にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月09日

投票してはいけない!!議員連盟おさらい

「移民推進の政治家は日本に必要ない!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-2月)

移民・外国人労働者受け入れ反対の政治家の事務所に応援ボランティアに行きましょう!

意見しましょう! 外国人造船就労者受入事業に関するパブリックコメント(12/17締切)

早くも多くの参加表明をいただいています! 1/29 西村眞悟前衆議院議員・石井義哲元空将補講演会「日本再興へ向けて」

----------

移民・外国人労働者・多文化共生政策に反対する立場であれば、外国人参政権や多文化共生を推進するような政党、ヘイトスピーチ規制を推進するような政党、外国人の権利を日本人と同様に求めるような活動に加担しているような政党には断じて投票すべきではありません。
つまり、大半の左派政党はこれに当たります。但し、外国人労働者については、賃金低下の観点から反対しているリベラル政治家もいます。左翼の方に投票することを薦めているわけではありませんが、一昔前と違って右派だから、左派だから、と決められない部分もあります。もっと言えば、いわゆる「経済右派」は「新自由主義」「グローバリズム」とも重なりますので、実は移民推進に近い立場です。「靖国神社に参拝していたから、この候補者は国益派に違いない」というのははっきり言って過去の常識。國神社に参拝しながら堂々と移民を推進するような政治家もいます。ですので、私たち有権者は、きちんと投票の基準を決めて、それに最も近い候補者に投票すべきでしょう。

tohyo7.gif

そのうえで、移民・外国人労働者・多文化共生に反対する立場の有権者が決して投票してはいけない候補者がいます。そのリストをまとめています。
八重桜の会としては、最も特筆すべきはやはり「自民党国際人材議員連盟」です。

自民党国際人材議員連盟

「自民党国際人材議員連盟は自民党国会議員議員連盟。2005年(平成17年)、外国人材交流推進議員連盟として12月13日設立。2013年5月22日に外国人材交流推進議員連盟を前身として自民党国際人材議員連盟が発足した。
今後50年間で約1000万人の移民受け入れを目指す提言案、永住許可要件の大幅な緩和、「移民庁」設置案などが明らかになっている。
安倍内閣は毎年20万人の移民受け入れ案など、移民の大量受け入れの本格的な検討を開始。移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考えで、最長3年の技能実習制度の受け入れ期間延長などが検討されている。 」

役員
会長: 小池百合子
副会長: 岩城光英
幹事長: 中村博彦
顧問: 石破茂
事務局長: 末松信介

前衆議院議員
今津寛
西村明宏
左藤章
衛藤征士郎
河村建夫
阿部俊子
塩崎恭久
塩谷立
菅原一秀
西村康稔
野田毅
大塚拓
亀岡偉民
奥野信亮
関芳弘
土井亨
長島忠美
中山泰秀
萩生田光一
松本純
松本文明
三原朝彦
御法川信英
宮下一郎
山際大志郎
宮路和明
秋元司

参議院議員
岩城光英
丸川珠代
岡田直樹
岡田広
伊達忠一
谷川秀善
塚田一郎
鶴保庸介
中川雅治
二之湯智
古川俊治
山本一太
山本順三
吉田博美
猪口邦子
木村義雄
中野正志

日中友好議員連盟
日中友好議員連盟は、中華人民共和国との友好関係の促進を主な目的とした議員連盟である。自由民主党、民主党、維新の党、日本共産党、社会民主党の5党の国会議員から構成される。

移民や外国人受け入れで流入するのは大半が中国人と言われています。こうした議員連盟の議員が大量に当選してしまうと、自民党内も含め、ますます親中派の割合が高くなり、中国人へのビザ緩和、公共表示の多言語表記などの多文化共生政策が進んでしまう可能性があります。

役員
会長:高村正彦(自由民主党/前衆議院議員)
副会長:町村信孝(自由民主党/前衆議院議員)(死去)
副会長:鳩山由紀夫(民主党/元衆議院議員)
事務局長:林芳正(自由民主党/参議院議員)
事務局次長:近藤昭一(民主党/前衆議院議員)

所属議員・前議員
自由民主党
鶴保庸介
西村明宏
橋本岳
平井卓也
甘利明
松島みどり
後藤田正純
西村康稔
井上信治
愛知治郎
今津寛
大塚拓
鈴木馨祐
逢沢一郎
平将明
菅原一秀
左藤章

民主党
蓮舫

維新の党
谷畑孝

日本共産党
小池晃

社会民主党
照屋寛徳

日韓議員連盟
日韓議員連盟(にっかんぎいんれんめい)は、日本の超党派の議員連盟。
前身は1972年に発足した日韓議員懇親会で、1975年に現在の名称に改称。韓国の議員との交流などを積極的に行い、友好関係促進を目的としている。

役員
会長: 額賀福志郎
副会長: 高村正彦、志位和夫
幹事長: 河村建夫
副幹事長: 安倍晋三、河村建夫、船田元、麻生太郎、野田毅、鈴木俊一、木義明、平沼赳夫、中曽根弘文

今年の訪韓において、日本における「永住外国人への地方参政権実現」まで共同宣言してきたそうです。こうした議連が伸びてしまうと、移民問題と切り離せない関係にある外国人参政権の問題が復活する可能性は十分にあります。さらに、外国人の生活保護問題、ヘイトスピーチ規制問題などについても関連がありそうですね。以下は、次世代の党 山田宏幹事長が作成した訪韓議員リストです。

訪韓議員リスト
自由民主党
額賀福志郎
河村健夫
中谷元
金子恵美
武田良太
三原朝彦
竹本直一

民主党
中川正春
大畠章宏
岸本周平

公明党
山口那津男
遠山清彦
高木美智代
石井啓一
中野洋昌
國重徹
興水恵一
樋口尚也
平木大作

共産党
志位和夫
笠井亮
紙智子
穀田恵二

維新の党
伊東信久
谷畑孝
鈴木望

所属議員
前衆議院議員
自由民主党
左藤章
秋元司
金田勝年(幹事)
岸信夫
逢沢一郎(幹事)
伊吹文明(幹事)
伊藤信太郎(幹事)
伊藤達也
伊藤忠彦
衛藤征士郎(常任幹事)
越智隆雄
塩崎恭久
塩谷立(幹事)
奥野信亮
下村博文
加藤勝信
河野太郎
梶山弘志(幹事)
鴨下一郎
甘利明
関芳弘
岸田文雄
亀岡偉民
吉野正芳
宮下一郎
宮腰光寛
金子一義
後藤田正純
後藤茂之
高木毅
今津寛(常任幹事)
佐田玄一郎(幹事)
佐藤勉
細田博之
三ツ矢憲生
三原朝彦(幹事)
山口泰明(幹事)
山際大志郎
山本公一
山本幸三
山本拓
山本有二(常任幹事)
若宮健嗣
小此木八郎
小池百合子
小里泰弘
小渕優子(幹事)
松島みどり
松本文明
松本洋平
上川陽子
菅義偉
菅原一秀
西川京子
西村康稔
西村明宏
石田真敏
石破茂(幹事)
赤澤亮正
川崎二郎
大塚高司
大塚拓
大島理森(幹事)
棚橋泰文
谷垣禎一(常任幹事)
谷川弥一
竹下亘(幹事)
竹本直一(幹事)
中根一幸
中山泰秀
中谷元(常任幹事)
町村信孝(常任幹事)
長島忠美
渡海紀三朗
渡辺博道(幹事)
土井亨
土屋正忠
土屋品子(幹事)
二階俊博(常任幹事)
萩生田光一
鳩山邦夫
浜田靖一
冨岡勉
平井卓也
平沢勝栄(幹事)
片山さつき
保岡興治(常任幹事)
北村誠吾
北村茂男
茂木敏充(幹事)
木村太郎
葉梨康弘
林幹雄
鈴木淳司
桜田義孝
山口俊一(常任幹事)
野田聖子(幹事)
武田良太

公明党
井上義久(常任幹事)
高木美智代
高木陽介
漆原良夫
上田勇
斉藤鉄夫
石井啓一(幹事)
赤羽一嘉(幹事)
太田昭宏
大口善徳
北側一雄(常任幹事)

民主党
岡田克也
笠浩史
原口一博
古本伸一郎(幹事)
後藤斎
松本剛明
菅直人(顧問)
赤松広隆
大畠章宏(常任幹事)
中川正春(幹事)
渡辺周
武正公一
辻元清美
川端達夫

次世代の党
園田博之

維新の党
谷畑孝(幹事)
みんなの党[編集]
浅尾慶一郎(幹事)
日本共産党[編集]
赤嶺政賢
笠井亮
穀田恵二(常任幹事)
佐々木憲昭
塩川鉄也
高橋千鶴子
宮本岳志

生活の党
鈴木克昌

無所属
亀井静香

参議院議員
自由民主党
柳本卓治
赤池誠章
小坂憲次(常任幹事)
宮澤洋一
伊達忠一
岸宏一
吉田博美
溝手顕正
鴻池祥肇(常任幹事)
山崎正昭(常任幹事)
山崎力(常任幹事)
山谷えり子
山東昭子(常任幹事)
山本一太(幹事)
山本順三
松山政司
世耕弘成(幹事)
中川雅治
鶴保庸介

公明党
魚住裕一郎
荒木清寛
山口那津男
谷合正明

民主党
江田五月
小川敏夫
直嶋正行(常任幹事)
白眞勲(幹事)
福山哲郎

維新の党
片山虎之助(幹事)

日本共産党
井上哲士
市田忠義(幹事)
紙智子
大門実紀史
田村智子
山下芳生

他にも「日韓海底トンネル推進議員連盟」「国際観光産業振興議員連盟」などいろいろありますが、所属議員はかなり重なっています。

特に、「自民党国際人材議員連盟」と日中議連または日韓議連に重複して入っているメンバーは要注意と考えます。また、皆様の地元の議員で、「えっこの人が?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、ほかの情報や本人のFBの書き込みなどを調べてみる、それでもわからなければ、事務所に「応援していたのですが、○○議連に入っているという話がネットで広まっており、家族含めて投票を躊躇しています」と率直に事務所に伝える手もあります。同じ質問がたくさん来ている可能性もありますし、票に繋がるとなれば、きちんとした見解を示してくれるかもしれません。もし丁寧に対応してくれた場合、感謝の意を示すためにもその答えを拡散しましょう。

議員連盟に限らず、投票しようと思っている候補者について、所属団体などの「素性」について調べられることをお勧めします。もし、きちんとしたソースを示せる情報であれば、ネットで拡散されることもお勧めします。

「小選挙区は、政党を問わず、外国人労働者含む移民の受け入れに最も慎重な候補に投票しましょう。」
「比例は、外国人労働者含む移民の受け入れに最も慎重な議員・候補者の割合が高い政党に投票しましょう。」


他の議員の情報については、政策紹介カテゴリーもご覧ください。

「候補者の素性をきちんと調べたうえで投票に臨もう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も貴重な情報ありがとうございます。

本当に「えっ、この人が?」という名前がリストにありますねorz 自選挙区ではないが、まさに靖国神社参拝などにより頭から国益派と(勝手に個人的に)信じ込んでいた人も入っており、今さらのように驚かされました。
以前、一時的に住んでいた自治体で、政党名だけで「他よりはマシなはず」と投票した人が2名も入っており愕然としました・・・。皆様にはご迷惑をおかけしました。おおいに反省いたしました(--;)。そう、政党だけでも安心できず、候補者個々人の政策や普段の言動を調べるのがいかに大事か、これでよくわかりました。

ご紹介いただいた情報を参考に、「日本の崩壊に加担するのは自分自身かもしれない」との自覚をもって投票行動に臨みます。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2014年12月09日 08:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック