にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月13日

「死に票になりたくないから多数派に」の愚 - 自らの価値観と信念に基づいた一票を!

「日本の未来は、マスコミでも官僚でも外国人投資家でもなく、国民が決める!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

移民・外国人労働者受け入れ反対の政治家の事務所に応援ボランティアに行きましょう!

投票前に、各候補の政策を確認しましょう!(政策紹介カテゴリ)

意見しましょう! 外国人造船就労者受入事業に関するパブリックコメント(12/17締切)

----------

いよいよ選挙関連の記事も、このブログでも終盤となりました。
最近ちらほら聞かれる話で腑に落ちないことが一つあります。それは、
「どうせ○○に入れても落選する可能性が高いし、死に票になりたくないから、多数派の△△に入れる」という話。

そういう自称「保守」の方に聞きたいです。「あなたは、自分の政治的価値観、国家観というものを本当に持っているのですか?」と。
極論を言えば、「死に票になりたくない」という理由に基づいて大多数の国民が投票したとしたら、時の政権、あるいはもっとも優勢な政党「だけ」に票が集まる、つまり民主主義は形だけで体をなさなくなる、ということです。
票数にかかわらず、自らの信念、価値観、国家観に最も合った候補に投票しましょう。

5d35b8aef5.jpg

小選挙区における一つの例を挙げましょう。
A候補: 移民と外国人労働者、両方に反対を明言。
B候補: 移民は反対、外国人労働者は賛成。
C候補: 移民・外国人労働者両方に賛成。

仮に、ある有権者が、八重桜の会基準である「移民と外国人労働者、両方に反対を明言できる候補に投票を」に賛同し、投票に臨んだとします。この場合、通常はA候補に投票するでしょう。

ところが、B候補が圧倒的に優位であり、A候補とC候補は厳しい場合、「死に票になりたくないから多数派に」といって、自分の価値基準に合わないのにB候補に投票するのは、果たして筋が通る選択なのでしょうか?
実は、一見合理的に見えて、かえってこの有権者はB候補に投票することで、自分の票を「死に票」としてしまっていると思います。なぜなら、この有権者がB候補に投票しようがしまいが結果には変化を及ぼさない、しかもB候補を本当に良しとして投票しているわけではないのですから、「自らの民意の反映」をこの有権者は放棄したどころか、自らの信念を欺いたといっても過言ではないということです。

もしこの有権者が自分の考え通り、A候補に投票した場合。確かに当選する確率はB候補よりも低いかもしれません。しかし、同じような考えを持つ有権者が多数B候補に投票したとすれば、比例復活の可能性も高まります。また、たとえ当選に至らなかったとしても、移民や外国人労働者に反対するような愛国候補というのは通常マスコミで持ち上げられることがまずありませんので、ある意味「ネットの力がこれだけ伸びた」「マスコミを鵜呑みにしない国民がこれだけ増えた」という力を示す一つの指標となります。個別具体名を出しますと、都知事選の時の田母神俊雄候補、前回の参院選における維新政党・新風の鈴木信行代表の得票数は、ネットだけではなく、一部のマスコミでも驚きを以て取り上げられました。そういう情報を見た人が、「実はすごい人なのかもしれない」と興味を持つ→さらに国益派の支持層が増える、という流れを、今回の選挙後も作っていくためにも、今回の選挙で移民推進派のマスコミが嫌うような国益派の候補がどれだけ票を伸ばすかは重要なのです。これは、比例の得票数においても同じです。

唯一、この事例の例外といえるのは、C候補とB候補が明らかに接戦であり、A候補を大きく引き離している場合。この場合は、移民そのものに賛成しているC候補を勝たせないために、外国人労働者への理解は薄いと思われるものの少なくとも移民には反対しているB候補に入れるというのは、合理的な選択といえますし、その票は「生きた票」になります。

「生き票」「死に票」は、当選したかどうかで決まるものではありません。
自らの信念や国家観に基づいて投票したのであれば生き票です。それを捻じ曲げて、勝ち組に入れたいからというだけの理由で投票したのであれば、それは死に票です。

皆さま、自らの信念に最も合致する候補者及び政党に、一票を入れましょう。

そのうえで改めまして、賛同されるかどうかは皆様次第ですが、八重桜の会としての意見を紹介します。
「小選挙区は、政党を問わず、外国人労働者含む移民の受け入れに最も慎重な候補に投票しましょう。」
「比例は、外国人労働者含む移民の受け入れに最も慎重な議員・候補者の割合が高い政党に投票しましょう。」


「当選するかどうかを考えるのではなく、自らの信念に沿った候補に投票しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック