にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年12月02日

続・自民党前議員・FAXアンケート結果 - 政治家の政策紹介

「政治家は、移民と外国人労働者受け入れについて、自らの姿勢を明確にすべき!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(12月-1月)

移民・外国人労働者受け入れ反対の政治家の事務所に応援ボランティアに行きましょう!

福岡のグローバル創業雇用創出特区に凸しましょう!

意見しましょう! 外国人造船就労者受入事業に関するパブリックコメント(12/17締切)

本日は衆議院選挙の公示日ですね。
自民党の前衆議院議員事務所より、さらにアンケートの回答をいただきましたので、順次紹介していきます。八重桜の会の考えと一致しない回答も含め、一切の修正なしでいただいた回答をそのままに紹介しております。 論評は敢えて入れませんので、ご判断は各自お願いいたします。情報の周知拡散も歓迎です。
5d35b8aef5.jpg

務台俊介前衆議院議員(大阪12区)

いわゆる「移民受け入れ」について、賛成ですか、反対ですか? → 賛成 (理由:少子高齢化対策になると思う)
政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 賛成 (理由:少子高齢化対策になると思う)
有権者へのメッセージ: 「諸外国の移民政策のマイナス側面をしっかりと学習し、プラスの効果が生み出されるように徐々に進める必要がある。」

----------

吉川貴盛前衆議院議員(北海道2区)

いわゆる「移民受け入れ」について、賛成ですか、反対ですか? → 反対
政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 賛成 (理由:少子高齢化対策になると思う、人手不足解消になると思う)

----------

北川知克前衆議院議員(大阪12区)

いわゆる「移民受け入れ」について、賛成ですか、反対ですか? → 反対
政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 賛成 (理由:少子高齢化対策になると思う、人手不足解消になると思う)

----------

中山のりひろ前衆議院議員(神奈川9区)

いわゆる「移民受け入れ」について、賛成ですか、反対ですか? → 反対
政府の進める外国人労働者受け入れ緩和について、お考えをお聞かせください。→ 賛成 (理由:少子高齢化対策になると思う、人手不足解消になると思う)

----------

今後も、政治家の皆様の政策について、調べられる限り紹介していきます。

「政策紹介」カテゴリーで、さまざまな政治家の考えを見ることができます。

※このコーナーでの紹介において、八重桜の会は特定の政治家や政党と一切の利益の授受を行っておりません。特定の選挙などを意図したものではありません。また、情報内容につきまして、八重桜の会では一切の責任を負わないものとさせていただきます。

「各候補の移民及び外国人労働者受け入れの姿勢を知ったうえで投票や選挙活動に参加しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 政策紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変有益な情報、ありがとうございます。政策未知数の方も含め、幅広い先生方にアンケートを実施して下さったことがよくわかります。
「賛成」とお答えの方、正直ですね(笑)。回答をお寄せになるだけ、良心的かもしれませんね。投票するかどうかはまた別問題ですがw。

一つ、思いました。前回の私の発言にも関係あることですが、「移民」と「外国人労働者」の関係について。両者は本来はイコールですが、あえて分けてそれぞれの賛否を質問なさるのは、もちろん貴会の作戦かと思います。でも、お答えになる議員さんによっては、「やはり両者は別物か。移民は国民も反対してるし良くないが、労働者受け入れなら景気回復にもよさそうだし、いいことなのではないか」と、逆に認識してしまう恐れはないでしょうか。移民推進派や確信犯ないし隠れ推進派(代表:安倍首相)は論外として・・・。

次の同様の機会には、「(国連などの定義によれば○○○で、)労働者はすなわち移民ですが、その認識はおありですか。労働者まで含めて、移民に賛成・反対、どちらですか」と、より突っ込んでお尋ねになると、回答者の受け取り方、またその回答を見た有権者の考えも変わってくるかもしれません。

また偉そうに余計なこと言ってしまいました6(^^;)。
とにかく今回の試みも、非常に参考になりましたし、それは人気ブログランキングの着実な順位アップが示している通りで、改めて感謝いたします。
Posted by 雷雲のワルツ at 2014年12月02日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック