にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月21日

地方創生特区にも移民政策を盛り込み

「現在政府が進めている外国人労働者受け入れは事実上の移民政策!断固反対!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

4か国語表記について反対の意見を都議会議員に送りましょう。

早くも連日多くの申し込みをいただいています!2/14 杉田水脈衆議院議員講演会「次世代の党と日本の重要課題について」
投稿者:松本(八重桜の会運営)

----------
安倍首相は選挙の結果を受け、首相官邸で開かれた
第10回国家戦略特別区域諮問会議において、
「成長戦略を前に進めよ」という国民の声をいただいたとし、
公約であった、地方創生特区にも着手するよう指示を出しました

20141219senryaku_tokku01.jpg

国家戦略特区というのは
東京圏(東京都23区の一部、 神奈川県 千葉県成田市)
関西圏(大阪府 京都府 兵庫県)
新潟県新潟市  兵庫県養父市
福岡県福岡市   沖縄県 の6地域が決定しており
選挙のために廃案になった国家戦略特区法改正案について、
新たな規制緩和策も盛り込んだうえで、
次期通常国会に提出し、早期成立を目指す考えも強調しました

この国家戦略特区改正法案はしっかりと見てください↓
国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案の概要

首相は、地方創生特区を国家戦略特区の第2弾として位置づけ
規制緩和によってさらなる外国人労働者等の受け入れを
進めるつもりです。

地方創生特区の候補に上がっている
仙北市や愛知県の構想には、ちゃんと外国人の受け入れが
明記されています。
愛知県 
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h26/pdf/aichi_shiryou.pdf
仙北市
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h26/pdf/senbokushi_shiryou.pdf
既に決まっている国家戦略特区6地域に加え、地方創生特区が5地域
合計11の地域で規制緩和による外国人の受入が進みます。

2015年初頭からは
建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置
(外国人建設就労者受入事業)

が始まる予定です。

今年春頃に「移民20万人受入、本格的に着手」と報道され
首相は慌ててテレビに出演し、移民政策ではないと言いましたが
これらの特区構想等を見る限り、外国人受入政策であることは明らかです。
首相が打ち出す政策はしっかりと吟味する必要があります。
数年後にこんなはずではと思ってからでは遅いのです

--------
【仲間内で文句を言うのではなく、抗議は以下の連絡先にぶつけましょう!】
自民党
〒100-0014
千代田区永田町1-11-23
https://ssl.jimin.jp/m/contact
TEL 03-3581-6211
FAX 03-5511-8855

首相官邸
http://bit.ly/cCQE0Q
TEL 03-3581-0101

首相FB
http://www.facebook.com/abeshinzo?hc_location=stream

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、法務省、厚労省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

そして、もし皆様のご家族やご友人に、人を雇ったり、スカウトする立場の方(経営者、人事、面接を担当する管理職、ヘッドハンター、ベンチャーキャピタリストなど)がいらっしゃいましたら、ぜひ「外国人を雇用することの危険性」を、それとなく教えて差し上げてはいかがでしょうか。外国人労働者は、政府や議員に働きかけるだけでなく、「やってみたけれども、誰も需要がなかった」という結果を作り出すことも一つの重要な対策であり、そのためには政治家や企業任せではなく、私たち一般人一人ひとりの意識・行動が重要です。
口コミの重要性

「政府や議員、企業はもちろん、国民全体が外国人労働者の危険性に気付くべき!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
「政府が移民を受け入れないと言っているのだから受け入れないだろう」と思い込むのは、足元の生活が悪化していたとしても、「政府が景気回復途上にあると言っているから大丈夫だろう」と思い込むのと同じくらいの思考停止です。

見たくないものを消し去るという大愚ー潜在成長率のパラドックスー
http://asread.info/archives/1292

「一人でも多くの国民が現実を直視すべき!そのために自分も情報を広めよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by yaezakura at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 政策に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三重県国際交流財団についてですが、国際交流財団で検索すると、三重県だけでなく、全国津々浦々にあることがわかります。国際交流財団の元締めは、一般財団法人自治体国際化協会(クレア)であり、その親元は総務省です。国を挙げての国際化事業です。
県や市町村レベルのこういった活動は、
ほとんどが国の指示で動いていると考えられます。
Posted by mm at 2014年12月23日 22:26
昨日のFAX抗議の話の補足です。確かにFAXは、電話やメールにはない威力がありますね。6年前の件でも、作戦会議集会(水島聡氏か水間政憲氏が主宰、村田春樹氏も登壇された記憶があります)で「みなさん、どしどしFAXを送ってください」と言われていましたが、もう一つ思い出したのが、「本文の内容などはむしろ短くてよく、手書きの大きな力強い文字で書くのが最も効果的です」ということです。これはメールではできないことだし、電話は受話器を外されてしまえばおしまいだし(笑)、そうするとFAXが最強ともいえますね。特に緊急事態にね。
Posted by アギーレタ・ジャパン at 2014年12月23日 08:54
とうとう来ましたね。各所に抗議はしたものの、いつも思います。抗議の内容や長さよりも数、とはいうが、はたしてどれくらいの抗議が届いているのだろうか・・・と。手ごたえがわからないのが不安ではありますが、八重桜さんが発信し続けて下さる限り、微力ながら私は続けます!

メディアはやはり、クリスマスだの紅白だの流行語だの、芸能人の動向だのと下らないことばかりで、相変わらず報道されている様子はなしですね。国家戦略特区など、国の将来を大きく左右するし、国民の生活を直撃することなのに。移民によって得をする者たちの権力や金力がいかに絶大か、これでよくわかります。

たしか6年前(平成20年)の11月末でしたが、改悪国籍法案に反対するため、参議院議員の各事務所あてに自宅からしらみつぶしにFAXを送信したのを思い出します。なぜFAXだったか忘れましたが、その案件に関し、その時の状況ではそれが一番効果的な手段だとされていたからでした。その時は「FAXが天井まで積み上がるほど何万件(?)と殺到していて、事務所によってはFAX機がパンクして壊れてしまった」との情報もありましたが、結果はご存じ、残念なものでしたが。この時もこれまた、各種移民法案の例にもれず国民には極秘で進められたため、抗議行動が後手に回ってしまったこともありましたね。もう、移民推進派の政治家か財界人が一人くらい、外国人に日本国内で殺される必要があるのかも(笑)。
Posted by アギーレタ・ジャパン at 2014年12月22日 15:06
三重県政と三重県政の外郭団体三重県国際交流財団が三重県在住の外国人に対して妊娠・出産に関する医療制度、母子保健制度を徹底的に利用させよう会合を開いて売国にひた走っています。
http://www.mief.or.jp/jp/helpdesk.html#kenshu

↓開催案内チラシです。
http://www.mief.or.jp/jp/helpdesk_file/kenshu4.pdf

三重県より公益財団法人の認定を受けて三重県より日本を多民族混血国家に変貌させる団体としてさしずめ売国にひた走りやすいようにお墨付きを受けた団体です。
http://www.mief.or.jp/index.html

三重県が三重県国際交流財団に対して三重県民の税金を湯水の如く使って三重県民向けに多文化共生洗脳講座など開など、三重県に住む外国人がとことん三重県民の税金で生涯面白おかしく生きられるような県政作りを一蓮托生で三重県政と三重県国際交流財団がぐるになってやっております。

鈴木英敬三重県知事は筋金入りの多文化共生主義者で、妻はなんと在日韓国人の帰化人。狂気の沙汰でブラジル人のノービザを実現しようと躍起になっていたりと日本国民を地獄の底に突き落とすことを嬉々としてやっております。ブラジル国籍犯罪が激しい地域でもあり日本人が今年も日系ブラジル人に殺されていたりするのに我関せずです。

三重県松坂市で日系ブラジル人のマワリダ・ダニロ・タカシが運転免許を一度も取得した事がないのに車を運転して日本人の16歳の少女と15歳の女子中学生2人を負傷させてあろうことか逃亡、それにより放置された16歳の少女が死亡、見殺しにして逮捕されました。三重県がまるでブラジルと化しているような事件であります。日系ブラジル人が三重県に住むことにより日本人の子供にも悪影響を確実に与え続けています。世情が狂って日本社会破壊。

【三重】鈴木英敬知事が再出馬表明 来春の三重県知事選 このままでは三重県だけでなく日本の国益が著しく損なわれます、日本の国民主権の侵害がより深刻化していきます。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417018421/1-3
Posted by まもり at 2014年12月22日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック