にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年11月03日

ASREAD牧之瀬雅亮編集長 講演要約 | 保守の「伝え方」 (10/26ワークショップ)

「移民や多文化共生に反対する保守メディアやジャーナリストを応援しよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(11月-1月)

参加者大募集!11/16 神谷宗幣氏・小坂英二氏トークライブ「これからの日本を語ろう」

11/29 中山成彬衆議院議員講演会「安易な移民政策に反対する」・ 藤岡信勝氏との対談

署名: 外国人による家事支援サービス受け入れ緩和およびサービスの利用・促進に反対します。

外国人介護士資格緩和に抗議しましょう!

まず、本題の前に皆さまにお願いです。おかげさまで、本ブログもランキング60位突破が定着してまいりました。この勢いでベスト50位入りを目指しますので、少しでも記事や八重桜の会の活動内容に「いいね」と思っていただけたのでしたら、ご覧になるたびにこちらをクリックお願いいたします!

政治 ブログランキングへ

ランキングの他にも、SNSなどでの拡散大歓迎です。八重桜の会の存在を知られれば知られるほど、移民反対運動の盛り上がりに繋がると共に、数多くの保守のテーマの中でも移民、外国人労働者、多文化共生問題の重要性に気づいていただけることと思います。

さて、本題です。
昨日の小坂英二区議の講演に続き、10月26日、東京・築地で行われた、ASREADの牧之瀬編集長の講演要約です。

Img_4991small.jpg
---
まず、ものの考え方そのものを見つめなければならない;
守・破・離(しゅはり)の概念の説明があり、現在の教育は『守』、つまり大事な知識を詰め込むことは行っているが、『破』(『序』の常識を破る)・『離』(『序』から離れる)、つまり知識を覚えた後、自分で物事を考えるという教育をしていないことももちろんだが、勇気を出せないのは年金制度の不適切さをはじめとして不安が大きい、これが『破』『離』を自他ともにさせない原因と言えるだろう。制度で出来る不安の解消がなされていないこと、これが問題である。

移民に関しては、外国人は、日本人の『暗黙の了解』の範囲を飛び越える存在であり、不安・恐れにつながる存在である。日本人が自らの暗黙知をきちんと理解しようとして防御の体勢を取れる状況にない今、移民政策を経営側のその場しのぎの御為ごかしに言葉を誂えて、移民を受け入れることは看過出来ない。

知識を伝えるには、いくら正しかろうと、押しつけがましいやりかたは大多数の人には伝わらない。共感を持てるような伝え方でないとすぐ拒否反応を示しかねない。
---

さて、最後の段落に「伝え方」の話が出てきました。それについて、八重桜運営メンバーの「なおこ」の記事を併せて紹介いたします。
移民を議論しよう!八重桜の会イベントに行ってきました。

---
とかく、いわゆる保守の人が人に伝える時に気をつけなくてはいけない事。自分の考えを押し付けたりすると、反発しか感じない。どういう風に伝えたらいいか・・そんなお話でしたね。

これは、とても参考になりました。私も、反日の実態に気が付いてなんとか、お友達にわかってほしいって思って、自分では相当、気を付けたつもりだったんだけど相手がグローバルな友人だったこともあり 何人かは喧嘩になってしまったし、音信不通になりましたね@@;

自分が楽しく日本を愛している姿を見せる事がいいというお話でした。
---

移民受け入れ却下.jpg

八重桜の会では、情報の「見せ方」に非常に気を使っています。簡単な例で申しますと、同じ「移民反対」を訴える際、

「移民受け入れは亡国の道!!反日害国人から國體を護持せよ!」というのと、
「移民政策は私たちの子供や孫の世代に取り返しのつかない禍根を遺します!」というのでは、どちらが政治や経済に関心のない方に「自分ごと」として響くでしょうか。

今後、八重桜の会が大切にする、この「ソフト・コミュニケーション」についても、掘り下げて皆さんと考えていきたいと思います。

「同じことを伝えるにも、伝え方が大切!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
たまには移民問題にも笑いが欲しいという方に。ASREADのお薦め記事です。

スーパーグローバル大学でちょっと妄想してみた
http://asread.info/archives/1136

「楽しく活動することも、時には大切!」と思われる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック