前の記事 TOP 次の記事

2014年12月21日

地方創生特区にも移民政策を盛り込み

「現在政府が進めている外国人労働者受け入れは事実上の移民政策!断固反対!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

4か国語表記について反対の意見を都議会議員に送りましょう。

早くも連日多くの申し込みをいただいています!2/14 杉田水脈衆議院議員講演会「次世代の党と日本の重要課題について」
投稿者:松本(八重桜の会運営)

----------
安倍首相は選挙の結果を受け、首相官邸で開かれた
第10回国家戦略特別区域諮問会議において、
「成長戦略を前に進めよ」という国民の声をいただいたとし、
公約であった、地方創生特区にも着手するよう指示を出しました

20141219senryaku_tokku01.jpg

国家戦略特区というのは
東京圏(東京都23区の一部、 神奈川県 千葉県成田市)
関西圏(大阪府 京都府 兵庫県)
新潟県新潟市  兵庫県養父市
福岡県福岡市   沖縄県 の6地域が決定しており
選挙のために廃案になった国家戦略特区法改正案について、
新たな規制緩和策も盛り込んだうえで、
次期通常国会に提出し、早期成立を目指す考えも強調しました

この国家戦略特区改正法案はしっかりと見てください↓
国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案の概要

首相は、地方創生特区を国家戦略特区の第2弾として位置づけ
規制緩和によってさらなる外国人労働者等の受け入れを
進めるつもりです。

地方創生特区の候補に上がっている
仙北市や愛知県の構想には、ちゃんと外国人の受け入れが
明記されています。
愛知県 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h26/pdf/aichi_shiryou.pdf
仙北市
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h26/pdf/senbokushi_shiryou.pdf
既に決まっている国家戦略特区6地域に加え、地方創生特区が5地域
合計11の地域で規制緩和による外国人の受入が進みます。

2015年初頭からは
建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置
(外国人建設就労者受入事業)

が始まる予定です。

今年春頃に「移民20万人受入、本格的に着手」と報道され
首相は慌ててテレビに出演し、移民政策ではないと言いましたが
これらの特区構想等を見る限り、外国人受入政策であることは明らかです。
首相が打ち出す政策はしっかりと吟味する必要があります。
数年後にこんなはずではと思ってからでは遅いのです

--------
【仲間内で文句を言うのではなく、抗議は以下の連絡先にぶつけましょう!】
自民党
〒100-0014
千代田区永田町1-11-23
https://ssl.jimin.jp/m/contact
TEL 03-3581-6211
FAX 03-5511-8855

首相官邸
http://bit.ly/cCQE0Q
TEL 03-3581-0101

首相FB
http://www.facebook.com/abeshinzo?hc_location=stream

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、法務省、厚労省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

そして、もし皆様のご家族やご友人に、人を雇ったり、スカウトする立場の方(経営者、人事、面接を担当する管理職、ヘッドハンター、ベンチャーキャピタリストなど)がいらっしゃいましたら、ぜひ「外国人を雇用することの危険性」を、それとなく教えて差し上げてはいかがでしょうか。外国人労働者は、政府や議員に働きかけるだけでなく、「やってみたけれども、誰も需要がなかった」という結果を作り出すことも一つの重要な対策であり、そのためには政治家や企業任せではなく、私たち一般人一人ひとりの意識・行動が重要です。
口コミの重要性

「政府や議員、企業はもちろん、国民全体が外国人労働者の危険性に気付くべき!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
「政府が移民を受け入れないと言っているのだから受け入れないだろう」と思い込むのは、足元の生活が悪化していたとしても、「政府が景気回復途上にあると言っているから大丈夫だろう」と思い込むのと同じくらいの思考停止です。

見たくないものを消し去るという大愚ー潜在成長率のパラドックスー
http://asread.info/archives/1292

「一人でも多くの国民が現実を直視すべき!そのために自分も情報を広めよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

posted by yaezakura at 18:16 | 政策に関する情報

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa