日本に入れると、こういう余波が舞い込む事があるんだなとゾッとしました。今回の場合は祖母を介して一族郎党延々と日本に寄生してしまうわけです。

地方交付税等の他に国税等が地方自治体に交付されています。それを原資にこういう売国政策を実行かと思うとやるせないです。地方創生の名の元に今後更に国税が投入されていきます。由々しき事が更に起こる可能性があります。外国人は国民ではないのに、それを人口増だの地方活性化など馬鹿げた事を考えている自治体がありますからね。
Posted by 情報提供 at 2015年03月31日 18:43
保守派の大和民族に対して、なるべく早く結婚してなるべく多くの子供を産むようにお願いすることは、間接的に移民を阻止することにつながると思います。

とはいえ、こういう時代ですから、他人に「早く結婚しろ、たくさん子供を産め」と言うと訴えられて社会的に抹殺されかねませんw

ですが保守派の政治家や評論家が講演会で、支持者に対して「私を支持してくれているのならお願いがあります。結婚していない人はなるべく早く保守派の大和民族と結婚してください。そして大和民族の子供を産もうか迷っている人は是非産んでください。またお子さんやお孫さんが結婚されていない場合や子供を産むか迷っている場合は、保守派の大和民族と結婚して子供を産むように説得してください」と言うのなら問題はないと思うのです。

ですから八重桜の会様にお願いがあります。
保守派の政治家や評論家が講演会などで、支持者に対して結婚や出産をすすめるような話をするようお願いできないでしょうか?
あまり効果はないかもしれませんが、やらないよりはましだと思うのです。
Posted by 移民ダメ絶対 at 2015年03月31日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック