にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年03月10日

偽装難民申請見直し - いいことはたまには褒め、さらなる厳格化を求めましょう!

「移民も難民も日本には不要!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

外国人看護師パブコメ月末締切! ぜひ意見を送りましょう。

国交省モニターも月末締切!移民・多文化共生反対の皆様ぜひ応募しましょう。

まずは本題の前に、
T.N様より、このたびご寄付をいただきました!この場をお借りして深く感謝申し上げますとともに、いただいた寄付金は全額会の運営実費として役立てさせていただきます。

さて、本題です。
今までの政府の姿勢を考えると手放しで喜んでいいのかどうかまだ疑問ではありますし、裏があるのではないかと疑ってしまいますが、ひとまず、「たまにはいいことしましたね」と言えるニュースです。

難民申請、民主政権時の就労「一律」許可見直し
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150307-OYT1T50181.html

法務省は、難民に該当しない外国人が就労を目的に行う「偽装難民申請」を防ぐため、申請者に一律に就労を許可する現在の運用を見直す方針を固めた。

 難民ではないことが明白な申請者の就労は認めないようにする。偽装とみられる申請が増えたことで、認定の審査手続きが長期化し、本来の難民救済に遅れが出る事態を避けるためだ。同省は、近く策定する新たな出入国管理基本計画にこうした方針を明記し、改善を急ぐ。

 「難民認定制度」では、難民申請を行った外国人に対し、申請から半年後に国内で働く資格を自動的に与えている。申請者の生活に配慮し、民主党政権が2010年、生活困窮者に対してだけ優先的に認めていた就労資格を「一律」に見直した。これを契機に偽装とみられる申請が急増した。

----------------------------------------------------

以前、「移民・外国人労働者・多文化共生反対派が応援したくなる企業とは?」の記事を紹介した時に、「良い取り組みをしている企業は褒めませんか?」という提案について、予想以上に多くのご賛同をいただきました。(コメントいただきました皆様、ありがとうございました!)

最近の「子供は褒めるばかりが良い、叱ってはいけない」的な教育の風潮には賛同できませんが、やはり「褒める」ことで、人は相手の言うことに耳を傾けやすくなったり、良い第一印象を持ったりするのは事実です。顧客や有権者の窓口となるような立場の人であれば、クレームのほうが、わざわざ褒めに電話をかけてくる人よりもずっと多いでしょうからなおさらです。

ということで、まずはこの件について、民主党時代の改悪が改められる方針であること自体は素直に褒めたうえで、

- 目的が「偽装とみられる申請が増えたことで、認定の審査手続きが長期化し、本来の難民救済に遅れが出る事態を避けるため」?→ 本来の難民救済など必要ない!ヨーロッパでは、移民だけでなく難民の大量流入によって治安がひどく悪化しているではないか! 人道上云々言うが、東アジアで有事になったらどうするのか、大量の反日国難民が流入して、日本国民の生命・財産が脅かされたら、それは日本人にとっては「非人道的」ではないのか!?

- 生活困窮者に対してだけ優先的に認めていた就労資格→ さらに厳格化し、完全撤廃が妥当。素早く審査し、祖国に送還すべきでは。そもそも難民だからと言って善良な素行である保証など何もないし、日本語も大半は話すことができないので、単純労働にしか就けない、日本人の税金で「支援」してあげる義務などない。大量の難民が職に着いて、日本人の職が奪われたり、あるいは犯罪が多発したら、政府は責任を取るのか? あるいは結局は生活保護に行きつく人が増えると予想されるが、そこに日本人の血税が使われたらたまったものではない!

等々、突っ込みどころはまだまだたくさんあります。

refugee_graph.jpg

そんな矢先に、やはり出てきましたね、こういう自称「難民」。
<難民>不認定は不当、シリアの4男性が国を提訴へ
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20150309k0000e040179000c.html

世界の様々な動きを見ても、今後、世界情勢はより不透明感を増す確率の方が、突然テロや内戦がなくなる確率よりも高いのではないでしょうか。そんなところで日本が難民認定の基準を緩くされてはたまったものではありません。特に難民の場合、仮に本人が高い能力を持っていて、日本を心から好きで日本に同化する意志があったとしても、家族を大勢連れてきますので、「移民問題に発展するリスク」は高いです。こうしたものは断固拒否すべきでしょう。

ということで、まとめとして、
評価する部分は評価したうえで、難民認定厳格化を強く求めましょう!

法務省
TEL 03-3580-4111

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、法務省、厚労省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

法務大臣 上川 陽子
http://www.kamikawayoko.net/inquiry
TEL:054-251-8424 / FAX:054-251-8425

そして、自民党や自民党の国会議員、首相官邸向けには、
「民主党時代の他の外国人に関する売国政策(国民健康保険関連など)も改めるべきだ!」と、「民主党」を引き合いに出すと反応レベルが上がりそうです。

自民党
〒100-0014
千代田区永田町1-11-23
https://ssl.jimin.jp/m/contact
TEL 03-3581-6211
FAX 03-5511-8855

首相官邸
http://bit.ly/cCQE0Q
TEL 03-3581-0101

さらに、今回の難民偽装就労問題を大々的に取り扱ったのは読売新聞でした。2月から、この件をトップ扱いして何度も報道していたのはいい意味での意外感がありました。「たまには読売もいいことするじゃないか」と、評価すべきは評価したうえで、「政府の御用新聞であるかのようなグローバリズム礼賛をやめ、たとえば外国人労働者のデメリット、ヨーロッパ移民の現状や外国人犯罪についてもきちんと取り上げるべき! 反グローバリズム政党を「極右」呼ばわりするのはやめ、外国人犯罪についても実名報道の徹底を!」などと、全体の報道姿勢について注文を付けるべきはこの機会に付けてしまいましょう。

読売新聞
http://info.yomiuri.co.jp/contact/?from=yfooter

繰り返しになりますが、八重桜の会は特定の政治家や政党、団体やメディアを応援したり叩いたりするのが目的の会ではありません。政策や姿勢など、中身こそ全てであり、その基準は「移民・外国人労働者・多文化共生」関連のみです。ある政策を褒めたり叩いたりしたからといって、その政治家や団体を全て礼賛または完全否定することにはならない、だからこそ、「評価すべきは評価し、批判すべきは徹底批判する」姿勢が必要ではないでしょうか。

「褒めるべきは褒め、そのうえで指摘すべき点を厳格に指摘することは、相手にこちらの言い分をより聞いてもらえることにもつながる!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
最近の欧州での動きについて、コメント欄で情報共有してくださいました。
ウミユリ様、敦子さま、情報提供ありがとうございました!

ローマで反移民デモ
イタリアの北部同盟が、移民反対のデモを行いました。党首のマッテオ・サルビニ氏は、現在急速に支持を拡大させているとことです。
http://ameblo.jp/evening--primrose/entry-11996001413.html

ドイツが移民・難民受け入れ制度を変更
犯罪を犯した外国人の国外追放措置を簡素化。在住許可を持たない外国人の国外追放と再入国禁止を強化。
バイエルン州ほかいくつかの州では、コソボ、アルバニアなどの「一定の安定性が保たれた」国からの難民受け入れを厳格化。
http://www.dw.de/interior-minister-proposes-changes-to-deportations-from-germany/a-18300884 (英語)

「世界中の人が『共生』できると思われていた時代など過去のもの!日本の政治家や企業関係者はいい加減に現実を直視すべき」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難民支援は必要だと思います。

ただし、現地での衣食住配布+医療支援を「期間含めて有限」で。


謎なんですよね。

昨日まで普通に生活していた方が、天災人災不慮の事故で支援が必要になったというならともかく、明るい未来の予感もしくは現状で生き抜く覚悟があるわけでもないのになぜ繁殖するのか。繁殖した結果の始末を当たり前のような顔をして他人に要求するのか。

日本人なら社会的経済的に難しければ、ほとんどのひとが子供の数を制限したり、そもそも持たないようにしようとするのに、「政情不安定」下で子供を作り、「爆撃下」で子供を作り、「食べものにさえ事欠く状況」で子供を作る人たち。その論理を維持するために「子供の数を制限する」という選択をした人々が協力すると思える人たち。それを当然と思える人たち。

子供のころ「飢えに苦しむアフリカの子供たち」にせっせとしていた募金を、今では一切していません。当時飢えに苦しんでいた人たち、今では親や祖父母の世代です。それでもなお飢えに苦しんでいられるのはなぜなのか。避妊教育しろよ、武力行使に至る前に和解や友好関係を維持できるような人格教育しろよ、話はそれからだ、と切りました。

底なし沼にカネを投げ込むようなマネは、やめてくれ。
Posted by at 2015年09月08日 12:23
次世代の日本人のためになる、滅私のご奉公にいつも感嘆感謝いたしております。継続が大きなちからになりますように。
Posted by TN at 2015年03月10日 22:04
ブログ主様はお仕事・ご家庭で近ごろは特に大変な中、精力的なご活動、ならびにブログでの力強いメッセージの発信、いつもいつもありがとうございます!! くれぐれもお身体お大切に、元気な赤ちゃんが生れますようお祈りし、またご報告も楽しみにしております。

さて、難民の件、各所に「激励と意見」をしましたが、「激励」の部分は1割で、9割かた「意見」になってしまいました(^^;)。それだけ、私たち移民反対派の国民にとってはまだまだ、今の政府の方針にあきたらぬものがあるということですね! 本日のブログ記事でも、大変示唆に富み、参考になる表現が盛りだくさんで、新たに気付かされたことも多くありました。参考にさせていただき、毎日でも意見を続けてまいります!

>そもそも難民だからと言って善良な素行である保証など何もないし、

ここです、特になるほど!とひざを打ったのは。ラインマーカーで線を引きたいところです(笑)。
マスゴミや弁護士など「利権づくの売国奴」を除けば、お荷物でしかない難民など一人たりとも受け入れたいモノズキな日本国民はいません。でも、心優しければこそ、「人でなし」と思われることを、一部の人はひそかに恐れてもいます。(この「日本人の優しさ」を逆手に取って、シリア人などわざわざ縁もゆかりもない日本を選んでやって来るのです。そのくせ感謝の一言もないかわりに要求と自己主張のオンパレードなのもお決まりのパターンです。)そんな時、探していた答えがまさにこれではないでしょうか!! もしノンポリの友人などとこうしたことで議論になったら、「間違った善意とはどういうものか」「それがいかに国=自分自身の身辺や生活を危うくするか」を教えてあげるのも有意義なことですね。

訴訟を起こしたシリア人4人の図々しさときたら。仮に難民認定されたからといって、永住が許可されるわけでも何でもないのに、勝手にそのような前提でコメントしてますが(笑)。何様のつもりでしょうね。しかも在特はおろか家族呼び寄せまで認めるほうも認めるほうではありませんかorz 「難民と認められない者は、問答無用ですぐに追い返せ」といっておきました。
Posted by ザッケルーナ・ジャパン at 2015年03月10日 13:42
ブログ主様はお仕事・ご家庭で近ごろは特に大変な中、精力的なご活動、ならびにブログでの力強いメッセージの発信、いつもいつもありがとうございます!! くれぐれもお身体お大切に、元気な赤ちゃんが生れますようお祈りし、またご報告も楽しみにしております。

さて、難民の件、各所に「激励と意見」をしましたが、「激励」の部分は1割で、9割かた「意見」になってしまいました(^^;)。それだけ、私たち移民反対派の国民にとってはまだまだ、今の政府の方針にあきたらぬものがあるということですね! 本日のブログ記事でも、大変示唆に富み、参考になる表現が盛りだくさんで、新たに気付かされたことも多くありました。参考にさせていただき、毎日でも意見を続けてまいります!

>そもそも難民だからと言って善良な素行である保証など何もないし、

ここです、特になるほど!とひざを打ったのは。ラインマーカーで線を引きたいところです(笑)。
マスゴミや弁護士など「利権づくの売国奴」を除けば、お荷物でしかない難民など一人たりとも受け入れたいモノズキな日本国民はいません。でも、心優しければこそ、「人でなし」と思われることを、一部の人はひそかに恐れてもいます。(この「日本人の優しさ」を逆手に取って、シリア人などわざわざ縁もゆかりもない日本を選んでやって来るのです。そのくせ感謝の一言もないかわりに要求と自己主張のオンパレードなのもお決まりのパターンです。)そんな時、探していた答えがまさにこれではないでしょうか!! もしノンポリの友人などとこうしたことで議論になったら、「間違った善意とはどういうものか」「それがいかに国=自分自身の身辺や生活を危うくするか」を教えてあげるのも有意義なことですね。

訴訟を起こしたシリア人4人の図々しさときたら。仮に難民認定されたからといって、永住が許可されるわけでも何でもないのに、勝手にそのような前提でコメントしてますが(笑)。何様のつもりでしょうね。しかも在特はおろか家族呼び寄せまで認めるほうも認めるほうではありませんかorz 「難民と認められない者は、問答無用ですぐに追い返せ」といっておきました。
Posted by ザッケルーナ・ジャパン at 2015年03月10日 13:38
偽装難民のテロリストが欧州の新たな脅威に
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/02/post-3542.php

同記事によると、シリア難民に偽装したISISの工作員が既に、潜入したとのこと。一度EU内に入り込めば、自由自在に移動できますから、最早どこでテロが発生してもおかしくないわけです。
ISISは、既に日本を標的にすると明言しているわけですから、難民申請した自称シリア難民が工作員である可能性も考えなくてはなりません?本人はそうでなくても、後々協力者になりうるかもしれません。
以前難民申請したクルド人難民を調べたところ、難民でもクルド人でもないことが判明したことがありました。外見だけでは、国籍や善人悪人の識別ができないのです。
たった一人のテロリストが入り込んでも、大勢の人間が殺傷されるのです。そうなったら誰が責任を取るのでしょうか?難民をいれた人道主義者や弁護士、支援団体の人々が犠牲者になることだってあるわけです。

また難民ではなくても、こうした事例もあります。
難民保護費、相次ぐ不正受給…愛知県警が摘発
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1360416647/
服役後も難民申請で残留のナイジェリア人、保護費詐取容疑で逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130619/crm13061914020003-n1.htm
生活保護と同様、カネをだまし取る目的で難民申請する外国人もおり、不正の手口を共有しあっているのですね。
曽根綾子氏が書いておりましたが、難民の中にはプロ(職業としている)の難民や犯罪組織が「合法的に」入国するために自発的に難民になる事例が少なくないそうです。
「難民=可哀想な人達=善良な人達という考え方を日本人は捨てなくてはならない」と主張していますが、同感です。
Posted by ウミユリ at 2015年03月10日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック