にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月20日

埼玉県議会議員 鈴木正人氏 - 移民・外国人労働者・多文化共生反対の政治家紹介

「移民と外国人労働者に反対する政治家をこれからも応援しよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

4か国語表記について反対の意見を都議会議員に送りましょう。

早くも連日多くの申し込みをいただいています!2/14 杉田水脈衆議院議員講演会「次世代の党と日本の重要課題について」

来年4月には、統一地方選挙が行われます。そこで当選すべき候補は、国政並みに、移民や多文化共生、外国人労働者の問題について意識を持ち、はっきりとそれらについて反対を明言できる人ではないでしょうか。
なぜなら、特区、外国人の生活保護、子育て支援といった、移民と深くかかわる問題の中には、地方自治体の裁量が大きい問題が数多く存在するからです。また、多文化共生に予算をつけているのも地方自治体です。

そこで、八重桜の会では、統一地方選に向けて、「移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を紹介するコーナー」の続編として、今から国益派の地方政治家の声を随時紹介していきます。1から3までの質問に対し、「反対」あるいは「極めて慎重」を明言できる方が対象となります。自薦、他薦も大歓迎です。

まずは、八重桜の会のイベントでも登壇いただいた、埼玉県 鈴木正人県議会議員(刷新の会)にご回答いただきましたので、紹介させていただきます。

175150_105912389488187_5194285_o.jpg

----
1. 移民受け入れに賛成ですか、反対ですか? 理由は?
反対です。日本人の雇用が奪われ外国人に合わせて実質賃金も下がり、生活習慣の違いからご近所トラブルも耐えず治安も悪くなるからです。

2. 現在政府が進めようとしている、外国人労働者の受け入れ緩和(建設業、介護、家事労働者など)政策に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
当然反対です。上記に述べた通り日本人の雇用が奪われ実質賃金が下がるだけでなく、本来賃金が家族を持って生活出来るレベルまで上がれば働くであろうニート60万人フリーター176万人がそのままの厳しい立場のまま活用されないからです。

3. 地方自治体で広く進められている「多文化共生政策」に賛成ですか反対ですか? 理由は?
反対です。理想と綺麗事だけが書かれてはおりますが、すでに先にやっている欧州などの例を見れば実際は我が国の国柄が壊されるだけでなく、わざわざ来てもらって習慣が大きく違う民族と日本人の対立を生むだけだからです。

4. 外国人参政権に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
当然反対です。スパイ防止法もなく反日国家の工作員がやりたい放題の我が国で、日本に忠誠を誓わない外国人に参政権を与えてしまえば日本解体に拍車がかかるからです。

5. 日本の留学政策(留学生30万人計画、留学生への返済不要奨学金支給など)についてどう思われますか?
全く不要。それよりも将来我が国発展のために役立てる事を条件に日本人学生への奨学金制度や留学制度の充実に宛て、返済不要奨学金制度は日本人のために創設すべきです。

6. 現在の日本の観光政策(外国人観光客2000万人計画、ビザ緩和など)についてどう思われますか?
外国人観光客の誘致に反対するものでもなく、我が国らしくおもてなしの心で迎え入れる事まで否定はしないが、英語以外で反日国の看板や電光掲示板の設置や「数次ビザ」発給要件緩和を安易に行っている事はやり過ぎでむしろ是正すべきです。

7. (現職・前職の方へ)上記をはじめ、一連の外国人関連政策について、これまで議員として取り組まれてきたことがあれば教えてください。(新人の方へ)今後議員になることがあるとした場合、国政または地方レベルで、上記に関連して今後取り組みたいことがあれば教えてください。
外国人参政権に慎重な立場を求める意見書や沖縄数次ビザ発給緩和に反対する意見書の可決、議会での賛成討論に参加。多文化共生政策への問題点指摘などをやってきました。
今後は外国人に対する歯止めの無い生活保護費の支給の問題点など取り組んでいきたいです。
国政レベルでは憲法改正(自主憲法制定)とスパイ防止法制定が急務だと思います。

8. 日本の少子高齢化・人口減少の克服のために、政府は何をすべきだと考えますか?
幼児教育の無償化。
ジェンダーフリー教育の廃止。教育の場で家族の絆や大切さをしっかり教える。
無理矢理やる女性の社会進出ではなく、生き方として選んだ専業主婦の方の権利の尊重。
何よりも家族を養えるように出来る実質賃金の向上。

9. 日本の経済発展のために、今後政府は何をすべきだと考えますか?
内需拡大政策による景気回復と実質賃金の向上。そのためには国土強靱化の推進。防衛産業育成のために戦闘機の国産化やさらには輸出拡大。メタンハイドレートや水素エネルギー、蓄電池の大型化など次世代エネルギーの早急な実用化。

10. 政治という観点から、貴方の教育観・家族観について教えてください。
自分の国や歴史に誇りを持つ教育は基本中の基本。GHQ占領軍のウォーギルトインフォメーションプログラムによって破壊された我が国の良き伝統は取り戻すべきです。
実は今の時代でも通用する教育勅語に書いてある事を現代語訳にして、多くの国民が理解していただいて夫婦や親子、そして友人同士が実践すれば自分勝手主義も改められ、少子化にも歯止めが効き、孤独な人達も減らしていくことに寄与すると思いますし、そうする必要があります。

11. もしあなたが今日本の総理大臣だったとしたら、まず一番にどんな問題に、どのように取り組みますか?
自主憲法の制定を始めとする戦後の自虐史観体制から脱却し、国際社会の理不尽は許さず、常に毅然とした態度で臨める強い自立自尊の出来ている祖国日本の構築。

12. その他、自己PRがあればどうぞ!
現代において決して器用な生き方ではありませんが、西郷南州遺訓にもある、命もいらぬ、名もいらぬ、官位もいらぬ、金もいらぬというような人は処理に困るものである。
このような手に負えない大馬鹿者でなければ困難をいっしょにわかちあい、国家の大きな仕事を大成することはできない。という気持ちを常に肝に銘じ郷土やお国のために頑張ってまいりますので応援よろしくお願いいたします。

鈴木議員は、常時街頭でのチラシ配りやポスティングを始め、ボランティアを募集しています。
上記のお考えに賛同いただけた方で、お近くにお住まいの方、埼玉県民の方は、ぜひ一度ご連絡いかがでしょうか。
ボランティア・カンパ募集のページ

鈴木正人埼玉県議会議員講演「地方議員から見た移民政策の問題点」 (8/16シンポジウム)


今後も政党や国政・地方問わず、外国人労働者受け入れ含む移民政策に反対・極めて慎重な政治家の声を随時紹介していきます。

【移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家紹介 バックナンバー】
第3回: 次世代の党 鹿野晃氏(救急医師、衆議院東京都第22支部長)
第2回: 次世代の党 犬伏秀一前大田区議会議員(衆議院東京都第四支部長)
第1回: 次世代の党 吉田康一郎前都議会議員(衆議院東京都第七支部長)

※このコーナーでの紹介において、八重桜の会は特定の政治家や政党と一切の利益の授受を行っておりません。また、本コーナーの目的は、当会の理念に近い政治家の皆さまの一般的な政策紹介であり、特定の選挙などを意図したものではありません。また、回答内容につきまして、八重桜の会では一切の責任を負わないものとさせていただきます。

「外国人労働者受け入れや多文化共生含む移民政策に反対する政治家を応援しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック