にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年03月05日

外国人医師・看護師受け入れは日本人の生命を脅かす! 広く意見を伝えましょう。(パブコメ募集もあり)

「国民の生命と健康に関わる医療を外国人に任せるなんてとんでもない、断固反対!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

国土交通省モニターに応募しよう!

外国人に甘すぎる司法に抗議!「外国人を雇ったら大変なことになる」が国民的世論になるよう、広く事実を拡散しよう!


本日は医療関連について。
コメント欄にて、「情報提供」様、「がんばるぞ!日本」様から情報提供をいただきました。ありがとうございます!

保育・医療 特区で規制緩和 保育所、都市の公園に
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS27H5S_Y5A220C1MM8000/

「政府は国家戦略特区(総合・経済面きょうのことば)で実施する保育・医療分野の追加規制緩和策を固めた。都市部の公園に保育所を設置できるようにして、首都圏で深刻な待機児童問題の緩和につなげる。医師不足が進む地方の要望に応え、温泉地などの小規模な診療所でも外国人の医師が働けるようにする。特区での特色ある規制緩和を通じ、女性の社会進出や外国人観光客受け入れの環境を整え、成長戦略を進める。…」

「そもそも日本人が外国人医師に日本に働きに来てくれなんて思っていないですよ。ここは日本なのですから日本人に診察してもらうのが当然ですしね。外国人医師が必要なのは日本に転がり込んできた外国人の為であってその為の施策ですよ。多文化共生洗脳の一環でしょうか。馬鹿の一つ覚えで外国人を日本に住まわせる事ばっかり…」

特区ではありませんが、外国人看護師についても、増えているようです。しかも中国人。
中国人看護師が急増している?
http://www.kangoshi-kyujin-job.com/shu321/
「厚生労働省の看護課では、中国人看護師の増加に関しては「日本の国家試験に合格していれば分け隔てすることはない」とコメントしています。」

平成27年度 外国人看護師候補者学習支援事業実施団体の公募について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=208529

foreign-kaigoshi.jpg

医療機関での外国人増加が特に問題なのは、命にかかわる問題であるということ、そして特に救急搬送などの場合、患者が医師や看護師を選べない、ということです。

もちろん、日本人でも医療ミスや事故はあります。しかし、もし「外国人医療関係者が患者の言葉を正確に理解できなかったこと」により、患者の生命や健康が奪われた場合、誰が責任を取るのでしょうか? 政府は責任を取るつもりですか?
あるいは、日本に敵意を持つ反日国の医師や看護師が、故意に日本人患者の生命を危険にさらしたとして、その証明はできるのでしょうか? 将来そうした国との関係がさらに悪化した場合、彼らはすぐに帰国するとは思えませんが、医療で外国人、特に反日国の人に依存するということは、安全保障上も問題です。
普通の人がちょっと考えるだけでも、これだけの問題が出てきます。特に、特区にあるように、地方の医師が外国人にということになってしまうと、その地域の人は大都市と違って、「患者が日本人医師を選ぶ」ことができなくなってしまいます。

ということで、政府はもちろん、業界団体にも引き続きしつこいほどに意見を送りましょう!

政府・省庁
自民党
〒100-0014
千代田区永田町1-11-23
https://ssl.jimin.jp/m/contact
TEL 03-3581-6211
FAX 03-5511-8855

首相官邸
http://bit.ly/cCQE0Q
TEL 03-3581-0101

厚生労働省:
03-5253-1111
国民の声フォーム

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、法務省、厚労省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

業界団体
日本医師会:
http://www.med.or.jp/iken/
wwwinfo@po.med.or.jp

日本看護協会:
http://www.nurse.or.jp/contact/index.html

そして、ブログ主が日々推奨していることとして、
「ぜひお近くの医療機関にも、意見を伝えませんか?」ということです。

病院にかかるたびに、予約の電話などでも、「外国人医師・看護師はいませんか?」などと、日ごろから伝えることが大切です。もしいないと言われたら、大げさなくらいに、「よかったです!! 最近外国人医師の受け入れを政府が拡大するような話が出ていますが、やはり言葉の問題とか文化や倫理観の違いもありますから、まともに意思疏通ができないのではないかと不安ですので。全員日本人でしたら、そちらに伺います。」などと伝えましょう。逆に一人でもいると言われたら、国籍や日本語力を詳しく聞き、「日本人並みに日本語もできない、まして反日国出身となると何をされるかわからない。親日国でも、日本と衛生感覚が相当違うのでは? それならこちらから願い下げ!」など、はっきりと伝えるべきです。現時点でもできるだけ多くの医療機関に、患者あるいはその家族としての率直な意見を伝えることで、そうした意見を言う人が増えれば増えるほど、外国人医師や看護師の採用を躊躇する医療機関が増えていきます。ブログ主も、現在妊娠中のため産婦人科にかかっていますが、現在の病院に決める際に2回ほど、「外国人はいませんね。本当にいないですね。」と確認したうえで決めました。

そしてちょうどこのタイミングで、EPAに関する外国人看護師パブコメ募集しています。ぜひ意見を送りませんか?
「経済上の連携に関する日本国とインドネシア共和国との間の協定の適用を受けるインドネシア人看護師等の出入国管理上の取扱いに関する指針の特例を定める件の一部を改正する件(案)」等に関する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130082&Mode=0

「外国人医師や看護師よりも、まずは日本人が医師や看護師になりたいと思える待遇や教育を!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
こちらは、頭脳流出の観点から見た外国人看護師反対論です。「医療はビジネス」という考え方で有名な人の意見ですので一見相容れないように見えますが、グローバリズムに染まった政治家や企業を説得するには、こうした論法のほうが効果的な場合もあります。相手に合わせて使い分けることが大事です。

国民総背番号制に賛成する医師が、外国人看護師の受け入れに反対するわけ
http://diamond.jp/articles/-/60804

八重桜の会でも頭脳流出の問題を過去に取り上げています。移民や外国人労働者は日本のみならず世界を不幸にするという事実を示す典型例です。
高度人材・エリート層に限定した移民・外国人労働者受け入れが国益を損ねる理由(3)

「移民政策の危険性を、相手の立場に立った効果的な理論付けで外に発信しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例えば静岡県浜松市にある浜松医科大学医学部附属病院
http://www.hama-med.ac.jp/hos_index.html
ここは総合病院で外国人医師がいます。会計受付に外国人がいます。

何でこんな事になっているかは浜松市政の影響も大です。市長も市の職員も筋金入りの地球市民脳ですので。
浜松市民への多文化強制の洗脳工作も露骨です。
外国人が浜松市に永住する事前提で、日本人の意識を変えなさい、外国人が日本で住みやすいように外国人を区別しないで同等に扱えといった感じでノンポリの人や子供まで洗脳しようと躍起です。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1425222599/13

浜松市にある一般社団法人グローバル人財サポート浜松
http://globaljinzai.or.jp/
こういう受け入れる側の親外国人勢力の団体と浜松市役所の外郭組織の浜松国際交流協会と組んでいます。

今まで外国人や混血の人を雇っていない中小企業などもそそのかして多文化共生系イベントに呼んだりしています。HPを見て下さい。深刻な状況です。確信犯で日本を外国人に乗っ取らせる事しか頭にないのが分かります。主義主張がアナーキストです。
アナーキストについては下記の解説参照
http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/63603966.html


長野県で多文化共生に関するパブコメが3月10日締め切りで行っています。
http://www.pref.nagano.lg.jp/koho/kensei/koho/public/h26/p_kurashi0209_1.html

http://www.pref.nagano.lg.jp/kokusai/sangyo/kokusai/tabunka/tabunka/symposium.html
長野県も相当深刻です、ここに出てくる人らも調べてみると確信犯の人ばかりです。日本を多民族混血国家にすることしか頭にありません。外国人を賛美して純真無垢の天使扱いか、日本人の国民主権を侵害して日本を乗っ取りたい外国人達もいます。

外国人が日本に住んで多文化共生云々言い出す、その為に内政干渉するのは侵略者以外の何物でもありません。外国人を日本で雇用するとろくなことがありません。

2番目に記した資料でブラジル国民はブラジル以外に住むのは論外な人種である事も紹介しました。日系人特権の廃止なども首相官邸などに凸をすることにもご協力下さいませ。情報拡散も大歓迎です。
Posted by 情報提供 at 2015年03月06日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック