にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年03月26日

栗林寿行氏 (次世代の党 杉並区議会第三支部長、警護専門会社専務取締役) - 移民・外国人労働者・多文化共生反対の政治家紹介

「移民・外国人労働者・多文化共生に異議を唱えることのできる政治家を国政でも地方でも応援しよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

おかげさまで多くの回答をいただいております!「介護に関するアンケート」(4/15まで)

大阪市ヘイトスピーチ条例意見募集【4月12日締め切り】

外国人看護師パブコメ月末締切! ぜひ意見を送りましょう。

国交省モニターも月末締切!移民・多文化共生反対の皆様ぜひ応募しましょう。

「移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を紹介するコーナー」に、「反対」「極めて慎重」を明言できる方より久しぶりに投稿いただきましたので、紹介いたします。

今回は、栗林 寿行氏(次世代の党 杉並区議会第三支部長、警護専門会社専務取締役)になります。

kuribayashi.jpg

----
移民受け入れに賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
受け入れが何故必要か明確な理由・根拠が無いままに、なし崩し的に受け入れ体制準備をすすめている様に見える。

現在政府が進めようとしている、外国人労働者の受け入れ緩和(建設業、介護、家事労働者など)政策に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
例えばの例として、認知症の介護対象者相手にした場合、親子の関係でもコミュニケーションを取るのが難しいのに、外国人の語学レベルでそれを克服出来るのか?極めて疑問です。

地方自治体で広く進められている「多文化共生政策」に賛成ですか反対ですか? 理由は?
極めて慎重。
国レベルで取り組む問題なのか極めて疑問。
大義名分は一部の方々には、素晴らしいと思われるかも知れないが、移民受け入れ・外国人参政権の下準備と勘ぐられても仕方ないと思われる。

外国人参政権に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。
この問題が議論になること自体ナンセンス。
常識的に考えて外国人に投票権を与える国が独立国家と呼べるのでしょうか?

日本の留学政策(留学生30万人計画、留学生への返済不要奨学金支給など)についてどう思われますか?
反対です。
留学生を受け入れて、日本の素晴らしさを世界に発信していただくのは、大変良い事だと思うのだが、受け入れる留学生の資質も選定する必要があるし、返済不要奨学金の前にまずは日本人の進学したくても出来ない人々を進学させるのが先なのでは?
自国民に救いの手を差し伸べなくてどうするのか!

現在の日本の観光政策(外国人観光客2000万人計画、ビザ緩和など)についてどう思われますか?
極めて慎重
外国人観光客が増え日本の素晴らしさを世界にアピールするのは良いことだと思うし、積極的に取り組むべきである。
しかし、すべての外国人が善人ではなく、日本にとっては不利益になる企みを持った者、犯罪者、犯罪者予備軍などが紛れ込まない様に厳しく管理出来るのかどうなのか見守る必要性を感じる。

今後議員になることがあるとした場合、国政または地方レベルで、上記に関連して今後取り組みたいことがあれば教えてください。
介護者として、介護による悲惨な事件を減らす事に取り組みたい。

その他、自己PRがあればどうぞ!
私は、ガーディアン・エンジェルスのメンバーとして、海外でもパトロール活動をして来ました。
その経験を活かして、身辺警護や、特殊な警備に従事してます。
犯罪のもたらす悲惨な状況は理解しているつもりです。
警察・行政・市民の一体化で、犯罪が起きにくい地域作りを作り上げたいと思います。

栗林氏からのメッセージ
「ただ今、ポステングとポスター貼りにご協力頂けるボランティアスタッフさんを大募集しております。資金、看板、地盤のない私にありがたいことにご協力をして下さる方が徐々に増えては来ましたが、まだまだ、人手が足りません。何卒、ご協力頂けたら幸いです。」

杉並区近辺の皆様、ぜひいかがでしょうか?日本国籍を持つ方であれば、区民でなくても参加できます!
メッセージを送る
Facebookを使っている方はこちらよりメッセージをお願いします。

今後も政党や国政・地方問わず、外国人労働者受け入れ含む移民政策に反対・極めて慎重な政治家の声を随時紹介していきます。このコーナーには自薦・他薦大歓迎ですので、「移民」「外国人労働者」「多文化共生」に関するすべての質問に「反対」「極めて慎重」と答えられる方は、ぜひ info@sakuranokai.org までご連絡くださいませ。

【統一地方選関連】選挙応援と同時に、移民・外国人労働者・多文化共生の真実を地域住民に啓蒙しましょう!

八重桜の会は、「移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生」に反対する議員を応援します!

【移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家紹介 バックナンバー】
第5回: 元三鷹市議 増田 仁氏(維新の党)
第4回: 埼玉県議会議員 鈴木正人氏(刷新の会)
第3回: 次世代の党 鹿野晃氏(救急医師、衆議院東京都第22支部長)
第2回: 次世代の党 犬伏秀一前大田区議会議員(衆議院東京都第四支部長)
第1回: 次世代の党 吉田康一郎前都議会議員(衆議院東京都第七支部長)

※このコーナーでの紹介において、八重桜の会は特定の政治家や政党と一切の利益の授受を行っておりません。また、本コーナーの目的は、当会の理念に近い政治家の皆さまの一般的な政策紹介であり、特定の選挙などを意図したものではありません。また、回答内容につきまして、八重桜の会では一切の責任を負わないものとさせていただきます。

「外国人労働者受け入れや多文化共生含む移民政策に反対する政治家を応援しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつだったか、新聞の投書欄で介護士が、外国人介護士の導入に対して疑問を呈している投書をしておられました。
祖の介護士によると、日本人の介護士でも世代間の価値観の違いから、介護が円滑に行かないなど色々と問題があり、日本語ができても外国人介護士だと、文化や習慣の違いから限界が生じるとのことでした。現場の人間からの意見として貴重でしょう。
介護は、言葉ができればいいというものでもなく、工場で製品を作る単純作業ではなく、高度な技術職なのです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/07/21/

>例えばの例として、認知症の介護対象者相手にした場合、親子の関係でもコミュニケーションを取るのが難しいのに、外国人の語学レベルでそれを克服出来るのか?極めて疑問です。

これは、逆に考えれば、日本人に外国人の介護ができるか?ということにもなります。
外国語の堪能な日本人が認知症なったら、日本語しかできなくなったという話を聞いたことがあります。
移民が認知症なれば、日本語が堪能であっても、恐らく出身国の言葉しかできなくなると思われます。
そうした際に日本語のできない外国人の認知症患者を日本人が介護できるでしょうか?
文化も習慣も価値観も違う外国人に日本人の介護が困難なように、外国人の介護を日本人が担えるとは到底思えません。
既に外国人の多い自治体は、外国人の高齢化や介護の問題が深刻になっておりますし、外国人の認知症患者も増えているのです。
こうした事例を鑑みれば、既に移民が高齢化問題の解決策になるという移民推進派の論拠は、既に破綻しているといえます。

Posted by ウミユリ at 2015年03月26日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック