にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月23日

政策データベースサイト・おすすめニコ生チャンネルの紹介

「グローバリズムは日本及び世界の99%を不幸にする!断固反対!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

企業に外国人労働者雇用の危険性を伝えましょう。

早くも連日多くの申し込みをいただいています!2/14 杉田水脈衆議院議員講演会「次世代の党と日本の重要課題について」

本題の前に、本日は天長節ですので、ぜひ国旗を掲げましょう。
hinomaru.png

八重桜の会的に言えば、移民と多文化共生に反対するならば、ぜひクリスマスツリーよりも国旗を掲げて意思表示しましょう。
日本人として、今上天皇陛下81歳のお誕生日をお祝いするとともに、「ここは日本です。日本人の国です。多文化共生お断り!」という無言の意思を示すことにも繋がります。

さて、本日の本題です。
八重桜の会の姉妹サイト、姉妹コミュニティとして、本日はお役立ちサイトの紹介です。
政策に関する情報データベース
http://jouhounatura.seesaa.net/


外国人労働者や留学生の受け入れを始めとする、一連のグローバリズム政策について、省庁別、自治体別、大学別などに網羅された、データベースサイトになります。
情報拡散を大歓迎いたします!

anti-globalisation-495x400.jpg

また、ニコニコ生放送チャンネル「桜餅チャンネル」ができました。
こちらも、ぜひお気に入りに加えていただければ幸いです。

【ニコニコミュニティ】桜餅ちゃんねる
http://com.nicovideo.jp/community/co2445287
【ニコニコミュニティ】桜餅ちゃんねるの生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/co2445287?ref=community


ロゴ1.jpg

今後、関連記事も書いていきたいと思っていますが、八重桜の会では、いわゆる「日本派vs.中国・韓国・朝鮮をはじめとする反日国家・勢力」といった、一昔前の構図では問題をとらえていません。欧州をはじめ、世界各国で起こっている現象を俯瞰したうえで、「対グローバリズム」という見方をしており、そのグローバリズムの中で最も不可逆的かつ国家に取り返しのつかない損失を与える「移民・外国人労働者・多文化共生」を扱っている、ということです。
上記のサイトやコミュニティもその観点から運営されていますので、ぜひご覧くださいませ!

【今日の記事・動画】
「対グローバリズム」に関する記事。
216.民族vsグローバリズムの時代 【ソ連時代の価値観では理解できない】
http://ameblo.jp/arashi-toranosuke/entry-11857243488.html

八重桜の会では、いわゆる陰謀論はとりませんし、ユダヤ関連については論理的に裏が取れるようなことがなければ推測で取り上げるようなことはしませんが、重要なのは以下の部分です。

「欧米もそれぞれの民族があるが、グローバリストは、それらの民族がアイデンティティを主張する事を嫌い、民族の無い画一的な世界にしようとしています。

移民をどんどん送り込むのもグローバリズムにするためだし、その国の国民所得を落とすのもグローバル金融の利益のための経済戦争です。

世界は民族と民族破壊主義=グローバリズムとの戦いがはっきりしてきました。

今後は、自国の民族のみを大事にする民族主義とは違って、グローバリズムに敵対して、民族を守る人々が世界的に連携する必要があるでしょう。

それと、国内のグローバリズム勢力が、日本をグローバリズムの国に変えようとしているのも、はっきりと国内での戦争だと位置づけする必要があると思います。」

「たとえ口先で保守を謳っていても、グローバリズムを推進するならば反日と同じく、日本国の敵だ!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ


posted by AOI at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・資料の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。