にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年03月02日

国土交通省モニター募集・他団体イベント情報

「国益に反する移民・多文化共生政策には、黙ってストレスをためるのではなく、堂々と声を出して抗議するべき!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(3月-5月)

介護・美容師などの外国人受け入れに反対の意見を業界団体に送ろう!

反日国やマナーを守れない外国人観光客の受け入れについて、企業や観光関係業者に意見しよう!

本題の前に、まずは先日ご寄付をいただきました、K.S様、誠にありがとうございました!この場をお借りして、感謝申し上げます。

さて、今週は「行動しよう」特集として、日々、申し込みや電話での抗議、ネットでの拡散ができる話題を取り上げていきます。
まず本日は、モニター募集の紹介と、他団体からのイベント情報です。

----------------------------------------------------------------------
国交省モニター募集
○あなたのご意見をお聴かせください!
〜平成27年度「国土交通行政インターネットモニター」を募集します〜
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo01_hh_000087.html

国土交通省は、皆様から広くご意見をお聴きして、国土交通行政に反映させることを目的として『国土交通行政インターネットモニター』を募集します。多くの皆様からのご応募をお待ちしています。
1.募集者数      
 全国で1,000名程度
2.募集期間
 平成27年3月2日(月)〜 平成27年3月31日(火)
3.応募方法
 「国土交通行政インターネットモニターページ」からご応募ください。
( https://www.monitor.mlit.go.jp/ )
4.応募資格
  日本国内に居住する20歳以上(平成27年4月1日現在)の方で、インターネットを容易に利用でき、国土交通行政に対する高い関心と熱意を有する方とします。
  ただし、国会・地方議会の議員、国土交通行政に従事する常勤の公務員、国土交通省所管の独立行政法人等の役職員及びその同居の親族は除きます。
5.モニターの仕事   
  [1]国土交通省が提示する「アンケート調査」に対して回答していただきます。    (国土交通省が提示する「課題」について意見書を提出いただく場合があります。)
  [2]国土交通行政に対するご意見・ご要望を「随時意見」として提出することができます。
6.モニターの期間     
  委嘱の日から平成28年3月31日まで
※ 詳細は、別添の平成27年度「国土交通行政インターネットモニター」募集要領のとおりです。

意見発信.png

都市計画、建設、土地の売買なども国交省が絡んでくるほか、観光庁、海上保安庁も国交省の管轄です。
移民・外国人労働者・多文化共生反対の立場からも、言いたいことがたくさんありますね。
募集枠も1,000人と多めです。過去のモニターに当選しなかった方も、ぜひしつこいほど何度も申し込みましょう!申し込み締め切りは月末です。

そして、もし皆様が移民、外国人労働者、グローバリズムに反対する仲間(自称保守ではなく、問題の本質をご存知の方)をご存知だったり、そのような人が集まるグループにご所属でしたら、ぜひ一緒に申し込みをお誘いしてみてはいかがでしょうか。移民反対派の人が多く応募すればするほど、数の論理で「こちら側」の当選確率が上がります!

----------------------------------------------------------------------
四か国語表記に反対する街宣 (都庁)
続きまして、国土交通省といえば観光庁、観光庁と言えば四か国語表記です。
反日外国人との「共生」を助長する四か国語表記に反対する「日本の景観と伝統を守る会」から、街宣についての拡散依頼をいただきましたので、シェアさせていただきます。演説・応援したい方のご参加大歓迎とのことです。
日本の景観と伝統を守る会

「日本の景観と伝統を守る会」からのメッセージ:
今年度は、あとひと月しかありません。
3月末までに都議会において「中韓表記を併記する」と結論が出てしまうと、もう終わりです。駅の中だけでなく、街の中や施設の中にまで中韓表記が溢れてしまいます。
四ヵ国語表記で東京の景観が壊され、取り返しがつかない事態になってしまいます。これは次々と日本国中に波及します。日本国内のそこら中が四ヵ国語表記だらけになってしまいます。

3月が勝負の月です。
全力で東京都や観光庁などに訴えていきたいと思います。
街宣の予定
3月6日(金)、9日(月)、11日(水)、13日(金)、16日(月)、18日(水)、20日(金)、23日(月)、25日(水)、27日(金)の延べ10回、毎回11:00〜14:00に大江戸線の都庁前駅A3出口辺りで街宣する予定です。
途中からの参加、途中抜けで構いませんので、多くの方々の参加を募ります。

四か国語表記に関する街宣の様子(8分56秒から)


都議会議員リスト (都議会議員にも引き続き意見を送りましょう)

こちらも引き続きご活用くださいませ。
「多言語表記及び観光政策に関するアンケート」調査結果 - 8割以上が「日本語と英語の表記で十分」と回答

4か国語表.jpg

四か国語表記の問題を八重桜の会でもたびたび取り上げている大きな理由は、ほかの政策に比べて、一般の人が気付く取っ掛かりの話題になりやすいということです。ノンポリのご家族・友人・知人にも、「別に日本語と英語だけあれば十分だよね」といった感じで、雑談のように話題を振りやすいですので、ぜひきっかけづくりとして広めてみてはいかがでしょうか。一人が2、3人に広めるだけでも、口コミ効果によるさらなる拡散効果が期待できます。一度気づくきっかけを提供すれば、だんだん調べ始めて移民問題の本質に行きつく人も、増えることはあっても減ることはないのですから。

「仲間内で文句や愚痴を言っていても意味がない!移民政策の危険性を外に発信しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国土交通行政インターネットモニター、応募しました!
また、3月2日付の情報提供様のコメントの「特区外国人医師」に関して、日本医師会に反対のお願いを出しました。以前、八重桜様の記事で「業界団体への意見が意外と有効」というお話があったのを思い出しました。(^-^)聞く耳を持ってもらえるかはともかく、やれることは今のうちにやっておかねば、との思いで・・・

日本医師会HP
http://www.med.or.jp/jma/

同会「ご意見・ご感想」あて先
wwwinfo@po.med.or.jp




Posted by がんばるぞ!日本 at 2015年03月03日 16:38
保育・医療 特区で規制緩和
保育所、都市の公園に/外国人医師、診療所で勤務

 政府は国家戦略特区(総合・経済面きょうのことば)で実施する保育・医療分野の追加規制緩和策を固めた。都市部の公園に保育所を設置できるようにして、首都圏で深刻な待機児童問題の緩和につなげる。医師不足が進む地方の要望に応え、温泉地などの小規模な診療所でも外国人の医師が働けるようにする。特区での特色ある規制緩和を通じ、女性の社会進出や外国人観光客受け入れの環境を整え、成長戦略を進める。…
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS27H5S_Y5A220C1MM8000/

そもそも日本人が外国人医師に日本に働きに来てくれなんて思っていないですよ。ここは日本なのですから日本人に診察してもらうのが当然ですしね。外国人石が必要なのは日本に転がり込んできた外国人の為であってその為の施策ですよ。多文化共生洗脳の一環でしょうか。馬鹿の一つ覚えで外国人を日本に住まわせる事ばっかり…

確信犯で全く意味合いの異なる国際交流と多文化共生を一緒くたにして、なし崩し的に日本という国を根幹から破壊して純血の日本人を根絶やしにしていく様な政策としか思えません。つくづく卑怯だなと思います。特区なんか成熟した国でそもそもやる政策ではないですし、移民で国は滅ぶ事は周知の事実なのに。
Posted by 情報提供 at 2015年03月02日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック