にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年10月28日

(前編) なぜ移民や外国人労働者の増加が犯罪に繋がるのか?

「政府は移民や外国人労働者受け入れ政策で治安が悪化した場合の責任所在を明確にせよ!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(10月-12月)

11/16 神谷宗幣氏・小坂英二氏トークライブ「これからの日本を語ろう」

まず本日は、八重桜の会運営の瀬戸さんのレポートから。

-----
外国人犯罪率について。
政府発表の統計にはカラクリがあります。
政府が「外国人犯罪率」として発表する統計は実は「来日外国人」であり、特別永住者、在日米軍、永住者、その家族は外国人扱いされていませんから、日本人犯罪としてカウントされています。
これは日本政府がおかしいのです。
移民についての議論の中で、外国人犯罪率は日本人より低いというデーターを上げている方がいましたが、これは統計のカラクリでしかありません。
https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai/H24_rainichi.pdf

2ページ目「本資料における「来日外国人」とは、我が国に存在する外国人のうち、いわゆる定着居住者(永住
者、永住者の配偶者等及び特別永住者)、在日米軍関係者及び在留資格不明者を除いた者をいう。」
-----

そして、そもそもの問題提起として、以下のことを八重桜の会で話し合いました。
「なぜ定住する外国人が増えると犯罪が多発するのか? 理論的に理由を挙げてください(優生学や嫌韓・嫌中系を除く)」

これについて、いくつか代表的な意見や体験談を上げていきたいと思います。
大きく分けて2つの理由が見られました。今日はそのうちの1つ目です。

移民や外国人労働者は日本人とは異なる価値観を持ち、文化、伝統を共有しない立場であること。
「「移民」というのは、その国の文化・伝統と切り離された存在です。したがって、文化・伝統から生まれる道徳心・順法精神が希薄になりやすく、犯罪が多くなる傾向があるのではないかと思います。」

「根本的に、何年住んでもその国の国民になれない。ドイツの反ユダヤ主義運動は、イスラム移民の2世、3世がやっていると聞きます。移民たちにとってドイツの歴史は「私の歴史」ではない。そして私はあなたの国家には完全に属しているわけじゃない、という感覚があるらしい。このブログをみてそう思いました。http://geopoli.exblog.jp/23450644/

「国際交流を通じていろいろな国の人達と一同に介して、いろいろ活動を経験しましたが、中国人だからとかアメリカ人だからとか別にして、民族意識や愛国心はどの国の人も持っているわけです。一時的な滞在で日本で生活するのなら、郷に入っては郷に従え的に生活できても、まず、日本語という言葉の壁に彼等はぶち当たる訳です。それから、日本の歴史文化にもとずく礼儀作法、生活様式や生活する上で必要な日本の法律、慣習をも理解しなくてはなりません。当然のことながら、これから日本でずっと住むことになるわけですから、これらを遵守しなければならないわけです。ハッキリ言えば、これらをクリアできる海外の人達は、ごく僅かです。大多数は同国の人間同士でコミュニティをつくり、集団で行動するようになります。当然ながら日本の風土に馴染むことができないのですから、トラブルが発生することは必然ですね。このことは、多文化共生を推進したフランスやドイツ、カナダなどの例をみても明らかです。私の意見は、多文化共生は日本の治安が、今の数十倍悪化すると思います。彼等の人口も結婚、家族の呼び寄せから日本に大量移民という形で増え続け、政治的にも数の上で強くなっていきます。日本の子供達の将来を考えるなら、多文化共生や移民は、絶対に阻止しなければならないと思います。」

「私が「移民」と呼んでいるのは、身近にいる“試行的移民”であるブラジルやアルゼンチンから来ている日系南米人労働者のことがメインになります。役所や政府に言わせると「外国人労働者」なんでしょうが。
移民も最初は日本で稼いで帰るつもりで来るのでしょうが、やはり人間の性として家族をつくり、子供もつくります。出入国管理法が改定されて日系ブラジル人の受け入れができるようになったのが平成元年ですから、移民の子供(2世・3世)も社会に出てきているのです。
彼ら移民2世・3世を見ていると、例えばブラジル人の子供なら、ブラジル人としても日本人としても中途半端な存在で、「どこかの国民である」という意識や「祖国」というものを喪失した存在になってしまっています。 
人間の精神の安定というか、人間らしい精神や感覚を涵養するには両親や周囲から受ける祖国の文化の中で育ち、その国の人間であるというアイデンティティーを確立することがまず第一歩であり、それができて初めて、他人や他国の人やそれらの人々がまとっている他の文化と上手につきあうことができるのです。
無国籍では人間の精神は安定できないし、祖国を喪失した人間の精神性というものは、とことん貧相になるのだということを、私は職場や生活の中で実感しています。
祖国、そして民族文化というものの中で育まれるはずの道徳や人間性といった精神の豊かな土壌をもたない人間の拠り所とは何か?、それは「金と力による支配」と「快/不快に単純化された動物的価値観」です。社会をそのような荒廃に導かないための有形無形の教育力を民族や国民国家というものは長い歴史の中で備えているものであり、特に我々日本人がご先祖様から受け継いでいるそのような教育力は、独特ではありますが、世界に誇ることのできる豊かで良質なものであります。
が、親が移民であるばかりにそのような祖国や民族性を喪失し、精神的貧困になるべく生れ落ちる子供たちに対して私は、一種の諦観的哀れみを伴って「かわいそう」と思ってしまいます。人間、他人から「かわいそう」と思われるくらい悲惨なことはありません。移民政策は悲惨でかわいそうな子供をつくる政策だと思いますし、そのような子供たちが日本で成長したとき、社会に何をもたらすか?といえば、残念ながら犯罪増加に代表される治安や風紀の悪化要因、社会にとってリスクやコストを高める要因でしか無いのです。」

3920d_226_2ca54ab65a4fdea5aab38d83c74188b1.jpg

いかがでしょうか。
移民推進派は、移民や外国人労働者が増えると犯罪が増える、という意見について、
「ただの思い込みだ、外国人に色眼鏡をかけて接しているからそう思うだけだ」「日本人には寛容さが足りない、外国人に心優しく接する社会になれば犯罪は自然と減る」「日本人でも凶悪犯罪を犯す人もいる」などといった詭弁を使います。しかし、上記の理由だけでも、そもそも移民や外国人労働者というシステムそのものが、世界のどの国に、どの国の人が移民や外国人労働者としてやってきたとしても、犯罪率を自然と増やす仕組みになっているのではないか、と思わざるを得ません。

欧州や、あるいは昔からの移民国家の事例を見ても、移民や難民、外国人労働者がやってきて犯罪が増えたという事例はいくらでもありますが、逆に移民や外国人労働者が多くなればなるほど犯罪が減ったという事例は聞いたことがないのではないでしょうか?(あれば教えていただきたいものです)

明日は、もう一つの理由について触れたいと思います。

「移民というシステムこそが、世界全体の犯罪を増やす!!」にご賛同いただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ


【今日の記事・動画】
この議論について、会のメンバーでブログにまとめてくださった方がいらっしゃいますので、こちらで紹介します。
移民と犯罪の相関関係
http://blogs.yahoo.co.jp/cleankawasaki/26180075.html

「移民受け入れの経済効果は、犯罪率が増加すれば無きに等しいどころかはるかに多くのマイナスをもたらす!!」と思われる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 06:59| Comment(17) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
移民推進派は、議論が得意です。
アメリカ仕込のディベート術で、移民反対派を言い負かすことに快感を覚えているのでしょうね。

ところで、移民推進派がよく言うセリフに次のようなものがあります。
「外国人犯罪は増えていない!横ばいだ」

しかし移民反対の保守派としての意見を言わせてもらえば、私たちが「外国人犯罪が増えている」というのは、正確に言えば「外国に出自を持つ人間の犯罪が増えている(日本国籍取得者含む)」なのです。

日本国籍取得者の犯罪は相当多いと思います。
もちろん移民推進派の大好きなアカデミズムの世界では、それは「日本人犯罪」として扱われてしまうのでしょうが、保守派の庶民からみれば、立派な「外国人犯罪」です。

専門用語で保守派の庶民を騙そうとするのは、左翼リベラルのよく使う手です。
保守を名乗る安倍首相が、それを真似するとはどうしようもありませんね。
安倍首相には、一刻も早く辞任してもらいたいと思います。
Posted by 移民ダメ絶対 at 2014年10月28日 08:17
日本の伝統社会は、犯罪抑止装置でもあったわけですね。
犯罪者が増えれば増えるほど、人権派はその「看板」を守りつつ、大威張りで国庫から生活費をくすねられる。いきおい、こういう職種の人や「活動家」たちの推進派が多くなるわけだ。頭をひねるような判決例なんか見かけますから。

スラム化に対しては、日本にも差別階級や集落があったではないか、のたぐいの反論もあるかも知れません。しかし、それは別に犯罪集団だったわけではなく、その階級の人が、高率で犯罪を犯したと思い込むことはない。社会の底辺であっても、ちゃんと機能する社会の一部だった。

順化できない(しない)移民のスラムは違いますね。海外の例を学びさえすれば、犯罪、反社会の温床になることは確実。不法入国の在日コリアンの土地占拠なんかには、日本は膨大な国家予算を裂いてきているはずです。
Posted by 前例はカルデロン at 2014年10月28日 10:32
日本において外国人なのに外国人犯罪者としてカウントされずに日本人犯罪者としてカウントされてしまう支離滅裂な状況が確かにありますね。

その日本人犯罪者としてカウントされてしまう外国人がいまだに在日韓国人だけと勘違いしている人も多いのも憂慮すべきことですね。この勘違いしている人の傾向として在日外国人のことを在日韓国人だけと勘違いしている事が定番です。在日外国人が日本に住む全ての外国人の総称だと知らない人がいまだに多いです。

そしてこの勘違いしている人の多くは中韓人にだけ頭がいって、他の外国人の人種に対しての認識が甘い傾向があります。中韓以外の外国人を糾弾すると怒ったりする非常に困った人もいます。例えばインド人が犯罪を犯しました、それを非難すればインド人下げをするなとか日本における外国人の犯罪や寄生に対しての認識の視野が狭すぎて、韓国籍の犯罪者が出れば、また在日かとかネットで書き込んだりして終わってしまうという感じです。

【社会】今年上半期の外国人犯罪、昨年までの減少から増加に転じ国籍別でブラジル人が顕著で車上狙い100%近く占める等深刻
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408896020/
外国人犯罪に関する情報です。

出入国管理法が改正される時に坂中英徳氏が日系人特権の拡充に大きく影響しました。それを提案して入管のトップとして動きました。
悪循環で日本の治安と生活環境と雇用環境や教育環境など全ての面で悪くしていきました。日系ブラジル人をはじめとした日系人に数多の日本人の生命財産が奪われて現在進行形で奪われ続けているのは周知の事実です。

小坂英二荒川区議会議員とも親交の深い元警視庁通訳捜査官の坂東忠信さんも外国人犯罪率についてトリックを熟知していて警鐘を鳴らしていましたね。

Posted by まもり at 2014年10月28日 12:02
1990年の入管法改正で日系人特権を作って特別扱いして優遇する外国人の存在を認めてしまったのも癌でしたね。これは元入管の坂中英徳氏が発案の物でした。日本を多民族国家にする移民政策推進の野望の第一歩と言えるものでした。その後次々と日本に外国人が住みやすい様な政策がなし崩し的に出てくる環境を作ったわけです。
http://perigoso.pokebras.jp/e126453.html
経団連と経団連関連企業も己たちの私腹を肥やして、日本の将来の国の有様など知った事ではない認識で出稼ぎ日系ブラジル人ら日系人と一蓮托生で日本国民を悪循環の生き地獄にしていきましたね。

日々の日常生活を壊して、日本人の雇用待遇悪化、治安の悪化、教育環境の悪化
数多の日本人の生命と財産が奪われました。入管法改正しなければ殺されずに済んだ日本人は無数にいます。ひき逃げ以外にも強盗殺人など多岐にわたる手口で日本人が殺されていきました。

日本人の失業者がうなぎのぼりになった事により、経済苦、将来に絶望しての自殺者も多かったです。日系ブラジル人たちは間接的にも日本人を殺してきたと言っても過言ではありません。ちなみに日系ブラジル人等の日系人も外国人なの日本人犯罪者としてカウントされてしまいます。

あの悪名高い移民1000万人構想の素案も坂中英徳氏が作りましたね。

【社会】今年上半期の外国人犯罪、昨年までの減少から増加に転じ国籍別でブラジル人が顕著で車上狙い100%近く占める等深刻
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408896020/

Posted by まもり at 2014年10月28日 15:48
私達が、外国の歴史、文化、習慣、神話などを学んでも、所詮それは、他所のものであり、頭の中に入れても数学の数式と同じ知識と変わらず、私達のものではないのです。
ある国民を形成するものは、文化的なものと、歩んできた歴史だと思うのです。
いわば、日本国民を形成するものは、日本が歩んできた歴史であり、それは日本人だけのものであり、別の歴史を歩んできた外国人にとっての歴史にはなりえないのです。
難しく考える必要はありません。移民問題、民族紛争の原因を考えていくと、「国民」とは歴史と文化を基盤とした社会集団である以上、「文化的、歴史的背景の異なる社会集団は、同じ国民にはなれない」という平凡な答えに辿り着いてしまうのですよね。
外国人を国内に入れ、日本の歴史や文化を覚えさせても所詮、それらはその外国人のものになりえない以上、外国人は日本国籍を取得できても、日本国民になることはできません。
差別ではなく、現実です。必然的に移民は、社会集団から疎外されることになるのです。
労働力不足だから移民を入れろという安易な考えは、結果的に移民達の人生を台無しにし、不幸な境遇に追いやるのだということを、移民推進派は、認識すべきです。
Posted by ウミユリ at 2014年10月29日 11:12
>>そしてこの勘違いしている人の多くは中韓人にだけ頭がいって、他の外国人の人種に対しての認識が甘い傾向があります。中韓以外の外国人を糾弾すると怒ったりする非常に困った人もいます。

います、います(笑)。確かにこの2か国の人たちは、人口比率でも起こす問題も大きすぎて、真剣に考え出すと他の外国人にまでとても頭が回らない面はあるでしょう。身近にもそういう人がいますが、私はどちらかというと、外を歩けばとかく目につくのは圧倒的に「その他外国人」ということもあって、「特定民族で頭が一杯」というわけではありません。

中韓人の悪辣さはいまや知れ渡った感がありますので、以前より警戒感を呼び起こしやすくなりましたが、「その他の途上国系の外国人」こそ油断なりません。現にうなぎ上りに増え続けていますし、日本人側の勝手なイメージに守られている面もありますね。それは、本国の政治・経済・自然環境等の劣悪さ、貧しさから推して勝手に「かわいそうな人たち」と思いこんでしまっているのです。かわいそうなのは本国に暮らしている人たちであって、日本人を踏み台・食い物にして日本でぬくぬく暮らす「途上国人」などは、特権階級なのだということなど、想像もつかないのでしょうね。こういう人たち(=妄想日本人)に、一から冷静に説明していくのが、目覚めている者の役割なのでしょうね(溜息)。

それと、もっと要注意なのが英会話講師などとして来日する白人(特に男)。外国人の2大来日目的として「経済的利益」「手厚い社会保障制度」(ひとことでいうとカネ)というお話がありましたが、ご存じこの手合いは、堂々と「女」と言い放つ者も多いですよね(怒)。本国ではまともな職にも女性にも相手にされなかったクズみたいなのが、日本では英語ができるだけで食っていけるし、女は何人でも思いのままだと豪語しているのですよ。これ、日本人として男性だけでなく、女性でも腹立ちませんか? これはやはり一つは政治話にいきますが、もうそろそろ英会話学校だの英語教育だの、ありがたがるのやめましょうよ、ということですね。これも残念ながら現実は逆にどんどんひどくなっていますが(*.*)。

そして、日本人(?)の女にも、いまだにパンパンだのイエローキャブだの言われたころから全く進化していない馬鹿が多いですね。国際結婚して、毛唐の子供を多く連れていることが自慢になるとでも勘違いしているのか、冷たい視線が突き刺さっていることに気づく気配がないようですw。そういう奴ほど、海外で自国(=日本?)の悪口を吹聴して回るようです。日本の悪口を言うということは、日本人じゃないのかな?w

今、「韓国人は・・・と言ってる」「中国では・・・だ」などと言っても笑われるだけですが、それでは「米国/米国人」ならどうかというと、いまだに盲信し、ありがたがる人が多いでしょう。ここで注意したいのは、「米国人」と言葉だけで聞いて、まずどんな人を思い浮かべる人が多いか。恐らく無意識に「金髪・碧眼の白人」をイメージする人が多いのではないでしょうか。これがいかに間違っているかは、八重桜さん周辺の皆様はよくご存じかと思います。今や「○○人」に画一的イメージを持つのは危険です。今問題になっているノリミツ・オオニシのように、出自・民族・名前・国籍・言語・本人の帰属意識がバラバラ、ということが、決して珍しくはないのでしょう。日本人には理解しづらいところですが。
Posted by ザッケルーナ・ジャパン at 2014年10月29日 18:06
ごもっとも・・でも日本の女が白人男と付き合うのは、日本の男はセクシーじゃないから、性的になにも感じない人とは恋愛関係にはなりにくいからでしょう。

アメリカ男とドイツ男とオーストリア男と・・・日本語が堪能で日本の文化や習慣について熟知している外人男性とお付き合いの経験がありますが・・・・いくら外国語を学んで、生活習慣や礼儀・歴史まで学んでも、100パーセント理解できることはあり得ないという言葉は、ごもっとも正解だと思うのです。

Posted by さいたまシシ〜 at 2015年03月16日 10:25
>日本の男はセクシーじゃないから、

「セクシー」ってどんな意味? すぐ触ってきたり、人前でもお構いなしにいちゃいちゃしたがったり、あるいは・・・?? 平均的日本女性は、男性にそんなものを求めているとも思えませんが。私も外国人男性に言い寄られそうになった経験がありますが(とりあいません!)、もう生理的に受け付けませんでした(笑)。日本人男性には、「少なくとも」日本人女性には理解・評価される独特の魅力があります。あなたにはわからないかもしれませんが。

あと、外国人男性としかつきあえない日本人女性も、「(相手にしてくれないどころか、すぐに手を出そうとしたがる)外人にしか相手にしてもらえないから」というのもよく聞きますね。そういう人が僻んで日本の悪口を言うんでしょうね。

日本人男性は奥ゆかしいのです。でも私はそこに魅力を感じるし、安心感があります。
Posted by at 2015年03月16日 15:23
あのう・・・セクシーとは外見的な意味です。

あちらの男性はスタイルがよいし、日本の男よりも筋肉質で体の大きい人が多いです。
とくにゲルマン系の男は胸が厚くて、骨が太いです。くらべてしまうと・・・
日本人の男は、骨格が貧弱な人が多いです。
必然的に背丈も低い・・・

女性の性本能は、丈夫で健康な子供を生みたい・強い伴侶に守られて安定した生活がしたいという願望や欲求があります。
より体の大きい、腕力の強い男性というのは、
上記の動物的な本能をよびおこすものであると同時に、生理的にも理にかなった自然のものだからです。

ストレートな愛情表現ですが・・・・
これはドイツ系の男には通用しません。
彼ら日本人以上にストイックで内向的です。
過度なレディーファーストもやりません。
ただその内向性が・・・日本人と異なるので
理解するのが難しいのです。
Posted by さいたまシシ〜 at 2015年03月21日 06:26
>あのう・・・セクシーとは外見的な意味です。

どうでもいいんですけど。ここは外国人男性の魅力を述べたり、比較したりする場ではないんで。空気読んでくださいね。
そんなに体の大きい外国人男性がお好きなら、どうぞ日本の外で。くれぐれも結婚して日本に住まないでいただきたいと、これだけはお願いしておきます。ここはそういう人の集まる場ですので。
肉体的な話でいえば、私は外国人は男女とも、独特の体臭だけでも気持ち悪い。近づくのも嫌です。
Posted by さいたまシシ〜さん at 2015年03月21日 17:37
個人の好みの問題を、ここで展開しないでほしい。反論も含みます。
情報が欲しくてやってきたのに、がっかりする。自分のテリトリーでやってくれ。
Posted by at 2015年09月12日 10:26
「白人の方が日本人よりセクシーでかっこいい」ってのは人種差別だと思うんだよね。それを「個人の好み」っていうのはどうかと思う。はっきり「それは差別だよ」と言ってやる必要があるんじゃないかな。

だから思いっきり書くけど

「女性の性本能は、丈夫で健康な子供を生みたい・強い伴侶に守られて安定した生活がしたいという願望や欲求があります」

日本女を自分たちの言うことをなんでも聞く肉便器にしか思ってない外国人と結婚することが「女性の性本能」とか、馬鹿馬鹿しすぎて涙出る(笑)。

日本のテレビや雑誌、ハリウッド映画、五輪の黒人の活躍、そういうもので単に価値観が「外国人ってかっこいい」と洗脳されちゃっただけ。

それを「本能」なんて馬鹿なことを言うなってば(笑)。

江戸時代なんか外国人は化け物扱いだった。遊女ですら外国人を嫌がった。江戸時代には「本能」はなかったのかなぁ?

明らかに違う。江戸時代になかったのは「洗脳」の方だね。現代は外国人広告や映画やらでバンバン洗脳するから日本の女(男もいるけど)が洗脳されてそう思うようになっただけ。

その情けない価値観を「本能だから」と弁解している時点で、女性失格、日本人失格、人間失格だよ。
Posted by 夜勤仕事 at 2015年09月28日 00:16
結局「さいたまシシ〜」さんがこの場には場違いだったということで。ついでに

>>個人の好みの問題を、ここで展開しないでほしい。反論も含みます。
情報が欲しくてやってきたのに、がっかりする。自分のテリトリーでやってくれ。

と言った人も、ちょっと場違いかな。ここは個人的な意見を書いても、ブログ主様のご判断で掲載していただけることになっているのですが。「日本人と外国人」という移民テーマについて、個々人が日頃どう思っているかも、有益な「情報」だと考える人もいるのでは。そうでなければ単に読み飛ばせばいい。
Posted by 夜勤仕事さんに禿同です at 2015年09月28日 09:12
>>江戸時代なんか外国人は化け物扱いだった。

江戸どころか大正15年に書かれた「村で一番の栗の木」という戯曲がありますが、そこでも外国人は「天狗」扱いです。山で出会った鼻が高い白人をてっきり天狗だと思ったそうです。案外、空想上の化け物「天狗」は、白人がモデルだったのでしょうかw。

これから推して、外国人を見ることのまだまだ稀だった昭和前期、特に田舎では化け物・異物扱いが続いたのではないでしょうか。私は個人としては、見慣れないものを警戒する姿勢は自集団を守るためのそれこそ本能として必要なことで、たとえ過剰だとしても、その逆に比べればごく健全とさえ思います。
Posted by 雷雲のワルツ at 2015年09月28日 09:49
参考になります。日本人の活躍を阻害する外国人融資など馬鹿げていますよね。まずは、日本人で労働できないていない層のサポートですよね。安い外国人を雇って、犯罪が増え、日本人の活躍を阻害するのは目に見えている。
それにしても安部さんの政策は、安直ですよね。
本件とは全く無関係ですが、ほかにも集団的自衛権とか。あなた自身が、前線に行けと言われていけますか?あなたのお子さんがニホンそのものではなく、アメリカのお手伝いのために将来危険にさらされてもよいのですか?たった一人の日本人でも戦争で殺させないことの重要さがわかってますか?と言いたいですね。
人間を駒としか考えていない、女性の活躍ってどういう意味か分かってもいない政策が多発する的外れな政策ばかり目立ちますよね。
保育所の充実をさておき(口ではやる言っているが実際の厚労省のペーパーなどを見ればやる気がないのが目に見えている)、育児休暇期間延長(3年も現場を離れて元に戻るのはほぼ至難の業で、会社に帰っても最終的には退社するしかない立場にそのうち追い込まれることが多い)とか、悪意に満ちてますよね。女性向けの変な手帳を考えたのここの人でしたっけ?
Posted by at 2016年09月05日 01:40
道徳や倫理観は、その国の文化や伝統の中で育まれるというお考えに大賛成です。それぞれの国は特有の道徳観や倫理観を持っています。

日本も、日本人としての道徳観や倫理観を確立するため「教育勅語」の精神を正しく理解し、学校教育でも生かすべきです。
Posted by 団塊時代 at 2017年04月03日 11:00
外国人旅行者も禁止してほしい。
Posted by at 2017年09月18日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック